« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の19件の記事

2013/05/31

上野動物園 (2) 上野動物園モノレール

この日のメインイベント、上野動物園モノレール(都営上野懸垂線)に乗って、東園 → 西園 に移動します。

・東園駅
P5250087

すぐに乗れるものと予想していたのですが、列ができていました。
座席定員 - αの人数しか載せておらず(若干空席がある状態で発車している)、列の長さを考えるとどう考えても歩いて行った方が早い。西園に着く頃はまだ切符すら買えていないかも。
そんな状態だったので乗るのをやめて歩こうかと思ったのですが、「では何のために上野動物園に来たのか」という事になり、上野動物園に来た名目(笑)がなくなってしまうので、並んで乗りました。

モノレールの車両には片側にしかドアが付いていません。
東園駅では駅改札の反対側がホームになっており、モノレールがいないときに鉄道で言う踏切(遮断機はなし)を渡って向かい側のホームの行く形になっています。
変わった方式だなぁと思いました。

・東園駅の外から見たモノレール
P5250088

・歴代モノレール車両の案内図と、切符売り場への通り道から見た懸垂部分。
写真で見る限り1つ前の30形の方がカッコよく感じました。
P5250099 P5250100

・切符売り場
自動券売機が2台設置されています。
PASMOやSUICAは使用できません。片道大人150円です。
P5250098

・ホームの反対側から見た頭端部や入線してくるモノレール
P5250103 P5250105
P5250106 P5250112

・ホーム側から見た頭端部等
片持ち式なので、ホーム側と向かい側で見た目が違います。
P5250115 P5250116

・ホームから見た運転席部分
P5250119

運転席の前に大きなモニターが設置されています。そこに速度計等が表示される模様でした。
マイナビニュースによると、このモニタはWindows XPで制御されているようです。
もうすぐ Windows XPのサポートが終了してしまいますが、どうするのだろう。もっとも、ネットワークに接続されているわけではない(と思われる)ので、このまま使い続けても何の問題もないと思われますが。っていうか、Windows Updateとかするのだろうか? するとした場合どうやってするのだろう? 余計なトラブルを防ぐためにはむしろしない方が無難のようにも思われるが。

そんなわけでモノレールはミュージックホンを鳴らして発車しました。

・車内
P5250125 P5250127

1分半であっという間に西園駅に到着。

・西園駅
P5250137 P5250130

・西園内からみたモノレール
P5250131 P5250175

上野動物園モノレールは、遊具ではなく、鉄道事業法に基づく鉄道です。
乗りにくかった「鉄道」に乗ることができました。
東京都内でまた乗ったことのない鉄道区間(貨物専用は除く)はあと何処になるのだろう?
地下鉄は、どの区間が乗車済みでどの区間が未乗車なのかわからなくなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/29

上野動物園 (1) 東園

5月25日、ぐるっとパスを利用して、園内のモノレールに乗るために上野動物園に行きました。

上野動物園に入るのは、中学の修学旅行以来です。
25年振りぐらいかな。動物園自体いつ以来だろう... 20年振りぐらいかもしれません。

中学の修学旅行の時は、上野動物公園では班別行動でした。園内のモノレール、国立博物館、国立科学博物館、あと何処か? の1つに行ってもよいとの事で、自分は興味はなかったけど自分の班は国立科学博物館に行きました。自分はモノレールに乗りたかったのですが...。
25年振りぐらいに行ったけど、懐かしいという記憶に残っていなかったです。
国会議事堂、東京タワーに行った後(昼はそこでカレーを食べた)、この上野動物園に。結構早い時間に宿泊場所(ふたき旅館)に入ったような気がするので、上野動物園には2時間ぐらいしかいなかったのではないかな。パンダはいましたが見ませんでした。

