« めぞん一刻 | トップページ | 今年1年を振り返る »

2009/12/27

亀井靜香氏「天皇陛下は京都や広島にお住まいになってはどうか」

国民新党の亀井靜香氏が、12月24日に皇居で開かれた天皇陛下と閣僚との昼食会で、
「権力の象徴である江戸城(跡地)にお住まいになるのは立場上ふさわしくないのではないか。京都か広島にお住まいになってはどうか」
と陛下に一方的に申し上げたそうです。
陛下は返答は避けつつ「京都は好きです」と答えたそうです。
(共同通信 12月27の発信記事 より要約)

ダム版に飛ばされるのかと思ったのですが本当でした。

「天皇陛下を皇居から追い出してあの場所を再開発したいのかなぁ~」と思いました。

言われた陛下は困っちゃいますね。
現在の象徴である立場の天皇陛下は返答する事ができない質問だと思います。返答したら「戦前の天皇が支配していた時代を髣髴させる」と内外含めて問題になりそうです。
亀井氏に不快感を示す事も恐らくできないし、今後の昼食会への亀井氏の出席を拒否する権限もない。
陛下へのいじめに近い発言だと思います。

結構な問題発言だと自分は思います。
年末になりニュース番組の時間が短縮されている時期なので、批判される機会が少なくラッキーなのかな?
そんな事なしにスルーで、問題と感じるのは自分ぐらいなのか。
この前記事に書いた「脱税推奨総理」もほぼスルーだったからなぁ。
ちなみに違法こども手当てはボランティアに寄付せずに納税したようです。

<おまけ>
・亀井靜香氏の公式Webサイト
 → http://www.kamei-shizuka.net/
何らかの組織に乗っ取られたサイトを開いてしまったのかと一瞬思いました。

|

« めぞん一刻 | トップページ | 今年1年を振り返る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀井靜香氏「天皇陛下は京都や広島にお住まいになってはどうか」:

« めぞん一刻 | トップページ | 今年1年を振り返る »