« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の21件の記事

2013/02/24

らあめん花月嵐「牛肉麺天晶」

らあめん花月嵐で期間限定のラーメン王・石神秀幸氏とのコラボ作品第2段「牛肉麺天晶」(780円)を食べました。

2013022223140000

麺は特製平打ち麺で、スープは本場台湾の牛肉麺とは違うとの事。

うぅん美味しくなかった。
平打ち麺、スープ、牛肉が絡み合っていない。麺を食べると麺だけ食べている感じ、牛肉を食べると単に茹でた牛肉を食べているような感じ。
美味しくないので壺ニラを少し入れて食べてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/23

箱根登山鉄道 入生田検車区 他

箱根登山鉄道の入生田駅。
神奈川県立生命の星・地球博物館」の最寄駅です。

・入生田駅の駅舎
P2110082

小田原市内なのに田舎な感じの作りの駅で意外でした。
自動改札機はなく、PASMOは簡易改札機での対応でした。

この駅の小田原寄りに入生田検車区があり、ここから箱根湯本までは三線軌条(1067mmと1435mm)になっています。かつては小田原~箱根湯本が三線軌条だったのですが、全列車1067mmの小田急車両を使用した営業となり、箱根湯本から先で使用する1435mmの車両の検車区への入出庫目的でこの区間のみ三線軌条が残っています。
箱根登山鉄道所有の車両は全て1435mmで、小田原~入生田間は自社車両が走る事すらできないという珍しい感じになっています。

・入生田駅の上りホームからと、入生田駅発車直後の車内から見た入生田検車区
三線軌道はここで終わり、1435mmの線路は検車区へ、1067mmの線路は小田原方面へ、へ向かっています。
P2110083 P2110086

続いて風祭駅。
鈴廣かまぼこの里」の最寄駅です。
かつてはホームが短く、小田急車では非常用コックを使って一部のドアのみ開けていた駅です。今は普通に全てのドアが開きます。
カーブしているわけでも山が迫っているわけでもなく、その当時の面影は全く感じませんでした。
今は相対式ホームですが当時は島式ホームだったようです。

・風祭駅の駅舎  左:北口、右:南口
P2110093 P2110089

・風祭駅でのMSEとのすれ違い
P2110094

最後に小田原駅。
乗り入れてしている小田急と共用です。

・改札口と改札内の橋上から見た小田急線のホーム
P2110005 P2110096

・箱根登山鉄道の普通列車用ホーム
P2110007

1年前に来たときは箱根登山鉄道の普通の半数は小田急線の普通列車からの直通運転だったのですが、ごく一部を除き線内折り返しに変わっていました。

<おまけ>
・JR東日本の小田原駅の改札口
小田原駅:JR東日本改札口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴廣かまぼこ博物館

神奈川県立生命の星・地球博物館に行った後、「鈴廣かまぼこの里」に行きました。

隣の風祭駅の駅前にあります。
風祭駅の南口はかまぼこの里の「鈴なり市場」(鈴廣の商品を売っている店舗)に直結していました。かまぼこの里の専用口みたいな感じです。
P2110087

買い物は後回しにして、「かまぼこ博物館」に行きました。
P2110088

16時半頃だったのでもう終わっているかな? と思っていましたが、まだやっていました。17時までの営業でした。
かまぼこの手作り体験コーナーは職員が後片付け中で、少し前までは賑わっていたのかな?といった雰囲気。
工場の中が見られるコーナーは本日の製造は終了済みの模様で何も作っていませんでした。残念...。
で、工場の中で「サトウの切り餅」を大袋を持ってきて、個別包装されている餅の包装を一個ずつ破って餅をボウルに移す作業をしているのが見えました。
ん? 何に使うのだ??? 何か見てはいけない所を見てしまったのか....。それを書いてしまうともっとまずい???