・入場門
ゴリラが門の前で歓迎していました。
P5250002 P5250009

入場します。

・旧寛永寺五重塔
P5250011
P5250012 P5250014

寛永寺の中ではなく、上野動物園の敷地内にあります。
寛永寺側から見たときにどんな感じになっているのか気になっていたのですが、特に何もなかった。

せっかくなので動物も見てきました。

・シカ
P5250016

・ジャイアントパンダ
P5250022 P5250023
P5250025 P5250026

パンダは食べたものの消化が悪くて、食べたものがほとんどそのままの形で排出されるとか。
2匹いましたが、妊娠の兆候が見られた「シンシン」はどっちの方だろう。左かな?
室内も屋外も2区画ずつあり、それぞれ別の部屋にいました。接触する機会は普段はなさそうでした。

・タイから贈られたサーラータイと、伊勢国安濃津(現三重県津市)の藩主が客をもてなすために建てた閑々亭
P5250028 P5250032

・フクロウ
P5250031

・トラ
P5250036

・テナガザル
P5250037

・ゴリラ
P5250039 P5250042

「俺はここで何もせずに一生を終えてしまうのかな」と、そんな感じのつまらなさそうな表情に見えました。

・蛍光色の鳥
P5250044 P5250047

・ホッキョクグマ
P5250054 P5250056

豪華施設の中に1匹しかいません。一番待遇が良いかも。

・クマ
P5250059

木を登ります。
熊の重さで木の枝がぐらぐら揺れていて折れそうでした。

・ゾウ
P5250062 P5250063

食事中でした。鼻で笹を同じ方向になるように整えて、それをつかんで口元に持って行って食べます。器用です。
P5250069 P5250070
P5250071 P5250072

子供の頃、「好きな動物は」の質問にゾウと答えていた気がします。
今もそれは変わらないのではないかと、ゾウを見て思いました。

・バク
P5250077

・サル
P5250074 P5250080
P5250084

カゴの中にいるサルの方は、カゴの中で体操選手のようにびゅんびゅん飛び回っていました。飛び回るごとに「カシャン カシャン」と鉄がぶつかる音がする。

どうでもよい事ですが、この部分を書いていたら橘いずみさんの「サルの歌」という歌を思い出した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/05/28

麺匠あじゃり「濃厚鶏白湯ラーメン」 (京急百貨店大信州展)

京急百貨店で開催されている「大信州展」のイートインコーナーで、長野市から出展している麺匠あじゃりの「濃厚鶏白湯ラーメン」(850円)を食べました。

2013052713290000

右側に写っている緑色のものは「野沢菜」です。
でも何だか野沢菜ではなくあおさを食べているような感覚になりました。

「あおさ」で正しかったようです。(コメント欄参照)

美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/26

トナリ「タンギョウ」

上野駅のアトレにあるトナリという店で「タンギョウ」(880円)を食べました。

2013052512210000

「タンギョウ」はタンメンと餃子のセットの事です。
他に「タンカラ」というメニュー(タンメンと鶏のから揚げのセット)もありました。
単品のタンメンは720円で、値段差がそんなにないのでこれにしました。

店に貼っている「入っているもの一覧」の中にある豚肉とイカゲソが見つけられませんでしたが..、他の人数名とほぼ同時に運ばれて来たので他の人の方に集中してしまったのか...。
生姜入りで、また黒胡椒が目立っていてこの辺りが他の店のタンメンではあまりない特徴でしょうか。

量が多くて躊躇しましたが、飽きることなく美味しくいただけました。
タンメンも美味しかったですが、それよりも肉って感じの餃子が美味しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分の壁を破った九段下駅

九段下駅の東京メトロ半蔵門線の押上方面ホーム(4番線)と都営新宿線の新宿方面ホーム(5番線)の間にあった壁が、3月16日になくなりました。
というわけで、その様子を見てきました。

とはいえ、壁があった頃のホームを見たり利用した事が一度もなかったりするわけですが..。

・ホームに降りる階段
P5180091

・ホーム
P5180092 P5180095
P5180096

床の汚れ具合の違い等から、壁があったことがうかがえます。
普通の島式ホームの作りで、壁があった頃は階段がある部分のホームは相当狭かったもlのと思われました。

・壁取り払いの案内
P5180097

・都営新宿線本八幡方面ホームから見た壁が取り払われたホーム
P5180101 P5180102

九段下駅の場合、運賃計算上特に大きな問題がなかったので壁を取り払って改札を共通化できたものと思われますが、他ではそううまくは行かないのではないかと思いました。
ICカードを使用する場合、自己申告による実際の経路に従った運賃の支払いはやりたくてもできなくなってしまったわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国神社

ついでになんて言葉を使うと失礼に当たりそうですが、靖国神社に参拝してきました。

大学生の頃、東京に住んでいた伯父の家に泊った時に伯父と一緒に来て以来です。
その時は遊就館も行きましたが、この日は夕方だったので遊就館はもう閉まっていました。

武道館の入口付近にある門から拝殿までは結構遠かったです。

P5180073 P5180080
P5180084 P5180085

普通の神社とは違う特別な神社なので、少し緊張しました。
周りの参拝者も、どこか普通の神社と違う雰囲気でした。
私のような者は、どう捉えてどういう態度で参拝したらよいものかなと悩みました。靖国問題に対するこうあるべきだという確固たる考えはないわけで。

参拝を終えて帰る途中、腕時計が止まっているのに気づきました。
結果的には単なる電池切れではありましたが、自分の参拝態度が悪かったのかなとかそういう事を思ってしまいました。

境内の土産物屋(靖国神社直営ではないと思う)で安部首相の「日本をトリ戻す!」まんじゅうを売っていました。
安部首相が靖国神社を参拝するのは別に構わないと思うのですが、
この場所でこのまんじゅうを売るのはどうかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/25

窓から武道館が見える

P5180016 P5180019

23年ぐらい前、名古屋のCBC(中部日本放送)のラジオで「障子久美の窓から武道館が見える」という番組が放送されていました。
東京支社での収録で、収録スタジオの窓から武道館が見えることからこのタイトルになったそうです。

そのすぐ西側に北の丸公園の清水門があるので行ってみました。

P5180022

写真の右側に写っている白いビルがCBC東京支社が入居しているビルです。
おぉっつ! 確かに窓から武道館が見えそうです。あのビルのどの窓がその窓なのかなぁ。

全然関係ないけど、大学の(全学部共通の)卒業式が武道館であり、終了後にこの清水門から出てきたことを思い出しました。うちの学部は地方にあったので、武道館での卒業式終了後、この近くにある法学部だったか経済学部だったかの校舎の教室にクラス単位で集まって卒業証書を受け取りました。

科学技術館に行った帰りに武道館の前を通ってきました。

P5180066 P5180064

この日武道館で開催されていたライブの開場時間の直前のようで、人でいっぱいでした。九段下駅から人の波がずっと続いていました。
武道館の前に来るのはいつ以来だろう。1999年に開催された広末涼子さんの最初で最後のライブに来た時以来かなぁ。(その時は中に入ってライブを見ています。)
次に武道館の中に入るのはいつになるのか?

・内堀通りの靖国神社前にある歩道橋から見た武道館
P5180070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学技術館

続いて北の丸公園内にある「科学技術館」に行きました。

P5180061

日本科学技術振興財団が運営する科学系の博物館です。
各業界団体・企業・研究所に出展してもらい、出展者が決めた展示内容で出展者のブースが並んでいるようなスタイルでした。各ブースにいる係員も出展者の職員の模様。
言ってみれば、出展者のPR館が並んでいるような感じです。
博物館直営の展示コーナーは無いようでした。

空いているブースや、簡素な内装の所にひとまず展示物を置いたような感じになっているブースがありました。出展者が撤退した跡なのかな?

・5階の科学教室 (理化学研究所出展)
P5180030

ちょうど液体窒素を使った科学教室が行われていました。
上の写真は湯の中に液体窒素を入れた所です。

その他、風船を入れたり、コカコーラー入りの蓋を開けたペットボトルを入れたりしていました。
コカコーラーの場合は蓋の所からコカコーラーが噴出します。炭酸が入っていることが原因で、もし蓋を閉めていたら爆発するとの事。
炭酸が入ったもの(ビール等も含む)は、冷凍庫でも危ない。
「あぁ温い 冷凍庫に入れて早く冷やそう → ちょっとテレビを見よう。あぁテレビ面白いなぁ (こういう時は冷凍庫に入れていたことを忘れてしまいますからね) → ドカン!」
となりますから絶対に止めましょうとの事でした。

なかなか楽しい科学教室でした。

・4階の建設館と鉄の丸公園1丁目 (各業界団体出展)
P5180031 P5180032

・3階のアトミックステーション ジオ・ラボ (原子力関連団体や各電力会社の出展)
P5180037 P5180038
P5180039 P5180040

原子力発電推進のブースです。どことなく後ろめたさを感じさせる雰囲気でした。
ウラン鉱石から燃料棒に加工し、発電し、使用済み燃料を廃棄するまでの過程が紹介されていました。
3番目の写真は燃料棒の実物大模型だそうです。もっと大きいのかと思っていました。
使用済み核燃料はガラス固化体に加工し、さらに容器に封じ込めて地下の奥深くに埋めるようで、「えぇ~ こんなので大丈夫なの?」と思いました。日本ではそもそもまだ埋める場所すら決まっていないようで、地上で保管されているようです。今後原子力発電をどうするか(推進?廃棄?)よりも、使用済み核燃料の処理をどう迅速進めるかの方が重要なのではないかと思いました。

・3階のエレクトロホール (日本電機工業会等出展)
P5180041

「Z伝説」のPVの1:28あたりに出てくるあれ?
「ビリビリ感電」する場合が本当にあるようで、他の人と手をつないで触らないよう注意書きがありました。

・3階のモーターズワールド (マブチモーター出展)
P5180042

ちっちゃい...。

・2階の自転車広場 (日本自転車普及協会出展)
P5180046 P5180050
P5180051 P5180052

科学技術館唯一の博物館って感じの展示コーナーでした。

・2階のサイエンスライブラリー (日本自転車普及協会出展)
P5180058

「サイエンスライブラリー」なんて名前が付いていましたが、日本自転車普及協会の図書室兼事務所みたいな感じの場所でした。
その中の一角で自転車が展示されていました。
この写真のようなタイプの自転車、小学生高学年ぐらいから乗っていました。憧れの的で装備の豪華さを競ってましたね。ギヤ数が多い方が偉いみたいな。

科学技術館全体として、小学生の社会見学に適していそうな場所だなと思いました。

---
「昭和館」「科学技術館」共に、先日「印刷博物館」に行ったときに買った「ぐるっとパス」(2000円)で入場しました。
印刷博物館が300円、昭和館が300円、科学技術館が700円だったので、あと700円分使えば元が取れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/19

昭和館

5月18日、九段下にある「昭和館」に行きました。

P5180006 
P5180012 P5180002

太平洋戦争の戦前~戦中~戦後の庶民の生活に関する資料が展示されています。
国(厚生労働省)の博物館で、日本遺族会が受託して運営しているようです。

常設展示室に入るとまず最初に出征に関する展示があります。
当時は選ばれて出征することは英雄で、地域の人に見送られて出征していったとか。
自分の父方の祖父が身体能力等が高く、選ばれて職業軍人(陸軍)となり、出征しています。
田舎町なので少し違うかもしれないですが、ああやって見送られて出征していったのかなと思いにふけました。
その手の話は祖父や祖母からほとんど聞いたことがありません。祖父も祖母も亡くなってしまったのでもう聞くことはできないのですが、聞いておけばよかったかなと思いました。

その後の展示は、歴史の授業で知っていたことや、他の博物館でも見た事があるようなもので、特に驚きなどはありませんでしたが、全体的によかったです。
戦争に対する偏った主張はなく淡々と展示されており、そういう面でもよかったです。

防空壕の体験コーナーや体験広場がありましたが、ああいう娯楽的な部分はいらないかな。

昭和館は7階建ての大きな建物ですが、1階がロビーで、常設展示室は6階と7階のみ。5階と4階に映像室・図書室がありますがフロアーの半分ぐらいしか使われていませんでした。地下1階は資料保管庫と書いてありました。
それ以外の階や5階と4階残りのスペースは何に使っているのだろう? という疑問が。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ロッテリア「麺屋武蔵ラーメンバーガー」

ロッテリアで期間限定の「麺屋武蔵ラーメンバーガー」(634円)を食べました。
スープ付きです。
割り箸も付いてきました。

2013051914420000 2013051914430000

パティの替わりにラーメンの麺と厚めのチャーシュー(というか角煮?)が入っています。
ネギやメンマ等の野菜類はなし。(なので他の店でサラダを購入して食べました。)
ラーメンの麺のパティはそんなに固められておらずほとんど加工もされていなくて、本当のラーメンって感じでした。

予想に反して美味しかったです。
特にチャーシューがとろんとして美味しい。

スープは塩辛かった。

なんで割り箸が付いているのかなと思っていました。別に買ってきたサラダを食べるために使いましたが、本来の使い方ではないし。
食べ終わった後他の人のブログを見ていたら、あのスープに麺を移して食べている人が結構いて、あぁ「そういうための割り箸だったのか」とわかりました。
スープはそのまま飲むと塩辛かったけど、麺を入れて食べたたらちょうどよいぐらいになるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013/05/16

すき家「やきそば牛丼」

すき家で今更ながらですが期間限定の「やきそば牛丼」を並のサラダセットで食べました。(計490円)

2013051512160000

一口目は「美味しい」と思いましたが、食べているうちにだんだん飽きてきました。
合わない組み合わせというわけではなかったです。
食べ終わった後で、青のりの袋がトレイに載っていたのに気付いた。トホホ.

食べ終わった後、丼の底を見たら「すき家 YOKOHAMA」と書いてありました。
前からそうなんだっけ? 初めて気づいた。
調べたところ、創業店が横浜市鶴見区の生麦だそうで。

2013051512290000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魂心家「野菜ラーメン」

目黒にある魂心家で「野菜ラーメン」(750円)を食べました。
横浜家系ラーメンと名乗っていますが、吉村家の系列ではないようです。
ランチタイムは卵かけごはん無料との事なのでそれも頼みました。

2013051112200000

ん.. 量が多い。店先に出ていた写真よりも...。
なかなか麺にたどりつかない。
すみません、少し残してしまいました。

味は、
卵かけごはんの方が美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/12

近鉄内部・八王子線

三重県四日市市を走る近鉄内部・八王子線です。
軌間が762mmで、現存するこの軌間の鉄道は他に三岐鉄道北勢線と黒部渓谷鉄道ぐらいです。

GWに実家から戻る時に、車で途中西日野駅に寄って内部駅まで送ってもらい、そこから内部線に乗って帰りました。
内部線に乗るのは20年振りぐらい、大学生の時の夏休みに泊にある中華レストランにアルバイトに行っていた時に乗った以来です。泊~内部間はたぶん初めての乗車です。

ちなみに、アルバイトしていたその中華レストランは破天荒という会社が経営する遊食三昧という店で、割と最近まで営業していたのですがなくなってしまいました。破天荒関連の店は当時は四日市や鈴鹿で10店舗ぐらいはあったのですが、今は2店舗しか残っていないようで...。今は通販がメイン事業のような。

・西日野駅
P5060006 P5060003

八王子線の現在の終着駅です。
以前は八王子線の由来となっている八王子というところまで線路が延びていましたが、集中豪雨による被害により1976年に廃止されました。

続いて内部駅へ。こちらは内部線の終着駅です。

・内部駅の駅舎と線路の先端
P5060009 P5060012

・併設している内部車庫
P5060008 P5060015

・ホームに停車中の車両と留置線に停められていた車両
P5060017 P5060023
P5060024 P5060018

・車内
P5060013 P5060014
P5060025 P5060026

冷房が付いておらず、この日は気温が高かったので車内はちょっと暑かった。
四日市寄りの先頭車両(上の写真で紫と黄色、クロスシートの車両)は1982~1983年製造のモ260形でこちらはそんなに古さは感じませんでしたが、2両目と3両目は1954年製のようでだいぶ古く感じました。

