« 長野電鉄の旅 (3) 屋代駅 | トップページ | 長野電鉄の旅 (5) 須坂駅 »

2012/04/28

長野電鉄の旅 (4) 松代駅

屋代駅から12:52発の臨時列車に乗車し、長野電鉄屋代線最大の中間駅・松代駅でいったん下車しました。

・到着した3番線と乗車してきた3500系2両編成
P3310084 P3310094

・3番線のホーム上にあった転轍器
さすがに現役ではなさそうでした。
P3310083

・須坂方面から2番線にやってきた屋代行の3600系3両編成
だいぶ遅れてきました。
この日(の昼間?)は、松代駅で行き違いを行うダイヤで、3500系2両編成と3600系3両編成の2本で運転されていました。
P3310095

・1番線に停車中の「ゆけむり」
元小田急10000系(HiSE)です。
こんな所に来ていて驚きました。
臨時列車としてここに来て、休憩用として利用し、夕方戻って行ったようです。
P3310127 P3310090
P3310109

・駅舎の中
記念切符(たぶん)を買い求める客で、窓口前にずらっと駅の外まで続く長い列が出来ていました。
P3310098

・駅舎の外観
P3310106

・駅舎の前に置かれていた「汽車ポッポ」の石碑
明日からはここにはもう列車は来ません。
P3310114

・代行バスのバス乗り場
明日から運転される代行バスのバス乗り場です。
この近くに長野市の中心地に向かうアルピコ交通(川中島バス)のバス停があり、そっち方が本数が多かったです(昼間は30分間隔)。中心地に行くには電車よりもバスの方が便利だったようです。
P3310103 P3310116

次の定期列車で屋代線の終点・須坂駅に向かいます。

・3番線で須坂行を待っている人たち
P3310125 P3310126

やってきた列車は4枚目の写真と同じ元営団日比谷線の3600系3両編成。
待っている人は多かったですが、列車内はまだまだ余裕がありました。
屋代駅・須坂駅以外の駅はホームの長さが足りないようで、後ろ1両は締め切り扱いでした。
P3310129

左右それぞれについて最後にドアが開く駅を過ぎると、係員がやってきてドアの鍵と非常コック?を操作し、この張り紙を外していました。

|

« 長野電鉄の旅 (3) 屋代駅 | トップページ | 長野電鉄の旅 (5) 須坂駅 »

地域 - 甲信越」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - 廃線」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄の旅 (4) 松代駅:

« 長野電鉄の旅 (3) 屋代駅 | トップページ | 長野電鉄の旅 (5) 須坂駅 »