2階に「かばぼこ絵ギャラリー」があり、かまぼこの板を使った「小さな美術展かまぼこ板絵コンクール」の入賞作品が飾られていました。有名人(漫画家・作家・芸能人等)の招待作品の展示もあり、「さすがだな」と思いました。

帰りに「鈴なり市場」でかまぼこでも買って帰ろうかなと思ったのですが、思っていたよりも結構高い。考えてみれば今まで自分でかまぼこを買ったことがなく、どれぐらい値段がするものか解っていなかった。1本100~200円ぐらいで買えるのかと思っていたが、安いのでも500円ぐらいする。
特にかまぼこが好きといったわけでもないので、結局買わずに帰ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/20

神奈川県立生命の星・地球博物館

2月11日、小田原市にある「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行きました。
箱根登山鉄道の入生田駅の近くです。

P2110010 
P2110014 P2110015

自然科学系の博物館で、「地球展示室」「生命展示室」「神奈川展示室」「共生展示室」「ジャンボブック(標本等を集めた展示室)」と、企画展を行う部屋等があります。

まずは企画展へ。

博物館の標本工房展
動物の標本とそれの制作過程に関する展示でした。

以下、やや残酷な内容が含まれるので気の弱い人は見ない方が良いかも。

続きを読む "神奈川県立生命の星・地球博物館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生餃子半額 先着8000人前

2013022021100000

餃子の王将 上大岡京急店、
「持ち帰り生餃子 半額 先着8000人前」
との事。

8000...。
見間違えたのかと何度か見直したがやっぱり8000。
「当日限り」と書いてあるし、1日でそれだけ売れる見込みという事なのかな。しかも平日。
びっくりしたは。

餃子の王将は1人前6個入りなので、
今夜徹夜で4万8千個の餃子を包むのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/17

長田本庄軒「ぼっかけとろ玉焼きそば」

長田本庄軒の小田原駅の駅ビルの中にある店で「ぼっかけとろ玉焼きそば(小)」(500円)を食べました。
長田は神戸にある長田を指しますが、神戸の会社ではなく、丸亀製麺と同じトリドールの経営です。

2013021117190000

こんにゃくがぽちっつぽちっとと置かれていたがこんなもの?
他の人のブログを見ると、焼きそばに混ざっていました。
こんにゃくを入れて作るのを忘れて後から載せたという事なのかな?

なんとなく食欲を失い、美味しく感じられませんでした。
しょうがが小さい袋に入ったものであるのも減点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島駅弁当「瀬戸内しらす物語」

近所のスーパーに夜行ったら、駅弁大会が行われたようで値引きされた駅弁が何点か残っていました。
その中から広島駅弁当の「瀬戸内しらす物語」(元値で1000円)を買いました。

広島駅弁当」という会社が製造しています。
見た目がなんとなく地雷のように感じ、製造してからだいぶ時間が経っていそうでもあり、半分不安を感じながら購入。

2013021621030000

パッケージを開けます。
2013021621050000

ご飯の上にはあらかじめしらすが載っていますが、それ以外の具材は別盛りでした。
食べ方が書いてあり、
① まずはそのまま「しらすご飯」として
② 特選だし醤油、温泉たまご、きざみ海苔等をかけて「しらす丼」として
③ 特選いりごまだしをかけて「お茶漬け」として
との事。

この日は寒い夜でご飯もしらすも冷え切っており、最後にお茶漬けとあるが特選いりごまだしは冷たい。
どうしようか迷いましたが、結局そのまま食べました。

①の状態では1口だけ食べて、②の状態へ。
2013021621160000

②の状態で半分ぐらい食べ、最後に③の状態へ。

冷え切った状態でも意外と美味しかったです。
冷え切った状態でなかったらもっと美味しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋百式「渡り蟹のつけ麺」

目黒にある麺屋百式という店で「渡り蟹のつけ麺」(800円)を食べました。

2013021612240000

スープに蟹に身をほぐしたものがほんの少し入っていたような気がしましたが、それだけで身がごろんと入っているわけではありません。
スープは明らかな蟹の味、これは美味しかったです。
麺は大盛無料で中盛を頼んだのですが、大盛にしてもよかったかな。