車体の色は7色あるようです。
内部駅で見た4色に赤を加えればももいろクローバーZになってしまいますが。
以前はみんな同じ色(近鉄の他の通勤用車両と同じような色)でした。

・日永駅のホーム
P5060031

八王子線との分岐駅です。

・近鉄四日市駅の内部・八王子線乗り場
P5060035 P5060034
P5060040 P5060041

内部・八王子線の乗り場は、名古屋線・湯の山線の乗り場から少し離れた所にあり、改札口も別です。中で繋がっておらず、両線を乗り換える場合は一旦改札口を出る必要があります。
名古屋線・湯の山線はICカード対応ですが、内部・八王子線は未対応です。
   

この近鉄内部・八王子線、近鉄から廃線&BRT化(線路跡をバス専用道に転用)が提案されています。
年間3億円の赤字だとか。近鉄の規模からすれば3億円は大した金額ではないような気がするんですけどね。新型特急車両「しまかぜ」の1両分ぐらいの値段。
軌間が特殊で車両の有効幅が狭いので、他線や他社の中古車両が導入できず、新車導入費も一般的な路線より高くなってしまうのも廃線にしたい理由のようです。

近鉄側のこの問題に対する高飛車な態度から、今後も近鉄に任せる気にはなれず、市主体の第三セクターを設立して鉄道として存続させるのが良いのではないかと個人的には思います。
車両は、路面電車の汎用的な連接車両を導入するのは無理なんですかね。輸送量的にはちょうどよいサイズのように思います。最近のは低床式なので、軌間の関係で車輪がある部分の低床になる部分が狭くなりすぎて無理なのかな。

---
<おまけ>
・近鉄四日市駅での、近鉄湯の山線とビスターカー
P5060054 P5060050

・近鉄四日市駅での名古屋線ホームから見た中央通り
P5060049 P5060052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/10

GW後半戦

GWの後半は三重県四日市市にある実家に帰りました。

実家に帰る途中で撮影した富士山です。
2013050316270000 2013050316270001

5月3日に新横浜駅15:53発の「ひかり」に乗ったのですが、自由席は空いていて余裕で座れました。

名古屋駅で近鉄に乗り換え。
全国交通系ICカード相互利用が開始されたため、自分が持っている関東地方私鉄系のPASMOでも使えるはず。(ちなみに近鉄はPiTaPaです。)
という事でタッチしてみたら無事使えました。
バンザーイ!
切符を買わなくてよいので楽です。

ただ、近鉄四日市駅の中にあるコンビニでは使えなかった。PiPaTaとiDのみ対応との事。
そういうもの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀製麺「かけうどん」

GWの後半戦、実家に帰る途中に新横浜駅にある「丸亀製麺」でかけうどん等を食べました。

2013050314350000

かけうどんは並で280円、はなまるうどんのような特別安い価格ではありません。また、小はありません。
ねぎははなまるうどんと違って入れ放題です。(はなまるうどんも昔は入れ放題でした)

かき揚げがでかい。(高さが高い)
全般的にはなまるうどんよりも美味しいように感じました。

半熟卵の天ぷら、普通の天ぷらを食べるように噛んで、服に黄身が飛び散ってしまったのは内緒です。
半熟卵の天ぷらってどうやって作るのだろう? 普通に揚げると爆発してしまいそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/09

川口委員長が解任決議案成立により解任

自民党参議院議員の川口順子参院環境委員長が、野党発議の「解任決議案」の可決により委員長職が解任されました。

まとめると以下のようです。
① 4/23~4/24の予定で「アジア平和・和解評議会」の発起人の1人として中国を訪問 (政府による公式訪問ではない)
② 4/25に中国の国務委員らとの会合が確定
③ 4/24の朝に参議院に滞在延長を申請したが、審議もされず却下
④ 川口氏の判断で4/25まで滞在を延期
⑤ 4/25開催予定であった環境委員会が流会
⑥ 「何事か」と野党各党(一部除く)が「解任決議案」を提出
⑦ 「解任決議案」の決議を提出した野党が一時拒否
⑧ 「解任決議案」が野党の賛成多数により可決 → 解任
参考: http://www.yoriko-kawaguchi.jp/official/archives/pdf/20130502.pdf

会社に例えると、
「川口氏が何かの部署のリーダー、中国が取引先、環境委員会が部署内での会議」という事になるのかな思っていたが、ちょっと違うか。
取引先ではなく、ある会社と取引している各社による私的な親睦会への出席で、取引先が出てくる事が判明し、部署の主要メンバーに予定を延長したいと(例えばメールで)申し出る。
主要メンバーは「めんどくさいな」と思って(メールの本文を読まずに) 応じない。
会社内に派閥があり、そのリーダーと違う派閥の人の方が多く、これはチャンスだとリーダーの解任を要求し、可決。

こういう感じなのかな。
自分はリーダーになった事がないのでよく分っていないかもしれないが、
「へえっ? 会社のためにやった事なのになんで私が?」
といった所か。

こういう体制の会社はやがて消費者(国民や別の国)から見放されるかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯田橋駅と飯田町駅跡

JRの飯田橋駅です。

・東口を北側から撮影した写真
P4290014 P4290018
P4290020

この写真の下の方に写っている橋が「飯田橋」のようです。(橋にそう書いてあった)

・飯田橋から撮影した神田川
P4290021

・東口を南側から撮影した写真
P4290023

かつてJR貨物の飯田町駅(貨物駅)が存在し、この飯田橋駅から線路が延びていました。
そこまで行ってみました。

・飯田町駅への線路跡
P4290024 P4290027

線路跡は一部は保線施設に転用されているようでしたが、すぐに途切れていました。

・飯田町駅跡
P4290028 P4290032

アイガーデンエア」としてオフィスビルや商業施設・ホテル・マンションが建っています。
「ここが飯田町駅であった」という形跡は何にも見つけられず。
自分が見つけられなかっただけかもしれませんが、残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/08

印刷博物館

4月29日、印刷博物館に行きました。

凸版印刷が運営する印刷に関する博物館で、飯田橋駅から首都高速沿いに北に向かって歩いて15分ぐらい、トッパン小石川ビルの中にあります。

P4290011 P4290013

まずはVRシアターへ。
バーチャルリアリティーを使った映像で「江戸城 ~本丸御殿と天守~」を放映していました。
予め編集された映像を流すのではなく、係員がゲーム機のコントローラーのようなものを持って操作しながら生解説を行うという方式でした。
土休日のみ上映となっていたのは、これが理由でしょうか。
天守閣の後ろの遠くにそびえる富士山が印象的でした。

続いて常設展へ。
印刷の歴史に関する展示が主で、映像による説明が随所にあります。
奈良時代の木版を使った印刷から始まり、
活字を使った活版印刷 ~欧米ではこの頃にフォント(含むプロポーショナルフォント)が生まれたそうです。WORD等で選べたような気がするフォントが展示されていた~、
現在では写真技術やスキャナーを使って色分析を行うカラー印刷等。
最近の方の印刷技術は概念が難しくいまいちよく理解できませんでしたが、勉強になりました。

そういえば、自分の小学校だったか中学校だったかの頃は、学校の印刷室に活字がいっぱい並んでいる中から目的の字を選んで印刷文面を作る機械がありました。もちろん自分は先生ではないので使ったことはないですが、今考えるとあれを使って文面を作るのは気が遠くなりそうです。今はみんなパソコンで文面作成ですよね。

1階のP&Pギャラリー(ここは入場無料)では、「インクジェットプリンタ」に関する展示が行われていました。
印刷会社にとってはうれしくない技術かな? とか思ってしまいました。
インクジェットプリンタってすごい技術だなと思いました。パソコン本体の技術よりもすごいと思いました。

---
今回、前から気になっていた「ぐるっとパス 2013」を買って入場しました。
都内77施設の博物館・美術館・動物園等の入場券又は割引券が施設ごとに1枚ずつ付いている冊子で、値段は2000円。印刷博物館の入場券もその中に含まれます。
2013とあるので、2013年度中ずっと使えるのかと思い込んでいたのですが、そうではなく購入後2ヶ月間有効でした。
「あぁ、だから2000円」か。1年つかえて2000円なんてことはありえないですよね。
1000円ぐらいする所の入場券付きの施設があるのでそれらを選んで行けばすぐに元が取れますが、自分が行きたいなと思った所は入場料が数百円だったり100円割引だったりして、案外元を取るのは難しいように感じました。
「恩賜上野動物園」の入場券が付いていたので、園内にあるモノレールに乗りに行こうかな...。モノレールに乗るためだけに入場券を買って入るのは気が引けるが、こういう券で入るのであればそうでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/06

東京駅の丸の内駅舎

開業当時の3階建てに復元された東京駅の丸の内駅舎です。
4月29日に寄りました。

・コンコース側から見た丸の内駅舎のレンガ
P4290050

復元前は、コンコース側からはレンガは見えませんでした。

・丸の内北口の改札前
P4290052 P4290053

・丸の内南口の改札前
P4290077 P4290079

上を向いて撮影している人多数でした。

・丸の内北口及び丸の内南口の外から見た駅舎
P4290055 P4290076

・東京ステーションホテルの入口
P4290080

復元前に一度だけこの東京ステーションホテルに宿泊したことがあります。
何だったかの会社の飲み会があった日、気が付いたら有楽町駅近くの路上で座っていました。
どこかホテルで泊まろうと思い、たどり着いたのがこのホテル。
値段を聞いてやめようと思ったけど、今から八重洲口まで行く元気もなく、仕方なく泊まりました。
チェックインしたのが夜中の2時とか3時。こんな時間なのでとの事で確か割り引いてくれたけどそれでも2万円以上はしたと記憶しています。こんな夜中でもポーターがいて荷物を部屋まで持ってきてくれました。
結構豪華な部屋でした。
こんな形でこのホテルに泊まりたくなかったな。
以後、お酒による失敗はありません。いい勉強代だったのかも...。

・中央部分
P4290086 P4290087

皇室・国賓用なのか入口は閉まっています。「東京駅」と書かれた石碑があります。

・東京駅の前の通りの向こう側から見た中央部分
P4290064

近くにある新丸ビルのテラスやJPタワーの低層部の屋上から東京駅を見ている人が見えたので行ってみることに。

・新丸ビルの7階のテラスから見た東京駅の駅舎
P4290092 P4290093
P4290097

・JPタワーの6階の屋上庭園
P4290128

・JPタワーの6階の屋上庭園から見た東京駅の駅舎
P4290141 P4290139

・JPタワーの6階の屋上庭園から見た有楽町方面
P4290125

・JPタワーの6階の屋上庭園から見た東京駅を発着する列車
P4290133 P4290118

JPタワーの6階の屋上庭園は列車ウォッチングに最適な場所でした。
品川方面の列車がばっちり見えます。

「丸の内駅舎の復元なんて大したことないんじゃないの (復元する意味ないんじゃないの)」なんて思っていましたが、違いました。
なんていうか、オーラを感じました。

<おまけ>
・中央線ホームの品川寄り
P4290008 P4290005

・中央線ホームの新宿寄り
P4290046 P4290048

東京駅の中央線ホームって12両編成対応だったんですね。(12両は特急と中央ライナーの一部列車のみで大半は10両編成)

スカイバス東京のバス乗り場
P4290108

屋根のないバスが4台も並んで停まっていました。
はとバスの方も屋根のないバスを何台か見かけました。

・JPタワー
P4290090 P4290104
P4290110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »