« 神前小学校の児童が御在所岳で校歌合唱 | トップページ | 横浜では雪が積もっています »

2010/03/04

政府が地域ごとに分けたGWの分散案

日本を5つのブロックに分け、ブロック毎に期間をずらして春と秋の2回5連休を作る政府の原案が、政府の観光立国推進本部の分科会で示されたとの事。
その替わり、憲法記念日・みどりの日・こどもの日・海の日・敬老の日・体育の日を休日から除外、その結果現状の5月のゴールデンウィークがなくなるようです。
5つのブロック分けは、「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸・信越」「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」との事。
→ asahi.comの記事: http://www.asahi.com/national/update/0303/TKY201003030479.html
---

5月のゴールデンウィークが無くなるのは嫌だな。これだけはなんとしても嫌だ。

地域ごとの分散した休日はあってもよいとは思うが、こういう日は年1回程度あれば十分で、それ以上分けるのはよろしくないように思う。
5つのブロック分けはなぜこの分割になるのか。人口比で調整したのかな? と思った。このブロック分けの中で、「北関東」と「南関東」を分けるのはよろしくないように思う。北関東から東京に通勤している人が大勢いると思われるが、そういう人の家庭にとっては親と地元の学校に通っている子供との間で休日が合わなくなり、連休の意味がなくなってしまうように思われる。そのような家庭は5連休期間中にレジャーには行けない。暇を持て余した東京通勤者によってパチンコ屋が賑わう経済効果があるぐらいか。

全国展開している大企業なんかはどうするのだろう。支社によって休日が違ってくるのはあまりよろしくないように思われるので、本社所在地或いは影響力の大きい地域(具体的には南関東)の休日に合わせる事になるのではないかと思う。大企業が取引先になるような中小企業なんかも、結局は大口の取引先の大企業の休日に合わせる事になるのではなかろうか。
そう考えると、結局の所は大半の企業が「南関東」の休日設定に合わせる事となり、ブロックごとの休日にきっちりと休みになるのは学校や公務員だけという事になったり、そういう姿が浮かんでしまいました。

|

« 神前小学校の児童が御在所岳で校歌合唱 | トップページ | 横浜では雪が積もっています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府が地域ごとに分けたGWの分散案:

« 神前小学校の児童が御在所岳で校歌合唱 | トップページ | 横浜では雪が積もっています »