« 黄金の都シカン展 (国立科学博物館) | トップページ | 上野の清水観音堂 »

2009/10/18

日本を明るくした男たち展 (国立科学博物館)

10月11日、上野の国立科学博物館で開かれている企画展「日本の科学者技術者展シリーズ 第8回 日本を明るくした男たち -近代化を支えた電気のエンジニア-」に行きました。
電気学会の後援で、東芝が主に協力しています。
通常の入館料で見学可能で、11月29日までの開催。

電灯の歴史や、創成期に日本の電気の発展に貢献した偉人に関する展示が中心です。
その他、1890年に上野公園で開かれた内国勧業博覧会で日本で初めて電車を走らせた時の事等が展示されていました。

一応電気科卒業の自分としては、これが結構良かったです。
電灯の事がよく解りました。

Pa110026

・アーク灯点灯実演
初期の電灯です。日に何回か実演されます(実演されるのは当時のものではありません)
写真では分かりませんが、蛍光灯が切れかけた時のようにちかちかと点滅していました。
Pa110008

・東海道新幹線のモーター
Pa110022

地球館の常設展示にも関連する展示があるよ... との事なので寄ってきました。

・エジソンダイナモ
エジソンが開発した直流発電機で、明治20年から東京電燈で使用されていたものとの事。
Pa110030

・ブラッシュ単相交流発電機
明治20年代から東京電燈で使用されていたものとの事。
Pa110031

|

« 黄金の都シカン展 (国立科学博物館) | トップページ | 上野の清水観音堂 »

交通 - 鉄道 - イベント」カテゴリの記事

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本を明るくした男たち展 (国立科学博物館):

« 黄金の都シカン展 (国立科学博物館) | トップページ | 上野の清水観音堂 »