« 東武の業平橋駅が「とうきょうスカイツリー」駅に改称へ | トップページ | 東芝科学館 (2) 2F »

2010/12/28

東芝科学館 (1) 1F

12月23日、川崎市にある東芝科学館に行きました。

東芝科学館HPに記載されている通り川崎駅西口北82番乗り場から東急バスに乗車して東芝科学博物館バス停で下車。バス停の道路の向かい側が入口でした。
とはいっても東芝科学館専用の入口ではなく東芝研究開発センターの入口で、東芝科学館はその敷地内にあります。
守衛の人から東芝科学館見学者用のバッチを貰い、中に入ります。名前等を書く必要はありませんでした。(祝日だったからかもしれませんが)

・東芝研究開発センターの入口
Pc230002

・敷地内の国道1号線沿いに設置されている東芝科学館の看板
この日は国道1号線に面した門は閉まっていました。現在は年中閉めている雰囲気。かつては開けていたのでこの場所に看板が設置されているのかな?と予想しました。
Pc230005

・東芝科学館の入口
Pc230008

建物の1F~3Fが公開エリアです。
まずは1F。

・エントランスの地球スクリーン
Pc230013

・地球スクリーンの脇に置いてあったトウシバ犬の家
Pc230015

・超伝導実験
アテンダントのお姉さんが、ポットに入った液体窒素を四角の鉄にかけて(冷やして)動かすと....
浮いてます! 浮いてます! 浮いて円周を回っています。
Pc230021 Pc230023

びっくり!
「お前は本当に理系か?」と疑われてしまうかもしれませんが、これを見て目が丸くなってしまいました。その場に子供連れの家族を含めて10人ぐらいいましたが、その中で一番反応してしまったような。
館内ではちょっとした30分程度の見学ツアーを実施しており、その一環として実演しているのを横目で見ました。見学ツアーに参加するつもりは全くなかったのですが、何だか興味が沸き、そのまま見学ツアーに最後までついていってしまいました。

・超伝導を利用したリニアモーターカー関連の展示
Pc230025

・二輪走行ロボット
Pc230026 Pc230030

ロボットには無線LANが付いており、左の写真のアテンダントの横に写っているノートパソコン上で動かしているアプリケーションからロボットに指示を出しているようでした。
ロボットは2輪で立っています。曲がる時はロボットが傾斜します。よくバランスが取れるなと感心しました。
工場内での物の運搬で使用することを想定しているとの事。

1Fでは、その他に、発電所関連の展示や静電気実験装置がありました。

どうでもよい事ですが、トイレに設置されているエアータオルは三菱電機製でした。(東芝では作っていないからなのでしょか?)

|

« 東武の業平橋駅が「とうきょうスカイツリー」駅に改称へ | トップページ | 東芝科学館 (2) 2F »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - 川崎市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝科学館 (1) 1F:

« 東武の業平橋駅が「とうきょうスカイツリー」駅に改称へ | トップページ | 東芝科学館 (2) 2F »