« 鉄道博物館2014 (3) その他 | トップページ | 京急大師線 2015年の年始ヘッドマーク »

2015/01/12

ふじいとヨメの七日間戦争「俺のザ・ベストテン」

日本青年館でスターダストプロモーション所属のアイドル達が出演する「ふじいとヨメの七日間戦争」、
1月11日の「俺のザ・ベストテン」に行きました。

本会場は買えなかったので、またいつものTOHOシネマズ川崎で。
「俺のももクロライブ」は1シアターのみでの開催でしたが、この日は2シアターでの開催でした。
ただ、ライブビューイングの全体の観客は平日に開催された「俺のももクロライブ」が約1万3千に対して、日曜日に開催された「俺のザ・ベストテン」は約1万人との事。休日でももクロ以外も出演する「俺のザ・ベストテン」の方がずっと観客が多いと思っていたので予想外でした。

「俺のザ・ベストテン」は、ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボー内のソロ曲又はユニット曲の中から、はがきによる投票を元に順位を決めて披露するというものです。

TBS系で昔放送されていた「ザ・ベストテン」をもじったもので、あの番組似たようなセットを組み・似たように進行していきました。
司会は東京03の飯塚さんとももいろクローバーZの玉井詩織さん。
番組では10位からでしたが、このイベントでは20位から(20位は同点が2つあったとの事で21曲) でした。
11位までのボードは「パタパタパタ」とBGMが鳴っているもののパタパタせず上に重ねられた黒い紙を引っ張って順位が出てくるというもので「しょぼい」と苦笑いしましたが、10位からはホントのパタパタ式のボードでした。(パタパタの枚数は少なかったですが)。

事前にマネージャーからTwitterで「開演前に(紅白以後ずっと欠席している)ももクロの有安杏果の挨拶をする」旨のつぶやきがあり、なんだか悪い報告の予感がして不安に感じていましたが、
・私の体調管理の不届きが原因
・紅白で着るはずだった衣装は分解されて他メンバーの衣装にくっつけられたが、また元の姿に戻して何らかの機会で着たい
旨。
まだ鼻声で本編には出演しませんでしたが、安心しました。

で、本編。
インフルエンザによる欠席者のソロはやらず、欠席者がいるユニットは他のメンバーだけ或いは別のメンバーを加えて披露されました。
ももクロ以外のグループの曲やメンバー名は殆ど知らない状態なので、ソロ曲やユニット曲はもっと知らず。知っている曲は21曲中9曲のみで、最初に知っている曲が出てきたのは14位でした。
順位は、各メンバーが全員が1曲以上入るように操作されている模様でした。

「トリオ・ザ・インフルエンザ」なんてグループもあり、今回インフルエンザで欠席した人で急遽結成されたのかと思ったのですが、以前インフルエンザにかかったエビ中のメンバー2人 + Mr.タミフル(スタッフ?) で結成されたとの事。エビ中メンバー1人は今回もインフルエンザにかかって欠席で、Mr.タミフルは大人の事情で出られたないとの事で、柏木さん1人で披露。
来年は、今回のふじいとヨメの七日間戦争をインフルエンザで休んだメンバーでグループを結成すれば面白いのになと思いました。結局何人休んだんだっけ? 6人ぐらい?

途中ゲストとして、モノマネの2人と榊原郁恵さんと松本明子さんと清水ミチコさんが出てきました。
欠席者により時間が空いてしまったための穴埋めなのかもしれませんが、正直ゲストはいらなかったと思う。
特に榊原郁恵さんと松本明子さんは自分の歌をフルコーラスで披露。メンバーとコラボとかならいいけど、なんでここで榊原郁恵さんや松本明子さんの歌を聞かなきゃいけないのかと思いました。この分も入場料に含まれていると考えると。
バラエティー企画もあり、初めて歌う人? はわさびたっぷりの寿司が出て来てそれを食べるとか。こういうのは本人に代わってモノマネの人や司会の人が食べさせられるというスーパージョッキーあたりでよくあった芸なのかと思いましたが、本当に本人に食べさせて、何だか本当に苦しくて吐きだしそうな人もいてどうかと思いました。
あと、ショートカットによる早食い対決とか、かわいい対決とか、余計な企画が多く、またこれが結構長く、「いいからさっさと歌え!」と思いました。

途中「今週のスポットライト」もありました。
2回あり、2回目は司会の玉井さんも知らず。
2回目はお馴染みの松崎しげるさんが出てきました。これまでの他の歌披露よりも盛り上がっていたような。
松崎しげるさんが出てくるという事は「何かの発表」があるという事。気が早い事だと思いますが、来年のスタダイベントの開催日が発表されました。2016年の1月8日と9日にさいたまスーパーアリーナで開催との事。8日は金曜日...。
今回の「俺のザ・ベストテン」のような企画なら行かなくても良いけど、行ったことないのでよく知らないけどハロコンみたいな、グループごとに曲披露 + グループ合同でやる曲も何曲か みたいな構成なら行きたいなと思いました。

ももクロの百田夏菜子さんは、地元(浜松)での成人式への出席のため欠席で、生中継風のVTRでの出演でした。
「母から譲り受けた晴れ着」を着て歌を披露。成人式もこの晴れ着を着て出席したようです。晴れ着の色が本人のイメージカラーと同じ「赤色」で、これは何かの偶然なのかそういう運命だったのか。
最後には、浜松の自宅らしきところから本当の生中継がありました。
VTRでは髪の毛が長かったのに、「髪を切った」との事でショートカットに。ボブみたいなショートカットではなく、男性のようなベリーショートに。会場がどよめいていていました。今回の公演の不満等が全てがもっていかれたような感じでした。

最後は、今回出演したグループみんなが参加している「七色のスターダスト」ではなく、「サライ」で終わりでした。
なんで「サライ」、訳が分からないなと思いました。
欠席で歌わなかった曲があったのに、予定より10分増の約3時間10分で終了しました。

自分がももクロ以外を知らない事も大きな要因だと思いますが、
正直あまり楽しめませんでした。
長々とした余計なゲストや企画はいらん。(松崎しげるさんはいる)

TOHOシネマズ川崎の自分が見たシアターでは、最初から最後までほぼ全員が着席。途中眠気が襲ってきたときもあり立ちたい気分でしたが自分だけ立つわけにもいかず。
コールも、「だってあーりんだもん」以外はほぼ皆無でした。

|

« 鉄道博物館2014 (3) その他 | トップページ | 京急大師線 2015年の年始ヘッドマーク »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

芸能・アイドル - ももいろクローバーZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふじいとヨメの七日間戦争「俺のザ・ベストテン」:

« 鉄道博物館2014 (3) その他 | トップページ | 京急大師線 2015年の年始ヘッドマーク »