« 桑名 (5) 七里の渡跡 | トップページ | 鈴鹿 (2) 大黒屋光太夫記念館 »

2014/05/20

鈴鹿 (1) 鈴鹿市伝統産業会館

父親が伊勢型紙を買いたいというので、
鈴鹿市の鼓ヶ浦(白子の南にある)にある鈴鹿市伝統産業会館に行きました。

2014050610510000

「鈴鹿墨」と「伊勢型紙」の製作方法・道具・完成品等が展示されていました。

「鈴鹿墨」は存在自体知りませんでした。
習字の時に磨って使う四角い形の黒いやつです。

「伊勢型紙」は紙に絵を彫って「飾っておくもの」と思っていましたが、そうではなく、着物などの柄を染めるためのものでした。穴があけた所が染まるという。だから「型紙」か。
特に同じ模様が並んだ柄は、作るのに根気がいるなと思いました。

この鈴鹿市伝統産業会館がある鼓ヶ浦には海水浴場があります。
駅で言うと1つ先にある白子に母方の祖母が住んでいて、幼児~小学生の頃、夏休みに祖母やいとこと一緒に何度か海水浴に来たことがあります。
その当時は海水浴場シーズンは鼓ヶ浦駅に急行が臨時停車していました。
鼓ヶ浦に来るのはそれ以来かな。

|

« 桑名 (5) 七里の渡跡 | トップページ | 鈴鹿 (2) 大黒屋光太夫記念館 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿 (1) 鈴鹿市伝統産業会館:

« 桑名 (5) 七里の渡跡 | トップページ | 鈴鹿 (2) 大黒屋光太夫記念館 »