« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の30件の記事

2012/05/31

ローソン「亀山みそ焼きうどん」

少し前ですが、ローソンで売っていた三重県亀山市のB級グルメ「亀山みそ焼きうどん」を食べました。

2012052523490000

少し前に、同じパッケージで生活保護で話題の某氏の出身地の「津山風ホルモンうどん」が売っていました。唐辛子が付属している所も同じでした。
ま、それはどうでもよいことですが...、

何故か入っている豚肉が美味しかった。
自分は三重県の四日市市出身ですが、四日市とんてきと同じでやっぱり地元で食べた事がなく。
これも四日市とんてきと同じく特定店舗(亀八食堂)の名物で、トラック運転手の御用達というイメージがあります。
父親は何度も食べているようで、食卓の話題になった事が何度もありました。

ちなみに、「津ぎょうざ」も食べたことないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野家「こく旨カレー」

吉野屋で「さらにおいしくなって新登場」と謳っているカレー2種類の内、「こく旨カレー」(330円)を食べました。

2012053023400000

野菜がごろごろ入っていました。が、肉は全然入っていなかったような。
まぁ、普通。
前作を食べていないので前作と比べてどうなのか分からないが、「深味」という感じはしなかった。
周りで牛丼を食べている人を見て、牛丼にしておけば良かったなと思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

西武鉄道100年イベント in 保谷 (5) たまたま通りかかった車両

・ライオンズ塗装車
P5130047

・10000系の「レッドアロークラシック」塗装車
P5130107

・銀河鉄道999塗装車
P5130126

以上です。
小規模なイベントではありましたが、楽しいイベントでした。
西武鉄道さんはいろいろやってくれますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武鉄道100年イベント in 保谷 (4) 保守用車両

<総合検測車>
オーストリアのプラッサー&トイラー製です。
車内見学を行っていました。
この手の車両の車内を見学したのは初めてのような気がします。

・外観
P5130062 P5130084

・床下部分
P5130067 P5130068

・車内
左上の写真の部屋が大半を占め、後は機械が置いてあるスペースと運転席といった感じでした。
P5130073 P5130077
P5130082 P5130083

<バラスト運搬用>
軌道モーターカー + ダンプトロ
P5130061 P5130097

<軌陸車>
P5130100 P5130098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武鉄道100年イベント in 保谷 (3) SL5号機

E11型の隣に囲いがされた状態で置かれていたSL 5号機です。
1896年に製造されたイギリスのナスミス・ウィルソン社製で、国鉄の400形と同型との事。
囲いがされているという事は、修復工事中という事なのでしょうか?

P5130011 P5130009
P5130113 P5130112

・銘柄と説明文
P5130020 P5130019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武鉄道100年イベント in 保谷 (2) E11型電気機関車

E11型電気機関車です。
1923年、武蔵野鉄道(現:西武池袋線)の池袋~所沢間の電化時に輸入された米国ウェスティングハウス社製との事。
車内も公開されていました。

・会場の正面側から見た外観
P5130005 P5130044

・車内
真ん中に制御機器らしきものがむき出し状態で置かれていました。
P5130031 P5130037
P5130034 P5130035

・会場の反対側から見た外観
P5130054 P5130086
P5130110

係員が機関車の屋根に載っており、その後反対側(会場の正面側)から拍手がおきました。
何事かと思って正面側に行ってみた所、
1つ前の記事で取り上げた、製作中であった「100年アニバーサリーリーフ」が取り付けられていました。

P5130116 P5130120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/23

西武鉄道100年イベント in 保谷 (1) 入場

5月13日、西武鉄道旧保谷車両基地で開催された「西武鉄道100年アニバーサリーイベント in 保谷 ~E11型電気機関車修復完成記念披露会~」に行きました。

西武鉄道の前身の1つである武蔵野鉄道の会社設立100周年との事です。
登場当時の塗装に修復したE11型電気機関車の披露の他に、保守車両の展示、100年アニバーサリーリーフの製作、昔の写真・資料の展示等が行われました。

