« 麺屋百式「渡り蟹のつけ麺」 | トップページ | 長田本庄軒「ぼっかけとろ玉焼きそば」 »

2013/02/17

広島駅弁当「瀬戸内しらす物語」

近所のスーパーに夜行ったら、駅弁大会が行われたようで値引きされた駅弁が何点か残っていました。
その中から広島駅弁当の「瀬戸内しらす物語」(元値で1000円)を買いました。

広島駅弁当」という会社が製造しています。
見た目がなんとなく地雷のように感じ、製造してからだいぶ時間が経っていそうでもあり、半分不安を感じながら購入。

2013021621030000

パッケージを開けます。
2013021621050000

ご飯の上にはあらかじめしらすが載っていますが、それ以外の具材は別盛りでした。
食べ方が書いてあり、
① まずはそのまま「しらすご飯」として
② 特選だし醤油、温泉たまご、きざみ海苔等をかけて「しらす丼」として
③ 特選いりごまだしをかけて「お茶漬け」として
との事。

この日は寒い夜でご飯もしらすも冷え切っており、最後にお茶漬けとあるが特選いりごまだしは冷たい。
どうしようか迷いましたが、結局そのまま食べました。

①の状態では1口だけ食べて、②の状態へ。
2013021621160000

②の状態で半分ぐらい食べ、最後に③の状態へ。

冷え切った状態でも意外と美味しかったです。
冷え切った状態でなかったらもっと美味しいかも。

|

« 麺屋百式「渡り蟹のつけ麺」 | トップページ | 長田本庄軒「ぼっかけとろ玉焼きそば」 »

地域 - 中国」カテゴリの記事

グルメ・クッキング - 駅弁・弁当」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島駅弁当「瀬戸内しらす物語」:

« 麺屋百式「渡り蟹のつけ麺」 | トップページ | 長田本庄軒「ぼっかけとろ玉焼きそば」 »