« JAMSTEC横須賀本部一般公開 (5) 本部からの風景 | トップページ | 冷やしつけ麺 at G麺7 »

2010/06/15

世界の中心で、愛をさけぶ (ドラマ版)

スカパー!光の基本チャンネルでも見られるTBSチャンネルで、先週金曜日(6月11日)から平日23:00からの2本立てで「世界の中心で、愛をさけぶ」(ドラマ版) が放送されています。

金曜日と月曜日の放送は見ました。
だいぶ前の作品だと思っていたのですが、2004年・6年前の放送です。もの凄く昔というわけではありません。

1話だったかの最初で「17年前の高校生はウォークマン(記録媒体はカセットテープ)を持ち歩いていたが、今はMDプレイヤーを持ち歩き~」という旨のくだりがありました。
6年前は全盛だったMDが今や完全に廃れてしまったようなイメージがあります。17+6年前の「カセットテープ」の方がまだ健在です。

「世界の中心で、愛をさけぶ」、6年前の本放送時は毎週楽しみに見ていましたが、6年後の今見ても良いです。
本放送時に見ていた時は「緒形直人さんや桜井幸子さんが出てくる現在のパートはいらないじゃないの」(現在のパートに戻ってくると興醒める) と思っていたのですが、今回見て「現在のパート」はちゃんと意味があったんだなと思いました。

本放送時の頃のエピソード、
会社で、やや遅い時間(セカチューが放送されている時間帯だったかもしれない)に、自分より年上のある社員に「○○さんセカチュー見てる?」と聞かれた事があります。
それに対して「見てるよ。ああいうのに憧れるは。」と本音で答えました。
聞いた本人は笑っていましたが、近くにいたさらに2人の年上の社員が「何かを言いたそうな雰囲気」を醸し出しながら沈黙、聴こえなかったかのように黙々と作業を続けていました。
あの時何が言いたかったのか。「まだまだ蒼いな?」と言いたかったのかな。実際に蒼いの事実だろうし。
ふとその時の事を思い出しました。

「世界の中心で、愛をさけぶ」、小説・ドラマ版・映画版とありましたが、自分としてはドラマ版が圧倒的に一番好きです。
ドラマで使われるBGMも印象的で、見終わった後あのBGMが頭の中で流れてしまいます。

ちなみに、「世界の中心で、愛をさけぶ」の後、午前1時から「高校教師 (真田広之・桜井幸子版)」を3本立てで放送しています。
桜井幸子5時間アワーになってます。

|

« JAMSTEC横須賀本部一般公開 (5) 本部からの風景 | トップページ | 冷やしつけ麺 at G麺7 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ (ドラマ版):

« JAMSTEC横須賀本部一般公開 (5) 本部からの風景 | トップページ | 冷やしつけ麺 at G麺7 »