西武池袋線に乗って保谷駅で下車。
北口に出て会場に向かう旨の案内が出ていたので北口から出ました。
東京都内にはあまりないような感じがするのどかな雰囲気の所で、少し行くと田んぼと畑があって驚きました。

・保谷駅北口
P5130001

案内に沿って歩いて会場に到着。

・会場入口

P5130004

入口でアンケートをやっていて、アンケートに答えるとクリアファイルが貰えました。

広場みたいな所では、飲食店を中心に出店が出ていました。

保谷車両基地の旧事務所の建物の入口みたいな所で、保谷駅とその周辺駅の昔の写真の展示や、資料の展示が行われていました。

・武蔵野鉄道(現在の池袋線系列)の名所案内と、武蔵野鉄道と合併する前の旧西武鉄道(現在の新宿線系列)の名所案内
P5130016 P5130017

今の西武球場前駅に相当する場所が「村山公園」になっていて気になりました。別の時期の名所案内では「村山貯水池」になっていました。あの線(西武狭山線)は、あの辺りに西武系の遊園地等の施設を作るときに建設されたものと思っていました。

・100年アニバーサリーリーフの製作現場
もう少しで完成しそうでした。
P5130010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

JAMSTEC横須賀本部一般公開2012 (6) その他

<海洋科学技術館>
2年前に来たときは社会見学できた人向けの常設の展示館といった感じでいろいろ展示されていたのですが、「しんかい6500の模型」「かいこうの模型」等一部のものを除いて片付けられていました。

P5120099 P5120103

<高圧実験水槽棟>
・小型の方
P5120127

・大型の方
P5120121 P5120124

・大型の方で水圧でつぶされた「しんかい6500」の耐圧殻の縮小模型
P5120128

・操作盤
P5120130

<潜水訓練プール棟>
P5120133 P5120139

<火山噴火実験>
コカコーラを使って実験していました。
途中から参加したので理論の説明は終わっており、理論は分かりません。
最後の実験の回で、司会の人の「コカコーラがまだ余っているので参加したい人は手を?」の声に「はい!はい!はい!はい!はい!」と元気な子供たち。
P5120140 P5120145

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAMSTEC横須賀本部一般公開2012 (5) ブイ

・新型漂流ブイ
太陽電池を搭載しているとの事。
P5120105

・海に沈めて観測するタイプのブイ
記録媒体としてハードディスクを使用しています。浸水して壊れたりしないのかなと思ったりするのですが。
観測期間を過ぎると重りを自分で切り離して浮上します。
P5120112 P5120116

・m-TRITONブイ
一瞬「µTRON」と読み違ってしまった。
写真は横に倒された状態で、実施には縦に立てて海に浮かべるようです。
インド洋の観測で使用されているとの事。
P5120119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

JAMSTEC横須賀本部一般公開2012 (4) 無人探査機他

・大深度無人探査機「ABISMO」
10000m級の探査機です。
このままカバーを付けずに沈めるようで、水圧で壊れないものなのかな?と思います。
P5120054 P5120044

・大深度無人探査機「かいこう7000-Ⅱ」
10000m級の探査機です。
左がランチャー、右がモーグル。
P5120046 P5120045

・合成開口ソナー「響竜」
海底の地形等を測定するもので、船でこれを引っ張って測定するようです。
P5120040

・作業型自律型無人探査機「MR-X1」
P5120108

・開発中の自律型無人深海探査機「おとひめ」
P5120110

・水中グライダー?「ツクヨミ」
P5120111

・探査機の形の研究をしているようです
P5120106

・開発中の自律型無人深海探査機「ゆめいるか」の模型
P5120102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/20

JAMSTEC横須賀本部一般公開2012 (3) なつしま、かいよう

海洋調査船「なつしま」が、無人探査機「ハイパードルフィン」を搭載した形で船内公開されていました。
また、体験乗船として海洋調査船「かいよう」が使用されていました。体験乗船はしていません。(保安管理上の理由で、1人で行くと乗船できないのです)

<なつしま>
・外観
P5120005 P5120055
P5120036

・船橋から見た船首
P5120060

・船橋
P5120064

・船室
P5120065 P5120066
P5120067 P5120068

・船尾に搭載されていた「ハイパードルフィン」
P5120090 P5120087
P5120094

・ハイパードルフィンを吊る機械
P5120073 P5120080

・ケーブルを巻き上げる機械
P5120093

<かいよう>
P5120152 P5120156
P5120003 P5120061

最後の写真は体験乗船として出航していく所で、なつしまの船橋から撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAMSTEC横須賀本部一般公開2012 (2) しんかい6500

「潜水調査船整備場」では、現役の「しんかい6500」と、引退済みの「しんかい2000」が公開されていました。

「しんかい6500」は、今年3月に完成した改造後の初公開との事でした。
主な改造項目は、
① 後部の主推進器を、旋回式大型1台 → 固定式中型2台 に変更
② 水平方向の推進器を、後部に1組(2台)増設
③ 電動機の換装

<しんかい6500>
P5120008 P5120019

・背面
①の改造部分です。前は推進器は真ん中に1つだけあったとの事。
P5120016

・後部の側面
②の改造部分です。前は後部には水平方向用の推進器はなかったとの事。
P5120020

・側面下部
P5120022

・前部
P5120026

・前部横の覗窓から中を覗いたところ
P5120025

・覗窓のガラス
P5120031

<しんかい2000>
P5120030 P5120014

<外に置かれていたもの>
これで、しんかいを船まで運ぶのかな???
P5120038

<新江ノ島水族館のポスター>
隣の「無人探査機整備場」の、新江ノ島水族館による海の生きもの関連の展示の所に貼られていました。
P5120052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/19

JAMSTEC横須賀本部一般公開2012 (1) 昼食

5月12日、JAMSTEC横須賀本部で開催された「施設一般公開」に行きました。

2010年に一度行っています。
 → 参考: JAMSTEC横須賀本部一般公開 (1) 海洋科学技術館 他 (2010/6/12作成)

追浜駅から無料の送迎バスが出ているのですが、長い列が出来ておりバスに乗るまで少し待ちました。

P5120155

現地に到着したのが昼過ぎで、まだ昼食を食べていないかったので、食堂(普段は社員食堂)で昼食を食べました。
2010年に行った時はここで弁当を売っていましたが、今回は厨房で作ったものの提供でした。

メニューはこんな感じ。
P5120001

『地球深部探査船「ちきゅう」のドライカレー』にしようかなと思ったのですが、自分の10人ぐらい前で売り切れました。
と言う事で、「かきあげうどん」と「肉巻きおにぎり」を食べました。
肉巻きおにぎりは、自分の3人後で売り切れた。
2012051212590000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らあめん花月嵐「嵐げんこつらあめんカレージャック」

らあめん花月嵐の期間限定商品「嵐げんこつらあめんカレージャック」を食べました。
何気にカレーラーメンとか好きだったりするので。

2012051420270000

スープは背脂入りでした。
カレースープの他に、ルーがちょこんと載っています。混ぜてしまえば分からなくなりますが。
もやし、キャベツ、生の玉ねぎのみじん切り入っています。
この生の玉ねぎのみじん切りが食感として目立っていました。

味は.....、いまいち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルド「チキンクリスプ」

先日の夕方、小腹が空いた。
何か食べようかと思ったのですが、こんな中途半端な時間にお金をかけて本格的に食べると夕食が食べられなくなってしまいそう。
どうしようかな、値段の安いちょっとした食べるものはないかな。
そう思っていた矢先にマクドナルドを発見。100円メニューがある事と、最近100円メニューに新メニューが登場された事を思い出して入りました。

最近発売された100円メニューの「チキンクリスプ」と「シェイクS」(こっちも100円)を頼みました。合計200円です。

2012051216410000

チキンにマスタードソースがかかっており、ほんの1枚だけレタスが入っていました。
シンプルではありますが、結構美味しく、これで100円は満足です。
この前食べた「チキンタツタ わさびタルタル」よりもこっちの方が好みでした。

100円メニューは、こういうちょっと小腹が空いた時にはちょうど良いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/15

ビートたけしの絵描き小僧展

初台の東京オペラシティーアートギャラリーで開催されている「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」に行きました。
2010年にフランスのパリで開かれた古典の凱旋だそうです。