厨房に蟹が置かれているのが見えました。

スープ割りを頼みます。
普通はすぐに出てくるものですが、ちょっと時間がかかりました。
単にスープを注ぐだけではないようで、蟹に身をほぐしたものが増えたような気がしました。

メニューにあさりのつけ麺が載っていたのですが、そっちも気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子の旅 (6) 犬吠埼 他

「SLおいでよ銚子号」を見た後、犬吠駅には行ったものの犬吠埼には行っていなかったので再び銚子電鉄に乗って犬吠駅へ。

もう17時なので犬吠埼灯台は閉まる頃かな? 間に合わないかな? と思って行ったら、閉まっていました。閉まったばかりではなく、もうだいぶ前に閉まったといった雰囲気でした。16時までだったようです。残念。

・犬吠埼灯台
P2090183 P2090184

・犬吠埼・ロカ岬友好記念碑
P2090182

・犬吠埼周辺の海
P2090185 P2090188
P2090180

結構波立っていました。

犬吠駅に戻り、再び銚子電鉄に乗って銚子駅へ。
銚子駅前はイルミネーションが灯されていました。
P2090197

帰りは銚子駅から高速バス「犬吠号」に乗って帰りました。
銚子駅発車時点では乗客は自分も含めて2人だったのですが、途中から結構乗ってきて驚きました。しかも、山田とか栗源とか内陸の農村地帯から結構。最終的には20人ぐらい乗っていたのではないかと思います。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/16

銚子の旅 (5) SLおいでよ銚子号

銚子駅で「SLおいでよ銚子号」の到着を待ちます。
たくさんの人がSLの到着を待ち構えていました。

定刻の15時47分に1番線に入線してきました。
P2090121

高崎車両センターの旧型客車を連結しており、最後尾はディーゼル機関車でした。P2090124

旧型客車にはこの列車用のサボが差さっていました。
P2090127

2番線側から撮影。
P2090131 P2090133
P2090146

1番線の先端で到着セレモニーが開催されていました。
P2090141

SLバージョンの駅名票
旧型客車をバックに。
P2090149

1番線に30分ぐらい停車した後、列車は千葉方面へ出発。しかし、そのまま先に進んで行かずに駅から少し出たところで停車。
P2090156 P2090158

ということは...

P2090164 P2090166

折り返して銚子駅の側線に入線してきました。

SLは客車を切り離してさらに奥の方に進んでいきました。
P2090178

SLの到着待ちをしたのは初めてかもしれない。
中々楽しいひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子の旅 (4) 銚子ポートタワーとウオッセ21

犬吠駅の駅前のバス停の時刻表を見てみたら、千葉交タクシーの「岬めぐりシャトルバス」の銚子方面の発車が15分後。「銚子ポートタワー」に行ってみたかったのでこれに乗って行くことにしました。

定刻より3分ぐらい遅れてバスが到着。
1日券500円でそれを買わないと乗れないという。「あれ? バス停に1回200円って書いてあったような」と思って聞いてみると、それは犬吠駅~地球展望館の乗車の場合のみとの事。
1回乗車だけのつもりだったのにそれで500円払うのは...と、やっぱり乗るのをやめようかと思ったが結局乗りました。乗客は自分1人と犬吠埼灯台入口から乗ってきた来た1家族のみでした。
ポートタワーウォッセバス停で下車。目の前が銚子ポートタワーに隣接する「ウォッセ21」でした。銚子タワーとの間は連絡橋で結ばれています。

・ウォッセ21と銚子ポートタワー
P2090117 P2090113

「ウォッセ21」は水産物を中心とした店が集まったところです。
まだ昼を食べていなかったので「魚座屋」という店で「うおざや定食」(1000円)を食べました。どうでもよいことですが自分は魚座です。
2013020914030000

