« 遂に200歳突破! | トップページ | 九十九里浜 (2) 白子車庫を経由して帰宅 »

2010/08/29

24時間テレビ「みぽりんのえくぼ」

「ひどい母親だなぁ」と正直思いました。

病気になった妹ばっかりの面倒を見て、姉の事はほったらかし。
姉には、妹の病気が深刻であることを話していない。

いつになったら姉に話すとかと...
いつになったら姉に話すとかと...
いつになったら姉に話すとかと...

ずっと待ち続けていたのだが、いつまで経ってもその時がやってこない。
「姉が不機嫌になる」のは当たり前だ。

一言姉に話したら、解決する事なのに。
姉がそうだと知ったら、姉は母親が妹に付きっ切りであることに対して理解してくれたであろうし、妹にマンドリンを教えてあげていたかも。

最後の家族旅行*1 の前日に、父親が言おうとした所を食い止めて、母親が姉に「黙っていた事」を告白しました。
テレビ的には「美徳の告白場面」なのかな。
姉に言わなかったことの理由は「姉の行動などによって妹に気付かれないように」だったかな。
自分が姉ならそんな理由は素直に納得できない。「何で言ってくれなかったのよ!!!」と怒ります。言葉に出す事はしないかもしれないけど、内心は不快です。
素直に気持ちを切り替える事が出来る姉は人間が出来ています。

上記の事はこのドラマの主題ではない事だと思うのですが、
自分の中で最も印象に残りました。

*1: 残った3人で今後家族旅行に行く事はないのだろうか...。

|

« 遂に200歳突破! | トップページ | 九十九里浜 (2) 白子車庫を経由して帰宅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24時間テレビ「みぽりんのえくぼ」:

« 遂に200歳突破! | トップページ | 九十九里浜 (2) 白子車庫を経由して帰宅 »