主催の1つがフジテレビで、あれ? そうだったの?と思いました。TBSかと思っていた。

最初の2番目ぐらいに油絵のコーナーがあります。
油絵といえば、いろいろ色が混ぜてあり、また表面が絵の具で所々盛り上がっているというイメージがあるのですが、ほとんど原色使いでほとんど盛り上がりもなく、イラストみたいな絵で、油絵である必要があるのか? と最初思ってしまいました。
動物の中に動物がいるみたいな絵が多くて、アイデアに感心しました。

映像コーナーと1作目と、世界の風を浴びるコーナー(だったかな?)は、思わず声を出して笑ってしまいました。こういう所で声を発するのはマナー違反ですが。

ハノイの塔というコーナーがあって、3本の棒があり、大きさが段々大きくなっていく10枚の皿が1本の棒に刺さっており、それを1枚ずつ下が大きな皿になるように動かして他の棒に移すというもの。
自分もやってみましたが、解らなかった。元の棒が5枚ぐらいになった時点で行き詰ってしまう。

とにかく楽しい展覧会でした。

P5050089 P5050093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

東急世田谷線

三軒茶屋駅から東急世田谷線に乗ります。
三軒茶屋側から乗るのは初めてかもしれない。

・三軒茶屋駅の駅舎 (東急世田谷線の駅舎)
P5050037

・三軒茶屋駅のホーム
P5050042 P5050047

・三軒茶屋駅を発車していく列車
P5050046

入線していた列車は見送って、次の列車に乗りました。

使用されている車両300系は2両編成の連接車で、ドアは4つ。両端2つが乗り口、真ん中2つが降り口です。乗り口は路線バスと同じタイプの運賃箱が付いています。後ろ側の運転席には案内係が乗っており、路線バスを後ろ向きで2つくっつけたような形です。
三軒茶屋駅や下高井戸駅には改札口があり、改札口そこで運賃を払います。

・運転席横
P5050051

車両は10編成あり、それぞれ色が異なっています。

パープル !
(写真なし)

グリーン !
P5050058

ブルー !  あ・・・
P5050078

ピンク !
P5050085

イエロー !
(写真なし)

レッド !
P5050081

宮の坂駅の駅前に昔の緑色の車両が置いてあったので降りてみました。
デハ80形で、東急世田谷線で使用された後、江ノ島電鉄で使用されていたものとの事です。
P5050060 P5050059

・宮の坂駅の少し三軒茶屋寄りでの列車同士のすれ違い。
P5050067

・下高井戸駅
P5050071

京王線に乗り換えて初台だぁい! に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/13

三軒茶屋のキャロットタワー

渋谷から東急田園都市線で三軒茶屋まで移動して来ました。
「三軒茶屋に高層ビルがあってそこに最上階に無料の展望フロアがある」聞いた記憶があり、行ってみました。
キャロットタワー」という名前の建物で、26階が展望フロアでした。

・眼下の首都高速渋谷線
P5050021

・南~西方向
P5050024 P5050022
P5050023 P5050028

・新宿方面
P5050034

東方向(渋谷方向)は、レストランがあるのでレストランに入らないと見えません。

・眼下の東急世田谷線
P5050019 
P5050027 P5050031

この後この東急世田谷線に乗りました。

展望フロアの中にコミュニティFMのFM世田谷のサテライトスタジオがあり、生放送中でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急 鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA

5月5日、渋谷の東急百貨店東横店で開催されていた「鉄道フェスティバル2012 in SHIBUYA」に行きました。入場料は500円です。

今年は元カシオペアの向谷実さんがプロデュースとの事。
東急東横線の渋谷駅が副都心線との直通運転のため今年度中に地下に移る予定であり、また東急百貨店東横店の東館が来年3月に閉店するとの事から、東横線の「渋谷駅」がフューチャーされていました。

・現在の渋谷駅の模型 (写真は東口)
このイベントのために新しく作ったそうです。
P5050012 P5050017

渋谷駅関連では、以前の渋谷駅や、東急百貨店開業時のパンフレット等が主に展示されていました。

大きなスクリーンがあり、東横線の渋谷駅の横浜寄りから見た1日を撮影した映像が放映されていました。大抵は高速早送りですが、ホームの全てに列車がいる状態になるときや、逆にホームに1本も列車がいない状態になるとき等に、通常速度に戻ります。
これが中々面白かったです。

展示関連では、その他に、東急車輛(現:総合車両製作所)の歴史記念館からの出品物のコーナーがありました。

展示以外では、シミュレータコーナー、子供向けコーナー(塗り絵等)、イベントステージ等。

展示関連は去年よりもスペースが小さくなっており、全体の4分の1とかそれぐらいしかありませんでした。

・本物の渋谷駅の東口
P5050003 P5050002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/12

紹介状を受け取りに行っただけなのに再診料って必要なの?

某医院にて、

前回診察(検査含む)を行った時に、他の病院の紹介状を書いていただくことになりました。
その病院に行く日までに紹介状を書いておくので取りに来てくれとの事でした。

今日その紹介状を取りに行ったのですが、
紹介状の料金の他に、再診料(70点)も請求されました。
今日は診察は受けていません。
そういうものなんですかね、何だか納得がいかないです。

前回の診察時に紹介状を受け取っていれば、再診料を1回分余計に払う必要はなかったはず。
「患者さん(特に他の患者さん)を待たせるのを防ぐため」と好意的に受け取っていたのですが、
再診料を1回分余計に稼ぐためだったんですかね。
何だか裏切られたような気分です。
再診料を請求するのが制度的にOKだとしても、そういう対応を取った(そういう説明もなかった)医師の姿勢に腹立たしく感じました。

思い出してみると、前回医療費を払って帰る時にその医師に「紹介状は~」と聞いたら、少し口ごもってから「用意しておくので~」と言ったような気がします。そういう作戦だったんですかね。
紹介状を貰うまで20分ぐらいまでかかったのもちょっと気になったのですが。もしかして用意していなかったとか?

家に帰ってから検索してみた所、こういうケースの場合は再診料は請求できないのが正しいっぽい。
参考: http://okwave.jp/qa/q6916551.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京トンテキ「トンテキ定食」

渋谷の渋谷ヒカリエの近くにある「東京トンテキ」という店に行きました。

時間帯が悪かったのか店の前に列が出来ていてどうしようか迷ったのですが、渋谷には滅多に来ないし折角なので並んで食べました。

トンテキ定食(1000円)を頼みました。
HPによると、四日市の「とんてき」をベースに、オリジナルの調理方法とソースで仕上げているとの事です。

2012050513360000 2012050513360001

肉の厚みが1cmぐらいありました。
とんかつの値段を考えると、この大きさと厚さで1000円は安いかな。
だいぶお腹が膨れました。大量のキャベツの下に少しだけもやしも入っていました。

肉もソースも油っぽくて自分の年齢では少々きつくはあったのですが、美味しかったです。
並んで待ったかいはありました。
「トンバーグ」(豚肉使用のハンバーグ)というメニュー があり、それもちょっと気になりました。

自分は四日市出身なのですが四日市でとんてきを食べた事がなく(実家で母親が作った物を食べたことはありますが)、本場四日市のとんてきとの違いは分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

四日市とんてき風コロッケ

近所のスーパー(横浜市内)の惣菜コーナーで他のコロッケと並んで88円で売っていました。
自分は四日市出身なもので気になって買ってみました。
自分がいた頃(20年ちょっと前)は、「とんてき」は市内の一店舗(まつもとの来来憲)の名物ではありましたが、四日市の名物ではありませんでした。
四日市にいた頃に「とんてき」を食べた事はなかったです。

2012050620000000

小さく切った豚肉みたいな感じなものは入っていましたが、とんてきかどうかというと...?
コーミの「四日市とんてきソース」使用といった所ぐらいでしょうか。

コーミソースと言えば、「値段は高いがいい味です」がキャッチフレーズでした(昔は)。
妹の夫(大阪出身・北関東在住)が四日市の実家に来たときに「コーミのこいくちソース」が美味いウマい!」と言っていました。他にはないと。
自分達は昔からこのソースが普通だったので、「えっ! そうなの」と、その発言に驚きました。