食事を終えて銚子ポートタワーへ。
エレベーターで展望台まで上がりました。

・眼下の銚子漁協とウォッセ21
P2090096 P2090097

・犬吠埼方面
P2090099 P2090101

・南西方向
P2090102

・銚子大橋と茨城県の波崎方面
遠くに鹿島の工場群も見えました。
P2090104 P2090109

風力発電の羽根があちこちに見えました。

下に降り、2階で開催されていた銚子の絵の展示&販売会を見たりして過ごし、
1日券があるので15時23分発の「岬めぐりシャトルバス」に乗って銚子駅に向かう事とします。SLの銚子駅の到着が15時47分着なので間に合いそうです。
バスは少し遅れて到着。「25分発です時間調整のためしばらくお待ちください」と言う。
???
運転席の前に刺してある運行票を見たら、確かにその時間になっていた。先程乗った犬吠駅の時刻を見るとバス停に乗っていた時刻よりも数分遅い。
「一体どうなっているのだろう?」と思う。意図的なものなのか、時刻改正したのにバス停の時刻表を差し替えるのを忘れているのか、運行票が間違っているのか..。
乗客は2人で、途中で1人降りて、終点の銚子駅まで乗ったのは自分1人だけでした。
15時40分ぐらいの到着でSLの到着に間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/11

銚子の旅 (3) 銚子電鉄 外川駅と犬吠駅

続いて終点の外川駅まで向かいます。

途中どこかの駅から犬吠駅までボランティアガイドの人が乗ってきて沿線の紹介をしていました。降りる前の挨拶で乗客から拍手がおきていました。

・ドアに貼られたシール
何かを撮ろうとしてタイミングを間違えた写真だと思うのですが、よく見るとドアに貼っているシールが「鉄道むすめ」というキャラクターでした。
P2090055

・笠上黒生駅の側線に置かれていたデハ800形
写真はないですが「澪つくし号」も置かれていました。
P2090057

そんなこんなで終点の外川駅に到着。

・外川駅の駅名票と終端の車止め
P2090063 P2090066

・外川駅の駅舎 (外観)
P2090069 P2090070

・外川駅の駅舎内
この駅も時刻表や運賃表が手書き。
P2090077 P2090076

1本遅らせて海まで行ってみました。
距離はそれほどないのですが高低差が結構あり疲れた。

・外川漁港
P2090075

今度は外川駅から犬吠駅まで乗車します。

・外川駅にやってきた2000形
車内に昔の写真等が飾られていました。
P2090080 P2090082
P2090083

・犬吠駅のホームと駅名票
P2090087 P2090086

・犬吠駅の改札口
P2090088

・犬吠駅の駅舎
P2090090

・貧乏がイヌ像
P2090089

以前来たときは(15年ぐらい前?)、駅前に昔の電車が置いてあったのですがなくなっていました。
また、駅舎内にレストランがあり、おばさん達がぬれ煎餅の手焼きを行っているコーナーもあったような気がするのですが、なくなっていました。
前来た時よりも寂れた感じがしました。

売店が営業しており、ぬれ煎餅を売っていたので1枚買ってみました。
手焼きとそうでないものがあり、手焼きの方を買いました。1枚85円。
実は初めて「ぬれ煎餅」を食べました。ねちゃっとしているのかと思っていたが、そうでもなかった。普通の煎餅より確かに柔らかいですが、そこまで違わないといった感じ。
美味しかったです。

<おまけ>
2000年に撮影したデハ800形、デハ1000形、澪つくし号
Pic00054 Pic00052
Pic00053

澪つくし号では缶ビールを売っていました。
自分が買ったかどうかは覚えていないのですが、1人で来ていた女性の人が買って飲んでいたのを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子の旅 (2) 銚子電鉄 仲ノ町車庫

