« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の31件の記事

2012/09/30

JAMSTEC横浜研究所 施設一般公開

9月29日、JAMSTEC横浜研究所で開催された「施設一般公開」に行きました。

横浜研究所の施設一般公開に行くのは初めてです。
杉田駅及び新杉田駅から徒歩で約15分、ちょっと迷いました。

P9290129 P9290128
P9290127

横浜研究所には世界最速であった時期もあるスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」が設置されており、シミュレーションによる研究開発や、研究・観測データのデータ管理等を行っているそうです。
地球情報館という展示施設も設置されておりそこは常時一般公開されています。(第3土曜日を除く土休日は閉館)

◎ 地球情報館の半球スクリーン
P9290102 P9290105

◎ バーチャルリアリティシステム「BRAVE」
本日初公開との事で、見るための列ができていました。
そんなに興味はなかったのですが、せっかくなので見ました。30分待ちでした。
待ち列の所にところどころ貼ってある「地球のなぜ?」みたいなポスターが何気にためになりました。
6人ずつの2分間の上映で、メガネをかけて立体映像を見ます。その内1人のメガネはマスターとなっており、マスターをかけた人の視線に合わせて映像が動きます。マスターに選ばれなくてよかった~と思いました。
台風の風の動きを示した映像でした。

◎ 地球シミュレータ
現在運用しているのは2009年に運用を開始した2代目で、NECのSX-9/Eベースのスーパーコンピュータとの事。
見学窓から実物を見ることができました。(抽選での探検ツアーも実施していましたが着いた時にはもう受付が終了していました)

・見学窓から見た地球シミュレータ
P9290117 P9290119

左側の5列に並んだ紫色の筐体が現在運用している2代目です。
特に意味はないと思うのですが前面のSX-9のロゴのXの部分がたまに光ります。
右側の手前の黒色の筐体はストレージだったかな? (自信なし)

右側の奥の緑色と青色の筐体は初代のシステムで、元々はこの全スペースに初代システムが置かれてたようです。
時代が進んで初代の3分の1のスペースで済むようになったという事になるのでしょうか。
初代のシステムは現在は使われていない模様(置いてあるだけ)でした。

・現在運用している2代目のCPUパッケージと、MMUモジュール(主記憶装置)を搭載したRTRモジュール
P9290110 P9290111

・初代のAPモジュール(計算プロセッサ)と、MMUモジュール(主記憶装置)
P9290112 P9290113

JAMSTECのページによると、現在運用している地球シミュレータ(SX-9)のOSはUNIX System VベースのSUPER-UXです。
使用できる開発環境は Fortran 90 と C/C++で、GUIベースの統合開発環境も用意されているようです。
企業への有償または無償での貸し出しも行っています。
自分が作ったアプリケーションがこの地球シミュレータで動いたらどんな感触なのかなと思いました。スーパーコンピュータが必要になる用途のアプリケーションを作ったことないですが。

<おまけ>
・JAMSTEC横浜研究所の隣の杉田川ふれあい散歩道
歩道が水に浸かっています。台風の後ではありません。なんでこうなっているの? 普段からこんな感じなのでしょうか?
P9290133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀波露「醤油らぁめん」 (京急百貨店大北海道展)

京急百貨店で開催されている「大北海道展」のイートインコーナーで、銀波露の「醤油らぁめん」を食べました。
750円でした。

2012093014210000

美味しかったです。
スープも完食してしてしまいました。
醤油ラーメンだけど醤油っぽくない濃厚なスープでした。
写真では見えないですが玉ねぎと青菜を炒めたものも少し入っています。

スープは、普通の作り方は例えば醤油ラーメンならラーメンどんぶりに醤油を入れてその上にスープをかけて麺を入れて具を載せて終わりだと思うのですが、ラーメンどんぶりに麺を入れてその後中華鍋で煮たスープを入れて具を載せて終わりでした。
中華鍋では、スープと醤油と少し入っていた玉ねぎと青菜を炒めたものを入れて煮込んでいるのかな???

銀波露HP銀波露トピックスのページを開いたら、自分の実家の方にある近鉄百貨店四日市店での催事の出店予定が載っていて驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海 (5) スーパービュー踊り子

帰りは特急「スーパービュー踊り子」に乗って帰りました。

「スーパービュー踊り子」も、この列車に使用している251系も、初めての乗車でした。

P9160080 P9160081
P9160082

・車内
P9160083

高い屋根と高い窓、中々快適でした。
網棚が飛行機と同じタイプのものでした。あそこに入れると荷物を取り出すのを忘れて下車してしまいそうだったので、入れるは止めました。

・車窓
左は根府川鉄橋、右は早川を過ぎた辺り(写っている道路は西湘バイパス)。
P9160089 P9160095

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/29

熱海 (4) 熱海城

熱海ロープウェイの山頂駅から少し登ったところに「熱海城」があります。
歴史的な経緯は何もなく、1959年に観光施設として建設されたようです。

P9160034 P9160035

アタミロープウェイの乗車券売り場に置かれていた割引券付きパンフレットの掲示により、100円引きになりました。

1F: 入場口のある階です。武家文化資料館、足湯コーナー、土産物売り場等があります。
武家文化資料館では鎧や日本刀が展示されていました。
入口には金のしゃちほこが置かれています。
P9160061

エレベータで展望台(6F)に行きます。

6F: 展望台と茶屋があります。
景色が良いです。

写真は順に、熱海市街地、真鶴半島、初島、網代方面。
P9160042 P9160043
P9160049 P9160046

眼下に熱海ロープウェイの山麓駅が見えました。
P9160053

網代方面の眼下。トンネルとトンネルの間。ここを左に行くとホテルニューアカオの屋上の駐車場に辿り着きます。
P9160047

5F: 江戸体験の間で、衣装を着ての写真撮影コーナーがあります。
狭いです。

4F: 判じ絵の間です。言葉をダジャレのように絵にしたものが飾ってあります。
絵を言葉にするクイズがあり全問正解だと景品が貰えるとの事でしたが、解りませんでした。
この階も狭いです。

3F: 未公開

2F: 日本城郭資料館があります。
日本の城の紹介、マッチやその他で作った城の模型、東海道五十三次の歌重の絵の展示コーナーなどがあり、この階は見甲斐がありました。
撮影禁止の表示がされているところがありましたが、どこまでが撮影禁止なのかよくわからず。

地下1F: 無料遊戯施設と浮世絵秘画館があります。
卓球台、エラーホッケー、ゲーム機等が置かれており、無料で使用できます。ゲーム機も無料です。置かれているゲーム機はやや古めといった感じ。音ゲーとかでちょっと遊んでしまいました。
浮世絵秘画館は18才未満入場禁止でこの一角は壁に囲まれています。猥褻な浮世絵が展示されていました。性器がもろに描かれており、現在では画集の出版はできなそうな絵の数々。葛飾北斎の絵もあり、あんな有名な人がこういう絵も描いていたのかと驚きました。壁の向こうから遊戯施設のエアーホッケーをする音が聞こえており、そういう音の中でこういう絵を見るという、なんだか秘めたドキドキ感を感じさせてしまう独特の雰囲気でした。

帰りは、熱海城の前にあるバス停から「湯~遊~バス」に乗って帰ろうかと思っていたのですが、「1日乗車券800円」としか書かれておらず、1乗車するだけでも800円かかるようでsした。地下1Fで遊んでしまったためか時間的に駅まで戻って終わりにするしかなさそうで
そんなわけで、このバスには乗らずにアタミロープウェー&路線バスで熱海駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/23

熱海 (3) アタミロープウェイ

今回の主目的は「アタミロープウェイ」に乗る事でした。
まだ乗ったことがなかったもので。

アタミロープウェイの山麓駅は熱海後楽園ホテルの近くです。熱海駅から後楽園行のバスに乗ります。
現在の熱海駅のバス乗り場は工事中で、熱海駅の改札からやや距離のある仮設乗り場に追いやられていました。

・バスの中から見た熱海ロープウェイの山頂駅等
真ん中の高い建物が熱海後楽園ホテルで、その左の山の上にあるのがアタミロープウェイの山頂駅、右側にある城が熱海城です。
P9160008

・アタミロープウェイの山麓駅と、山麓駅付近から見た山頂駅
P9160020 P9160021

「秘宝館」の文字が目立ちます。
山頂駅の駅舎には「熱海秘宝館」が入居しています。アタミロープウェイと同じ会社が経営しており、アタミロープウェイと秘宝館のセット券も売っていました。秘宝館が主でアタミロープウェイは副業といった感じなのでしょうか。
親子連れの客もちょくちょくいましたが、「ねぇお父さん。秘宝館って何?」と子供に聞かれて親が困ってしまう姿を想像してしまいました。

山麓駅の隣は熱海後楽園ホテルです。
アタミロープウェイは熱海後楽園ホテルと同じ東京ドームの関連会社による運営です。

・山麓駅付近から見えた熱海城と熱海港
P9160015 P9160017

アタミロープウェイに乗ります。
ゴンドラの側面は床の所までガラス張りでした。床はガラス張りではありません。
P9160022

高低差はあまりなく、あっという間に山頂駅に到着しました。

・山頂駅の乗り場から見た山麓駅
P9160024

・山頂駅付近からの風景
P9160026 P9160027
P9160029 P9160032

眼下に見えるホテルニューアカオが印象的でした。ビルの最上階に駐車場とホテルへの入口があります。

山頂駅の1階の前の展望台は柵が閉じられていて前の方まで行けないようになっており、3階の展望室と書かれていた部屋は閉鎖されており、屋上の展望台らしき施設も閉鎖されていました。

・山頂駅の出入口
P9160033

一応言っておきますが、秘宝館には入っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海 (2) 熱海駅

熱海駅で下車。

熱海駅で下車したのは、「毎年恒例の母の姉妹及び祖母の旅行」(その時は当時東京在住のおじも参加) の行先が熱海で、「明日(宿泊した翌日)来れないか」と電話がかかってきて、朝熱海まで行って、伊豆箱根鉄道の箱根の定期観光バス乗ったとき以来だと思います。
たぶん10年以上前です。

・熱海駅の駅前に置かれている熱海鉄道の蒸気機関車
P9160007
 

昼食は、駅前の第一ビルアタミックス名店街の地下にあった「まぐろや」という店で「まぐろや定食」(1000円)を食べました。刺身と金目鯛の煮付けがセットになった定食です。
2012091613020000

付け合せの「いか」(日によって違うみたい)がとっても美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海 (1) 伊豆急行「夏色キセキ」ラッピング車両

3連休の2日目である9月16日、熱海に行きました。
本当は連休の1日目に行こうと思っていたのですが起きられなくて...。

熱海駅に到着したら、1番線にこんな電車が止まっていました。

P9160003 P9160002
P9160001

伊豆急行のリゾート21(2100系)を使用した「夏色キセキ」のラッピング車でした。
夏色キセキ」というTBS系で放送されたテレビアニメのラッピングで、下田の町で育った4人の少女の物語だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/22

横浜水道記念館

9月9日、横浜水道記念館に行きました。

最寄駅は相鉄線の上星川駅で徒歩15分ですが、自分は横浜駅から相鉄バスの浜16系統に乗っていきました。
水道記念館の手前に急坂があり上星川駅とはかなりの高低差があります。バスで行ってよかったと思いました。

入場は無料です。

・横浜水道記念館前
P9090001 P9090002

横浜水道記念館には「横浜水道記念館」と「水道技術資料館」の建物があり、野外展示物もあります。

・横浜水道記念館
P9090003

中に入ります。
受付には誰もいません。用がある人は3階の事務室へと書いてありました。

P9090006  
P9090007 P9090008

横浜市の歴史に関する展示から、現在の水道の展示までいろいろ展示しています。
映像を利用した展示や、ゲーム的な展示も多いです。
講義室みたいなところもあったので、小学生の社会見学の定番の行先だったりするのでしょうか。

横浜市の水道は全て山梨県の道志村の道志川で採取された水だとずっと思い込んでいたのですが、必ずしもそうでないことがわかりました。
相模湖や相模川・馬入川(寒川で採取)の水も多く、面積的には道志川の水が使われていない所の方が多いぐらい。
なんだかがっかり感を感じでしまったりしました。
ちなみに自分が住んでいるところはかろうじて「道志川+相模湖」のエリアでした。
 → 参考: 横浜市水道局 横浜市の水源

最上階の展望室からは隣接する西谷浄水場が見えます。
池が意外と少ないなと思いました。
P9090015 P9090019

最上階の展望室からは東側の風景がよく見えます。
横浜みなとみらい地区の他に、東京スカイツリー(左側の写真)も見えました。
P9090022 P9090014

・水道技術資料館
P9090025

中に入ります。
P9090028 P9090032
P9090035 P9090037
P9090038 P9090039

冷房装置は付いていたのですが冷房が入っておらず、暑かったです。足早に見学しました。
横浜水道記念館と被っている展示もいくつかあるように思いました。
こちらは、映像を利用した展示やゲーム的な展示はなし。技術系の人にとってはこっちの方が見甲斐があるように思いました。
解説文に上からシールを張って修正されている箇所が結構あり、そのほとんどが「~している。」から「~していた。」の変更でした。水道技術も時代と共に変わっていくものという事になるのでしょうか。

・野外の各種展示物
P9090023 P9090024 P9090026 P9090042P9090051 P9090053

展望室に昇らなくてもみなとみらい方向の景色は見えます。

・山肌に建つ奇妙なマンション
斜めのエレベータが設置されているのでしょうか?
P9090045

・東海道貨物線
シェルターで覆われています。
P9090048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/20

吉野家「牛焼肉丼」

吉野家で新発売の「牛焼肉丼」を食べました。

2012092012210001

焼き過ぎって感じで当たりが悪かっただけかもしれないけど、
美味しくなかった。
味がしなかったようにも感じるし。
何か適当に肉を焼いたって感じで「これって料理なの?」っと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/17

支那そばや「醤油ラーメン」

あの佐野実氏が店主をつとめる「支那そばや」で初めて食べました。

食べたのは、現在の本店である戸塚本店です。
醤油ラーメン1本というわけではなく、期間限定商品も含めて何種類かラーメンがありました。

2012091715120000 2012091715290000

最初なので王道をとの事で、醤油らぁ麺(800円) + 名古屋コーチン味付け玉子(150円) を頼みました。
本体はともかく、味付け玉子150円はちょっと高いです。

店主はいませんでした。というか、いたら緊張するのでいなくてホッとした (笑)。
店員の対応は普通で、ラーメンが出てくるまでに携帯をいじったり、出てきたラーメンの写真を撮っても特に何も言われませんでした。

醤油らぁ麺が到着。
2012091715170000

さっぱりした醤油ラーメンと勝手に思い込んでいたのですが、そうではなく、油分ぎとぎとの醤油ラーメンでした。ぎとぎと過ぎてスープは飲み干せなかったです。
チャーシュー2枚、のり、九条ネギ、メンマが入っています。
もうちょっメンマが欲しいところ。ちなみにメンマは外に出ていた張り紙によると中国産です。

正直なところ、自分好みではなかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東扇島 (3) 東扇島東公園

東扇島の東端にある「東扇島東公園」にやって来ました。

P9010104 P9010105

かなり広い公園で入口から奥の海岸まで結構距離があります。
公園内に建っている8階建てぐらいの大きな建物はこの下を走っている首都高速の換気所です。こんなでっかい施設が必要なんですかね。最上階に展望台が設置されているなんて事をちょっと期待してしまいましたが、そのような施設はなく一般の人は立ち入り禁止でした。

・東端にある人工の砂浜
遊泳禁止です。
P9010110 P9010139

・首都高速の換気所辺りから撮影した北側の工場群
P9010108 P9010107

・東京湾アクアライン
P9010113 
P9010116 P9010115

・東扇島沖のシーバース
P9010131

ここからも羽田空港に離着陸する飛行機がよく見えます。
望遠レンズを持っていたら良い写真が撮れそうです。
次々と飛行機がやってくるので、退散するタイミングを失いがちです。
2機同時に着陸というシーンもありました。(後から来た飛行機が追い抜いて行きました)
P9010126 P9010112
P9010127 P9010135

そろそろ帰ろうかと思ったら、
先ほど川崎港海底トンネルの歩道を渡る前に見かけた船がやって来ました。
そんなわけで、この船が通り過ぎてから退散。
P9010137 P9010140

 

帰りは、横浜(YCAT)~東扇島 の高速バスに乗って帰ってきました。
休日は運休なのですが土曜日だったので運転があります。
東扇島東公園の前にはバス停がないので、東扇島二十番地まで歩いて乗車。
18:05発のバスに乗ったのですが、ガラガラかと思いきや仕事帰りと思われる人で結構乗っていて驚き。しかも比較的若い人が多かった。最終的には7割ぐらいの乗りになったのではないかと思います。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東扇島 (2) 川崎港海底トンネルの歩道

川崎市の千鳥町と埋立地の東扇島を結ぶ「川崎港海底トンネル」、ここには自動車用のトンネルの他に歩行者用のトンネルがあります。

以前放送されていたテレビ東京系の「空から日本を見てみよう」で紹介されたことがあります。
「今度行ってみよう」と思いながらずっと忘れていたのですが、「京急大師線 (1) 京急川崎駅~川崎大師駅の記事」で来た時にそのことを思い出して、この日やって来ました。

・東扇島に行くときにバスの中から撮影した川崎港トンネルの自動車用トンネルの入口 (千鳥町側)
2012090115040000

そんなわけで川崎マリエンから川崎港海底トンネルの歩行者用トンネルの入口へ。
川崎マリエンのすぐ横から川崎港海底トンネルにまっすぐ向かう道があるのですが、その道は自動車専用道路で通れません。
首都高速が横断しているのでそこを越す必要があるのですが、近くに越すところがなく、広い幹線道路を通って遠回りして自動車用トンネルの入口の上までやって来ました。
東扇島では歩行者はほとんどいないからなのか、歩道と車道の間の植えられている草木が刈られておらず、歩きにくかったです。
トンネル渡る前にもう疲れたって感じでした。ちなみに入口の近くにバス停がありました。
後で地図を見ると、もっと近く行ける道がありました。

・東扇島側の自動車用トンネルの入口
P9010071 P9010067

で、歩行者用トンネルの入口がどこにあるのかわからず。
歩行者用トンネルへの案内標識はなかったような気がします。
単に見落としたのか?  自動車用のトンネルの入口を見るために道路の反対側に渡ったのだがそのために見つけられなかったのか?
自動車用のトンネルを通り過ぎていくのも変な気がするし? そういえば公園の中に入口があるとWikipediaで読んだような? と思ってトンネルの上にある東扇島北公園の東端から中に入っていたら入口が見つかりました。
あぁよかった。
P9010076

本当は1つ手前(西側)を公園の中に入っていくのが正しかったみたいです。
正しい道のりならこう見えたはず。
P9010075

トンネルに入る前にその先まで行って海を眺めてみました。この下にトンネルがあるはずです。
P9010073

すぐ西側には大きな船が泊っていました。この写真を載せたのは意味があります。(次の記事辺りで理由が分るはずです)
P9010074

という事でトンネルに入ります。
まずは階段を下ります。
P9010077 P9010080

階段を下りるとほぼ平面となり、千鳥町の出口の方に向かいます。
P9010082

車の音が左右から聞こえます。時折左右に避難扉があることから、自動車用の上下線のそれぞれのトンネルの間に歩道用トンネルがあるようです。
厳密には、自動車用の上下線と歩道用のトンネルは1つのトンネルとして一体化されており、それぞれの間に壁が設けられているものと思われました。

全然人が通りません。ときおり「自転車は降りて押して通りましょう」旨のアナウンスが流れるのですが、このアナウンスがある事がある種の安心感を感じさせます。
トンネルで渡るまでに会ったのは、「自動車を漕いで追い抜いて行った人」1人のみでした。

避難扉にはそれぞれの方向の出口までの距離の表示があります。
この表示から判断するとトンネルの距離は995mです。

真ん中はどこかなと避難扉を見ていたのですが、いつの間にか真ん中を過ぎていました。真ん中には避難扉はなく、関門国道トンネルの歩道にある県境を示す線のような真ん中を示す表示は何にもなく。何らかの目印が欲しい所です。
トンネル真ん中はおそらくこの辺り。
P9010087

千鳥町側の出口に辿り着きました。
P9010090 P9010091
P9010092

千鳥町側の出口も公園(ちどり公園)の中でした。

千鳥町側は歩行者用トンネルへの案内標識があちこちに立っていました。千鳥町側から行く人の方が多いからなのでしょうか。
P9010094 P9010103

千鳥町側の歩道と車道の分かれ道。歩道は左側の細い道をまっずぐ行きます。
P9010099

この交差点近くの歩道にこんなものが埋め込まれていました。かつてはこの辺りまで線路が延びていたのでしょうか? (東側にそれっぽい空間がある)
P9010101

この後バスに乗って再び東扇島へ...。

<おまけ>
・関門国道トンネルの歩道の県境 (2003年)
Pic00041

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/09/16

東扇島 (1) 川崎マリエン

9月1日、川崎市にある埋立地「東扇島」に行きました。
首都高速湾岸線が走っている、浮島と扇島の間にある島です。

川崎駅から川崎市営バスの川05系統で川崎港海底トンネルを通って東扇島入り。
まずは川05系統の最初の停留所前にある「川崎マリエン」へ。

川崎マリエンは川崎港振興協会が運営するビルです。
川崎港に関連する企業・団体が入居しており、最上階に展望室があります。

P9010011 P9010017
P9010013

・交流棟の入口
日本オリンピック委員会バレーボール競技強化センターが入居しているようです。
P9010018

交流棟の1Fはロビーみたいな感じになっていました。
マリエンシアターが設置されており、受付に頼めば見せてくれるようでした。
展望室は以前は有料だったようですが無料化されたようです。

エレベーターに乗って10階の展望室へ。

・受付
P9010056

無人でした。
以前はここで入場券の確認を行っていたのでしょうか。
係員を配置して入場料を取るよりも無料にして係員を配置しない方が収支が良いとの事で無料化したのかな?
お客さんは多くはないですがそれなりには来ていました。

・展望室の床に設置されている航空写真
この写真の真ん中に写っている島が東扇島です。
P9010039

それでは展望室からの景色を眺めます。

・海側
泊っている船はスバルの自動車運搬船でしょうか?
沖の方のタンカーが泊っているところはシーバースで、あそこで石油を降ろしてパイプライン経由で陸揚げされるようです。
P9010024 P9010027

・横浜側の川崎港コンテナターミナル他
ガントリークレーンが2つしかなく、ずらっと並んでいる横浜や東京の大井と比べるとだいぶ見劣りしました。
P9010037

・山側
真ん中で左右に走っている道は首都高速です。
左側の写真の上下に走っている道は川崎港海底トンネルにつながっています。
P9010041 P9010036

・東京側
P9010044

羽田空港に離発着する飛行機がよく見えます。
ひっきりなしに飛行機がやって来ます。
正面に見えるのがD滑走路がある人口島で、D走路はこの写真の前後方向。左に向かっている飛行機はA滑走路又はC滑走路に着陸する飛行機という事になります。
P9010055 P9010053

東京湾アクアラインもよく見えます。
P9010048
P9010045 P9010047

川崎マリエンは以上で終わり。
この後、東扇島に来た本来の目的を果たすために山側に向かって歩きます。

・山側から見た川崎マリエン
P9010061 P9010064

右側の写真の道路を手前に行くと川崎港海底トンネルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/15

原鉄道模型博物館

8月26日、「原鉄道模型博物館」に行きました。
横浜駅近く、日産グローバル本社の隣にある横浜三井ビルディングの2階にあります。

P8260002

どれぐらいの時間だったか忘れましたが、入場待ちがありました。
人が多すぎて入れないと言うよりは、ゆっくり見られるように制限しているといった感じでした。

館内は撮影禁止です。
したがって館内の写真はありません。

展示されている全ての模型が原信太郎氏が制作した作品というわけではありませんでした。
自分の模型の制作工房を「シャングリラ」と名付けており、「シャングリラ」と書かれているものが原氏制作の模型のようでした。

「シャングリラ」といえば松任谷由美さんという事で、松任谷由美さんの「シャグリラ」の有名な一節(他の節は知らない)が見ている間頭の中でずっと流れていました。
と思っていたのですが、後でYouTubeで見てみると、と松任谷由美さんではなくチャットモンチーの「シャングリラ」でした。ちゃんちゃん。

第1展示室は原氏の原点に関する展示でした。

第2展示室は昔の日本・外国の模型の展示が主でした。
体系的に並べられていて中々見応えがありました。

第3展示室は原氏が集めた模型や、模型以外の展示。
モノレールの模型とか動いているところを見てみたいように思いましたが、動かしたら壊れるのかな。
「ヨーロッパでお客の乗る列車を運転した」と自慢げに書かれていましたが、それってOKなんですかね。原氏に運転させた運転手は懲戒免職ぐらいの大きな処分になってもおかしくないような気がします。

多目的ルームでは、企画展「完全に実車を再現した精密精巧な電気機関車 FS E626展」の開催中でした。実機と同じように部品を組み立てて作ったようで驚きの作品でした。

続いてメインとなる「いちばんテツモパーク」。
線路のつなぎ目の音がしたりして、迫力はありました。
しかし、意外と単調なレイアウト。車体が大きいこともあって、面積は広くてもそんなに多くは線路が引けない様子。
動かしている車両が少なく、思っていたほどではないように思いました。路面電車の模型が置いてある線路がありましたが、動かしておらず、残念でした。
動かしている模型のこだわりの説明が周りに展示されており、感心しました。

最後の「横浜ジオパーク」は横浜をテーマにしたHOゲージです。
真中辺りに横浜コスモワールド観覧車が描かれており、時計表示部分に時計が埋め込まれています。時間を変化に伴う演出で、夜中になるとすべての列車が止まります。
こだわっているようで案外しょぼいように感じました。観覧車が絵である事とか。

こんな感じです。
レイアウトは思っていたほどではありませんでしたが、それ以外のコレクションは良く、見甲斐がありました。

<おまけ>
写真が足りない? という人へのおまけ????? です。
この日は24時間テレビの放送日で、隣の日産グローバル本社の中でステージイベント、24時間テレビのロゴが入った福祉車両の展示、募金活動等が行われていました。

P8260007 P8260006

左側の写真を載せるのはちょっとヤバいかな?
2階の通路の所に巨大なポスターが掲げられていました。イベントはこの左側の1階で開催されており、2階通路からの見学を防止するためなのか24時間テレビのポスターで目隠しがされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンガーハット上大岡京急店「長崎ちゃんぽん」

京急百貨店1階の改札口前にフードコート(名称募集中)ができました。

2012091516410000 2012091516420000
2012091516420001

その中にある今日(9月15日)オープンしたリンガーハットで、「長崎ちゃんぽん」(550円)と「あじと青高菜のチャーハン」のミニサイズ(230円) を食べました。

2012091516190000 2012091516220000

長崎ちゃんぽんはいつもの安定の味。
あじと青高菜のチャーハンの方は、あたりが悪かったのか炒めすぎで、あじの存在は全然分らなかった。ミニサイズは「お茶碗一杯位の量」と書かれていたが、「お茶碗半分位の量」だと思う。リンガーハットのHPの写真でも同じ量だったので間違って出されたわけではないようだ。

フードコートには他に、サブウェイ、蕎麦丸、餃子の王将道頓堀くるるサーティーワンおむすび権兵衛 等 が入ります。
蕎麦丸以外は大手チェーン店を入れたといった感じです。
王将が入るのは、今まで自宅近く・職場近く・通勤経路のどこにもにもなかったので嬉しいです。王将は9月22日オープン予定。
他の店は共用の飲食スペース使用ですが、王将だけは独立した席がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 藤しろ「つけ麺」

目黒駅西口の以前「ゴリラーメン」があった所にできた「麺屋 藤しろ」で、つけ麺(味玉入り)を食べました。
中盛無料(追加料金なし)との事なので、中盛にしました。

2012091412290000

美味しかった!
あっという間に箸が進みました。

同じ店で以前「ラーメン」を食べたのですが、その時はいまいちに感じました。
この違いはなぜ?
2012072112240000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/14

2012夏休みフェア 東京総合車両センター一般公開 (4) 試乗会

試乗会です。
今年は房総地区用の211系でした。

P8250100

近々房総地区での運用が終了し、中央線の中長距離列車用へ異動する予定です。
房総地区色の211系は、実はこの日初めて乗りました。(たぶん)

大宮での試乗会は着いた時にはもう整理券の配布が終了していて一度も乗ったことがないのですが、東京総合車両センターでの試乗会は整理券の配布がなく少し並んだだけで乗車できます。
自分はこの日の最後の回の試乗会に乗車しました。

P8250123

試乗会の列車は、大崎駅の手前辺りまで行って戻ってきます。
展示されていた185系の反対側や、大崎駅近くを走る東海道新幹線が見えました。P8250127 P8250131

以前は端の方に古い車両が何台か置かれていたのですが、いなくなっていました。解体されてしまったのかな?

試乗会終了後に撮影。
P8250135

来るのが遅かっため、最後の方は急ぎ足での見学になってしまいました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/13

2012夏休みフェア 東京総合車両センター一般公開 (3) 車両展示

まずは1つ目のエリアです。

P8250034

・構内で車両を移動させるための機関車???
P8250028

・クモヤ143 (牽引車)
P8250030

・193系 (電気検測試験車)
今年の目玉でしょうか。
車籍はあるものの現在は検測に使用されていないようです。
P8250042
 

続いて2つ目のエリア。

P8250051

・E259系
成田エクスプレス用の車両です。
P8250056

・E233系 3000番台
東海道線で使っている車両です。
P8250058

・EF81形
P8250065

・185系
157系風色。意外と違和感がなかったです。
P8250068

横から撮影。何気に良いショットかも (自己評価)。
P8250072 P8250074

・マルタイ
解説なしで淡々と路盤を耕して実演していました。
2枚目の写真のエアコンの室外機がちょっと気になる。
P8250077 P8250078
P8250083 P8250082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/11

2012夏休みフェア 東京総合車両センター一般公開 (2) 工場内

・新系列東棟
P8250012 P8250018

・ガソリンスタンド
利用時間は週3回1時間のみでした。以前はなかったような気がします。
P8250022

・出場検査を行う棟
P8250024 P8250027

・ものづくりセンター
本当にこの名前なのかな???
P8250070

・スカート展示とありがとう211系ヘッドマーク
P8250087 P8250088

・台車科主電動機班
P8250094 P8250095
P8250097 P8250099
P8250103 P8250101

ここだけ遊び心満載でした。
班長がこういうのに積極的だったり、班の雰囲気がこういう感じだったりするのでしょうか。
賑やかな明るい班なのかなと想像しました。
この他に、班の仕事を紹介する自主製作のビデオが流されていました。

・台車とその関連
P8250109 P8250111
P8250113 P8250118

・ずらりと並ぶ車輪
いち、にー、さん、しー、... じゅうはち
P8250141

・車体修繕場
P8250146 P8250148

・部品売場に並ぶサボ
P8250119

・会場から見えた湘南新宿ライン
P8250140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012夏休みフェア 東京総合車両センター一般公開 (1) 入場

8月25日、JR東日本東京総合車両センターで開催された「JR東日本2012夏休みフェア 東京総合車両センター 一般公開」に行きました。

毎年恒例のこのイベント、自分は3年振りに行きました。

P8250001

入場してすぐに209系が目に入ってきました。
以前101系が置いてあった所(今は鉄道博物館に移設) です。
置かれているのはクハ901-1、209系の試作車で登場時は901系の名前でした。
この場所に持ってきていたことを知りませんでした。
101系がなくなってからは線路だけが残されてさみしい感じだったので、こうやって車両が置かれたのは嬉しいです。

P8250003 P8250154
P8250004

・車両センターの案内図
P8250005

昼を過ぎていたのでまずは食事。
1000円だったかの記念弁当(確か3種類売っていた)と食堂メニューのどちらにしようか迷いましたが、結局食堂メニューの「カツカレー」(600円)を食べました。
P8250006

・食堂の上の講堂で行われていた巨大なプラレール
P8250151 P8250153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

横田基地への貨物線

横田基地日米友好祭2012に行った帰りに、横田基地への貨物線を見てきました。

拝島駅から米軍横田基地を結ぶ米軍所有の路線で、現在も燃料の輸送で使用されているようです。

・拝島駅東側の貨物線の最初の踏切から見た拝島駅方面
JR線から西武拝島線の線路を横切って横田基地方面(手前側)に線路が延びています。
P8190244

・踏切に掲示されている警告
米軍所有ですが線路の管理はJR貨物が行っているようです。
P8190248

・横田基地に向かって進みます
P8190249 P8190250

・横田基地の入口
P8190251 P8190252

結構近かったです。500mぐらいでしょうか?
拝島駅~横田基地日米友好祭2012の入場口(第5ゲート) の距離を比べると微々たる距離に感じました。

地図によると、この線路は日米友好祭2012の会場辺りまで延びているようです。
ひょっとすると会場の端から見えたのかもしれない。観察してこなかったことにちょっと後悔。

航空写真によると現在の線路はこの少し先までで、それより先は撤去された跡が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田基地日米友好祭2012 (7) その他

・鳥居
今まで3つの米軍基地に行ったことがあるのですが、どの基地にも鳥居がありました。
鳥居の使い方が間違っているような気がしなくもないですが。
P8190019

・エプロンの注意書き
P8190196

・給水車
トイレの手洗い用として使われていました。水の補給のための移動作業。
P8190181 P8190184

・消防車
P8190153 P8190189
P8190186 P8190191

水が放水され、子供たちが喜んでいました。
あの下にいなくてよかったと自分は思った。

・スクールバス
でよいのかな? ドアの位置が左側でした。
P8190239

・軽装甲機動車
P8190241

以上で「横田基地日米友好祭2012」については終わりです。
初めて行きましたがなかなか楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田基地日米友好祭2012 (6) パラシュート降下実演

米軍によるパラシュートによる降下実演が行われていました。
自分はこの実演しか見ていませんが、他にも実現があったようです。

・パラシュート降下実演で使用する飛行機2機の離陸
※ 離陸の瞬間の写真はありません。
P8190024

アナウンスされていたパラシュートによる降下時刻は20分ぐらい後。戻ってくるのにこんなに時間がかかるものなのでしょうか。何か理由があるのでしょうか。

予定時刻になっても飛行機はやって来ず。
10分ぐらい遅れて飛行機がやってきました。
P8190084 P8190085

パラシュートによる降下がなくそのまま通り過ぎてしまった。あれ?
やや風が強かったので中止なのかな?

さらに15分後飛行機がやってきて、今度はパラシュートで降下してきました。
P8190099 P8190101
P8190103 P8190105
P8190106 P8190109

多量の人のパラシュートの降下は初めて見ました。
結構感動しました。

・パラシュート降下実演で使用した飛行機の着陸
※ 着陸の瞬間の写真はありません。
P8190134 P8190150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田基地日米友好祭2012 (5) 自衛隊機

続いて日本の自衛隊機です。

展示されていた航空機の3分の1ぐらいが自衛隊機だったと思います。
横田基地には自衛隊の設備が少しあるようですが航空機の配置はないようなので、自衛隊機はゼロ、あっても片隅に数機だと思っていました。
(前行った米軍厚木基地でのイベントでは、自衛隊の航空機の配置があるものの自衛隊機の展示は2機でした。)

・戦闘機 F-2
P8190055

・連絡輸送機 LC-90
ピーチエアクラフト社のビジネス旅客機の改造との事。
P8190060

戦闘機 F-4 偵察機 RF-4E
P8190066

・戦闘機 F-15J
P8190068

・練習機 T-4
P8190071

・輸送機 C-1
P8190080

・早期警戒管制機 E-767
P8190087 P8190090

見た目が旅客機! って感じです。旅客機と同じように並んだ窓が埋められています。
旅客機のボーイングB767を元にした機種との事。
今回のイベントで展示された全ての航空機の中で一番インパクトを感じました。
この機種は日本のみ導入されているそうです。
この機の導入を検討した国が何国かあるようですが、予算の関係もありどの国もこれよりも小型のB737を元にした機種を導入したようです。確かに、もっと小さい航空機では駄目なの? って思いました。

・海上自衛隊の哨戒機 P-3C
P8190094

・陸上自衛隊の輸送用ヘリコプター CH47-J
P8190201

でっかいです。
前のプロペラと後ろのプロペラが衝突したりしないのかな? と思いました。取り付け高さが違うので単純に考えると衝突しませんが、たわみによる影響が出ないのかなと。

・海上自衛隊のヘリコプター SH-60J
P8190205

・陸上自衛隊のヘリコプター UH-60JA
P8190206

・陸上自衛隊のヘリコプター OH-6D
P8190208

小さいです。
軽自動車みたいな感じの大きさ。こんな小さなヘリコプターもあるんですね。

・輸送機 C-130H
P8190211 P8190217

隣に米軍の同型機が展示されていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/08

横田基地日米友好祭2012 (4) ヘリコプター他

続いて米軍のその他の飛行機です。

・レスキュー用のヘリコプター HH-60
P8190204

・米陸軍のヘリコプター UH-60
P8190209

・ヘリコプター UH-1N
P8190229

・UC-12W
P8190228 P8190224

・C12-J
P8190231

・セスナ機
下の写真以外にも何台か展示されていました。これも米軍所属???
P8190020

小型機の翼の陰の狭いところで休んでいる人もいました。
こんな所で休むなよ...とちょっと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/06

横田基地日米友好祭2012 (3) 輸送機

続いて米軍の輸送機です。

自分は見ていませんが、コックピットの公開も行われていました。
そんなの見せてよいのかな? と思いましたが、船と違って運行中に敵が乗り込んでくることはないので構わないのでしょうか?

この日は炎天下で、輸送機の翼の陰になる部分に大勢の人が佇んでいました。
そんな所で休まなくてもよいだろうと思いましたが、航空機展示エリアではそこしか陰になる部分がありません。
航空機展示エリアでは飲料水の販売もなくし(全くなかったわけではなかったようですが)、今後何らかの熱中症対策を行う必要はあるかもしれません。

・C-17
ボーイング社製(旧マクドネル・ダグラス社製)です。

P8190163 P8190151

中に入ります。
配線や配管がむき出しでした。
運転席の後ろに当たると思われる高い所にドアを設置できる構造になっていました。民間機(又は軍用の他機種)との共有ユニットでこの位置に実際に客室とのドアがある機種があったりするのでしょうか?
P8190141 P8190143
P8190145 P8190147

・C-5
ロッキード社製です。
大きいです。ボーイング747と同じぐらいのサイズではないかと。

P8190157 P8190195

中に入ります。
C-17と違って前から後ろまで貫通しています。配線や配管はむき出しではありませんでした。
P8190167 P8190171
P8190174 P8190162

・C-130
ボーイング社製(旧マクドネル・ダグラス社製)のプロペラ機です。
前の2機と比べるとだいぶ小さいですが、それでもそこそこの大きさがあります。
日本の自衛隊もこの機種を保有しており、この隣で展示されていました。
P8190219 P8190225

中を覗きます。
P8190223

・航空機展示エリア外の奥の方に並ぶ輸送機
P8190130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/02

横田基地日米友好祭2012 (2) 戦闘機

メインの航空機展示コーナーへ。
まずは米軍の戦闘機です。

P8190213 P8190044

機種の名前とかよく分らないので...
他の人のHP等を参考に機種を調べて追記しましました。(9/8)

・F-16
P8190031 P8190035

・A-10
P8190045 P8190049

・F/A-18
P8190053

・F-15
P8190113

・F-22
P8190121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横田基地日米友好祭2012 (1) 入場・アメリカンフード

8月19日、米軍横田基地で開催された「横田基地日米友好祭2012」に初めて行きました。

日米友好祭は8/18(土)、8/19(日)の2日間の開催。
8/18は天気が悪かったからなのか、8/18に「アド街ック天国」で放送されたからか、いつもこんなものなのか、どうなのかわかりませんが会場はえらく混雑していました。
特にフードコーナーは、買うための長い列ができていました。

P8190243

日米友好祭の入場口は第5ゲートで、最寄駅はJR青梅線の牛浜駅なのですが、現在牛浜駅が工事中なのでなるべく拝島駅を利用してくれとの事でした。そのため拝島駅から歩きました。拝島駅近くを除いて国道16号線の歩道を歩きます。途中から国道の東側が横田基地の敷地になります。保安上の理由なのか、歩道は道路の西側にしか設置されていませんでした。駅から入場口までちょっと距離がありました。

入場口となる第5ゲート前に到着。
P8190004

ゲートの前は国道16号線で、信号がある交差点になっています。国道16号線の横田基地に接する東側は歩道がないため、入場客は必ずこの交差点を渡らなければなりません。
中も混雑しており、歩道側の信号が赤になっても多くの人が中に入り切れずに路上でしばらく滞在せざるをえない状況。路上から人がはけるまで国道16号線側の信号を青にするわけにはならず、全ての信号が赤になった状態がしばらく続いたりしていました。

やっとのことで信号を渡り、中に入ります。中に入ってもなかなか前に進まず。
「身分証明書のチェックや持ち物検査」の実施があらかじめ告知されていたので、それに時間がかかっている事が原因だと思っていたのですが、事実上ノーチェックで、金属探知機のゲートさえありませんでした。 (ごく少数の一部の人だけが呼び止められて抜き打ちチェックされていました。)
「ICチップの運転免許証の人は免除更新時に指定した8桁の暗証番号の入力が必要」と書かれていました。自分は今年の運転免許証の更新からICチップの運転免許証に替わったので、暗証番号の入力が必要。今まで暗証番号を一度も入力していたことがなくドキドキ(&ワクワク) していたのですが、拍子抜けしてしまいました。

チェックしなくていいんですかね。混雑しているから省くというのはよくないような気がします。
単にゲートの幅が狭くて入るのに時間がかかっていただけのようでした。

イベント会場は滑走路のエプロンで、そこまで少し距離があります。厚木基地と比べるとだいぶ短かったです。

・ゲートとエプロンを結ぶ乗り物
なんだか適当に作ったみたいな感じで安全上大丈夫なのかなと思ってしまいました。
P8190007

・エプロンまでの道のりにあった標識
P8190008

エプロンに到着。
昼食をまだ食べていないので、まずは食事と行きましょうか。

たくさんの露店が並んでおり、手前の通りはアメリカンフード、奥の通りは日本の業者の出店といった感じでした。
日本の業者の方は焼きそばなど日本のイベントで普通にみられるものを売っていました。
アメリカンフードの方は長い列で、日本の業者の方はほとんど並ばなくても買える状態でした。
せっかくなのでアメリカンフードを食べました。

・ステーキ
P8190010

1200円又は12ドルでした。自分にしてはちょっと高いですが思い切ってこれにしました。
今の円相場を考えるとドルで払った方がお得です。ドルは持っていないので日本円で買いました。
左上の肌色のものはジャガイモを蒸したものだと食べる直前まで思い込んでいたのですが、パンでした。
アメリカンフードという事なので固い肉なのかなと思っていたのですが、プラスチックのナイフでも十分切れる固さでまぁ美味しかったです。
右上のドリンクは怪しい色をした色水です。

・ステーキを作っているところ
P8190012 P8190013

売り場の後ろで黙々と作っています。
それなりに値段がしそうな肉でした。

帰りにハンバーガーでも食べようかと思っていたのですが、長い列でお腹も減っていなかったのでやめました。

・ハンバーガーを作っているところ
P8190234 P8190236

この店ではレタス等も何も挟まれておらず、ソースを上からかけることもなく、焼いたハンバーグをソースにくぐらせてパンに挟むだけのようでした。「うぅん~」と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルド「オージーデリ」

マクドナルドで「世界の★★★マック」シリーズの第3弾の1つ「オージーデリ」と、チキンマックナゲットを期間限定の「レッドカレーソース」で食べました。

・オージーデリ
2012090101270000 2012090101400000

オーストラリアとの事ですが、第1段・第2段と違って「オーストラリアのマクドナルドで~」とHPには書かれていませんでした。オーストラリアのマクドナルドで販売されているわけではないという事なのでしょうか。

パストラミビーフを挟んだもので、ハンバーグは入っていません。
ゼリー状のソースが入っています。
パストラミビーフ自体が、スーパーやコンビニで売っているお手頃品の方が美味しいような気がしていまいちのように感じました。

・チキンマックナゲット レッドカレーソース
2012090101390000

一般的なカレーではなく、スパイシーな感じでさらっとした感じでした。
美味しかったです。
このソースに限らずナゲットをどっぷりとソースに浸けて食べたいと思うのですが、そうすると最後の2個ぐらいは浸けるソースがなくなってしまいます。もうちょっとソースの量が欲しいといつも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉泉亭「サンマー麺」

横浜名物のサンマー麺の発祥の店とも言われている玉泉亭で「サンマー麺」(600円)を食べました。
玉泉亭はいくつか店舗がありますが自分が食べたのは横浜ポルタ店です。

2012082614160000

サンマー麺自体は何度か食べたことがありますが、玉泉亭では初めて食べました。

サンマー麺は、主に野菜を炒めたあんかけが入ったラーメンです。
横浜に来て初めてこの存在を知りました。
はじめこのメニューを見て、「なんだろうこれは? 魚のさんまが入ったラーメン」なのかと思いました。

玉泉亭のサンマー麺は、他の店のサンマー麺よりもあんの色が薄く感じました。
野菜メインでほんの少しだけ豚肉が入っていました。野菜以外の具がもっと欲しいと思いましたが、そういう場合は五目そばやエビそばを頼みましょうということでしょうか。
まぁ普通って感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/01

斎宮歴史博物館

帰省中の8月7日、両親と三重県多気郡明和町(松阪市と伊勢市の間)にある三重県立の「斎宮歴史博物館」に行きました。

かつて斎王という制度があり、天皇に代わって伊勢神宮に仕えるために、天皇の未婚の内親王(内心王に該当者がいない場合は女王) の中から1人が選ばれ、親元を離れてこの地の「斎宮」に住んで、年3回伊勢神宮に参拝したとの事。
天皇が即位したときに斎王が選ばれ、その天皇が崩御又は譲位のするまでが原則の任期でした。
結構地味な生活をしていたようです。
平安時代後期以後は斎王のいない空白期間ができたりして、南北朝時代(1330年頃)に制度が廃止されたそうです。

Wikipediaによると、現在の制度では、内親王は天皇直系の2等身以内の皇族女子との事。
今であれば、愛子様・眞子様・佳子様の中から斎王が選ばれるということになるのでしょうか?

斎宮という制度があったことも、斎宮歴史博物館があったことも今まで知りませんでした。
1989年に開館したようです。

P8070110 P8070109

続いて、近鉄斎宮駅の近くにある「いつきのみや歴史体験館」へ。
「体験」がメインの施設で、体験をしなければ特にこれといって...といった感じでしょうか。

いつきのみや歴史体験館の北側の野外に「斎宮の10分の1模型」があります。
まだ少ししかできていませんでした。
よく見ると人がいました。

P8070112 P8070121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »