« 観音崎 (5) 横須賀美術館「及川正通イラストレーションの世界展」 | トップページ | はまりんフェスタ in 上永谷 (1) 第2会場 »

2012/11/17

衆議院解散

11月14日の党首討論でいきなりそう発言し、実際に11月16日に解散、びっくりしました。任期終了まで8か月しかなく、民主党としては解散しておそらく得することはないので、任期まで解散はしないと思っていました。解散するとしても来年だと思っていました。
テレビのニュースで少し見ましたが、いきなりそう言われて自民党の安倍総裁は焦った様子。野田首相を押すつもりが反って野田総理に押されてしまい、党首討論は野田首相の勝利のように見えました。
野田首相は解散は事前に誰にも相談せずに自分一人で決めたんですかね。初めからそう言うつもりで、そういう流れに持っていこうとしていたような、そんな感じにも見えました。党で事前に相談すると反対されて決められないので。

野田首相は自分の中では最近株が上がっていました。対中国・韓国政策なんかは、今までの首相が踏み込めなかった事をやっていたと思います。このまま終わってしまうのはなんだかもったいないような気がします。でも他の民主党議員が...。
鳩山首相や管首相が時代がなく、最初から野田首相だったらもうちょっと上手くいってたような気がします。自分的には管首相は時代が一番よろしくなかったように思います。管首相の行動になんだか悪意を感じたりしていました。

テレビでは、選挙の焦点は「TPP」だとか「脱原発」だとか「焦点がないので決められない」とか言っていましたが、焦点は次の1点だと思います。
「今までの民主党政権の評価と、このまま次も任せて良いか」... (2点か...)

以上!

|

« 観音崎 (5) 横須賀美術館「及川正通イラストレーションの世界展」 | トップページ | はまりんフェスタ in 上永谷 (1) 第2会場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院解散:

« 観音崎 (5) 横須賀美術館「及川正通イラストレーションの世界展」 | トップページ | はまりんフェスタ in 上永谷 (1) 第2会場 »