続いて銚子電鉄へ。
銚子電鉄開業90周年記念 & SL運転記念イベント」が仲ノ町車庫と犬吠駅広場で開催されていました。

1日乗車券「弧廻手形」は「記念弧廻手形」として通常より20円安い600円で販売されており、これを購入しました。でも、通常の「弧廻手形」はぬれ煎餅1枚サービス券等が付いているのに、これには付いていないのでお得というわけではないのかな。
この1日乗車券を仲ノ町車庫と犬吠駅広場で見せると硬券タイプの記念乗車券がプレゼントされるという特典付きでした。

右の写真は、仲ノ町車庫と犬吠駅広場で貰える硬券タイプの記念乗車券をはめ込んだ状態です。
2013021015080000  2013021015090000

・銚子駅の銚子電鉄乗り場
P2090012

銚子駅から銚子電車に乗り、仲ノ町車庫がある仲ノ町駅で下車。

・仲ノ町駅に到着した2000形(左)とデハ1000形の丸ノ内線色(右)
ケロちゃんが乗り込んでいました。ホームと車両に段差があり、乗るのに手間取っていました。
P2090015

イベント会場である隣の仲ノ町車庫へ。
狭い場所でした。
デキ3電気機関車が公開されていました。
デキ3の公開以外は特になし。

・デキ3電気機関車
P2090021 P2090026
P2090028

ちっちゃいです。
1922年に製造されたドイツ製で元宇部興産専用線。銚子電鉄に来てからはヤマサ醤油の貨物輸送で使われていたようです。

・車庫見学記念の駅名票
P2090034

・デハ1000形の丸ノ内線色
現役の車両です。
元営団2000形で、丸の内線の方南町支線や銀座線で使われていたそうです。
P2090016 P2090032

・デハ1000形の銀座線色
P2090017 P2090037

・仲ノ町駅の駅舎
P2090020

・駅舎内
時刻表や運賃表が手書きで驚きました。
P2090048 P2090046

・ホーム
P2090045

・貧乏が去る像
P2090043

・駅近くから見えたヤマサ醤油の工場
あの中に醤油が入っているのでしょうか?
P2090052

・入線してきた2000形
元京王電鉄→伊予鉄道 です。
銚子側と外川側で顔が違います。
P2090040 P2090053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/10

銚子の旅 (1) しおさい

2月9日、千葉県の銚子に行きました。
この日は 佐原 → 銚子 間で「SLおいでよ銚子号」が運転されるというので、それを見るのも兼ねて。(乗車はしません)
銚子に行くのは12年振りです。

東京駅9:40発の「しおさい3号」に乗って銚子に向かいます。
「成田エクスプレス」を除くとJRの房総方面の特急に乗るのは初めてです。(普通列車として運転する区間の乗車経験はあり)
E257系5両編成で、そこそこ客は乗っていました。(終点の銚子まで行った人はそんなに多くはないですが)

・東京駅発車前の「しおさい」(E257系)
P2090001

せっかく乗ったのに、千葉駅を発車してからは殆ど寝てしまい、銚子に到着。

・銚子駅到着後の「しおさい」(E257系)
P2090011 P2090009

・銚子駅の改札口
P2090006

・銚子駅の駅名票
SL運転に伴い「SLバージョン」の駅名票が取り付けられていました。
上からシールを貼ったのかな? と思ったのですが、鉄板に直接書かれていました。本当に付け替えたみたいです。
P2090007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケンタッキー「ケンタッキーチキンライス」

ケンタッキーフライドチキンで期間限定の「ケンタッキーチキンライス」を食べました。

チキン2枚でチキンライスを挟んだあのバーガーです。
「ケンタッキーチキンライス」って名前を聞いてもいチキンで挟んであるという想像には結びつかないので、もっとそれが分るような名前にした方が良かったように思いました。

2013021013050000 2013021013110001

厚めの包み紙に包まれていました。
油でべとべとしないようにするためでしょうか。手は殆どべたべたにはなりませんでした。(少しはなった)

包みを開くと中のチキンライスがべっとりと包み紙にべったりくっついていて「ちょっと」って感じ。
チキンライスがポスターの写真では正直あまり美味しそうに見えなかったのですが、結構美味しかったです
パンと違って持ちにくく、きれいに食べられなかった。

値段は単品で450円。
普通のオリジナルチキンが2本で470円なので、それと比較すると安い。(というかオリジナルチキンが高い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たばこと塩の博物館

NHKスタジオパークからの帰りは渋谷駅まで徒歩で。
その途中に「たばこと塩の博物館」がありました。
たばこは吸わないしそんなに興味もなかったのですが、まだ時間がありこのまま帰るのはもったいないなと思っていたので寄ってみました。

P1270024

入場料はなんと100円。
安くて驚きました。

まずは4階の企画展の会場へ。
館蔵浮世絵に見る さくらいろいろ」展が開催されていました。
「さくら」が描かれた江戸時代の浮世絵を中心に展示。花見をしている姿を描いた浮世絵が多く、江戸時代の花見の名所(御殿山、飛鳥山等) も紹介されていました。「たばこと塩の博物館」だけあってたばこを吸っている姿を描いた浮世絵も何点かあり、「一服している」等とコメントが書かれていました。
なかなか良かったです。

次は3階は「塩」の展示。
世界の塩の産地の紹介、日本での塩の製法の移り変わり、塩の用途等が展示されていました。
これが結構勉強になり、「塩の製法の移り変わり」ではそれぞれに置かれていたビデオをすべて見てしまいました。
昔は塩田で、初期の頃は砂が引かれた土地に人手で海水を組んできて撒き、乾かして、ろ過して、煮詰めて作っていたそうです(揚浜式)。
その後、潮の満ち引きを利用した方法(入浜式)、ポンプと傾斜した地面(流下盤)と枝条架を使った方法(流下式)となります。
1972年からは塩田を使わないイオン交換膜法を採用し、工場で作られるようになったとの事。
現在の製法はなんだか寂しいような気になりました。塩田で働いていた人は職を失ったという事になるのかな。
塩の用途では食品は15%に過ぎず、それ以外は工業用とか。塩って工業でも使っていたのか...。塩(NaCl)をナトリウム(Na)と塩素(Cl)に分解し、さらにそれをか性ソーダやソーダ灰に加工し、いろんな製品の原料として使うそうです。知りませんでした。

2階と中2階は「たばこ」の展示。
たばこの歴史を中心とした構成で、昔のたばこや喫煙具、広告等が展示されていました。
「昔のたばこや」をイメージしたコーナーもありました。
そういえば祖父は「しんせい」というたばこを吸っていたなぁ。父は「マイルドセブン」だったか。小学生の頃、「おつかい」で近所のたばこを売っている店(たばこ専業ではない)にたまに1人で買いに行きましたが、今は「アウト」ですかね。例えおつかいでも未成年が買うのは。
P1270029 P1270030

1階はミュージアムショップ等になっています。たばこや塩も売っていました。(たばこはどちらかというとひっそりした感じで売っていた)

入るかどうか迷いましたが、結果的に入ってよかったなと思いました。特に「塩」の展示が自分的にはヒット。

---
ところで渋谷の「電力館」、原子力発電所の事故に関する東京電力の事業見直しで閉館してしまいました。
で、その電力館、NHKに行くときにバスでその前を通ったのですが、囲いができていて工事中でした。「シダックス・カルチャー・ビレッジ」になる模様。
電力館の復活はもうないという事なのかな、なんだか残念な気分になりました。

余談ですが、阪神大震災が起こった日(1995年1月17日)に「電力館」に行きました。その日は大学4年生で就職活動で東京に来ていました。午前中に渋谷の企業に行き、午後から別の企業に行く予定で、その間の時間が開いていたので行きました。そこの中のテレビで「阪神大震災」のニュースをやっていて、倒れた阪神高速の橋桁が写っていたりしてびっくり。そこで初めて「阪神大震災」が発生したことを知りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/02/07

NHK「テレビ60年感謝祭」 + NHKスタジオパーク

1月27日、渋谷のNHK放送センターで開催されていた「テレビ60年感謝祭」に行きました。また、この日は入場無料であった「NHKスタジオパーク」も行きました。

行きは渋谷駅からNHKスタジオパーク行のバスに乗車、ドーモ君のラッピングでした。
10分もかからないぐらい。お客は少なかったですが、短い距離でも通常と同じ200円なので収益が良かったりするのかな? と思いました。
そんな感じでNHKに到着。

・NHK放送センター
P1270014

・乗ってきたNHKスタジオパーク行のラッピングバス
P1270001 P1270004
 

まずは「テレビ60年感謝祭」に入場。ロビーみたいな所で開催。

・入口
P1270005

・展示
P1270006 P1270007
P1270009

昔の機器の展示、スーパーハイビジョン、のど自慢の体験コーナー、大河ドラマや朝の連続テレビ小説のコーナーなど。そんなに広くはありません。
「スーパーハイビジョン」のコーナーでは、ロンドンオリンピックの開会式や100m走の模様を放送していました。オリンピックは競技の中継は滅多に見ないものの開会式は大抵見ていたのですが、今回のオリンピックの開会式は時差の関係もあって見ていないことを思い出した。

  

続いて「NHKスタジオパーク」へ。
久しぶりです。以前いつ行ったのか思い出せず。NHKスタジオパークの名前になる前だったかもしれない。

入ったところに岡本太郎氏作の壁画があり、その向かいに「スーパーハイビジョン」のコーナーがあります。「テレビ60年感謝祭」でのスーパーハイビジョンよりもスクリーンがだいぶ大きく、迫力がありました。60分で一周する内容を放送している模様で、メニューに去年の紅白歌合戦が出てきて見てみてみたかったが、あと40分ぐらい待たないといけないので断念。

企画コーナー(現在の大河ドラマに関して展示)、3Dシアター、昔の映像が見られるコーナー、国際放送のコーナー、ためしてガッテンのコーナー、ニュースキャスター体験のコーナー、大河ドラマのコーナー、朝の連続テレビ小説のコーナー、子供向け番組のコーナー、自然番組のコーナー、スタジオ見学窓などがありました。

3Dシアターではさかなクンの海の生き物の映像が始まる少し前なので見ました。良かったです。
スタジオ見学窓は日曜日だったからなのかカーテンが閉まっていて見られず。
ためしてガッテンも、大河ドラマも、朝の連続テレビ小説も、子供向け番組も見ておらず、正直あんまりおもしろくなかったです。

・岡本太郎氏の壁画
P1270010

・その他の展示
P1270012 P1270013
  

・隣のNHKホール
P1270020

一度だけ中に入ったことがあります。当時放送されていた「ポップジャム」の公開収録で、その時の司会は爆笑問題でした。10年以上前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/06

2/6朝の混乱する品川駅

自分の通勤経路は、京急線で品川まで行き、品川で山手線外回りに乗り換えです。

2月6日、天気予報では雪との事でしたが、朝起きたら雨で雪は全く積もっておらず。
ちょっとがっかり?

テレビをつけたところ、JR東日本は前日のアナウンス通り湘南新宿ラインは運休で、他の線も普段の7割程度の運転本数で運転との事。他の私鉄や公営はたいてい通常運転。
「なんで雪降ってないのにJRは通常運転しないんだ? 今朝はJR線の煽りを受けて京急線も混む&遅れるな」と肩を落とす。
(横浜~品川間で並行するJR線の乗客が振り替え輸送で乗ってくるので大抵そうなります。)

