« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の33件の記事

2015/04/30

餃子の王将「日本ラーメン」

少し前ですが、今年初めて餃子の王将に入って「日本ラーメン」(734円だがフェアで680円) を食べました。
調味料等以外は日本産を使用しているとの事。
他の麺類のメニューよりも少し高い。

Dsc_0410 Dsc_0411

大量のかつお節が入った皿と、何のためなのかわからなかった空皿が付いてきました。
空皿はかつお節を取り出す時用だったのかな。
こういう時は、貧乏性の自分はかつお節を一気に全部入れます。もちろん、取り出したりはしません。

麺はもう一歩のような気はしましたが(写真撮ったりとかビールと餃子も頼んでいたので伸びてしまったのかもしれませんが)、それ以外は美味しい。
餃子の王将気合入ってるんじゃないかって感じ。
上出来だと思いました。

「メンマは?」と思いましたが、メンマは国産にはできないか。リンガーハットできくらげがなくなってしまったように。

毎度ながら餃子も美味しかった。
 
 

これを食べて家に帰った後、なぜかYoutubeで椎名林檎さんの「NIPPON」を見てしまった。

椎名林檎さんが上げたYutubeの中に、広末涼子さんの「プライベート」のセルフカバーがあった。
軽い。
オリジナルの広末さんの方が良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (18) 帰り(九州新幹線)

短かった3日間、
新八代15:48発のさくら562号新大阪行でまずは新大阪まで行き、そこで乗り換えて新横浜まで帰ります。
九州新幹線の新八代~博多間は未乗車で、このために新八代まで来ました。

新八代から乗車したさくら562号、がらがらかと思っていたのですが、それなりに乗っていました。
乗車した車両はJR九州所有のN700系8両編成。

誰かの携帯の着信音が鳴り「うるせーなー、マナーモードにしておけよ!」と思ったら、それは携帯の着信音ではなく、駅到着メロディーでした(苦笑)。向谷実氏作曲のやつです。
JR九州内の大きな駅(熊本と博多)では、日本語・英語の他に、中国語・韓国語でのアナウンスがありました。(なので結構長いです)

熊本では結構乗ってきて多くの席が埋まりました。

まもなく博多に到着。16:36着で1時間経っておらず早いものです。

・博多手前で並走した特急「みどり」
Dsc_0387

博多でだいぶ降りましたが、博多から乗ってくる客は案外少なく。

・博多出発号並走した特急787系
Dsc_0389

・新山口駅付近
Dsc_0390

・福山駅停車中
Dsc_0393

ホームの先に見えるのは福山城の天守閣? と思いましたが天守閣ではありませんでした。

福山駅では後続の東京行のぞみに抜かれました。
博多駅や広島駅でのぞみ乗り換えていれば、さくらに乗り続けるよりも先に横浜に着けました。

19:24に新大阪に到着。

・新大阪に到着したさくら
Dsc_1579

日によっては臨時列車としてこのさくらに接続する新大阪始発の東京行のぞみがあるようですが、この日はその列車の運転はなく、次の列車は19:37の博多始発の東京行のぞみ。
座れなかったらどうしようと思いましたが、座れましたが新大阪発車時点でほぼ満席に。
この後京都から乗ってきた人は立っている人も多く、名古屋で結構降りてそれ以後は全員座れる状態に。

21:55に新横浜に到着。
さすがに長かったです。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/29

福岡の旅 (17) 新八代駅

新八代駅に到着、ここで九州新幹線に乗り換えます。

・在来線ホーム
Dsc_1548

「あれ? 新八代駅ってこんな小さなホームだったかなぁ」と一瞬思いましたが、
以前来た時は新幹線ホームでの在来線特急「リレーつばめ」と新幹線「つばめ」の乗り換えで、このホームに降りたわけではありませんでした。

・在来線の駅舎から見た在来線ホームと改札口
Dsc_1550 Dsc_1551

在来線と新幹線は別改札で、連絡改札口はありません。

・新八代駅の案内図
Dsc_1555

・在来線改札と繋がる新幹線の南口
Dsc_1554

・東口
Dsc_1559

新幹線の改札内へ。

・新幹線改札内のコンコース
Dsc_1562

新幹線下りホームへ。
博多~新八代開業前は、ホームの片側(12番線)が鹿児島中央方面の新幹線、もう片側(当時は11番線)が博多方面の在来線特急ホームになっていました。
旧在来線特急ホームは現在は番線表示なしで、保線用となり線路の幅も新幹線用(標準軌)に改軌されています。

・新幹線下りホーム
Dsc_1572 Dsc_1573

・新幹線下りホームから見た博多方面
Dsc_1564 Dsc_1566

右側に向かう線路が博多~新八代開業前まで在来線特急用が乗り入れていた線路で、この先で在来線の線路に接続していました。

・新幹線下りホームから見た鹿児島中央方面
Dsc_1574

そろそろ帰る時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (16) 熊本駅

JR九州の熊本駅、
九州新幹線の開業に伴い東口の駅ビルは建て替えられたものと思っていましたが、10年ぐらい前に来た時と同じでした。

・東口の駅ビル
Dsc_1498

・東口の駅ビルの中に飾られていたくまモンのモザイクアート
Dsc_1516

・東口の改札口と、西口の新幹線改札口に向かう地下通路の入口
Dsc_1514 Dsc_1517

西側の新幹線改札口に向かう地下通路を通って、西口に行ってみました。
結構狭い地下通路です。

・新幹線改札口と西口の駅舎
Dsc_1518 Dsc_1525

西口の建物内はそうでもないですが、西口を出ると結構寂しい感じ。
昔は西口はなく車両基地があったので、そういうものか。

東口に戻って在来線の改札口へ。
現在在来線の高架工事中で、基本的に鹿児島線上りと三角線線が高架ホーム、それ以外は地上ホームになっているようですが例外もあるようです。離れ小島の2番線もあってややこしいことになっていました。

・乗り場案内
Dsc_1538

・東口の改札口を入った所の1番線
Dsc_1530 Dsc_1534

昔使われていた跨線橋へのエスカレータを埋めた跡も。

・1番線から見た高架ホーム (4~6番線)
Dsc_1532 Dsc_1547

・高架ホームに移ったため現在未使用のホーム
Dsc_1533

・0A・0B線ホーム
Dsc_1537

・高架ホームの4番線とそこから見た地上ホーム
Dsc_1545 Dsc_1544

・高架の主に三角線が使用する5番ホーム
Dsc_1541

この後、14:40発の在来線列車で新八代に向かいました。

・車内から見えた熊本総合車両所に停まっていたフリーゲージトレインの第3次試験車両
Dsc_0382

九州新幹線版のドクターイエローだと思っていましたが、今調べたら違った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/28

福岡の旅 (15) 火の国茶屋「火の国定食」

昼は熊本駅の東口の駅ビルの2階にあった火の国茶屋という店で、熊本名物が一度に楽しめるという「火の国定食」(1100円) を食べました。九州での最後の食事などで思いきって1000円越え。

Dsc_0381

右下の汁物は「だご汁」という郷土料理との事。
平たい団子が入っています。
これは、自分的には好みではなかった。

右上の「馬刺し」はかなり美味しかった。
少ししかなく、もっと食べたかった。

右真ん中は「からしレンコン」。
初めて食べたような気がするがこれも美味しかった。

天ぷらは熊本名物ではないな。

メニューに載っていた、さくら丼(馬肉を使った親子丼のようなもの)というのも気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (14) 熊本市電

熊本電気鉄道の藤崎宮前駅から歩いて、途中からアーケードのある商店街を通って、熊本市電の通町筋停留場へ。

・通町筋停留場とその付近で撮影した市電
Dsc_1480 Dsc_1481
Dsc_1484 Dsc_1486

熊本駅へ行くために市電を待っていたら、インパクトのある車両が来ました。
0800形の「COCORO」編成、水戸岡デザインだそうです。

・0800形COCORO編成と車内
Dsc_1492 Dsc_1489

1枚目は熊本駅前停留場到着後に撮影した写真です。
車内は木目調で、ボックスシートで間にテーブルがあります。
これらや飾りのためデッドスペースが多く、座席数もたぶん普通の車両よりも少なく、 あまり乗れない&スムーズに乗り降りできず、だんだんと遅れが増していっているようでした。
2連接で後ろの後ろの車両には車掌が乗っており、前後2つのドアから乗り降り可能です。
ICカード対応で、PASMOも使用できました。

終点は2つ先なので、折り返して戻ってくるまでそんなに時間がかかりそうになかったので、待ちました。
意外と待ちましたがやって来ました。

・田崎橋方面からやってきた0800形COCORO
Dsc_1505

・熊本駅前停留場の健軍町方面ホームに停車中の0800形COCORO
Dsc_1509 Dsc_1512

・熊本駅前停留場
Dsc_1529

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/27

福岡の旅 (13) 熊本電気鉄道

上熊本駅から熊本電気鉄道に乗ります。

元東急青ガエル(5000系)が来るかと期待していましたが、元東京メトロ銀座線01系の2両編成でした。

・上熊本駅での元東京メトロ銀座線01系
Dsc_1436 Dsc_1437
Dsc_1439

どうやったらここまで汚れるの? というぐらい車体が汚れていました。
東京メトロ銀座線は地上区間は渋谷駅周辺のみなので元々雨の汚れに弱い車両だったのか、熊本電気鉄道の洗浄周期が長すぎるのか?

元々の熊本電気鉄道の規格よりも車両が小さいようで、ドアの所に出っ張ったステップが付いていました。

・上熊本駅の路線案内と時刻表
Dsc_1441

熊本電気鉄道の上熊本駅は無人駅でした。
入口にICカードのタッチ機が設置されていたので自分のPASIMOをかざしてみましたが、残念ながら無反応でした。
自動券売機はありませんでした。

・01系の車内
Dsc_1445 Dsc_1447

ワンマン化改造されており、整理券発行機や運賃表・運賃箱が設置されていました。

熊本電気鉄道では昼間と土休日は自転車持ち込み可能で、どこだったかの駅で自転車持ち込みのおじさんが降りていきました。

・自転車と共に降りていくおじさん
Dsc_1449

北熊本駅で乗り換え。
北熊本駅に隣接する車両基地に元東急青ガエルが留まっていました。

・北熊本駅での元都営三田線6000系、元東急青ガエル、元東京メトロ01系の並び
Dsc_1451 Dsc_1459

・元東急青ガエル
Dsc_1455

ここにいました。
10年ぐらい前に乗ったことがあり、その時は車内のつり革に東横のれん街やさくら銀行(その当時で既に三井住友銀行になっていた)の広告がありました。

・モハ71
Dsc_1456

・北熊本駅の藤崎宮前方面ホームと改札口
Dsc_1453

ベンチにくまモンが座っていました。

・入線してきた藤崎宮前行
Dsc_1461

御代志・上熊本方面ホームへの構内通路に踏切が付いておらず、危ないなぁと思いました。

時間の関係もあり、藤崎宮前行(熊本市内方向) に乗車。

黒髪町~藤崎宮前間に併用軌道がありますが、前回乗った時は併用軌道がある事を知らず(後で知った)外を見ていなかったので、今回は注視。

・黒髪町~藤崎宮前間の併用軌道
Dsc_1466 Dsc_1468

併用軌道といっても、短い距離で線路と道路の敷居がないだけのようなものでした。

・藤崎宮前駅のホーム
Dsc_1469 Dsc_1471

駅員はいましたが、先頭車両の1番前のドアしか開かず、バスのように運転席前の運賃箱に整理券と料金を入れる方法でした。少なくとも北熊本駅には自動券売機はなかったし、そのためか大抵の客が金支払で、お金を入れたらつり銭だけが出てくるタイプでもないので、降りるまでに時間がかかりました。

・藤崎宮前駅の改札口と駅舎
Dsc_1475 Dsc_1477

藤崎宮前駅に隣接する他線はなく、最も近い駅までそこそこの距離があって不便です。

<おまけ>
・2004年の元東急青ガエル
Pic00027 
Pic00030 Pic00032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/26

福岡の旅 (12) 上熊本駅

JR鹿児島本線で上熊本駅に到着。

以前と同じ地上駅で古めの駅舎があるものと思い込んでいましたが、高架駅に変わっていました。
3月14日に高架駅になったばかりのようです。

・JR線のホーム
Dsc_1404 Dsc_1407

床が木で斬新なホームでした。防音壁も木でできています。
水戸岡デザインとの事、
すぐ横に九州新幹線の高架橋があります。

・防音壁から覗いた熊本電気鉄道のホーム
Dsc_1406

・JRの駅舎
Dsc_1428

・JRの旧仮駅舎と熊本電気鉄道の駅舎
Dsc_1410

上の写真の左側の駅舎は、高架化まで使われていた仮駅舎のようでした。

上熊本駅は、JR鹿児島線の他に、熊本市電熊本電気鉄道の駅があります。
まずは熊本市電。

・熊本市電の上熊本駅前電停の駅舎と乗り場
Dsc_1427 
Dsc_1411 Dsc_1413

この駅舎は上熊本駅の元のJRの駅舎を移設したもののようですが、前だけで飾りのようなものでした。
上熊本駅前電停に隣接して熊本市電の車庫があります。

・熊本市電の車庫と停まっていた車両
Dsc_1415 Dsc_1414

・上熊本駅前電停から車道に出る所
Dsc_1418 Dsc_1420

続いて熊本電気鉄道

・熊本電気鉄道の駅舎
Dsc_1433

この後熊本電気鉄道に乗りました。
これについては次の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/25

福岡の旅 (11) 西鉄久留米→大牟田→上熊本

3日目は、大雑把に言えば宿泊先の西鉄久留米からいったん熊本県の新八代駅まで行き(途中寄り道あり)、そこから戻って九州・山陽・東海道新幹線に乗って横浜の自宅に帰りました。
この日は熊本メインです。
何で新八代まで行くかというと、九州新幹線の新八代~鹿児島中央間は10年ぐらいまでに乗車済みなので、博多~新八代間に乗れば九州新幹線完乗になるためです

まずは、西鉄久留米駅から西鉄天神大牟田線で大牟田駅へ。
9:31発の特急に乗車。
またもや8000形ではなく、古めのロングシートの車両(5000形)でした。
結局8000形は乗車できませんでした。(過去に乗車経験あり)

西鉄久留米駅の2つ先からは単線に。その後、単線の区間と複線の区間があります。
古い車両だったらかもしれませんが結構飛ばしている感を感じ、約36kmを約32分で終点の大牟田駅に到着。

・大牟田駅に到着した5000形
Dsc_1390

・大牟田駅の西口改札口
Dsc_1393 Dsc_1392

西鉄のホームはJRのホームの西側にあり、西鉄の改札口とJRの西口改札口が並んでいます。JRは東口にも改札口があります。

・大牟田駅西口
Dsc_1395

ここからJR九州鹿児島線に乗り換えて上熊本まで乗車します。

JRの西口の改札口は無人で、自動券売機とIC対応の自動改札口は設置されていました。
ICカードはどこまで使えるのか? 熊本方面も使えるのか? 何も書かれておらず。
迷いましたが、ICカードで改札口を通りました。
ICカードは八代まで対応でした。

・JRの西口の改札口を入った所から見たJR線ホームと、ホームへの跨線橋
Dsc_1398 Dsc_1399

・JR線のホームと到着した電車
Dsc_1401 Dsc_1402

大牟田駅10:12発の新八代行に乗車。
815系2両編成ロングシートのワンマン列車でした。
首都圏では見られない変わった内装でした。

ずっとコンスタントに客が乗っていて10:57に上熊本駅に到着。
西鉄久留米から約85lmで、約1時間半。結構近いものでした。
調べてみたら、博多~熊本間で約120km。東京から三島や水戸と同じぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (10) ももクロどんたく 2日目

2日目は天神バスターミナルからバスで福岡ドームに到着。

Dsc_0374

1日目の公演を見て、スタンド席の方が見やすそうだったのでスタンド席を願って発券したら、アリーナでした。(席は事前には分らず、入場時に席が書かれた紙が発券される方式になっています。)
アリーナでもステージの近くだったらよかったのでが、横方向は真ん中、縦歩行は真ん中のやや後方でした。自分は背が低く、さらに前の席が背が高くて大きく振りをする人で、メインステージの中央辺りは見えませんでした。
3塁側ステージの時はもう本当に何も見えない。スクリーンはメインステージの所にしかないので、体は3塁側ステージを向けているが横目でメインステージ上のスクリーンを見ていました。
1塁側とホームステージ側ステージの時は、特定方向のみ見えるといった感じでした。
メンバーがどこにいるのかわからないこともたまにありました。

1日目のスタンド席では反響音は全く気にならなかったのですが、2日目の席では前からの音と、それに遅れて後ろからの反響音が聞こえてきました。
「みんなの妹しおりんこと玉井詩織です。 でーす」みたいな感じです。
アップテンポな曲だとあまり気にはなりませんが、バラード曲では気になりました。

1曲目は1日目と同じ「NEO STAGEGATE」。
今日こそはと思ってスクリーンに映るプログラムの解析に頑張ったが、切り替わりが早くてやっぱりよくわからず。

「1日目にやらなかったあの曲は2日目にやるのかな」と期待していたのですが、1日目と同じ曲が多く、「2日目にやるのかな」と期待していた曲の多くはやりませんでした。
MCの「話題」も1日目と同じでした。(さすがに話す内容は少し違いました)

2日目こそ松崎しげるさんが出て来て「夏のバカ騒ぎ」の発表をするのかなと思ったのですが、松崎しげるさんは登場しませんでした。あれ?

本編が終わってアンコールへ。
この日の内に自宅(おそらく多くは関東)に帰らなければならない人が多いのか、アリーナ席でも本編終了とアンコールの間の時間に帰っていく客が結構いました。

そしてアンコール。
アンコール1曲目は1日目と同じ「BIRTH Ø BIRTH」。ステージのスクリーンにその文字が映し出されて、自分があまり好きではない曲でもありがっくり感が。
もしかして... と思ったら、アンコール全3曲が、1日目のアンコールと全く同じ曲でした。
本編が同じなのは仕方ない面もあると思いますが、アンコールぐらい替えてくれよと思いました。

アンコールの中で、
「マー君への応援メッセージを客席みんなで撮ろう」との事。
「世界のマー君ナンバー1」って言おう。「はぁ?」って感じ。
「あの空へ向かって」という曲の中で客が「世界のももクロナンバー1」とコールするところがあるのですが、なんでこれをマー君に対して言わなきゃならないのと、軽々しい気持ちで「世界のももクロナンバー1」とコールしているわけではないのに、自分としては腑に落ちませんでした。
モモノフの皆さんは優しい人が多いのか、みんな「世界のマー君ナンバー1」って叫んでいました。
この収録のために、客席側に向けた照明が灯りました。
眩しい。ずっと見ていると目がおかしくなってくるぐらい。
演者はこんな眩しい中でやっているのかなと、慣れかもしれませんが大変だなと思いました。

アンコール最後は1日目と同じ「Zの誓い」で終了。最後の曲なのに1日目と同様に盛り下がって、ライブの余韻がなくなって「さぁ、終わったから帰ろうか」というどんよりした雰囲気に包まれていたように感じました。(自分はそんな感じでした)
アンコール前に帰ってしまった「この日の内に自宅に帰らなければならない人」は、「飛行機に間に合うだろうかという心理的負担の軽減」を考えると、あのタイミングで帰って正解だったのではないかと思いました。

最近は音楽活動には力を入れていないのか「なんだかなー」と思う事も少なくなく、
こんな事言うと怒られそうですが(というか2ちゃんねるでそんな事書いたら怒られてしまったのですが)、
余計な仕事(舞台挨拶とかイベントとか)はしなくてよいから、もっと音楽活動に力を入れて欲しい。

帰りは天神までバスで帰りました。
待機していたバスが全て掃けてしまったのか途中からバスが全然来なくなり、意外と待ちました。

・ホテルに戻って撮影した、最後の曲で降ってきた桜を模した紙
Dsc_0375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/24

福岡の旅 (9) 天神駅と天神高速バスターミナル

太宰府の後は「ももクロどんたく」に行くため福岡ドームに向かいます。

太宰府駅から西鉄太宰府線に乗り、西鉄二日市駅に乗り換えて西鉄福岡(天神)駅へ。
西鉄二日市駅からは特急に乗りましたが、またもや8000形ではありませんでした。
新しめの転換式クロスシートの3000形で、これはこれで良いのですが。
ちなみに、帰りの特急も3000形でまたもや8000形ではありませんでした。

・西鉄福岡(天神)駅に到着した3000形
Dsc_1378

・西鉄福岡(天神)駅の北口
Dsc_1379 Dsc_1382

まだ時間があったので、この上の方の階にある西鉄天神高速バスターミナルに行ってみました。

・西鉄天神高速バスターミナル
Dsc_1385

乗り場は広いですが、乗り場数自体は6つでそんなに多くはありませんでした。

6番乗り場の手前に福岡ドーム行の臨時バスに乗る列ができていました。
地下鉄で行くつもりだったのですが、バスターミナル内のコインロッカーに空があり、帰りもこの下の天神駅から西鉄に乗って西鉄久留米のホテルに帰らなければならなかったので(帰りもこのバスターミナルまで来るものと思い込んで)、ここから福岡ドーム行のバスに乗りました。
で、帰りはバスターミナルまで乗せてくれず、地下鉄の天神駅よりも遠い「ここはどこだ? どうやって駅まで行けばよいの?」といった場所で降ろされてしまって「あちゃ」って感じに。これなら地下鉄で行った方が良かった(特に帰りは)です。

福岡ドーム行のバスは発車しましたが、バスの発着数が多い事もありバスターミナルから出る交差点を抜けるまで時間がかかり、その先も渋滞していて天神を抜けるのに20分ぐらいかかっていました。

天神北出入口から福岡都市高速道路へ。
港の上を高速道路が走っているような形なのですが、車窓から造船所が見えました。こんな都市の真ん中に造船所があるのか。

・福岡都市高速道路から見えた福岡造船
Dsc_0373

天神から福岡ドームまで約40分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (8) 萩野屋「丸天うどん」

昼は太宰府の駅前にあった萩野屋で「丸天うどん」(550円) を食べました。

外に「宰府うどん」と書かれていてこれを食べようと思いました。
店に入ってメニューを見たが、「宰府うどん」のメニューが見当たらず。
変なもんが出たら嫌だなと思って念のため店員に「外に出ていた宰府うどんってどんな感じのものですが?」と聞いてみたら、「宰府うどん」というメニューがあるわけでなく、うどんメニューは全て「宰府うどん」という麺を使っているとの事。
あぁ、そういう事か。独特の具の事を指しているのではありませんでした。

「山かけうどん」を勧められましたが、とろろは嫌いなので「丸天うどん」を頼みました。
「丸天」は九州ならではの物なんでしたっけ。同じく九州ならではの「ごぼう天うどん」のどちらにするか悩みました。トッピングで両方入れればよかったかな? どっちを頼んでもたんぱく質のものがないな。

Dsc_0372

「宰府うどん」と「普通のうどん」の麺の違いはよくわかりませんでした。
出汁が東京や東京で食べられる関西風や讃岐うどんの出汁とは違う、「あまぁーい」出汁でした。
この「あまぁーい」出汁が結構美味しく、汁まで完食。汁だけでもずっと吸っていたい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (7) 九州国立博物館

太宰府天満宮の隣に「九州国立博物館」があります。
山の上にあり、太宰府天満宮の境内(たぶん)からエスカレータと動く歩道で結ばれています。

・九州国立博物館に向かうエスカレーター前
Dsc_1356

高低差のあるエスカレータで、エレベーターはありません。
斜光リフトがありましたが、健常者がそれに乗るのもなんなんでエスカレータに乗りましたが、怖かったです。

エスカレーターを上がった先には長い動く歩道があり、それを抜けると斬新な九州国立博物館の建物がありました。

・動く歩道
Dsc_1359

・九州国立博物館の建物
Dsc_1361

3階が特別展示室(この日は特別展は未開催)、4階が常設展示室(文化交流展示室)になっています。2階は収蔵庫と学芸員のエリアのようです。
建物の中も長いエスカレータでした。
こちらはエレベーターがあったのでエレベーターで上がりました。
高低差のあるエスカレーターが増える傾向にあり、私的には困ってしまいます。

・館内の長いエスカレータ
Dsc_1364

4階の常設展示室(文化交流展示室) に入場。

九州国立博物館は東京国立博物館と指向が違いました。
東京国立博物館は分野ごとに作品が並べてあり頻繁に展示替えがある感じですが、九州国立博物館は旧石器時代から始まる時代順の展示で、日本だけでなく東アジアの物も併用した展示になっていました。(東京国立博物館は東アジアは別建てで「東洋館」があります。)
その展示方法に行き詰ってきたのか、パンフレットに書かれている内容とは違う企画展示になっているブースもありました。

東京国立博物館は常設展は原則として撮影可能ですが、九州国立博物館は撮影禁止でした。

なかなか見がりのある展示でした。
伊万里焼はすごかった。

時間の関係で早足での見学になってしまいましたが(とはいっても1時間半ぐらい) 、もっとじっくり見たかったところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (6) 太宰府天満宮

太宰府天満宮へ。

・太宰府駅近くから見た参道
Dsc_1314

・入口の鳥居
Dsc_1323

・境内図
Dsc_1325

・御神牛と延寿王院
Dsc_1328 Dsc_1331

・太鼓橋前の鳥居と太鼓橋
Dsc_1332 Dsc_1333

・太鼓橋の途中にある志賀社等
Dsc_1335 Dsc_1338
Dsc_1339

屋根に落ちた落葉(ではなくてコケ?) の緑の具合がきれいでした。

・麒麟像
Dsc_1343

・楼門手前の鳥居と楼門
Dsc_1341 Dsc_1344

・御本殿
Dsc_1347

・天神広場と絵馬堂
Dsc_1353 Dsc_1354

参拝客が多くて、正月ではないのに御本殿の前に参拝の列ができていました。
そして、太宰府天満宮に限った事ではないのですが、九州は外国人観光客がやたら多い。東京より多いように感じました。

境内には「宝物殿」や「菅公歴史館」があって、入ってみたいと思ったのですが、時間的な問題もあって今回はパスしました。では次はいつか? という事になってしまますが。

・だざいふ遊園地
Dsc_1358

太宰府天満宮の端の方にありました。
この日は(おそらく)春休み期間中の最後日曜日。
遊園地としては稼ぎ時なのではないかと思うのですが、人の気配が全くありませんでした。
春休みは基本的には宿題はないと思うので、
「♪終わらない、終わらない、全然全終わらない。~宿題。」
なんてことはないと思うのですが。

余談ですが、仕事がなかなか終わらない時に、
「♪適当にやってもしょうがない、でも適当にやるしかしょうがない」
という言葉が出てきて、
「だめだめだ、適当にやってはいけない!」
と自制する時が稀にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/23

福岡の旅 (5) 西鉄久留米と西鉄二日市駅と太宰府駅

2日目は、ももクロどんたくの前に太宰府へ。

・西鉄久留米駅
Dsc_1288 Dsc_1289
Dsc_1291 Dsc_1295

JRの駅との関係も含めて、近鉄四日市と似たような雰囲気を感じました。高架駅ですし。
実際の所は、近鉄四日市の方が発展している(街並みとか他の支線の存在とか)のと、JRと私鉄駅の差が四日市ほどの差ではない。

特急に乗車して西鉄二日市駅へ。
昨日の天神→西鉄久留米の特急もそうだったのですが、特急ではクロスシートのあの車両が来るかと思っていたのですが、古いロングシートの車両でがっくり。

西鉄二日市で乗り換え。

・8000形旅人編成
Dsc_1297

そうです。
特急で来ると思っていたのはこの形式です。

跨線橋で外人さんに「天神に行くにはどうしたら良いのか」旨英語で聞かれました。すぐに英語が出てこず、少したって「six or seven」と答えましたが、無事天神にたどり着けたのかな?

太宰府線のホームで待っていたら、こんな車両が来ました。

・妖怪ウオッチラッピングの8000形
Dsc_1300 Dsc_1301
Dsc_1303

さらに、普通列車として使用されていたオリジナル塗装の8000形も入線。

・オリジナル塗装の8000形
Dsc_1308

この普通列車から紫の衣装を着たモノノフのみなさんがたくさん降りて来て何だろう? と思う。
後で気づいたのですが、久留米寄りの1つ先に「紫駅」(むらさきえき) というのがあって普通しか止まらない駅なので、紫推しの人がこの駅に行って戻ってきた人達だったのだろうか?

・太宰府行の列車
Dsc_1306

時間になり発車。
途中1駅のみで約5分で太宰府駅に到着。

・太宰府駅のホーム
Dsc_1310 Dsc_1311

・太宰府駅の改札口
Dsc_1312 Dsc_1371

・太宰府駅の駅舎
Dsc_1372

支線の駅で大して人はいないだろうと思っていたのですが、結構賑わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/20

福岡の旅 (4) 東横イン西鉄久留米駅東口

宿泊先は、西鉄久留米駅近くの東横イン西鉄久留米駅東口でした。
部屋は良好。

HPに「日曜日の朝の無料朝食では久留米ラーメンが出る」と書かれていたので、秘かに楽しみにしていました。
HPはこんな画像付きで。

で、当日。
久留米ラーメンは、お椀に麺が入っていてそこに自分でポットに入ったスープを注ぐ方法でガッカリ。具は自分で入れますが、チャーシューはありませんでした。
美味しかったですが。
Dsc_0366

まぁでも、無料朝食でフルサイズのラーメンが出てくると考える方がおかしかったかな。

ラーメン以外の通常の品目もありますが、係のおばちゃんが食器洗いに専念していて食料が全然補充がされなくて「何もない」状態が長く続いていたりして、ちょっとなーと思いました。

2泊目の朝は係員が違うのか、敏速に食料が補充されていて気持ちが良かったです。
タンパク質のものが全然なくて(味噌汁の具のあげぐらい)、栄養バランスが悪かったですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (3) ももクロどんたく 1日目

いよいよ「ももクロどんたく」1日目、会場は福岡ドーム (ヤフオクドーム)

デジタル一眼レフカメラを持ってきていたので、会場まで持って行くとややこしいことになりそうなので一旦天神駅で降りてコインロッカーに預けた後、再び福岡市営地下鉄の唐人町で降りてそこから徒歩で。
住宅メインみたいな所で、こんな所にあるのか? と思って進んで行ったらありました。
手前にホークスタウンがあり、そこを通って福岡ドームへ。

ホークスタウンの中に、HKT48劇場があって驚き。
あれ、こんな所にあったのか。福岡市内ではあるが「博多」の範囲からは外れているような。

・HKT48劇場
Dsc_0359

近くには、Zepp福岡もありました。

・会場の福岡ドーム
Dsc_0360 Dsc_0361

席は1塁側のスタンド席でした。
メインステージの他にサブステージが3つ(1塁側・ホームベース側・3塁側) があり、1塁側サブステージから割と近い位置でした。

1曲目は「NEO STAGEGATE」。
スクリーンにコンピュータのプログラムが表示され、職業柄なのか何とか解析しようとステージよりもそっちの方に目が行ってしまいました。短いプログラムでしたが、表示の切り替えが早くて読み取れない。
2ちゃんねるによると、
 cout <<
とかあって、C++ではないかとの事。
C++はまぁまぁ使ってきたけど(最近はないけど)、「cout <<」は一度も使ったことがないなぁ。標準出力(通常はコンソール)への出力ですが。

そんなこんなでステージが始まり、その後1塁側のサブステージでのパフォーマンスへ。
さすがに目の前に来るとテンションが高まりました。

衣装が、百田さんがイメージカラーの赤ではなくて何だろう? と思っていたのですが、
新幹線をイメージしたとの事。
 有安(緑) : 東北新幹線 (E5系)
 玉井(黄) : 北陸新幹線 (E7系・W7系)
 佐々木(桃) : 九州新幹線 (800系)
 百田(赤) : 東海道新幹線 (N700系)
 高城(紫) : 東海道新幹線 (700系? 500系?)
高城の車両はコンセントが先頭の座席しかないとか百田が話していたから、700系のJR西日本所属の車両かな?
N700系も、高城のが500系なら今は山陽新幹線しか走っていないのに、「山陽新幹線」の言葉が出て来ていなくて、福岡まで乗り入れているのは山陽新幹線なのに地元の人に対して気の毒に感じました。
赤は、秋田新幹線E6系が赤ですね。

お着替えタイムには、「ニッポン万歳」が流れてスクリーンにアニメーションが流れていましたが、北陸も東北も北海道も新幹線が走っていない四国も、全て0系新幹線で突っ込みたくなりました。

途中、松崎しげるさんが出て来て、「夏のバカ騒ぎ」の会場&日程発表かと思いましたが、スタッフのヘアメイクさんが結婚とか...。
しらけました。
「みんなでおめでとうと言いましょう」とか、ハァ? って感じでした。モノノフの皆さんはやさしい人が多いのか「おめでとう」と言っている人多数でした。
で、2日目は松崎さんによる「夏のバカ騒ぎ」の発表があるのかと思いましたが、松崎さん自体出てこず、肩すかし。
松崎さんの無題使い以外の何物でもありません。
※ 関東1都6県以外で開催するようですが、今現在発表なしです。

ライブは進み、アンコールの最後は新曲の初披露の「Zの誓い」。
全然盛り上がっていませんでした。
アレンジがドタドタな感じで、何歌っているのかわからないし、コールの入れようもないし、サイリウムも上下運動意外無理な感じ。
何だか会場が盛り下がった状態で終わってしまいました。

