« さよなら?船の科学館 (4) 展望室 | トップページ | さよなら?船の科学館 (6) 本館展示 »

2011/10/08

さよなら?船の科学館 (5) 企画展「日本の海 -まもるべき島々-」

ここから2日目。

1Fのオーロラホールで企画展「日本の海 -まもるべき島々-」が開催されていました。
P9190006 P9190004

こういうテーマの所で子供がはしゃぎまくっているのはどうなのか? という気もしましたが。

日本の領土問題を中心とした展示でした。
具体的には、竹島、尖閣諸島、北方領土、日本最南端の沖ノ鳥島 等。

竹島については、展示内容や流されていたビデオから判断すると、過去の経過から日本の領土で間違いないと思いました。韓国側の主張は強引で辻褄が合っていないかと。
竹島は現在韓国によって建物が建設され、武装警官隊が常駐して日本が入ってこないように警備しているとの事。言ってみれば韓国により占領されている状態です。
なんだか酷い話だなと思いました。日本の対応も弱腰すぎるように思いました。もし日本が普通の国なら(或いは日本が他の国なら)... と思いました。

尖閣諸島については、昨年の中国漁船の問題時にニュースでよく出てきた「中国(当時は中華民国)が日本に送った感謝状」が展示されていました。確かに「日本帝国沖縄縣八重山郡尖閣列島」と書かれていました。
P9190002

海上保安庁の紹介コーナーもあり、銃撃戦みたいな事をしているビデオが流されていました。「尖閣列島の中国漁船のビデオが流されているのか!」と思いましたが、「北朝鮮工作船」の時のビデオでした。北朝鮮工作船が展示されている横浜の海上保安資料館横浜館で流されているものと同じであった模様。
そう言えば、尖閣列島の中国漁船の映像の後半は結局流されていないですね。前半のビデオ流出により中国漁船の問題はもう終わってしまったかのように何も報じられなくなってしまったように感じます。あの問題はその後どうなったんだろう...。解決?

中々勉強になる展示でした。
領土問題について積極的に問題提起しており、海上保安庁が大きく協力しており、民主党政権下らしくない展示だなと思いました。

|

« さよなら?船の科学館 (4) 展望室 | トップページ | さよなら?船の科学館 (6) 本館展示 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

交通 - 船」カテゴリの記事

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら?船の科学館 (5) 企画展「日本の海 -まもるべき島々-」:

« さよなら?船の科学館 (4) 展望室 | トップページ | さよなら?船の科学館 (6) 本館展示 »