« 京急の黄色い電車 | トップページ | 横浜市歴史博物館「ハマの東海道」展 »

2014/05/08

横浜線のE233系

JR横浜線でE233系6000番台の運用が開始され、今までの205系を置き換えつつあるようです。
というわけで4月29日、東神奈川駅で様子を見てきました。

・E233系
P4290003 P4290006
P4290002

先頭車両のドア横にステッカーが貼ってあります。
「あれは何だろう?」と隣の線の車内から車両を見てずっと思っていたのですが、駅名とその駅にちなんだ絵でした。
Wikipediaによると横浜線の全駅と横浜線が乗り入れる京浜東北線・根岸線のいくつかの駅の駅スタンプの図柄で、予定されている全28編成ごとにそれぞれ別の駅のステッカーが貼られるようです。
「ドア横のステッカーコレクション」は後ほど...。

車体の中央部には「YOKOHAMA LINE」とペイントされています。
大船~東神奈川間で同じ線路を走る京浜東北線との区別の意味もあるのかと思われます(これと同じE233系の青色の車両が走っています)。E233系でこういうペイントがされているのは横浜線用の車両のみのようです。

・205系
P4290016 P4290012
P4290018

205系では2号車に6ドア車が組み込まれていましたが、E233系では全車普通の4ドア車になりました。
山手線や京浜東北線でも6ドア車がなくなりました。6ドア車はなくなる運命にあるのでしょうか?

・205系とE233系の並び
P4290021

その後中山駅まで移動。
中山駅のコンコースのホームに降りる階段の所にE233系の絵が貼ってありました。先頭車両のステッカーは中山駅のものでした。

・中山駅のコンコースに貼られていたE233系の絵
P4290025

それでは最後に、

・E233系の先頭車のドア横のステッカーコレクション
P4290004 P4290005
P4290022 P4290023

|

« 京急の黄色い電車 | トップページ | 横浜市歴史博物館「ハマの東海道」展 »

地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜線のE233系:

« 京急の黄色い電車 | トップページ | 横浜市歴史博物館「ハマの東海道」展 »