« 帰省土産 新幹線のぞみ号キットカット | トップページ | リニア・鉄道館の建設現場 »

2011/01/08

武豊線

帰省中の12月30日、父(元国鉄・JR貨物職員)が武豊線とJR東海のリニア・鉄道館の建設現場を見に行きたいとの事なので、車でですが一緒に見に行きました。

まずは武豊線。
JR東海の路線で、東海道線との接続駅「大府」と知多半島の東側の真ん中辺りにある「武豊」を結んでいます。
※ 注: 武豊の読み方は「たけとよ」。「たけゆたか」ではありません。

<武豊港駅跡>
かつては現在の武豊線の終点・武豊駅から先に線路が延びており、貨物専用の「武豊港駅」がありました。
跡地の一部が公園として整備され、当時使われていた転車台が保存されています。

・公園全景 (半景ぐらいか?)
「回転ポッポ台」の愛称は、個人的にはどうかと思いました。
Pc300015

・記念碑
Pc300001

・転車台
通常転車台は機関車の前後の向きを変えるために使用されますが、この転車台は貨車の向きを90度変えるために使用されていたとの事。敷地の配置の関係上必要だったようです。
駅廃止後土砂に埋まっていたものを小学生が見つけ、修復したとの事。
Pc300004

・腕木式信号機
Pc300012

・廃線跡と思われる公園の横の道
この道を真っ直ぐ進むと武豊駅にたどり着きました。
Pc300016

<武豊駅>
・駅舎と駅前広場
Pc300030

・JR東海管理の空き地
武豊駅から武豊港駅跡に向かってしばらくの間、「JR東海管理地」と書かれた空き地が広がっていました。廃線跡のようです。
Pc300027 Pc300024

<半田駅>
半田駅に隣接して「半田市鉄道資料館」があり、SL(C11)が置かれています。

・半田市鉄道資料館
開館日ではなかったため閉まっていました。
Pc300041

・SL (C11)
かつて武豊線で活躍したSLとの事。
Pc300033 Pc300034
Pc300038 Pc300040

・駅舎と跨線橋
駅構内にある跨線橋はJR最古(明治43年)との事。
Pc300043 Pc300045

・駅前にある「知多酪農発祥之地」の石碑
Pc300044

<亀崎駅>
・駅舎
「日本最古の現役駅舎」(明治19年)とされているとの事。(火災の経験があるのでそうではないとの見解もあり)
見た感じそんなに古さは感じませんでした。
Pc300050

| |

« 帰省土産 新幹線のぞみ号キットカット | トップページ | リニア・鉄道館の建設現場 »

地域 - 東海」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR東海」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武豊線:

« 帰省土産 新幹線のぞみ号キットカット | トップページ | リニア・鉄道館の建設現場 »