« 「トランプをかする」と言う三重県民 | トップページ | 金賢姫氏帰国 »

2010/07/23

値引き板にまつわる失敗

閉店間近の某デパ地下での事。
催事出展している店で「100円引き」と書かれた板が置かれていました。
「全品100円引き」だと思い込み、ある商品を購入。

100円引のちょうどの値段を置き、商品を受け取り、帰ろうとしたら店員に呼び止められました。
「xxx円 (値引き前の値段)です」と。
この店員は値引き板が掲げられている事を知らないのかと思い、そう指摘した所、「100円引きはこの板の前に置かれている商品だけです」との事。

「あぁ~ 騙された!」
と思った。

でも、
・「全品100円引き」とは書かれていない
・板は2枚あり、それぞれ別の商品の列の後ろに確かに置かれている
・板の前の商品はどちらも「だいぶ前に作った」といった感じに見える (自分が買った商品は作り立て)

そう考えると、「全品100円引き」と思い込んだ自分が悪いのかな。
前に並んでいた何人かが自分と同じ(値引きされていない)商品を買っていたが、店員に呼び止められている人はいませんでした。「全品100円引き」と勘違いしたのは自分だけかも。

|

« 「トランプをかする」と言う三重県民 | トップページ | 金賢姫氏帰国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 値引き板にまつわる失敗:

« 「トランプをかする」と言う三重県民 | トップページ | 金賢姫氏帰国 »