« 風評被害という事にしようキャンペーン? | トップページ | 南武線の快速 »

2011/05/21

全国10の交通系ICカードが相互利用に同意

首都圏のSuica・PASMO、関西地方のICOCA・PiTaPa等全国10の交通系ICカードが相互利用サービスの実施に同意したとの事。平成25年春から開始するそうです。
http://www.pasmo.co.jp/news/press/20110518_release.pdf

これは嬉しいです。

実家の方(三重県・近鉄)ではPiPaTaが導入されているので、実家に帰る時にも使えることになります。
早く使ってみたいものです。

平成25年って何年だっけ? 2013年でした。2年後でまだまだ先の話でした。

首都圏の鉄道では8割以上の人がICカードを使っているように感じているのですが、実家の方(近鉄)では使っている人をあまり見かけません。2割もいないのではないかと。
首都圏では(ほぼ)全ての自動改札機が対応されておりIC専用の改札機が年々増えていますが、実家の方ではIC未対応の自動改札機がまだまだ現存しています。
PiPaTaは他のICカードのようにチャージして使う方法ではなく、利用した料金が毎月引き落とされる方式との事。これが首都圏よりも利用率が低迷している理由なのでしょうか。

|

« 風評被害という事にしようキャンペーン? | トップページ | 南武線の快速 »

交通 - 鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国10の交通系ICカードが相互利用に同意:

« 風評被害という事にしようキャンペーン? | トップページ | 南武線の快速 »