« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の24件の記事

2011/10/23

彦根城とその周辺 (6) 周辺

以下は彦根城の無料エリアです。

・馬屋
P9230138 P9230139

糞の始末をする穴でしょうか?
P9230140

・佐和口多聞櫓
彦根城の他のところは賑わっているのにここだけは客が少なくてひっそりとしていました。
P9230143 P9230163

中の展示物
P9230149 P9230153

中から見た堀
P9230150

・開国記念館
入口の前でひこにゃんが横たわっていました。
P9230157 P9230159

彦根の歴史を紹介する展示室と、企画展示室がありました。
中は一部を除いて撮影禁止で、ここだけ撮影可能。
P9230160 P9230161

・佐和口多聞櫓と開国記念館の間
P9230158

以上です。
なんだかんだで彦根城博物館の見学開始から周辺施設の見学まで3時間半ぐらいかかりました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦根城とその周辺 (5) 玄宮園

彦根城の黒門近くにある大名庭園です。
彦根城の入場券で入れます。

P9230129 P9230133
P9230135 P9230137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦根城とその周辺 (4) 彦根城

いよいよ彦根城へ。
表門から天守閣に向かいます。

門を入ると長い上り坂(表門山道)
P9230044

ぜいぜいしながら坂を登りきると天秤櫓の下に。
橋がかかっており、ぐるっと周って橋を渡らないと天守閣に行けない構造になっています。いざという時は橋を壊して相手の侵入を防ぐとの事。
P9230047

ぐるっと周って天秤櫓の橋を渡って天守閣に向かう。
P9230050 P9230053

天秤櫓の橋の上から見た表門山道。
P9230055

天秤櫓の中では特別展「甲冑でみる武将たちの関ヶ原」をやっていました。
武将によってずいぶんデザインが違ったんですね。ファッションみたいなものでしょうか。
P9230056 
P9230062 P9230068 P9230057

さらに上ります。
P9230071

太鼓門櫓。
P9230072

やっと天守閣に到着。
P9230073

「えっ! 30分待ち?」
実際には10分待ちぐらいで入城できました。が、中は恐ろしく急な狭い階段しかなく、階段を登る列や降りる列が出来ており、入ってから出てくるまでに30分以上かかりました。

城の中。
P9230082 P9230084

城の中に飾ってあった絵。
P9230106

意外と小さい城だなと思いました。
城は小さいですが、城がある場所がかなり高いので、城の中からの眺めはよかったです。
金網が張り巡らされているため、残念なことに自分のカメラでは金網も写ってしまいます。

天守閣の別アングルからの写真。
P9230107 P9230120

西の丸三重櫓とその中。
P9230116 P9230117

彦根城各所からの風景
P9230090 P9230091
P9230092 P9230118
P9230108 P9230098 P9230110

帰りは黒門の方に降りました。
表門と比べると石畳がごつごつしており、ビジネスシューズを履いていたので下りづらかったです。
P9230124

黒門を堀の外から見た所。
P9230126

25年ぐらい前に彦根城博みたいな感じのものが開催されていた時に家族で来た事があるのですが、「前に一度来た」という記憶が全く蘇ってこず。あれ? って感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/22

彦根城とその周辺 (3) 彦根城博物館

彦根城に入る前に「彦根城博物館」に行きました。
彦根城の表門の入場口の隣にあり、彦根城とのセット券も売っていました。

P9230027

彦根藩庁として建っていた「表御殿」を復元したとの事。
3分の2ぐらいが展示室で、3分の1ぐらいは当時の「表御殿」を再現した部屋になっています。

展示室は、彦根藩の大名道具を中心に展示しているとの事。

・能舞台
建物の真ん中にあります。観覧席が作られており、能舞台を使ったステージイベントが開催できるようになっていました。
P9230031

・当時の復元部分
庭園も作られています。
P9230038 P9230039
P9230041 P9230037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/20

Z伝説 (ももいろクローバーZ)

この所、ももいろクローバーZの「Z伝説 ~終わりなき革命」が頭のでローテーションしています。
先々週ぐらいにHEY!HEY!HEY!で見るまでこの歌を知らなかった。

PVに出てくる扇の組体操はライブでもやるんですね。
よくこんな激しい踊りができるなぁと思いました。

どうでもよい事ですが、小学生の時の組体操のピラミッドはいつも1番上でした。背の順で1番前か2番目で痩せていたので。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/10/16

どん兵衛渋谷駅ナカ店

渋谷駅の山手線外回りのホームにある「どん兵衛渋谷駅ナカ店」に行きました。
日清食品のどん兵衛シリーズを食べられる店です。関東地方では通常販売していない西日本向けの商品も食べられます。
1つ200円。どん兵衛単体の市中価格と比べると高いですが立ち食いそばよりは安い。

2011101617350000

何にしようかいろいろ迷って、結局「どん兵衛きつねうどんの北海道限定」を頼みました。
西日本向けは食べたことあるし...。

店員がお湯を入れてくれて、砂時計と共に渡されました。
2011101617190000

5分待つ間に店内を撮影。
2011101617190002 2011101617210000

出来上がり。
2011101617250000

パッケージに利尻昆布使用とあります。一般的には西日本は昆布出汁、東日本はかつお出汁といわれていますが、北海道って西日本と同じ昆布出汁なの?

食べている時に持ち帰りで何人かの人が買って行きました。関東在住の関西出身者だったりするんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦根城とその周辺 (2) ボンネットバス

彦根駅から「彦根ご城下巡回バス」に乗って彦根城に行きました。ボンネットバスで運行されています。
彦根駅~彦根城は歩ける距離ですが、ボンネットバスに乗ってみたかったもので。1度東海バスの「伊豆の踊子号」に乗っていますが。

・彦根駅で撮影 (行き)
P9230009

・彦根駅で撮影 (帰り)
P9230167 P9230168

・車内
P9230021 P9230166
P9230016 P9230012

運転手さんの他にガイドが乗っていました。ガイドはバス会社の社員ではなく観光協会とかボランティアとかそんな感じの人でした。
お客さんは少なく、途中乗客が自分1人になった事もありました。3連休中で彦根城では入場待ちがあったぐらいなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/15

彦根城とその周辺 (1) 彦根駅

9月23日、彦根城に行きました。

まずは彦根駅から。
彦根駅は橋上駅舎で、駅舎の西端から彦根城が見えます。
P9230001

よく見えない?
ズームイン!
P9230002

西口には彦根藩初代藩主の井伊直政の銅像があります。ミニチュアの彦根城付き。
P9230004 P9230006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口千里さん (ドラマー)

何気なくYoutubeで女子中高生らしき人のドラム演奏のビデオを開いてみたら、どうせ下手なんだろうなと思って...

上手すぎてびびってしまった。

川口千里さんという方で、四日市在住(出身は名古屋市)の中学生だそうな。プロでもあるみたい。

ん? 四日市!!! 自分は四日市出身なので、四日市にこういう人がいたのかとそういう点でも驚き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/10

缶ビールの空き缶が並ぶ店

2011101013370001

寿司ネタとかを入れるケースのようだが...。
店の名前は失念。(平塚駅近くの洋食を中心とした店です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

列車 VS 電車

戸塚駅の下りホームでの光景。

2011101012490000_2

東海道線は「列車がまいります」、横須賀線は「電車がまいります」でした。
何で違うんだろう?
東海道線は電車以外も走っているから? と思ったのですが、今は定期列車では電車しか走っていなし、昔から戸塚駅には電車しか停まらなかったり。

同じ時刻発の東海道線と横須賀線。大船駅までの勝負は東海道線が勝利でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイゼリア「ミラノ風ドリア」

サイゼリアで初めて「ミラノ風ドリア」を食べました。
サイゼリア自体2回目ですが...。

2011100914130000

ミラノ風ドリア 299円 + セットプチフォッカ 69円 = 368円
... 安い昼食でした。

期待していなかったけど意外にも美味しかった。

これだけでは足りないかな? と思ってメニューを見たが、副菜に相当するものがミラノ風ドリアとあまり変わらない値段がして、メインと変わらない値段のものを頼むのはどうなのか? と思って頼むのを止めました。

隣の親子連れの所にでっかいサラダが運ばれてきて、自分とその隣に座っていた女子高生2人連れが同時にそっちに目線がいってました。
「あれはなんだ? あれはいくらなんだ?」と思ってメニューを見て確認して閉じたら、隣に座っていた女子高生も同じ行動して笑った。
小エビのカクテルサラダ 459円でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

御座船 安宅丸

船の科学館から時折見えたこの船...
P9180013 P9180073

団体向けの船なのかなと思っていたのですが、発着している場所(青海桟橋)に行ってみると、東京観光汽船が運航する一般向けの観光船「御座船 安宅丸」でした。日の出桟橋と青海桟橋の間をお台場の南端あたりまで寄り道して結ぶ路線で片道大人1000円。同社の他路線よりも高めです。
折角なので、青海桟橋 → 日の出桟橋 の区間を乗船しました。

青海桟橋では係員が1人しかおらず、乗船券の販売、乗船者の整理、船が接岸する時に船から投げられたロープを桟橋側の出っ張った所に引っ掛ける作業 を全て1人でこなしていました。1人だけでやるのはあまりよろしくないように思いましたが。

船が入港してきました。
P9180191

船の中に入ります。
凝った作りの船内でした。
P9180198 P9180201
P9180213 P9180203
P9180204 P9180209

生ビールや枝豆、唐揚げを持っている人がいたので「自分も生ビールを飲もう」と思って売店に行きましたが、小さいプラスチックの入れ物なのに600円もしたのでやめました。

船の科学館を背にしながら出航...
P9180217 P9180219
P9180221 P9180224

まずは南のほうに向かいます。
P9180227 P9180232

羽田空港に着陸しようとしている飛行機も見えます。
P9180240 P9180246

引き返して北に向かいます。
P9180252 P9180271 P9180278 P9180275

東京スカイツリーも見えました。
P9180270

レインボーブリッジをくぐります。
P9180282 P9180285
P9180287 P9180293
P9180294 P9180299

晴海埠頭が見えました。
P9180301

東海汽船のジェットフォイルとすれ違い。
P9180305

レインボーブリッジの方を振り返ります。
P9180311 P9180307

月島埠頭には東京海洋大学の船が泊まっていました。
P9180312 P9180314

東海汽船のジェットフォイルが過ぎ勢いで追い抜いていきました。
P9180321 P9180322
P9180323 P9180324

日の出桟橋付近では東京都観光汽船の他の船が入出航。
P9180328 P9180330

日の出桟橋に到着後船から降りる前に撮影した東京タワー。
P9180341

日の出桟橋での「御座船 安宅丸」。
P9180344

青海桟橋を出航したのは17:10で日の出桟橋に到着したのは17:50頃。
出航した時はまだ日が照っていて明るくて暑かったのですが、日の出桟橋に到着した頃には日が沈んで薄暗くなっていました。
なかなか良い景色が見られた船旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/09

さよなら?船の科学館 (8) ごきげんよう!

P9180157

(完)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら?船の科学館 (7) 屋外展示

・深海用有人潜水具「JIM」 (模型)
P9180010

・戦艦「陸奥」の主砲
P9190110

・ロシア装甲巡洋艇「アドミラフ・ナヒーモフ」の主砲
P9190117

・千葉県九十九里の木造漁船
昭和40年代の漁船との事。
P9190111

・大型スクリュープロペラ
P9190115

・海底ハウス「歩号一世」
1968年から3年間海に沈めて実験したとの事。
P9190118

・深海潜水艇「PC-18」 (模型)
P9190124 P9190127

・潜水調査船「たんかい」
P9190128

・半没水型双胴実験船「マリンエース」
P9190138 P9190133

・超伝導電磁推進装置
1989年に建造された超伝導電磁推進実験船「ヤマト1」に搭載されたもの。東芝製と三菱重工製の2基が搭載され、これは東芝製との事。
P9190136

・長崎県の大瀬埼灯台
P9190114

・三重県の安乗埼灯台
P9190120

・笹川良一初代会長関連
P9190116 P9190121
P9190122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら?船の科学館 (6) 本館展示

本館展示です。

・シンボルホール
P9190011 P9190062

・船のあゆみコーナーの模型
P9190016 P9190023

・水槽実験装置
P9190028

・三菱UEディーゼル実験機関
これを先に設置してから本館の建物を建設したそうです。
P9190038 P9190045

・IHIのガスタービンエンジン
P9190051

・船の断面
P9190055

・造船所の模型
P9190057

・テクノスーパーライナーの模型
開発したものの燃費がかかりすぎて事実上実用化されなかったやつですね。
P9190060

・海を開く(海底)コーナー
技術的に実現できてても、経済の発展度合を考えると需要がないように思います。テクノスーパーライナーと同じように。
P9190061

・コンテナ船の模型
P9190065

・浚渫船「雲取」の模型
以前行った「第60回東京みなと祭」で一般公開されていて乗船しました。船の下がこんな感じになっていたとは、驚きました。
 → 関連記事: 第60回東京みなと祭 (2) 雲取 (2007/5/23作成)
P9190069

・戦艦大和の模型
P9190072

・空母瑞鶴(戦前~戦中に日本海軍で使用され空母)の模型
現在の米軍の空母と形が違いました。カタパルトのような装置はなく、通常の空港と同じように飛行機の力だけで離陸するのかなと思われました。
P9190075

・企画展「ごきげんよう! 船の科学館」での羊蹄丸出航風景の模型
羊蹄丸の青函ワールドのコーナーから持ってきたのでしょうか。以前来た時に羊蹄丸の中で見たような記憶も。
P9190082

企画展「ごきげんよう! 船の科学館」では、船の科学館の建設工事や開業~現在までの写真等が展示されていました。開業当時はお台場には他の建物も首都高速湾岸線もなく船の科学館だけがぽつんと建っている状態でした。お台場の発展が分かる写真でもありました。

撮影禁止だったので写真はありませんが「タイタニック」の企画展も開催されていました。

・海上保安庁「東京港内交通管制室」
船の科学館3Fの一角にあり、窓越しで中の様子が見えます。
節電中との事で港内図の所にあるディスプレイには何も表示されていませんが、係員の前に置かれていたパソコンのディスプレイには映像が映し出されていました。今の時代は手元のパソコンで自由に切り替えて見られるので、ああいった大きな固定的な表示板はもう必要とされないのかなと思います。
P9190084

・ラジコンコーナー
P9190086

・6Fの操舵室をイメージした展示
P9190091

・6Fの操舵室の外にある信号
実使用されているものと思われました。
P9190101

1Fで長々と見てしまった結果、閉館時間が近づいて他の階は急ぎ足で見る結果となってしまいました。以前来たときも同じパターンだったような。
なんだかんだで結構な量の展示物があり、見るのも結構疲れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/08

さよなら?船の科学館 (5) 企画展「日本の海 -まもるべき島々-」

ここから2日目。

1Fのオーロラホールで企画展「日本の海 -まもるべき島々-」が開催されていました。
P9190006 P9190004

こういうテーマの所で子供がはしゃぎまくっているのはどうなのか? という気もしましたが。

日本の領土問題を中心とした展示でした。
具体的には、竹島、尖閣諸島、北方領土、日本最南端の沖ノ鳥島 等。

竹島については、展示内容や流されていたビデオから判断すると、過去の経過から日本の領土で間違いないと思いました。韓国側の主張は強引で辻褄が合っていないかと。
竹島は現在韓国によって建物が建設され、武装警官隊が常駐して日本が入ってこないように警備しているとの事。言ってみれば韓国により占領されている状態です。
なんだか酷い話だなと思いました。日本の対応も弱腰すぎるように思いました。もし日本が普通の国なら(或いは日本が他の国なら)... と思いました。

尖閣諸島については、昨年の中国漁船の問題時にニュースでよく出てきた「中国(当時は中華民国)が日本に送った感謝状」が展示されていました。確かに「日本帝国沖縄縣八重山郡尖閣列島」と書かれていました。
P9190002

海上保安庁の紹介コーナーもあり、銃撃戦みたいな事をしているビデオが流されていました。「尖閣列島の中国漁船のビデオが流されているのか!」と思いましたが、「北朝鮮工作船」の時のビデオでした。北朝鮮工作船が展示されている横浜の海上保安資料館横浜館で流されているものと同じであった模様。
そう言えば、尖閣列島の中国漁船の映像の後半は結局流されていないですね。前半のビデオ流出により中国漁船の問題はもう終わってしまったかのように何も報じられなくなってしまったように感じます。あの問題はその後どうなったんだろう...。解決?

中々勉強になる展示でした。
領土問題について積極的に問題提起しており、海上保安庁が大きく協力しており、民主党政権下らしくない展示だなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/02

さよなら?船の科学館 (4) 展望室

本館の展望室に行きました。
船の科学館は3回来ていますが、展望室に行ったのは初めてでした。

展望室からの眺め
P9180185 P9180184
P9180182 P9180163_2
P9180177 P9180178
P9180168 P9180173

建設中の東京ゲートブリッジが見えました。
P9180179

船の科学館のプール
P9180161

1日目はここまで...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら?船の科学館 (3) 南極観測船「宗谷」

初代南極観測船「宗谷」です。

1936年: 川南工業がソ連向けの耐氷型貨物船「ボロチャエベツ」として建造開始 (ソ連に引き渡されず)
1938年: 辰南商船の貨物船「地領丸」
1940年: 海軍の特務艦「宗谷」
1945年: 船舶運営会の引き揚げ船「宗谷」
1949年: 海上保安庁の灯台補給船「宗谷」
1956年: 海上保安庁の南極観測船「宗谷」
1962年: 海上保安庁の巡視船「宗谷」
1978年: 退役
1979年: 船の科学館で公開開始
という複雑な経緯をたどっています。
→ 参照: 日本財団HP「船の科学館 資料ガイド3 南極観測船 宗谷」

・外観
P9180016 P9180154
P9180084 P9190143

・船首
P9180097

・船内図
P9180121

・士官食堂とその配膳室
P9180104 P9180107

・機関長室
P9180105

なぜイケメン? 本当にスーツ姿で乗務していたのだろうか?

・各種部屋
P9180113 P9180115

・風呂
P9180109

・調理室
P9180122

・治療室
P9180130

・通信室
P9180135

・エンジン
P9180119

・ブリッジ
P9180136 P9180139
P9180137

・救命ボート
P9180147

・甲板
P9180153 P9180151

・スクリューの展示
P9180111

・船の科学館本館とその展望台から見た羊蹄丸
P9190096_2 P9180163

「宗谷」の公開は10月以降も継続されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら?船の科学館 (2) 青函連絡船「羊蹄丸」

青函連絡船「羊蹄丸」です。

1998年の青函連絡船廃止後、イタリア・ジェノヴァ国際博覧会での日本館パビリオンを経て、1996年から船の科学館で公開されていました。
9月末で公開を終了し、他法人への無償譲渡に向け譲渡先審査中との事。今の場所に留まったままで別法人によって公開されるのかもしれないし、他の場所に移されるのかもしれないし、譲渡先が決まらなければ解体されるかもしれません。

ジェノヴァ国際博覧会の時にだいぶ改装されてしまったのか、青森港や函館港で保存されている青函連絡船の他の船よりも当時の面影が残っていません。

・近くで撮影した外観
P9190146 P9180021
P9180026 P9180093
P9180091

・外に展示されているスクリュー
P9180027

・船体のシンボルマーク
P9180029

・煙突のJNR(国鉄)マーク
P9180030

ちなみに青函連絡船廃止時はJR北海道でした。

・乗船口付近から見た外観
P9180031

・船内の案内図
P9180033

・シー&シップワールド
P9180034 P9180036

ディスプレイに映し出された魚とか...。羊蹄丸とは何の関係もない展示です。

・青函シアター
P9180038

青函連絡船を紹介する2時間の作品が放映されていました。船の科学館が作ったわけではなく、どこか他の会社が作った映像のようでした。
なかなか良い作品でした。
1時間45分ぐらい(入ったときに放映されていた部分から作品の最後まで)観てしまいました。

船の科学館の売店で買った「船の科学館資料ガイド 青函連絡線羊蹄丸」(平成13年発行)では「マジカルビジョンシアター」となっており、青函連絡船とは何の関係もないファンタジー作品が放映されている事になっています。そんな作品をここで観たいという人は少なく、長くは続かなかったんでしょうね。

・青函ワールド
昭和30年代の青森駅とその周辺をジオラマで表現したエリアです。
本当にこんな感じだったのかなぁ? という疑いの目を昭和40年代後半産まれの自分は思ってしまいます。
この日は来客者が多く、人形だと思って見ていたら人間だったなんて事も。

P9180043 P9180062

・青函ワールド内の車両展示エリア
ディーゼル機関車DE10と客席スハフ14が1両ずつ置かれています。
車両を撮りたいと思う人にとっては、撮影しずらい置き方(全体を写せない)と照明です。
この車両は今後どうなってしまうのだろう? 船は残っても車両は解体されてしまうかもしれないし。
P9180057 P9180053

・青函連絡船で使用していた用具等の展示
P9180065

・エンジン
P9180067

・羊蹄丸の歴史を主に写真で振り返る特別展の会場
P9180069

・甲板上
P9180087 P9180076

・ブリッジ
P9180077 P9180078
P9180079 P9180081

・ブリッジから見た船首
P9180082

・船の科学館本館とその展望台から見た羊蹄丸
P9190099 P9180166

・羊蹄丸と宗谷
P9180012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/01

さよなら?船の科学館 (1) はじめに

9月18日と19日、お台場の船の科学館に行きました。

船の科学館は9月末で一部を除いて休止となりました。
具体的には、
・本館展示 : 休止
・青函連絡船 羊蹄丸 : 廃止 (他法人への無償譲渡に向け譲渡先審査中)
・南極観測船 宗谷 : 継続
・野外展示 : 継続
・各種体験教室: 継続
※ プールは2008年に営業終了済み

船の科学館は日本財団(競艇の収益金を元に運営している団体)が運営に関わっています。競艇の収益が悪化して運営費の補助をする余裕がなくなってきたのかな? と勝手に予想しました。

行った日が2日に渡っているのは、1日目で全て見切れなかったからです。2日目もゆっくり見ているうちに営業終了時間が来てしまい、最後の方は急ぎ足で見ました。
両日とも入場したのが午後だったという事もあります。こういうのは朝早くから行くべきなのでしょうか。

P9190001 P9180005
P9180008

・建物に描かれていたマーク
P9190131

Boat House ...
なぜこの英単語を使うのかと。競艇が関わっている事を物語っているように感じました。

・案内板
P9190140

・入場券売り場
P9180011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らあめん花月嵐「嵐げんこつらあめん黒武者」

らあめん花月嵐で期間限定製品「嵐げんこつらあめん黒武者」を食べました。

2011100115230000

店舗に貼ってある写真やHPに載っている写真では「生卵」が入っているように見えましたが、実際に入っているのは「半熟味卵」でした。店内に置いてあるチラシにも「半熟味卵」と記載されていました。

スープがこげ茶色で、麺が染まっていました。
何を入れたらこんな色になるのだろう? 赤味噌のようにも感じましたがやっぱり違うような気もするし。
味は美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BARCA浜松町店「並ナポリ」

JR浜松町駅の南改札を出てすぐの所にあるBARCAという店で昼食を食べました。

夜はハイボール専門店のようですが、昼は「ナポリタン」「ミートソース」「カレー(をかけたスパゲッティ)」といくつかのトッピングを売っていました。
並・大・ジャンボのサイズがあり、並でも他店の大盛ぐらいある旨が謳い文句として提示されていました。

並ナポリを注文。

2011091913090000

ん... 確かに量が多い。
この半分ぐらいで十分な感じです。
なんとか完食しました。

大やジャンボを頼んだらどんだけ~量が出てくるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋駅の駅弁「特製とり御飯」

名古屋駅の松浦商店の駅弁「特製とり御飯」です。

2011091621020000 2011091621030000

鶏のそぼろ、卵のそぼろ、唐揚げ、チキンカツ、鶏の照り焼き、つくね、バンバンジー、卵焼き、うずら卵...

鶏ばっかりです。さすがに飽きました。
食べていて鶏以外のおかずが恋しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »