« 横浜市電保存館 | トップページ | 試運転 (横浜市営地下鉄) »

2012/08/12

横浜市営バス滝頭営業所

横浜市電保存館の隣にある「横浜市営バス滝頭営業所」です。

・市電保存館の入口及び館内から見えた営業所内
P7290004 P7290009
P7290008 P7290010

遠州鉄道のバスが営業所内に停まっていました。
浜松~横浜 の高速バス「e-LineR」の休憩のようです。
この路線は遠州鉄道単独運行で、横浜側では乗車券を取り扱いバス会社はありません。
無関係のしかも公営のバス会社の営業所に入庫するのは珍しいような気がしますがどうなんでしょう?

 

ちなみに、市電保存館には上大岡駅から市営バスの133系統 (根岸駅~市電保存館前~岡村町~上大岡駅) に乗って行きました。
この路線、土休日は1時間毎の運転です。上大岡方面はそうでもないのですが、根岸方面はいつも立客ありで混雑しているように見えます。
「上大岡方面はそうでもない」理由は、途中までの区間で並行している路線の1つが上大岡方面への片循環で上大岡側からはその路線でその付近に行くのは時間がかかりすぎる事、もう1つの路線が小型バスによる運転で上大岡での乗り場が違うことなのかなと想像しています。
増便しないのは上下の乗車率のバランスが悪くて、片方向が空気輸送になってしまうからなのですかね。

京急の上大岡駅の接近メロディーはゆずの「夏色」を使用しています。この曲が選ばれたのはゆず(岡村町出身)が地元出身であるからとの事。
岡本町からは、地下鉄の弘明寺駅や根岸駅に行くバスはたくさんありますが、上大岡駅へ行く133系統は土休日の場合で1時間に1本しかなく不便です。ゆず にとって上大岡は本当の所馴染みの場所なのか、上大岡の範疇に入れてよいものなのか、なんだか疑問です。

|

« 横浜市電保存館 | トップページ | 試運転 (横浜市営地下鉄) »

交通 - バス」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市営バス滝頭営業所:

« 横浜市電保存館 | トップページ | 試運転 (横浜市営地下鉄) »