« 40 | トップページ | 海鮮ゴルフ居酒屋 »

2012/02/25

医療費

「医療費のお知らせ」が来ました。

結構かかっているなと思いました。(医療費の総額では6桁)。
若い頃はゼロで「医療費のお知らせ」自体が来なかったのですが。
健康が維持されるのが一番です。

病院から請求される医療費の中で、いつも疑問に思うのが「医学管理費」。初診・再診料よりも高い。2250円とか。
最初は付かないのに、同じ病気で何ヶ月か通っているとこの費用がかかってくる(模様)。
「いったい何を管理してくれているのだろう?」と思う。定期的に医者がカルテを確認して「問題ないか?」等管理してくれているのだろうか?? そんな事をしてくれている感じには見えないです。(病院によってはやっているのかもしれませんが)
「管理」というからには1ヶ月xxxx円といった日月単位で算定するのが適切なように感じるが、そうでもなく病院に行くごとに同じ額が請求される(模様)。なぜ???。

「管理」という意味では、初診のほうがカルテを作ったり病院によってはコンピュータに登録する手間がかかると思います。
また、自分の場合、毎回ほぼ同じ診療・投薬なので、医者の診断の手間や診察時間は、初診や新たな病気にかかったときに比べると明らかに少ないです。それなのに、なぜ、初診の時よりも医療費が高いのか? 「ちょっと高い」ではなく、初診料・再診料の倍以上(総額では3倍以上)と、結構な差です。
逆の見方をすれば、初診時の医療費が安すぎるように感じます。
不公平感を感じ、いまいち納得できない所です。

|

« 40 | トップページ | 海鮮ゴルフ居酒屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

医療費の年間総額が6桁ということは、医療控除の対象になりえる?

管理料ってのは薬剤師や調剤薬局にも算定されますけど、
患者さん目線でなく、医療者目線の制度設計だったりする。
病院にこういう施設や人員が配置されていれば○○点とか、
基準に適合する治療を行ったら管理料○○点が取れるとか(糖尿病患者なら管理料○○点とか)、
それが医者や病院の収入になったりする。
収入を増やしたいから点数が取れることを行って、
医療保険の制度で正当に収入を得る。
ただそのうち1~3割は患者から徴収されるという…。
グレーゾーンもあったりする。
点数表を見れば仕組みは分かるとは思いますが、
患者さんから見たらあまり納得できないかも…。

4月に診療報酬の改定がありますが、
やっぱり医療者目線の設計なんですよね。

あ、お誕生日おめでとうございました。

投稿: ふく | 2012/02/26 19:25

>> ふくさん

> 医療控除の対象になりえる?
考えた事もなかったけど。そういう控除もありえたのか...。領収書とか残しておいた方がよいのかな?

医療費は、医者がかかるコストと医療点数の対応関連にバランスが取れていたら別に文句はないんですけどね。もっとも、素人の私にとっては、何がどれぐらいコストがかかるのかは本当の所分からないですが。
血液検査とか、検査項目の数によって結構点数に違いがあるように思うのですが(沢山検査すると1000点とか)、素人感覚では「血液を採取する」という行為自体に最大のコストがかかり、検査項目の数はあまりコストには関係しないのでは? と思ったりします。

あ、誕生日のお祝いメッセージありがとうございました。

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2012/02/28 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療費:

« 40 | トップページ | 海鮮ゴルフ居酒屋 »