トンテキの話題はもう1つ続く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里線 (3) 上総亀山→木更津

到着した上総亀山駅です。

・ホームの向かいに掲げられていた横断幕
P5040040

・駅前の君津市コミュニティーバスのバス停
P5040042

しばらくするとバス1台、少し遅れてもう1台やってきました。
後に来たバスは普通の小型バスでしたが、先に来たバスはワゴン車でびっくりした。P5040044 P5040046

・駅前の店の上に掲げられている観光案内
P5040047

・駅舎
P5040045

・駅舎の中
最近無人化されたようです。自動券売機も設置されていません。
P5040048

・線路の先
P5040050

・ホームと列車(キハ38)
P5040054

上総亀山駅16:12発の列車で折り返します。
15:57着の列車に乗ってきた乗客の殆どがこの列車で折り返していたように見えました。
静かなる鉄道ファンによる賑わいと言った感じです。

・久留里駅でキハ30 + キハ38と行き違い
P5040058

写真にはありませんが、横田駅でもキハ30を1両繋いだ編成と行き違いました。

そんなわけで木更津駅に到着。
帰りの東横田駅→祇園駅 で乗り合わせた練習試合後のバスケットボール部らしき中学生軍団がマナーが悪くてうざかった事を除けば(吊革にぶら下がって遊んでいたりした)、まったりした旅でした。

・木更津駅で降りた列車
P5040061

貫通窓を開けています。
もしやと思って君津方面を見たら、遠方でキハ30らしき車両が待機していました。
キハ30がやってきて連結。
P5040062 P5040065
P5040067 P5040068

キハ30は合計3両配置されているようですが、この日は3両とも動いた事になります。
ラッキーな日だったのでしょうか?

そんな感じで久留里線乗車は終わりです。

<おまけ>
・帰りのアクアラインから見た南側の風景
真ん中辺りでひょっこり出ている山はひょっとして富士山?
P5040071

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/06

久留里線 (2) 木更津→上総亀山

木更津13:46発の久留里行に乗ります。
キハ38の2両編成でした。

・木更津駅に停車中のキハ38
P5040006 P5040009
P5040008

・木更津駅に隣接する「幕張車両センター木更津派出」で留置中のキハ38 + キハ30
P5040011

・キハ38の車内
P5040015 P5040017

列車は久留里に向かって走ります。

横田駅で行き違いのため5分強停車。
ここで5分待つぐらいなら、その分木更津の発車を遅らせてくれた方が良いのではないかと思いました。

・横田駅での行き違い列車 キハ37(前) + キハ38(後)
P5040018

久留里駅に到着。

行き違い列車として、キハ30 + キハ38 の2両編成が入ってきました。
「やっぱりキハ30に乗りたいな」と思って、この列車(久留里14:40発)に乗って横田駅まで引き返しました。

・久留里駅でのキハ30(前) + キハ38(後)
P5040022 P5040021

キハ30は扉が外吊りです。

・キハ30の車内
P5040025 P5040027

・キハ30のドア付近の窓
ドアが開いた時に位置する部分にも窓があり、「手を出さないよう」と注意書きがありました。窓が空けられる事自体が危険。
P5040032

横田駅で再び折り返して行き違いの15:10発の列車で上総亀山へ。

・横田駅でのキハ30 + キハ38
P5040035 P5040037

久留里駅までは平地で殆ど勾配がないのですが、久留里駅を越えると急に山岳に入って勾配が続きます。
そんなわけで上総亀山に到着。

| | コメント (0)

2012/05/05

携帯の待ち受けがこどもの日仕様?

P5050010 P5050011

DoCoMoのN-01Cのデフォルトの待ち受け画面です。
今日(5月5日)携帯電話を開いてこんな表示がされてびっくりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里線 (1) 乗車まで

5月4日、久留里線に乗りに行きました。

千葉県の木更津駅から上総亀山駅を結ぶ、千葉県のJRでは唯一の非電化路線です。
現在は国鉄時代からのキハ30・キハ37・キハ38が使用されていますが、今年の秋から新車(E130形)に置き換えられるとの事。

横浜駅から久留里線の始発駅である木更津駅行のアクアライン経由の高速バスに乗車。
横浜駅11時20分のバスに乗車したのですが、途中道路が混んでいて木更津駅に到着したのは12時53分。(定刻では12時14分着)
木更津12時54分発の上総亀山行には乗車出来ず。キハ30を含む2両編成が出発していくのを自由通路の跨線橋から見送りました。

P5040001

次の列車(13時46分発)まで時間があったので、ここで昼食に。
西口に行ってみました。

駅前にかつて「木更津そごう」が入居していた建物があります。
駅前の大きな建物はそもそもこれぐらいか。
P5040002

建物に9Fレストラン街って書いてあるけど、9Fカラオケレインボーという新しい看板もあり。雰囲気的に9Fにレストラン街はありそうもなく。

辺りを見回したけど、開いていそうな店は寿司屋1軒と、駅舎の1階にある「つけ麺」と書かれたあまり期待できなさそうな雰囲気の店ぐらい。
「つけ麺」と書かれた方に行きました。(後で調べた所、「SLつけ麺 木更津店」というのが正式名称で、JR系列のようです。)

いろいろあったメニューの中から「やっさいラーメン」(800円)を頼みました。
2012050413120000

「やさい」が訛ったわけではないようです。
あさりが10個ぐらい入っています。後は、コーン、バター(たぶん)、生の刻み玉ねぎ、もやし、メンマ、なると、ワカメ、海苔など。
あさりの出汁が効いていて、これが意外にも美味しかったです。
そういえば、他にも客が何人もいましたが、「つけ麺」って書いてある店なのにつけ麺を頼んでいる人は誰もいなかったような。

「もっさりラーメン」(900円)というのもありました。「やっさいラーメン」は醤油スープ、「もっさいラーメン」は味噌スープと言う事みたい。100円の違いは醤油と味噌の違いだけ?

駅に戻ります。
久留里線はSUICA・PASMOが使えないので切符を買って入場します。
P5040004

・内房線・久留里線100周年のポスター
P5040003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/03

江戸東京博物館「太陽の塔 黄金の顔」特集展

4月29日、江戸東京博物館で開催されている特集展「太陽の塔 黄金の顔」も見てきました。
大阪万博のシンボル「太陽の塔」の1992年の改修時まで取り付けられていた顔の部分の展示です。

特別展「ザ・タワー」展とは別扱いで、常設展の一角で展示されています。期間も5月20日までで「ザ・タワー」展と異なります。

・上(6Fの日本橋の上とその横) から撮影
P4290052 P4290055

・顔の下 (5F)から撮影
P4290064

目の所のランプは当時のものではなく、LEDランプを取り付けたそうです。
6Fの橋を渡った先のスクリーンで、設置作業の映像が放映されていました。

黄金の顔以外の大阪万博関連の展示も若干ありました。
・開催時のポスター
P4290070

参考: → 大阪・万博記念公園 (3) 太陽の塔 (2008/9/6作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸東京博物館「ザ・タワー」展

4月29日、江戸東京博物館で開催されている「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」展に行きました。

P4290047

内容は、
・プロローグとして「バベルの塔 / 仏塔」
・愛宕山
・浅草の富士山縦覧場
・浅草の凌雲閣
・大阪の通天閣 (初代・2代目)
・パリのエッフェル塔
・東京タワー
等。
「東京スカイツリー」はほんの少しだけありました。

富士山縦覧場は明治20年に建てられた富士山を模した木造のハリポテで、登山のように外周を上って頂上まで行くという有料の遊戯施設だったそうです。暴風雨で大破されたりして数年でなくなったようです。大阪にも同じようなものが作られたようです。こんな時代にこんなものがあった事に驚きました。当時この手のものが流行っていたようです。

凌雲閣は明治23年に作られた塔で、エレベータが設置されたそうです。但し故障が多くて危険と言う事で半年で運行停止になったとか。こっちは関東大震災で上層部が被害にあい、そのまま置いておくと危険という事で陸軍により爆破で解体されたそうです。この時代に爆破解体ってあったのか...。

エッフェル塔は1889年に建てられたもの。出来て120年ちょっとです。1900年の万博開催に向けた改修計画がありその時の案がいくつも展示されていました。エッフェル塔の周りを建物で覆うとか形をとどめない形の案が多かった。あんなふうに改修されなくて良かったなと思いました。

興味深い展示物が多かったです。
「ザ・タワー」展は5月6日までです。

なお、常設展のエリアに「凌雲閣」の模型があります。
P4290066

・両国駅のホームから見た東京スカイツリー
P4290075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両国国技館

4月29日、江戸東京博物館に行くために両国駅で降りた所、駅前の通りや両国国技館で「両国にぎわい祭り2012」が開催されていました。

両国国技館の中に入れるようだったので行って見ました。今まで入ったことはありません。
相撲に興味がなく、現在の横綱の名前も言えないくらいなんですけどね。

P4290001

入口前で立浪部屋のちゃんこ鍋を売っていたので、今日の昼食として食べました。500円でした。
この日は暑い日で、野外で汗だくになりながら食べました。
2012042913000000

中に入ります。
国技館内にある相撲博物館で日本人の横綱がここ9年間いない事を知って愕然とし.... 最後の日本人横綱は貴乃花、その前は若乃花でした。

・1階席の入口付近から見た両国国技館内部
P4290007

テレビなどを見てイメージしてたよりも小さく感じました。
縦の広がりは大きいのですが、入口から土俵までの距離が割と近い。マス席に座れば目の前で相撲が見られそうです。
土俵の大きさも小さく感じました。

バックヤードツアーも有料(1人200円)で開催されていました。支度部屋などが見られるようです。
列の最後尾で聞いたら1時間待ちだとか。これを見ても本来の目的であった江戸東京博物館を見る時間がありそうだったので、せっかくなので並んでみました。
15分ぐらいで建物の地下に入れて「なんだ1時間もかからないではないか」と思ったのですが、地下のロビーみたいな所に椅子がずらりと並べられており、そこでそれなりに待ちました。ただ、1時間まではかからなかったと思います。地下には大広間もありました。

・地下のロビーの一部
P4290013

・土俵前
2012042914190000 2012042914220000

土俵の上の屋根は天井から吊り下げられており、中に照明がありました。相撲以外で使用する場合は上に吊り上げるようでした。
土俵はどうするのかな(毎場所作り直すのかな?)と思ったのですが、Wikipediaによると下に沈むようです。

・支度部屋
力士の控え室です。奥の1つ目の柱から奥からだったか、2つ目の柱より奥からだったは、横綱一人が使うとか。
P4290027

風呂・トイレがあります。
P4290030

こんな張り紙も。
P4290029

こんな体勢で次期の番付を書いている人がいました。
2人で1週間かけて書くそうです。自分には根気が続かずに出来なさそう。
P4290038

・行司の控え室
P4290039

・力士使用禁止のトイレ
女子トイレもありました。
P4290041

・インタビュー等で使う部屋
P4290042

・審判の控え室
だったかな?
この場所でビデオ判定を実施しており、状況によっては土俵の審判員と連絡を取り合って決定するそうです。
(野球と違って)相撲では古くからビデオ判定を取り入れていると話されておりました。
P4290044

以上です。
中々貴重な体験でした。
バックヤードツアーの時に、五月場所のパンフレットが配られました。
東京スカイツリー開業記念の平日限定の634円の破格チケットを除くと、それなりに値段がします。マス席は1人1万円前後。2F椅子席でも一番前のエリアは1人8200円。一番安い自由席は2100円です。自由席を除くとちょっと手が出にくい値段です。
舞台やライブなんかでも最近はそれぐらいの値段がするものも少なくないようなので、そう考えると大して高くないのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/02

マクドナルド「チキンタツタ わさびタルタル」

マクドナルドで期間限定の「チキンタツタ わさびタルタル」を食べました。

2012050222050000

パッケージが緑だ!
わさび色という事でしょうか。

2012050222120000

鶏肉が成型肉で何だかなぁと思ったけど、ソースは美味しかったです。
わさびはそれほど効いていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »