« 脱税推奨総理? | トップページ | 上野東照宮 (工事中) »

2009/12/15

「聖地チベット」展 (上野の森美術館)

12月13日、上野の森美術館で開催されている「聖地チベット -ポタラ宮と天空の至宝」展に行きました。

手が100本ある像とか、2階に上がった所の右側にある「挿入」している像とか、「へぇ」と思いました。
チベット仏教はあの地で古代からあるものと思い込んでいたのですが、そういうわけではなかったんですね。8世紀以降にインドから伝わったとの事。
やはりというか、ダライ・ラマ関連はダライ・ラマ1世の像があったぐらいでした。
また、「中国側がチベットに贈った」という像の展示が結構ありました。

その上野の森美術館の前で、「もう1つのチベット展」と題してパネルが並べられていました。
なんだか、そっちの方が真剣な眼差しで見てしまいました。
以前会社の人に薦められて「セブンイヤーズ・イン・チベット」という文庫本を読んだ事があり、チベット側に肩入れしてしまう所があります。
その中で気になったものは、
・展示されている美術品の多くは中国が略奪したもの
・次期ダライ・ラマは拉致され行方不明
・ダライ・ラマが認定したパンチョン・ラマは中国政府に拉致されて行方不明

「チベット展」も「もう1つのチベット展」も見終わってこの後どうしようかと考えていた所、どこからかチベットの方たち支持者たち(日本人)が集まってきて上野の森美術館前で「お経」を唱え始めました。後ろの方で「チベットの旗」を振っている人もいました。
警備員や美術館の職員と思われる人が監視していましたが、特に静止はされていませんでした。これがもし中国であったら逮捕されたりするんですかね。「日本は自由だな」なんて思いました。

その後、いろいろ回って上野公園内の「上野東照宮」に行ったのですが、上野の森美術館前で「お経」を唱えていた人達(上野の森美術館前よりも人数はだいぶ少なかった)がやってきて、本堂の前で「お経」を唱え始めました。チベット仏教のお経だと思います。
上野東照宮と宗旨・宗派が違うと思うのですが、構わないものなんですかね。
(般若心経だそうです)

.... とその時は思ったのですが、上野東照宮は神社で、そもそも仏教でさえなかった。

Pc130018

※12/16 ご指摘のあった誤り(コメント欄参照)修正。

|

« 脱税推奨総理? | トップページ | 上野東照宮 (工事中) »

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

地域 - 海外」カテゴリの記事

お出かけ - 寺・神社・教会」カテゴリの記事

コメント

チベット仏教は密教の影響を受けているそうなので、同じく密教系の天台宗である寛永寺とはつながりはあるのかもしれません(以前ダライラマ14世が比叡山を訪問したはず)。展示内容によると地元の神様を上手く取り込んだそうなので神社を敬ってもおかしくないのかもしれません。

投稿: yama-kei | 2009/12/15 06:38

> yama-keiさん

上野東照宮HPを見てきたのですが、上野東照宮は以前は寛永寺の一部だったんですね。
チベットのお経を行っていた団体のHPによると、実行委員の中に天台宗の寺の人(寛永寺ではない)が含まれていたので、そう考えると変ではないのかな。
清水観音堂、寛永寺開山堂等も廻っていたようです。
http://www.google.com/calendar/event?eid=dG5hOHZramc0dWVic2F0Y3BvcDl0bG5kNGNfMjAwOTEyMTNUMDYwMDAwWiBjb250YWN0QHNlaWNoaS10aWJldC5jb20&ctz=Asia/Tokyo

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2009/12/15 21:18

いくつか訂正を。

> ・次期ダライ・ラマは拉致され行方不明
おそらく「ダライ・ラマ」ではなく「パンチェン・ラマ」のことかと思います。
また、「次期」ではなく、今のパンチェン・ラマです。
彼は中国政府に拉致され、別の少年が中国政府により「パンチェン・ラマ」とされました。
彼(と彼の家族)の消息(生存を含め)は不明です。

> チベットの方たちが集まってきて上野の森美術館前で「お経」を唱え始めました。
全員、日本人です。
また唱えたお経は日本の般若心経です。
チベット展開催期間の土日15:00から上野公園内数カ所を巡りながらお経を唱えてますので、ご興味がありましたら是非ともご参加ください。

投稿: | 2009/12/16 01:06

>> ・次期ダライ・ラマは拉致され行方不明
> おそらく「ダライ・ラマ」ではなく「パンチェン・ラマ」のことかと思います。
> また、「次期」ではなく、今のパンチェン・ラマです。

ご指摘ありがとうございます。
「パンチェン・ラマ = 次期ダライ・ラマ」
と勘違いし、そのように記載しておりました。
今Wikipediaで確認してきたのですが、「次期」ではなく「2番目に地位が高い」方だったんですね。
記事を修正します。

>> チベットの方たちが集まってきて上野の森美術館前で「お経」を唱え始めました。
>全員、日本人です。

そうでしたか。
こちらも記事を修正します。

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2009/12/16 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聖地チベット」展 (上野の森美術館):

« 脱税推奨総理? | トップページ | 上野東照宮 (工事中) »