« 川村屋「とり玉うどん」 | トップページ | 横浜トリエンナーレ2014 (2) 新港ピア »

2014/09/23

横浜トリエンナーレ2014 (1) 横浜美術館

9月15日、横浜トリエンナーレ2014に行きました。

横浜で3年毎に行われる現代美術の展覧会です。
3年前の横浜トリエンナーレ2011も行きました。あれからもう3年も経ってしまったのかな~ と時の流れを感じました。

今年の会場は横浜美術館と新港ピアでした。

まずは横浜美術館へ。

・横浜美術館と、正面前に展示されていたトレーラー (ヴィム・デルボア作)
P9150001 P9150007

・建物の真ん中で展示されていたアート・ビン (マイケル・ランディ作)
P9150018

真ん中の大仏が気になります。
失敗作を捨てる「ゴミ箱」で、捨てる作品を募集しています。
http://www.yokohamatriennale.jp/2014/artbin/index.html
参加できない作品の中の1つに「パフォーマンス」と書いてあるのですが...。

最初は単色の作品群。
よくあるタイプの作品ですが、白1色なのによく見ると白色のキャンバスに白色の絵具で塗られていたりして面白いなと思いました。

・言葉 (木村浩作)
P9150009

意外と言えない言葉です。(私的には)

・釜ヶ崎芸術大学の出展
P9150011 P9150012
P9150016 P9150017

大阪の西成区の釜ヶ崎を拠点に開いている学校?の生徒たち(恐らく日雇い労働者等)による作品です。
この人たちはどういう思いでこれらの作品を作ったのかなぁと考えました。

・法廷 (Temporary Foundation作)
P9150022 P9150023

弁護人の席がDJブースになっていたり。

・椅子 (Temporary Foundation作)
P9150028

鏡を使ってたくさん椅子があるかのように見せています。

・大カラス (吉村益信作)と、和田昌宏作の作品
P9150030 P9150031

この後公式ウォーター(150円)を買い、
P9150035

会場間無料バスに乗って新港ピア会場へ。
前回は連携プログラムの会場も含めてぐるっと回ってくるコースのみをシティアクセスのマイクロバスで運転されていましたが、今回はそのコースに加えて横浜美術館と新港ピアを往復するコースが横浜市営バスの路線車を使って行われていました。

|

« 川村屋「とり玉うどん」 | トップページ | 横浜トリエンナーレ2014 (2) 新港ピア »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜トリエンナーレ2014 (1) 横浜美術館:

» 「横浜トリエンナーレ2014」/横浜美術館 [京の昼寝〜♪]
「横浜トリエンナーレ2014」/横浜美術館 【横浜美術館(20149/27撮影)】 待ってましたぁ〜3年に一度開催される横浜トリエンナーレまさに現代アートの国際展、今回で5回を数えるそうです。主会場となる横浜美術館の前にはこんなものが 低床トレーラー(ヴィム・デ...... [続きを読む]

受信: 2014/10/11 08:14

« 川村屋「とり玉うどん」 | トップページ | 横浜トリエンナーレ2014 (2) 新港ピア »