« SAYONARA国立競技場スタジアムツアー (3) 本編・後編 | トップページ | 舎鈴「味玉つけめん」 »

2014/04/25

秩父宮記念スポーツ博物館

続いて秩父宮記念スポーツ博物館へ。
国立競技場の中(スタンドの下)にあります。

・秩父宮記念スポーツ博物館の入口
P4060189

・入口前に脇に設置されていた彫像
P4060191

かつてオリンピックの種目に「芸術競技」があり、1936年のベルリンオリンピックで金メダルを受賞した作品との事。

・入口の両脇に掲げられていたもの
P4060193 P4060192

特別展として「SAYONARA国立競技場」が開催されており、東京オリンピックやその前に開催された第3回アジア競技大会を中心に展示されていました。

P4060203 P4060198

・東京オリンピックの金銀銅メダルと、テレゲーションユニフォーム
P4060205 P4060207

・東京オリンピックのマラソンコース
P4060208 P4060210

国立競技場から調布を往復するコースでした。
この図によると国立競技場ではマラソン門からの出入ではなく代々木門からの出入になっていました。

・東京オリンピック、第3回アジア競技大会、ユニバーシアード東京大会の記念メダル
P4060215 P4060214
P4060217

・東京オリンピックの記念乗車券等と、東京オリンピック等のプログラム
P4060219 P4060221

・東京オリンピックの聖火リレー等のトーチ
P4060227 P4060225

・東京オリンピックのポスター
P4060237 P4060241

常設展もあります。

・常設展の展示物
P4060228 P4060230
P4060233 P4060246

秩父宮記念スポーツ博物館は5月7日から長期休館となります。

P4060249 P4060251

|

« SAYONARA国立競技場スタジアムツアー (3) 本編・後編 | トップページ | 舎鈴「味玉つけめん」 »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/59525087

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父宮記念スポーツ博物館:

« SAYONARA国立競技場スタジアムツアー (3) 本編・後編 | トップページ | 舎鈴「味玉つけめん」 »