« 江差線・函館の旅 (1) 新青森まで | トップページ | 江差線・函館の旅 (3) 江差線下りと江差駅 »

2014/04/27

江差線・函館の旅 (2) スーパー白鳥

新青森駅から10:17発の「スーパー白鳥 1号」に乗車します。

・新青森駅に停車中のスーパー白鳥 (789系)
P4190013 P4190015

指定席も自由席もほどほどの乗り具合。
青森→函館間で進行方向右側の窓側の席をシートマップで選んだつもりでした(反対側の配線等が見えるのでこっち側の方が良い)。次の青森駅で進行方が替わるのにシートが進行方向向きになっており、自分の席の前の席の人がお酒を飲んで既に出来上がっている感じで、青森駅で椅子の向きを変える時にいやだなぁと思っていました。
発車時間になる。後ろ向きに進んでいき「あれ?」となりました。単に自分が指定を間違えていただけでした。

青森で自分が乗っていた車両は大勢が乗ってきてほどよい乗り具合になる。
函館に向って走り出す。

しばらくすると左手に青森車両センターが見えました。
211系やかつて常磐線の「スーパーひたち」で使用されていた651系が何両も留められていて驚きました。

先に進みます。
左手に北海道新幹線の高架橋が見えてずっと続いていました。
もう列車が走れそうな雰囲気。
P4190020

北海道新幹線の高架橋が近づいてきて、中小国信号所で津軽線から離れて海峡線へ。
その後北海道新幹線の合流する形になっていました。

・中小国信号所の分岐点
P4190022  P4190023

・津軽今別駅とその付近
P4190024 P4190026
P4190027

この駅は津軽線の津軽二股駅と隣接しており、津軽線の線路も見えました。
北海道新幹線関連の工事中で、休憩用なのか客車(50系?)が置かれているのが見えました。

いよいよ青函トンネルへ。
青函トンネルを通るのは15年ぐらい振りの2回目です。その当時は快速「海峡」がメインで、「海峡」に乗って通りました。竜飛海底駅での見学にも行きました。

青函トンネルに入る前に何本かトンネルがあり、列車のデッキとのドア上のLED表記にトンネルを通るごとに「xxxトンネル」と表示されます。
で..、次かな? 次かな? と思ているうちに「あれ、青函トンネルに入ってしまった」って感じでした。

とても画質が悪いですが、青函トンネル通過中。
P4190032

25分ぐらい走って北海道へ。
なんだか本州とは違う風景が現れたような気がします。15年ぐらい前に青函トンネルを通り抜けてきたときも同じように思いました。
P4190033

・たぶん知内駅跡
P4190034

ホームの跡が見つけられなかったので違うかも。

まもなく木古内です。今回はここで江差線の江差方面に乗り換えます。
北海道新幹線の線路と別れ、江差線の江差方面の線路が近づいてきて、木古内駅の建設中の新幹線ホームが見えた後、11:44に木古内駅に到着です。

・木古内駅到着前
P4190035 P4190036

・木古内駅のホーム
P4190039

|

« 江差線・函館の旅 (1) 新青森まで | トップページ | 江差線・函館の旅 (3) 江差線下りと江差駅 »

地域 - 北海道」カテゴリの記事

地域 - 東北」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR東日本」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR北海道」カテゴリの記事

コメント

函館に来てたんですね。
自分は逆に青函トンネルで青森県に出ると、別世界に来ちゃったなって感じます。
充実な旅だったみたいで良かったですね。

投稿: ふく | 2014/05/01 00:06

> ふくさん

言われてみれば、北海道から見れば本州の方が別世界ですね。

本州と九州は違いを感じなかったりします。

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2014/05/01 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江差線・函館の旅 (2) スーパー白鳥:

« 江差線・函館の旅 (1) 新青森まで | トップページ | 江差線・函館の旅 (3) 江差線下りと江差駅 »