そんなわけで家を出ました。
京急線は混雑や遅れがあったものの、それほどのものではなく、品川駅に到着。

山手線に乗り換えるためにJR線との連絡改札を抜けると....多量の人!人!人!
安全対策のため山手線ホームへの入場規制を実施しているとの事で、以下のような人が混在してコンコースがごった返していました。
・山手線のホームに降りるのを待っている人
・山手線のホームに降りるためにこれから並ぼうとしている人
・京急線側から京浜東北線・東海道線側に行く人
・京浜東北線・東海道線側から京急線側に行く人

2013020608480000

山手線ホームに降りるところでは職員がいて整理しているものの、コンコースでは誰も整理していません。
「痛い痛い痛い」という声や、女性の悲鳴や、「みなさん危険なので進むのを止めましょう!」という女性の声が時折聞こえます。
また、山手線ホームに降りるのを待っていると、たぶん山手線に電車が到着して降りきた人によりぐぐっと押される時がある。
「将棋倒し」という言葉と、昔明石であった将棋倒しの事故が思い浮かびました。
同じ経路で同じ時間に15年以上通勤していますが、こんなことは初めて。

通常運転に変更しなかったのはまだ良いとしても、(運転手や車掌を駅での整理要因に当てていたため通常運転することができなかったのかもしれないし)、
駅での安全対策はきちんとしてもらいたい所です。

そんなわけで山手線外回りに乗ったら、秋葉原駅で人身事故が発生したとの事で大崎駅で運転見合わせになってしまいました。
こんなことなら品川駅から別の経路に迂回しておけば、これほど遅れはしなかっただろうし、品川駅コンコースでのあんな怖い思いもしなくてよかったのに...と。
会社には1時間遅れで到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013/02/05

餃子の王将「王将流 勝浦タンタン麺」

実家に帰った時に「ブログがラーメンのネタばっかりでラーメンの食べ過ぎだ」と言われたばかりなのですが...

餃子の王将上大岡京急店で「王将流 勝浦タンタン麺」を食べました。
ここで言う勝浦は千葉県の勝浦市の事です。

2013020521310000 2013020521320000

ちなみに頼んだのは「勝浦Aセット」でも「勝浦Bセット」でもなく、「勝浦タンタン麺単品」と「餃子1人前」です。ご安心を。

ラー油を使った担担麺で、ひき肉ともやしとネギが多量に載っていました。閉店間際だったので量はサービスだったのかもしれません。
Wikipediaによると、もやしではなく玉ねぎを使うのが正式な「勝浦タンタン麺」のようです。

食べても食べても量が減っていかない。気が付いた麺はすべて無くなっており、ひき肉ともやしとネギが多量に残っていたという。
ちょっと刺激が強くてお腹が心配ですが美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/04

セントラルライナー

3月16日のダイア改正で廃止されてしまう中央線(名古屋口)の「セントラルライナー」です。

2013020416110001 2013020416120000
2013020416120001 2013020416120002

実家から戻ってくる時にちょうど発車時間少し前だったので名古屋駅で撮影。
間近で見たのは初めてかもしれません。
撮影しただけで乗ってはいません。

乗車するには乗車整理券(310円)が必要です。
16時15分発の夕方の列車だったからかもしれませんが、それなりに乗っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崎陽軒「シウマイ弁当」

新横浜駅で購入した崎陽軒の「シウマイ弁当」(750円)です。

2013020215330000 2013020215340000

法事で実家に帰る時に昼食として新横浜駅で購入。
いつもは新横浜駅周辺で食べてから帰る事が多いのですが、家を出るのが遅くなってしまって、また指定席が買えて座れることが確実だったので買いました。

「シウマイ弁当」を買うのは10年振りぐらいでしょうか。
実は自分の家の最寄駅でも売っていたりするのですが。駅弁としては安めの値段で、確か1日1万食以上売れるんですよね。
前回買った時と中身は変わっていないような気がします。
お昼をもうだいぶ過ぎた時間で隣に赤ちゃんを連れた夫妻が座っていて食べずらい雰囲気だったからかもしれないが、10年前食べたときほどは美味しく感じられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »