« 松屋「山形だし牛めし」 | トップページ | 江差線・函館の旅 (2) スーパー白鳥 »

2014/04/27

江差線・函館の旅 (1) 新青森まで

4月19日~20日、5月12日で廃止となるJR北海道の江差線の木古内~江差間を乗りに行ってきました。4月19日は江差線に乗り函館で宿泊、4月20日は函館観光でした。

行きは新幹線で。
江差で観光時間を設けようと思うと、始発の「はやぶさ」に乗るしかありませんでした。
そんなわけで5時に起きて、東京駅6:32発の「はやぶさ 1号」に終点の新青森まで乗車。
「はやぶさ」で使用されているE5系に乗るには初めてではないが、「はやぶさ」自体は初めての乗車でした。

・東京駅での「はやぶさ」
2014041906260000

この列車は「こまち」も併結。
「こまち」用のE6系はまだ見た事がなかったので見に行きました。

・E5系「はやぶさ」とE6系「こまち」の連結部分
P4190002

本当は先頭まで行ってみたかったのですが、 発車時間までそんなに時間がなく、「はやぶさ」と「こまち」の間は通り抜けできないので諦めました。

そんなわけで発車。
宇都宮~盛岡間は時速320kmでの運転。何となく速く感じました。
青森県内では陰になるところに少し雪が残っているところもあったり。
9:50に新青森駅に到着。

・新青森駅の駅名票と乗ってきた「はやぶさ」E5系の先頭部分
2014041909520000 P4190008

・新青森駅のホームの先から見た風景
P4190003 P4190005

津軽湾が見えました。
津軽湾の先に見えるのは下北半島かな?

・新青森駅の新幹線コンコース内と在来線への乗り換え改札
P4190009 P4190010

次に乗る「スーパー白鳥 1号」は10:17発。
27分も時間があります。青森駅でも7分間の停車あり。スーパー白鳥1号との接続は極端に悪いですが、時刻表を見るとあまり接続がよくなかったり青森駅での長時間停車がある列車が多く、せっかく新青森まで早く来れてもこれではなぁと思います。津軽海峡線が単線区間が多いので仕方がないのかもしれませんが。

時間があったし今朝朝食を食べていなかったので、新幹線改札内の「そば処ブナの森」で「ほたて十万石入りうどん」(550円)を食べました。

・ほたて十万石入りうどん
2014041910010000

地元の店ではなくNRE系列で萎えました。
ほたて十万石は青森名物のかまぼこのようです。中にチーズが入っています。美味しかったけどうどんに入れることはないかなぁ。他のメニューとの値段差が大きく、普通のメニューで良かったかなと思いました。

|

« 松屋「山形だし牛めし」 | トップページ | 江差線・函館の旅 (2) スーパー白鳥 »

グルメ・クッキング - そば・うどん・パスタ」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR北海道」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR東日本」カテゴリの記事

地域 - 北海道」カテゴリの記事

地域 - 東北」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/59541179

この記事へのトラックバック一覧です: 江差線・函館の旅 (1) 新青森まで:

« 松屋「山形だし牛めし」 | トップページ | 江差線・函館の旅 (2) スーパー白鳥 »