« ソロピッツァ ナポレターナ「マルゲリータ エクストラ」 (京急百貨店大イタリア展) | トップページ | 雪 2/14 »

2014/02/09

いのこ (三重県四日市市の伝統行事)

こんな動画を見つけました。

地元中の地元の映像で驚きました。

「いのこ (亥の子)」は毎年11月に行われる収穫を祝う行事です。
藁を束ねて縄で括ったもの(「いのこ」と言っていた)を使い、各家を回って歌を歌いながら(地面に)つきます。

四日市市でも一部の地域でしか行われていない模様です。どの程度の範囲で行われているのか昔から疑問です。
また、Wikipediaによると、四日市市だけではなく西日本を中心に各地にあるようです。地域によっては「いのこの餅」を作ったり「いのこの石」を(地面に)つくようですが、これはありませんでした。

この映像によると、今はみんなで集まっていのこを作るようです。
自分の頃は各家庭で作っていました。農家の家が多いですが、自分の家は農家ではなかったので藁がありません。農家の隣から藁をもらって祖父が作っていたのかな? 今一歩記憶がありません。

今は女子も参加するようですが、自分の頃は小学4~6年の男子だけでした。
いのこは自分の頃はもうちょっと大きかったような気がします。特に「大いのこ」と呼ばれる最初につくいのこはこの映像の倍ぐらいの太さがあったような気がします。その頃は体が小さかったので大きく見えていただけなのかもしれません。
映像を見ていると、いのこを単に上下に移動させている子もいましたが、ついた後ぐるっと回してつくのが正しいです。
歌声も自分頃と比べて元気がないなと思いました。女の子の方が元気があるような気もするし。

自分の頃は夕方から西の方から東に向かって各家を訪問。
各家からお駄賃が渡されます。
500円や1000円が多く、500円なら1回つく、1000円なら2回つくでした。
最後に会所(公会堂)に戻り、子供会から出されるカップヌードを食べ、頂いたお駄賃を集計します。4年生は1人いくら、5年生は1人にいくら、残りは6年生が山分けでした。
6年生の時は子供としては結構な額をもらったような気がします。

この行事がいつまでも続くことを期待します。

| |

« ソロピッツァ ナポレターナ「マルゲリータ エクストラ」 (京急百貨店大イタリア展) | トップページ | 雪 2/14 »

地域 - 東海」カテゴリの記事

コメント

素朴な行事ですね。どこか滑稽。

投稿: 淀風庵 | 2014/02/11 17:34

滑稽ですか?????

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2014/02/11 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いのこ (三重県四日市市の伝統行事):

« ソロピッツァ ナポレターナ「マルゲリータ エクストラ」 (京急百貨店大イタリア展) | トップページ | 雪 2/14 »