« 長野電鉄の旅 (2) 上田→屋代 (リバイバル志賀1号) | トップページ | 長野電鉄の旅 (4) 松代駅 »

2012/04/21

長野電鉄の旅 (3) 屋代駅

長野電鉄屋代線の始発駅・屋代駅です。しなの鉄道との乗換駅でもあります。

ホームは3面。駅舎に面した1面とその隣の1面がしなの鉄道用、奥の1面が長野電鉄用です。
長野電鉄用のホームは島式ですが、片側しか使用されていませんでした。
駅舎・改札口は共用で、乗り換え改札もありませんでした。

屋代駅まで乗ってきた「リバイバル志賀1号」は真ん中のホームの2番線に到着。

・真ん中のホームから見た長野電鉄のホーム
P3310018 P3310019

・真ん中のホームから見た駅舎
P3310016

最終日だけあって賑わっていました。
数分後に発車する長野電鉄の列車があり多くの人はそれに向かっていたのですが、それには乗らずに一旦改札の外に出る事としました。

・駅舎に面したホームから見た「リバイバル志賀」と長野電鉄ホーム
P3310026

・長野電鉄の列車の見送り
P3310029

・駅舎内
P3310039 P3310044
P3310035 P3310033

駅舎内ではグッズや、峠の釜飯でおなじみのおぎのや製造の記念弁当を売っていました。
この日の昼食は、記念弁当と同じ所で売っていた1つ100円の「おやき」にしました。
2012033112240000

駅前の商店街で写真展をやっている旨のポスターが貼られていましたが、この日は土砂降りで風も強く、途中まで行って引き換えして来ました。
駅前には千曲市循環バスが停まっていました。姨捨駅行があった。
P3310040

12:52発の長野電鉄の列車(臨時)に乗るために改札口を入り、長野電鉄ホームに向かいます。

・駅舎に面したホームに掲げられていた横断幕
P3310045

・跨線橋の入口
P3310047

・跨線橋
真ん中のホームから先の長野電鉄線ホームへの跨線橋部分はなんと木造でした。
P3310051

・長野電鉄ホームの屋根
これも木造でした。
長野電鉄のホームは時代から取り残されたかのようなホームです。
P3310061

・屋根にぶら下がっている駅名票
字が薄くなっていて見難いです。
P3310066

・時刻表と木造の待合室
P3310070

・12:52発の須坂行臨時列車
元営団日比谷線の3500系 2両編成でした。
幕が取り付けられていましたが、前後で違う幕でした。
P3310063
P3310072 P3310074

・車内の路線図
P3310076

|

« 長野電鉄の旅 (2) 上田→屋代 (リバイバル志賀1号) | トップページ | 長野電鉄の旅 (4) 松代駅 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

地域 - 甲信越」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - 廃線」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - 私鉄公営 - 甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄の旅 (3) 屋代駅:

« 長野電鉄の旅 (2) 上田→屋代 (リバイバル志賀1号) | トップページ | 長野電鉄の旅 (4) 松代駅 »