« 国立科学博物館 (2) 零戦・宇宙 他 | トップページ | 本の山積みディスプレイ »

2013/08/25

国立科学博物館 (3) コンピュータ関連

コンピュータ関連の展示も見てきました。
本職なので。(ハードではなくソフトの方ですが)

情報処理学会が認定した情報処理技術遺跡のプレートが置かれた展示物があちこちにありました。

・計算尺
P8110081

映画「風立ちぬ」で零戦を設計した堀越氏が盛んにこれを使用していたのを思い出しました。
自分は使い方を知りません。

・タイガー計算機の虎印計算機 (1924年)
P8110083

・タイガー計算機の高速自動式計算機 (1936年)
P8110082

・潮候推算機 (1930年)
P8110085

・九元連立方程式求解機 (1944年)
P8110084

・ELT-MARKⅡ (1955年)
日本初の実用大型リレー計算機。
P8110087

・FUJI写真フィルム 真空管式計算型計算機FUJIC (1956年)
P8110089

・座席予約システムMARS-101 (1964年)
日立製で、1959年に開発された初代のMARS-1は鉄道博物館で公開されています。
P8110091

・インテル i4004 (1971年)
世界初のマイクロプロセッサ。
P8110078

・TK-80 (1976年)
日本初のマイコンキット。
P8110077

その後、久しぶりに「シアター36O」を見て帰宅しました。
何回も国立科学博物館は行っていますが、大抵の場合行ってみると「シアター36O」の上映時間がもう終了していたりして見る機会が意外とありませんでした。

(完)

|

« 国立科学博物館 (2) 零戦・宇宙 他 | トップページ | 本の山積みディスプレイ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152359/58058196

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館 (3) コンピュータ関連:

« 国立科学博物館 (2) 零戦・宇宙 他 | トップページ | 本の山積みディスプレイ »