« さよなら?船の科学館 (1) はじめに | トップページ | さよなら?船の科学館 (3) 南極観測船「宗谷」 »

2011/10/02

さよなら?船の科学館 (2) 青函連絡船「羊蹄丸」

青函連絡船「羊蹄丸」です。

1998年の青函連絡船廃止後、イタリア・ジェノヴァ国際博覧会での日本館パビリオンを経て、1996年から船の科学館で公開されていました。
9月末で公開を終了し、他法人への無償譲渡に向け譲渡先審査中との事。今の場所に留まったままで別法人によって公開されるのかもしれないし、他の場所に移されるのかもしれないし、譲渡先が決まらなければ解体されるかもしれません。

ジェノヴァ国際博覧会の時にだいぶ改装されてしまったのか、青森港や函館港で保存されている青函連絡船の他の船よりも当時の面影が残っていません。

・近くで撮影した外観
P9190146 P9180021
P9180026 P9180093
P9180091

・外に展示されているスクリュー
P9180027

・船体のシンボルマーク
P9180029

・煙突のJNR(国鉄)マーク
P9180030

ちなみに青函連絡船廃止時はJR北海道でした。

・乗船口付近から見た外観
P9180031

・船内の案内図
P9180033

・シー&シップワールド
P9180034 P9180036

ディスプレイに映し出された魚とか...。羊蹄丸とは何の関係もない展示です。

・青函シアター
P9180038

青函連絡船を紹介する2時間の作品が放映されていました。船の科学館が作ったわけではなく、どこか他の会社が作った映像のようでした。
なかなか良い作品でした。
1時間45分ぐらい(入ったときに放映されていた部分から作品の最後まで)観てしまいました。

船の科学館の売店で買った「船の科学館資料ガイド 青函連絡線羊蹄丸」(平成13年発行)では「マジカルビジョンシアター」となっており、青函連絡船とは何の関係もないファンタジー作品が放映されている事になっています。そんな作品をここで観たいという人は少なく、長くは続かなかったんでしょうね。

・青函ワールド
昭和30年代の青森駅とその周辺をジオラマで表現したエリアです。
本当にこんな感じだったのかなぁ? という疑いの目を昭和40年代後半産まれの自分は思ってしまいます。
この日は来客者が多く、人形だと思って見ていたら人間だったなんて事も。

P9180043 P9180062

・青函ワールド内の車両展示エリア
ディーゼル機関車DE10と客席スハフ14が1両ずつ置かれています。
車両を撮りたいと思う人にとっては、撮影しずらい置き方(全体を写せない)と照明です。
この車両は今後どうなってしまうのだろう? 船は残っても車両は解体されてしまうかもしれないし。
P9180057 P9180053

・青函連絡船で使用していた用具等の展示
P9180065

・エンジン
P9180067

・羊蹄丸の歴史を主に写真で振り返る特別展の会場
P9180069

・甲板上
P9180087 P9180076

・ブリッジ
P9180077 P9180078
P9180079 P9180081

・ブリッジから見た船首
P9180082

・船の科学館本館とその展望台から見た羊蹄丸
P9190099 P9180166

・羊蹄丸と宗谷
P9180012

|

« さよなら?船の科学館 (1) はじめに | トップページ | さよなら?船の科学館 (3) 南極観測船「宗谷」 »

交通 - 船」カテゴリの記事

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら?船の科学館 (2) 青函連絡船「羊蹄丸」:

« さよなら?船の科学館 (1) はじめに | トップページ | さよなら?船の科学館 (3) 南極観測船「宗谷」 »