« 鎌倉散歩2014-3 (1) 金沢八景駅 | トップページ | 鎌倉散歩2014-3 (3) 明王院 »

2014/04/07

鎌倉散歩2014-3 (2) 旧華頂宮邸

本日のメインである「旧華頂宮邸」へ。
1929年(昭和4年)に当時皇族の華頂博信侯爵邸として建設、その後幾度と所有者が替わり、現在は鎌倉市が所有しているとの事。
庭園は月火曜と年末年始を除いて公開、建物内は年2回の土日・計4日間公開でこの日は建物の公開日でした。
2002年に放送されたドラマ「愛なんていらねえよ、夏」で、広末さん演じる鷹園亜子さんが住む豪邸との設定でこの建物が使われていました。

浄妙寺バス停を降り、報国寺の先に進んて行くとありました。

・旧華頂宮邸の入口
P4050009

・北側から見た建物
P4050068 P4050013

・平面図
P4050031

・玄関ホールと中央階段
P4050041 P4050015

2階に上がります。

・洗面台
P4050022

風呂もありましたが、明らかに最近作り直したものでした。

・洋室 その1
P4050024 P4050026

・洋室 その2
P4050029 P4050030

この2つの洋室は対になるように配置されており、内装は片方は黒基調、もう片方は白基調でした。
幾度となく改装されているらしいので、初めはこうではなかったのかもしれません。

・洋室から見た南側のフランス式庭園
P4050027

・和室
P4050036

・北側向きの洋室
P4050033

1階に降ります。

・広間
P4050044 P4050043

・広間からテラスへの出口
P4050047

これがなかなかいい感じ。

・建物南側のフランス式庭園
P4050049

迷路みたいになっています。「芝生に入るな」とあるので、ぐるっと回らないと中の方に行けません。

・南側から見た建物
P4050063 P4050066

そうです。この風景。
ドラマ「愛なんていたねえよ、夏」で印象的だった建物の姿。
北側から見た時は「こんなんだっけなぁ。建物の前に木はなく建物全体が見えていたような。」と思っていたのですが、南側から見た所だったんだ。

庭を挟んだ南側に無為庵が建っています。
上大崎から移設された和室と門との事。誰だったかが所有していた時に移設されたそうです。

・無為庵の門
P4050052

・無為庵の建物
P4050053 P4050054
P4050057

・無為庵の庭
P4050058

無為庵も含めて立派な建物と庭でした。

|

« 鎌倉散歩2014-3 (1) 金沢八景駅 | トップページ | 鎌倉散歩2014-3 (3) 明王院 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル - 広末」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉散歩2014-3 (2) 旧華頂宮邸:

« 鎌倉散歩2014-3 (1) 金沢八景駅 | トップページ | 鎌倉散歩2014-3 (3) 明王院 »