« トヨタ・プリウスのブレーキ制御プログラム | トップページ | 薬疹が出た »

2010/02/14

地球市民かながわプラザ (あーすぷらざ)

2月11日、横浜市の本郷台にある「神奈川県立地球市民かながわプラザ (あーすぷらざ)」に行きました。

以前「京浜東北・根岸線での209系さよなら運転」を見に行った時に、本郷台駅から奇抜なデザインの建物が見えて気になりました。後で調べた所、首記の名前の施設で中に展示施設があるとの事だったので来てみた次第です。

これがその奇抜なデザインの建物です。
P2110001 P2110007

真ん中のドームの中は特に何もありません。(だったっと思う)
左側の塔の中にはエレベータがありますが、最上階に展望台があるわけではなく、右側の大きな円形の建物との間にある渡り通路の所の高さ(5F)までしか行けません。
展示施設を初めとした各施設(ホール等もある)は右側の建物の中にあります。
右側の建物以外は言ってみれば「無駄な建物」でバブル臭がしたのですが、バブルからだいぶ経った1998年の開館でした。

・左の写真: 塔の5Fから撮影した本郷台駅、右の写真:同渡り通路
P2110010 P2110015

・右側の建物の天井
P2110033

5Fの常設展示施設に入場します。有料(大人500円)です。
下記3つの展示室と映像ホールがあり、共通で入場できます。
・国際平和展示室
・こどもの国際理解展示室
・こどもファンタジー展示室

「国際平和展示室」は、3分の2ぐらいが「第2次世界大戦」に関する展示で、戦時中の軍人や庶民の持ち物が多く並べられていました。
自分の父方の祖父が軍人(陸軍)だったのですが、祖父も展示されているような物を持って戦争に行ってたのかな とふと思いながら見ていました。
戦時中の小学校低学年のテスト(生徒による解答が書かれている本物)も展示されていました。漢字の書き取り問題に「てんのう」があったりして、そういう時代だったんだなと思いました。
この部分は結構良かったです。
残りの3分の1は、現在の国際問題やNGOに関する展示でした。

「こどもの国際理解展示室」は、アジア各国の家屋や生活用具が展示されています。
結構お金がかかっているように見えましたが、遊び道具みたいな感じで展示されていてもったいないように感じました。「こども~」なのでそういうものなのかな。
P2110019
P2110021 P2110023

「こどもファンタジー展示室」は子供向けの遊び施設でした。15秒程度で退散。

一体運営されているこの3つの展示室の関連性が感じられませんでした。
なぜこの3つのテーマが選ばれたのか、どういう経過で選ばれたのか、気になる所でした。
入場客はそれなりにはいました。

|

« トヨタ・プリウスのブレーキ制御プログラム | トップページ | 薬疹が出た »

博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 神奈川県 - 横浜市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球市民かながわプラザ (あーすぷらざ):

« トヨタ・プリウスのブレーキ制御プログラム | トップページ | 薬疹が出た »