« 鎌倉散歩2014 (5) 光明寺(閉まっていた)と材木座海岸 | トップページ | ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 2日目 »

2014/03/21

ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 1日目

3月15日と16日の2日間、国立競技場ももいろクローバーZのライブ「ももクロ春の一大事 2014 国立競技場大会 ~NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ~」が開催されました。

夢の国立競技場ですからね。この後7月から建て替え工事が始まるので現在の国立競技場での公演は最後でしょう。「国立競技場でライブを見た」なんて想い出が残せるのはこれが最後のチャンス。
仕事などの都合で行けなくなったりしないか、体調不良で行けなくなったりしないかと、国立競技場での公演が発表された時からずっと気がかりでした。特にその週は。

1日目の3月15日はチケットが買えなかったので映画館でのライブビューイングで、2日目の3月16日はチケットが買えたので現場(国立競技場)で生で見ました。

<1日目>
公演開始後最初に東京オリンピックの聖火台の前の仮設舞台にメンバー5人が下からエレベータで登場。
衣装は、(インディーズ)レビュー曲の時の衣装。
5人それぞれがトーチを持っており、5人一緒に聖火台に聖火を灯しました。
「あの聖火台に」って感じで、もうなんだかこれだけで感激でした。
2012年の日産スタジアムでの公演でも疑似聖火台がありましたが、この時は聖火を灯したのは代表してリーダーの百田1人のみ。やっぱりこういうのは5人全員でやらないとね。

その後聖火台前の仮設舞台の下に入り、ジェットコースター(もどき?) に乗って下に降りてきました。
普通のジェットコースターは自然の力で下りてきますが、その先にコースがないのでブレーキをかけながらゆっくりとといった感じです。
あれを作るのにいくらかかったのだろう?
遊園地の遊具メーカーに作ってもらったのかな? 1から作ったわけではなく仮設遊園地やイベント向けのパッケージみたいなものがあってそれを利用したのか。何はともあれ、あれを設置してテストしたりするのも結構時間がかかりそうで、驚きの演出でした。

下に降りてきて、(インディーズ)レビュー曲の「ももいろパンチ」を歌います。
その後、「未来へススメ!」、「行くぜっ!怪盗少女」 と続く。
途中で気づきました。シングル曲を発売順に順番に歌っていることを。
ももいろクローバー時代の歌が終わり、衣装替え。その後ももいろクローバーZ時代のシングル曲を歌っていきます。
夢の国立競技場までの今までの集大成という事なんですかね。なかなか良い構成だと思いました。
その一方でふと「なんだか解散ライブみたいな構成だなぁ」と思い、「まさか!?」と思う。

ももいろクローバーZ時代の最初の曲「Z伝説」では、曲中でナレーションをしている立木文彦さんが登場し、生ナレーション。上に上がる台に載り、立木さんは歌に合わせて激しく踊っていました。台に載っている譜面台がぐらぐら揺れており「大丈夫なのか?」と思いました。
自分がももいろクローバーZを知ったのはこの「Z伝説」からです。Youtubeでこの曲のPVをどういうきっかけだったか忘れたが見て、はまってしまって、この頃は何度も何度もこの動画を繰り返して見ていました。なので「ももいろクローバー」時代の曲はあまりよく知らなかったりします。

その後途中で自己紹介あり。
この日はイメージカラーが緑の有安杏果さんの誕生日で、有安さんの自己紹介の時に会場が緑一色になっている映像が写って非常に驚く。「えっつ! みんな推しメンバー以外の色のペンライトを持っているの?」と。自分は緑色しか持っていないし。この人数の規模で有志が緑色のサイリウムを配るのは不可能と思われる。「こういうのは用意しておかなければいけないのか」と自分の中で焦る。正直面倒だなと思う。
で、次のイメージカラーが赤の百田さんの自己紹介になった時に、赤一色のなっている映像が写って「あれ?」
どうやら、ツアーグッズで色を各メンバーの5色に切り替えられるペンライト(ギガライト)を売っているらしい。あぁそういうことか。「自分もコレ欲しい」「コレやってみたい」と思い、明日現場に行ったときにこれを買う事を決めました。

最新シングルの「GOUNN」まで全12曲。「GOUNN」は途中で映像に替わり???な状態になりました。
そしてその次、5月8日に発売される13曲目のシングル曲「泣いてもいいんだよ」を初披露。作詞作曲はあの中島みゆきさんでした。
「うぅん」と思う。ちょっとノリにくしヒットしないかも。

その後衣装替えがあり、他の曲を何曲か歌う。
この日は有安杏果さんの誕生日という事で、生誕祭のようなものもありました。
マネージャーの川上さんが箱を押して登場、箱を開いたらもう1人のマネージャーの古屋さんが出てくるという。
古屋さんが誕生日プレゼントとの事で手袋を彼女に渡し「Word of the mind」という歌を歌いました。この曲は歌の途中で有安さんが手袋を観客に投げるというお決まりのパフォーマンスがあります。

その後何曲かあり、アンコールに突入。
おなじみの松崎しげるさんが聖火台の前に出て来て「愛のメモリー」の替え歌で、夏のライブの日程と会場を発表。7月26日と27日に日産スタジアムで開催との事。去年も日産スタジアムだったし、正直なところ驚きはなかった。
その他に、13曲目のシングル曲「泣いてもいいんだよ」のカップリング曲の「堂々平和宣言」を披露。ももクロには合わない曲だなと思いました。

最後は「走れ」を披露し、終了でした。
前回よりもバンドメンバーが増え(前回なかったストリング系の人もいた)、前回よりもメンバーとバンドメンバーの絆が深まっているように感じました。
あと、「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」とういう曲のために、コーラス隊(東響コーラス)も出演しました。

2日目は現場(国立競技場での)での観戦です。
1日目が良すぎたので、逆に不安になりました。

|

« 鎌倉散歩2014 (5) 光明寺(閉まっていた)と材木座海岸 | トップページ | ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 2日目 »

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

芸能・アイドル - ももいろクローバーZ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/59331764

この記事へのトラックバック一覧です: ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 1日目:

« 鎌倉散歩2014 (5) 光明寺(閉まっていた)と材木座海岸 | トップページ | ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 2日目 »