17時開演で、3時間半弱の公演。
セットリストは5D曲多く、全体的にももう一歩な感じがしたのですが、明日に期待。
演奏はカラオケで、やっぱり生バンドが良いな。

ライブが終わって帰り。
唐人町駅まで歩きました。
ホークスタウンを抜けるまでは社会党も顔負けの牛歩状態の進みで、駅まで1時間近くかかりました。

天神駅発22時の特急で西鉄久留米まで移動してホテルへ。
ホテルに着いたのは22時半過ぎで、結構遅くなってしまいました。
空いている店もなく、夕食はセブンイレブンのコンビニ弁当に。
九州ならではの商品はないかと思ったのですが、関東地方とほぼ同じ商品が並んでいて萎えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/19

福岡の旅 (2) めん吉「野菜ラーメン」

博多駅に到着。

まだ昼食を食べていなかったので、博多駅の筑紫口を出てすぐの所にあっためん吉という店で「野菜ラーメン」(680円) を食べました。

「めんたいラーメン」(900円) というメニューもあって、ちょっと迷いました。
野菜が足りないかなぁと思って野菜ラーメンにしたのですが、食べ放題の辛子高菜が入った器が置いてあって、これなら普通のラーメンでも良かったかなと思いました。

Dsc_0358

辛子高菜、「辛いので注意」旨が書かれていましたが、それほどではありませんでした。
ラーメン自体も、辛子高菜も美味しかった。

この後の予定を考えると、辛子高菜をたくさん食べてしまったのはよくなかったかなと思ったのですが(お腹が弱いので)、なんとか大丈夫でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の旅 (1) 行き

4月4日と5日、福岡ドームで開催された「ももクロどんたく」(ももいろクローバーZファンクラブ限定ベント) に2泊3日で行きました。
2週間ぐらい前に宿を探したのですが、福岡市内では見つけらず西鉄久留米駅の近くのホテルに。天神駅から30分ぐらい。

福岡へは行き帰りとも新幹線で行きました。
九州は何度も(といっても10回ぐらい)行っていますが、新幹線で行ったのは2回目でした。

4月4日の行きは新横浜駅9:49発ののぞみ21号に乗車。新横浜駅の券売機で指定席を見たらB席しか空いておらず、ちょっと迷って自由席に。座れなかったらどうしようかと思いましたが、窓側こそ空いていませんでしたがそれほどではありませんでした。
名古屋でだいぶ降りるかと思っていましたがそれほどでもなく、それ以上の客が乗ってきてB席も埋まってほぼ満席に。
新大阪でだいぶ降りましたが同じぐらいの人が乗ってきてまだほぼ満席。隣に子供2人(姉弟)だけで岡山まで行く人が乗ってきて(親は外で見送っていた)、守ってあげなきゃいけないのかとちょっと焦りました。自分の子であってもおかしくない年齢ですが、その2人の親には全然見えないようで、車掌が来て子供2人に降りる駅を確認していました。
広島までは結構乗っていました。
新大阪を過ぎたらガラガラなのかと思っていました。(前乗った時はそんな感じでした)

昼食時間を過ぎていて車内販売で駅弁を買おうかどうか迷いましたが、結局買わずに14:39に博多駅に到着。
5時間弱の旅路でした。

・車窓から新大阪駅と出た直後の網干総合車両所宮原支所、下関総合車両所広島支所、広島マツダスタジアム、徳山駅付近
Dsc_0347 Dsc_0349
Dsc_0350 Dsc_0357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/18

バーガーキング「ロデオワッパー」

4月12日バーガーキングで期間限定の「ロデオワッパー」を食べました。
販売は4月16日で終了したようです。

値段はポテトMセットでなんと990円。
ハンバーガーでこの値段はだいぶ迷いましたが頼みました。
1000円超えていたら頼まなかったかも。
(HPを見たら、次の期間限定商品(テリヤキワッパー)は1050円でした)

Dsc_0397 
Dsc_0398 Dsc_0399

大きなサイズで、
ハンバーグとベーコンの上に、オニオンフレイ2枚とトマトが2枚、
ボリュームがありました。
味も、ソースがマッチしていてだいぶ美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/15

上野東京ライン開業後 (6) 大宮駅

大宮駅まで行ってみました。

上野東京ライン開業前は行ってないのですが、開業前も見に行っておくべきだったなと思いました。

・大宮駅の中央改札(南)
Dsc_1053

上野東京ライン方面と、湘南新宿ライン方面の発車票の設置位置が離れていて、見にくいなと思いました。

大宮駅の上り方向は、宇都宮線からが3・4番線、高崎線からが6番線で、この先上野東京ラインと新宿湘南ラインのどちらに向かうかによっては別れていません。
下り方向は、上野東京ラインからが8・9番線、新宿湘南ラインからが11番線で、この先宇都宮線と高崎線のどちらに向かうかによっては別れていません。
運用上はこの振り分けの方が便利なのでしょうが (特に片方からのみ遅延が発生した場合)、利用者としては次の列車がどのホームから発車するのか確認してから目的の移動する必要があり、不便だなぁと思います。

・3・4番線の発車票
Dsc_1061

・6番線の方面案内
Dsc_1062

・上野東京ライン・東海道線直通列車
Dsc_1063 Dsc_1064

これに乗って帰りました。

(完)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上野東京ライン開業後 (5) 上野駅

続いて上野駅。

・中央連絡通路の発車案内
Dsc_0995

上野東京ライン開業後の発着番線は主に以下となります。
5番線: 上野東京ラインからの高崎線・宇都宮線 (快速・普通)
6番線: 上野東京ラインからの常磐線 (普通・快速)
7番線: 高崎線・宇都宮線からの上野東京ライン (快速・普通)
8番線: 上野東京ラインからの常磐線 (特急)
9番線: 常磐線からの上野東京ライン (特急・普通・快速)
9~12番線: 上野始発の常磐線 (普通・快速)
13~15番線: 上野始発高崎線・宇都宮線 (快速・普通)
16・17番線: 上野始発の常磐線 (特急) ※ 昼間は設定なし

高崎線・宇都宮線の昼間は、それぞれ1時間当たり3本が上野東京ライン直通で、1本のみが上野始発。上野東京ライン直通メインで東海道線の横浜方面に直通します。
常磐線の昼間は、1時間当たり特急2本全てと特別快速1本・普通(中電)1本が上野東京ライン直通(品川まで)で、残り普通2本と快速3本が上野始発。上野始発の列車の方が多いです。

・5・6番線の駅名票
Dsc_1038

・7・8番線のホームに下りるところ
Dsc_0958

・8番線から発車して行く水戸方面の常磐線特急
Dsc_0970

・7番線の上野東京ライン東海道線内快速アクティ
Dsc_0963 Dsc_0966
Dsc_0967

「東海道線内アクティ」(アクティは半角) と表示されていました。

・所要時間案内
Dsc_0971

・9番線から発車する品川行の常磐線特急
Dsc_1040 Dsc_1044
Dsc_1048

・3・4番線から見た上野東京ラインの東京方面
Dsc_0996 Dsc_1001

・大連絡橋の16・17番線(常磐線特急ホーム)前
Dsc_0974

16・17番線への下り口前にあった特急券検札用の改札がなくなり、特急券がなくてもホームに入れるようになっていました。

・16・17番線ホーム
Dsc_0978 Dsc_0980

・地上の16・17番線前
Dsc_0983 Dsc_0981

こちらも特急券検札用の改札がなくなっていました。
9:30発の後は17:30発までこのホームからの発車はありません。

・中央改札口前の発車案内
Dsc_0990 
Dsc_0992 Dsc_0994

・新幹線の乗り換え改札
Dsc_0985 Dsc_0988

駅の構造は変わっていませんが、使用方法が様変わりした感じです。

この後、5番線から発車する上野東京ラインからの列車で大宮へ。
高崎線・宇都宮線への列車が集中するためなのかこのホームだけ混んでいて、10両編成が来たので車内は混雑していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/13

上野東京ライン開業後 (4) 秋葉原駅

・秋葉原駅の山手線・京浜東北線の東京方面ホームから見た上野東京ライン
Dsc_1007

・総武(緩行)線上りホームから見た上野東京ライン
Dsc_1012 Dsc_1014
Dsc_1016 Dsc_1024
Dsc_1026 Dsc_1029

ここから見えたビルの最上階に、なぞの人形が...
Dsc_1021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野東京ライン開業後 (3) 東京駅

続いて東京駅。

東海道線・上野東京ラインは、7・8番線が上野方面、9・10番線が横浜方面となりました。(一部例外あり)

・7番線停車中の常磐線直通列車
Dsc_0934

・上野に向かって走っていく列車
Dsc_0937

その後、8番線の停まっていた東京行の特急「踊り子」が、上野方面に回送で発車して行きました。
この後大宮方面に行ったときに尾久車両センターに185系が停まっていた事から、尾久車両センターで休憩・折り返し整備を行う運用ではないかと思われました。

・7・8番線の乗車口
Dsc_0938

高崎線方面・宇都宮線方面・常磐線方面で並ぶところが別れていました。

・7・8番線の駅名票・発車票等
Dsc_0942 Dsc_0943
Dsc_0944

・中央通路の7・8番線に上がる所
Dsc_0946

・八重洲南口の改札
Dsc_1033

・東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線の切符売り場と改札口
Dsc_0950 Dsc_0951

この日は北陸新幹線も開業。
北陸(長野経由) と、微妙な表記になっていました。

・車内の、東海道線・伊東線・上野東京ライン・宇都宮線(東北線)・高崎線・湘南新宿ライン 停車駅のご案内
Dsc_0953

長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/12

上野東京ライン開業後 (2) 品川駅

続いて品川駅へ。
上野東京ライン開業後は、常磐線の一部列車が品川駅発着となります。
(昼間の場合、1時間当たり特急2本と中電2本)

・東海道線上りホーム(5番線) と上に上がる階段
Dsc_0874 Dsc_0875

上野東京ライン直通の高崎線・宇都宮線列車は昼間はこの5番線から発車。
(朝は8番線からの発車もあり)

・北改札前の行先案内
Dsc_0877

・北改札の上野東京ライン直通の常磐線ホーム(9・10番線)の下り口
Dsc_0878

常磐線はその他に11番線(東海道線下りホーム内)からも発車。
9・10番線は元団体用ホームです。
6番線と7番線は現在工事中ですが、完成後は上野東京ライン直通の高崎線・宇都宮線は5・6番線ホームに移り、7~10番線が上野東京ライン直通の常磐線ホームになるのでしょうか?

・9・10番線ホーム
Dsc_0896 Dsc_0905

・9番線に停車中の常磐線特急
Dsc_0901 Dsc_0902
Dsc_0912 Dsc_0914

・9・10番線の駅名票と、常磐線特急の乗車口案内
Dsc_0906 Dsc_0909

・発車していく常磐線特急
Dsc_0881 Dsc_0882

横浜方面から常磐線方面の遠くに行くときは便利になりそうです。
品川まで(から)乗る人は少ないのか、到着/出発する特急はがらがら状態でした。

・10番線から発車する常磐線普通(中電)
Dsc_0885 Dsc_0884
Dsc_0886 Dsc_0887

一旦中央改札内の通路へ。

・中央改札内の発車票
Dsc_0917 Dsc_0916

・中央改札内のみどりの窓口
Dsc_0918

常磐線特急も看板に加えられていました。

・11番線から発車する常磐線特別快速
Dsc_0924 
Dsc_0920 Dsc_0921

この常磐線特別快速に乗って東京駅に向かいました。
列車は東海道線上りの本線からは離れた、車両基地の隣をノロノロの走って田町駅の手前で本線に合流。
車両基地には常磐線快速の車両が何編成か停まっていました。
常磐線の特急以外の品川駅への乗り入れは、朝夕夜間は快速、昼間は中電なので、快速の車両は朝にここにきてこの車両基地で夕方までお昼寝するようです。

・車両基地
Dsc_0931 Dsc_0932
Dsc_0933

・帰りに撮影した常磐線快速
Dsc_1067 Dsc_1070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/11

上野東京ライン開業後 (1) 横浜駅

3月14日、上野東京ライン開業の初日に開業後の様子を見てきました。

まずは横浜駅。
東海道線は特急や一部の列車を除いて上野東京ラインを直通して高崎線や東北線(宇都宮線)に乗り入れます。
昼間は特急を除いて全列車が上野東京ライン直通。

・中央北改札の東海道線上りホームに上がる所
Dsc_0839 Dsc_0842
Dsc_0843

・北改札の東海道線上りホームに上がる所
Dsc_0847

・東海道線上りホーム
Dsc_0856

このホームから湘南新宿ラインに向かう列車はありませんが、特急以外は発車票に「上野東京ライン」と表示されていました。

・上野東京ライン・高崎線直通の普通
Dsc_0850 Dsc_0851
Dsc_0855 Dsc_0854

・上野東京ライン・宇都宮線直通の普通
Dsc_0861 Dsc_0862
Dsc_0865 Dsc_0866

・特急列車と普通列車の並び
Dsc_0871

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなまるうどん「ヘルシー天ぷら定期券」

はなまるうどんの「ヘルシー天ぷら定期券」(300円) を買いました。

Dsc_0395

5月14日まで、300円以上のうどんを買うと天ぷら1品が無料になるというもの。
300円以上なので、かけ小やかけ中ではだめです。

3回食べると元が取れてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/10

上野駅: 北斗星見送り

上野東京ラインの開業前の様子を見に上野駅に来た3月8日、
予定はしていなかったのですが寝台特急「カシオペア」を見送り、
その後19:03発とまだ2時間半ぐらい時間がありましたが、寝台特急「北斗星」も見送る事にしました。
寝台特急「北斗星」は3月14日の改正で定期運行としては終了となります。

いったん駅を出て上野公園をうろうろして時間を潰した後、再び上野駅へ。

・ありがとう北斗星グッズやありがとう寝台特急北斗星記念弁当の案内
Dsc_0777 Dsc_0778
Dsc_0785

NEW DAYSに行ったら「ありがとう寝台特急北斗星おにぎり」を売っており、小腹がすいていたので1つ買って食べてみました。

・ありがとう寝台特急北斗星 枝豆塩昆布
Dsc_0292

13番線へ。
既に13番線は人だかり。

・13番線で「北斗星」を待ち構える人だかり
Dsc_0791

なかなか来ません。
発車15分ぐらい前にようやく来ました。

・上野寄り
Dsc_0793 Dsc_0799

・各車両
Dsc_0804 Dsc_0807
Dsc_0809 Dsc_0811

先頭の機関車の所まで行こうと思いましたが、人多過ぎで出発時間が迫っていたため、
向かいの14・15番線ホームへ。

・14・15番線ホームから見た機関車
Dsc_0819

・発車して行く「北斗星」
Dsc_0821 Dsc_0826
Dsc_0828 Dsc_0831

「北斗星」は3月13日で定期運用は終了しますが、その後臨時列車として日限定で運転され、8月22日の札幌発の列車で完全終了となります。
まだ1度も乗ったことがありません。
機会があれば一度乗ってみたいものです。
ここは思い切らなければいけないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/09

上野駅: カシオペア見送り

上野東京ラインの開業前の様子を見に上野駅に行ったとき、何やら13番線に人だかりが。
寝台特急「カシオペア」の出発を見に来た(撮影しに来た)人たちでした。
という事で自分もこれに参加。
上野駅16:20発で、3月14日の改正後も存続します。

・上野寄り
Dsc_0640 Dsc_0642
Dsc_0648 Dsc_0649
Dsc_0652

・中間車両
Dsc_0655 Dsc_0665

・13番線ホームにある「五ツ星広場」
Dsc_0660 Dsc_0661
Dsc_0656  
Dsc_0657 Dsc_0658

・カシオペア・北斗星編成案内
Dsc_0663

・各種お知らせ
Dsc_0664

「北斗星」の定期運行終了となる3月13日と14日はホームへの入場を規制する場合があるとの事。

・札幌寄りの客車と機関車
Dsc_0666 Dsc_0671
Dsc_0677 Dsc_0680

先頭付近は人大杉な感じなので、向かいの14・15番線ホームへ移動。

・14・15番線ホームから見た13番線の先頭部分
Dsc_0690

・14・15番線ホームから見た機関車
Dsc_0693

時間になり、「カシオペア」は札幌に向かって発車して行きました。

・発車して行く「カシオペア」
Dsc_0705 Dsc_0707
Dsc_0709 Dsc_0711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野東京ライン開業前 (5) 上野駅

続いて上野駅。

・中央連絡通路の発車案内
Dsc_0579

・7・8番線の駅名票と下り口
Dsc_0581 Dsc_0584

上野東京ライン開通後は、7番線が東北線・高崎線からの東海道線方面の列車の乗り場となります。(常磐線からは9番線から発車)。
8番線は品川からの常磐線特急が主に使用します。

・中央改札口前の発車案内
Dsc_0783

常磐線特急ホーム(16・17番線)へ。
上野東京ライン開業後は、昼間の特急は全て品川発着となり、このホームはそれ以外の時間帯だけの使用となります。

・地上の常磐線特急乗り場への案内と1乗り換え改札
Dsc_0638 Dsc_0594

・大連絡橋の乗り換え改札
Dsc_0687

・16・17番線の乗り場案内と乗車口
Dsc_0612 Dsc_0611

・フレッシュひたち
Dsc_0598 Dsc_0604
Dsc_0609

・スーパーひたち
Dsc_0633 Dsc_0622

上野東京ライン開業時のダイヤ改正で「スーパーひたち」「フレッシュひたち」の名前がなくなり、「ひたち」「ときわ」に変わります。

・上野東京ラインのポスター
Dsc_0635

・新幹線の乗り換え改札
Dsc_0637 Dsc_0636

・パンダが泣いてます
Dsc_0685

・公園口付近の歩道橋から見た風景と、正面玄関口の駅舎
Dsc_0767 Dsc_0774

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/07

上野東京ライン開業前 (4) 秋葉原駅

・秋葉原駅の山手線・京浜東北線の東京方面ホームから見た上野東京ライン
Dsc_0570

・総武(緩行)線上りホームから見た上野東京ライン
Dsc_0577

上野東京ラインの秋葉原駅での停車も検討されていたようですが、費用や用地の関係で見送りになったようです。
もし停車していたら、大宮方面から千葉/四ツ谷方面への移動が便利になっていただろうなと思いましたが、乗り換え客による混雑で安全上ヤバい事になっていたかもしれないなとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野東京ライン開業前 (3) 東京駅

続いて東京駅。

現在は東海道線列車の始発駅ですが、上野東京ライン開業後は特急・湘南ライナー・通勤快速以外のほとんどの列車が上野東京ライン直通 (昼間は全て直通) となります。
その他にも常磐線の一部列車(昼間は特急を含めて毎時4往復) がここを通って品川まで乗り入れます。

・東海道線ホーム7・8番線で折り返す東海道線列車
Dsc_0542

・東海道線ホーム7・8番線から見た上野方面
Dsc_0550

開業後はあの坂を上って上野に向かいます。
神田付近は東北・上越等の新幹線の上を走ります。

・東海道線ホーム7・8番線の駅名票等
Dsc_0552 Dsc_0554

上野東京ライン開業後は、基本的に7・8番線は上野方面、9・10番線は横浜方面となります。
9・10番線はコンコースに降りる階段が他より1つ少ないのですが、大丈夫なのかな。

・東北・山形・秋田・上越・長野新幹線の切符売り場と改札口
Dsc_0562 Dsc_0561

上野東京ライン開業日と同日に北陸新幹線が開業します。
ここに「北陸」の文字列が加わるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/03

上野東京ライン開業前 (2) 品川駅

続いて品川駅へ。
上野東京ライン開業後は、常磐線の一部列車が品川駅発着となります。
(昼間の場合、1時間当たり特急2本と中電2本)

・東海道線上りホーム (5番線)
Dsc_0517 Dsc_0523

上野東京ライン開業後は、東北線・高崎線直通列車は朝の半数を除いてこのホームからとなります。

このホームの東京寄りの端から、地下から上がってくる京急がよく見えました。こんな所からよく見えることを知りませんでした。
偶然にもイエローハッピートレインが来ました。

・5番線から見た京急
Dsc_0511 Dsc_0514
Dsc_0515 Dsc_0516

・北改札内の5番線への下り口と行先案内
Dsc_0526 Dsc_0525

・北改札前の行先案内
Dsc_0529

・9・10番線の下り口
Dsc_0531

・9・10番線のホームと駅名票
Dsc_0535 Dsc_0541

上野東京ライン開業後は9・10番線と、東海道線下りホーム上の11番線が常磐線の発着ホームとなります。
9・10番線の駅名票は「新橋」側しか書かれていませんでした。
このホームは長らく団体・臨時ホームでほとんど使われていませんでしたが、ようやく活用される時期が来たようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »