« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の39件の記事

2009/10/31

2009日本鉄道模型ショウ

10月25日、京急蒲田駅の近くにある大田区産業プラザで開催された「日本鉄道模型ショウ」に行きました。

日本鉄道模型連合会の主催。
大手メーカーの出展は少なく、街の模型店みたいな感じの出展が中心。また、大型の模型や鉄製の模型が多かったです。
JAM(国際鉄道模型コンベンション)のような凝ったレイアウトが並んでいるわけではなく、ショウというよりも即売会みたいな感じでした。
自分は模型はやっていないので(Bトレショーティは沢山ありますが)、ぐるっと会場を回って終わりみたいな感じになってしまいました。

<中嶋春香さんトークショー>
14時から、東京BOSSにも出演したという鉄道アイドル?の中嶋春香さんのトークショーがありました。
中嶋さんは初めて見ました。
新幹線の車内放送のモノマネや、その他司会の人と鉄道に関する話をしていました。
その他、会場にいた人からの質問コーナーや、会場にいた人対象の○×クイズ等。
○×クイズは札の数が限られていたため自分は参加できませんでしたが、参加していたとしても途中で間違えていました。
自分が間違えたのは、
(a) 東海道新幹線の営業列車は全て16両編成である
(b) 「ジェット機」「のぞみ」「ひかり」この中で一番早いのは「ジェット機」である
→ 答えはこの記事の最後

トークショーが終わった後、会場を出た所でファンの人が並んで、中嶋さんと話をしたり何かを渡したり一緒に写真を撮ったり(マネージャーらしき人がシャッターを押していた) していました。
その後30分程度会場にいて帰ったのですが、帰る時もまだやっていた。
「芸能人は大変だなぁ」と思いました。
どんどん写真を撮ってくれとの事なので撮影しました。ブログに載せても良いとは言ってなかったけど、載せてもOKかな?
Pa250026

<大田区産業プラザ>
会場となった大田区産業プラザは2つの建物からなっており、その内1つは尖っています。
テレビ東京系で放送されている「空から日本を見てみよう」の「測れ!トンガリ計測部」のコーナーで上位に食い込めそうです。
この日は外壁改修工事のため囲いが出来ており、尖った部分が見られませんでした。残念!
Pa250039

<間違えた問題の解答>

続きを読む "2009日本鉄道模型ショウ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船越の旧海軍工廠造兵部跡

「平成21年度自衛隊観艦式」で船越基地に行ったとき、「ずいぶん年季の入った建物が建っているなぁ」と思って写真を撮影しました。
後で調べた所、旧海軍工廠造兵部の機銃工場跡でした。現在は照明器具等を製造している東芝ライテックの工場の一部です。
Pa240001

年季の入ったガントリークレーンも。関東大震災以前に作られたとされているそうです。
Pa240018

いろいろ探索してこれば良かったかなと思いました。

参考:
横須賀市・船越をあるく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/10/30

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (8) 吉倉基地:その他の船

<初代しらせ + ? + まきなみ>
奥から 砕氷艦「初代しらせ」、?、護衛艦「まきなみ」。
Pa240146
Pa240189
Pa240194

真ん中の船は船名や番号が写っている写真がなく、船名が分からなかったのですが、ひょっとすると、先日韓国のコンテナ船に衝突された護衛艦「くらま」かな? 海上自衛隊のHPに載っている「くらま」の写真と似ているような気がします。

---
以上で艦内一般公開のレポートは終了です。
観覧式は行ってません。気付いた時には既に募集が終了していたので。
行ってみたかったなとも思ったのですが、その一方では長時間の航海や船酔い・寒さ等で大変そうで。
次回開催時に応募するかどうかは今はまだ結論がでません。
そもそも次回があるのかどうか分かりませんが。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/29

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (7) 吉倉基地:ぶんご・うらが

<ぶんご + うらが>
桟橋から見て奥が「ぶんご」、手前が「うらが」。両方とも同じタイプの掃海母艦です。
「ぶんご」は呉基地、「うらが」は船越基地所属。

Pa240145 Pa240179
Pa240164 Pa240163

・掃海電線 (うらが)
Pa240185

・洋上給油のためのホース (ぶんご)
左が水用、右が石油用との事。
Pa240197

・76mm砲 (ぶんご)
「ぶんご」のみ付いていました。
Pa240192

・後部甲板
左の写真は「ぶんご」、右の写真は「うらが」
Pa240198 Pa240199

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (6) 吉倉基地:いなづま・あしがら

吉倉基地(JR横須賀駅の近くにある所)に到着しました。
Pa240132 Pa240135

雨が本降りになってきました。
船上では安全のため傘は差さないようにとの事。足早での見学となりました。

<いなづま + あしがら>
Pa240139 Pa240144

<いなづま>
呉基地所属の護衛船。
Pa240203

・前部甲板
Pa240155

・後部甲板
Pa240170

・格納庫内
漁船にありそうな感じの旗が飾ってありました。
船長が漁船出身だったりするのでしょうか..。
Pa240175 Pa240176
Pa240178

<あしがら>
佐世保基地所属の護衛船。

・前部甲板
Pa240157

・後部甲板
Pa240168

・格納庫内
Pa240167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/28

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (5) 船越基地:その他の船

<のとじま + つのしま>
同じ形式の掃海艇。
Pa240004 Pa240016

<輸送艇1号 + すがしま>
「輸送艇1号」はそれ自体が船名で、他の船のようなひらがなの船名は付いていないようです。荷物を積み込むためと思われる床の低いスペースが船の半分以上を占めていました。
「すがしま」は、1つ上の「のとじま」と同じ形式の掃海艇。
Pa240014 Pa240020

<くりはま>
艦船搭載装備の実験・開発等を行う試験艇。後部甲板の位置が低く、クレーンが付いていました。
Pa240026 Pa240061

<はつゆき>
護衛艦。
この船は以前見学した事があります。
Pa240098

<にちなん>
海洋観測船。
対岸に泊まっていました。
海洋研究開発機構・海上保安庁・気象庁にも海洋観測船がいましたが、これらとは別の軍事目的の海洋観測船なのかな?
Pa240115

<あいしま + やえやま + はちじょう>
全て潜海艇で、左から「あいしま」「やえやま」「はちじょう」。
対岸に泊まっていました。
Pa240025

船越基地については以上です。
船越基地に到着した時は雨は降っていなかったのですが、途中で雨が振り出しだんだんと大降りに。
この日は雨は降らないと思って傘を持ってきていませんでした。
船越基地の売店でビニール傘を買い、吉倉基地に向かいました。

関連記事:
海上自衛隊横須賀地方総監部一般公開...に行くはずだったのですが... (4) 自衛隊護衛艦「はつゆき」 (2008/8/17作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (4) 船越基地:ちはや・はたかぜ

続いて「ちはや」と「はたかぜ」です。
「ちはや」は潜水艦救難艦で呉基地所属、「はたかぜ」は護衛艦で横須賀基地所属との事。

<ちはや + はたかぜ>
手前が「ちはや」、奥が「はたかぜ」
Pa240022

<ちはや>
遭難潜水艦からの乗員の救出を主任務とする潜水艦救難艦だそうです。
Pa240122 Pa240121

・深海救難艇
海洋研究開発機構の「しんかい」よりも立派に見えました。「しんかい」のように深く潜れるわけではないのかもしれないけど。
自衛隊にこんな凄いものが存在していたのは知りませんでした。
Pa240092 Pa240096
Pa240107

・無人潜水装置
以前見学した海洋研究開発機構の無人探査機「かいれい7000II」に雰囲気が似ていました。
Pa240082 Pa240084

その他、パンフレットによると「水中昇降室」という海底に潜る設備があるようです。

・後部甲板
ヘリコプターが離発着できるようです。他の護衛艦と違って格納庫はないようでした。
Pa240087

<はたかぜ>
・前部甲板
右側の写真の四角のものは潜水艦に対して攻撃するアスロック発射機との事。
Pa240101 Pa240100

・後部甲板
Pa240112

関連記事:
深海調査研究船「かいれい」+無人探査機「かいこう7000II」一般公開 (2009/9/23作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/26

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (3) 船越基地:ゆうべつ・ゆうばり

船越基地で公開されていた4隻の内、「ゆうべつ」「ゆうばり」についてのレポートです。
「ゆうべつ」「ゆうばり」共に、青森県の大湊基地所属の小型の護衛艦との事。
観艦式のため大湊からはるばる来たようです。

<ゆうべつ + ゆうばり>
前から見て左側の228が「ゆうべつ」、右側の227が「ゆうばり」です。
同じ型の船のようでした。
Pa240036 Pa240031 Pa240070

・ボフォースロケットランチャー (ゆうべつ)
横に係員がいて向きを変えたりしていました。
Pa240047

・前部甲板から見た船
左の写真が「ゆうべつ」、右の写真が「ゆうばり」です。
Pa240049 Pa240050

・後部甲板 (ゆうべつ)
2つ付いているミサイルは「SSM(ハイプーン)」と言うそうです。
後ろに写っている比較的小さな船は「軍港めぐり」の遊覧船だったりします。
Pa240068

撮影禁止との事なので写真はありませんが、「機関室」の操作盤が公開されており、係の人に丁寧に説明していただきました。
この船の場合、「艦橋」からの指示に伴って機関室の中で「エンジンの出力調整」を行うそうです。
機関室からは船の前は見えない(モニタ画面らしきものもなかった)のですが、そんな中で「エンジンの出力調整」を行うのは怖いなと自分は思いました。そんな事が出来るのは船員間に信頼関係がある証なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/25

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (2) 船越基地:政権交代!!日本をかえるまんじゅう

まずは「船越基地」に行ってきました。
Pa240011

京急田浦駅から徒歩約10分です。
「船越基地」なるものがある事自体を知りませんでした。観艦式のHPに「船越」って書いてあったのですが、どこにあるのか初め分からず、検索等を行ってようやく分かりました。
横須賀の海上自衛隊の基地は横須賀駅の近くと、行った事ないけどJR田浦駅の近くだけかと思い込んでいました。

ここで艦内一般公開の前にネタを1つ。

<政権交代!! 日本をかえるまんじゅう>
Pa240127

船越基地の売店に売っていました。
なぜこのようなものが自衛隊基地内の売店に売っているのか???
うぅむ、よく分かりません。
政権交代前は麻生関連の土産物でも売っていたのだろうか?
海上自衛隊としては民主党を支持しているという事なのか?
民主党からの何らかの圧力や、民主党のご機嫌を取らなければならない何らかの事情があるのか?
うぅむ、謎です。

この売店は外部に委託されているようなので、単に委託されている売店の店主がネタとして「売れる!」と思って仕入れただけのような気もします。

ちなみに、この後吉倉基地(JR横須賀駅の近くにある基地)に行ったのですが、そちらの売店には置いていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/24

平成21年度自衛隊観艦式・艦内一般公開 (1) 観艦式とは

10月24日、「平成21年度自衛隊観艦式」関連で開催された艦内一般公開に行ってきました。

「自衛隊観艦式」なる行事がある事を先月初めて知りました。
海上自衛隊観艦式のHPによると、目的は 「最高指揮官(内閣総理大臣)が艦隊を観閲する事による部隊の士気向上、内外への精強さアピール、国際親善や防衛交流の促進、国民への理解を深める」 との事です。
会場で配っていたパンフレットに載っていた「過去の観艦式」によると、毎年開催されているわけではなく、かといって何年毎という規則性もなく。やったりやらなかったりといった感じです。前回の開催は3年前になっていました。

10月25日に行われる「観艦式」が本番です。会場で配っていたパンフレットにはそのトップの「観閲官」として最高指揮官である鳩山首相の写真が載っています。
が、その最高指揮官である鳩山首相は「観艦式」に来ないようです。(ASEAN関連でタイに出張中)
目的の「最高指揮官(内閣総理大臣)が艦隊を観閲する事による~」が失われてしまうのですが....、まぁいいんですかね。
日程が重ならないように予め調整すれば良かったのではないかと思うのですが、難しかったのかな???
「観艦式」は替わりに菅直人さんが来るようです。

「艦内一般公開」はいくつか会場があるのですが、そのうち横須賀の船越と吉倉で開催される一般公開に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしの113系 (横須賀駅)

10月24日、別の目的で横須賀に来ていた所、横須賀駅に113系が停車しているのが見えました。
湘南色4両+スカ色4両の8両編成で久里浜側が湘南色。

「せっかくなので」と思い、横須賀駅に入場して改札口に入った所でまず撮影。
駅の行先表示機と電車前面の方向幕は「団体」、ヘッドマーク付きでヘッドマークには「全通120周年 東海道線 懐かしの113系 東京-国府津間」と書かれていました。
そういうツアーがあったようです。
Pa240211

改札口付近での撮影開始後すぐに電車は大船方面に発車していってしまった。
うぅ、スカ色の方も撮影したかったんでけど...。
仕方がありませんね。たまたま見かけた事だけでも運が良かったと考えないと。
あわてて撮影したこんなブレた写真しかありません。
Pa240212

自分は横浜市内南部の京急沿線の在住なので、JR横須賀線から京急線に簡単に乗り換えられる途中駅が下車駅までにはなく、横須賀駅の改札に入ってしまった事ははっきり言ってマイナスポイントです。
1度も降りた事がない衣笠駅まで行き、そこから横須賀中央までバスに乗り、横須賀中央から京急に乗って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/23

厚木駅の相模線ホーム

厚木駅の相模線のホームが、従来の向かい側に移設されていました。

事前に講談社発行の「日本の鉄道 東海道ライン~」第1巻を見て知っており、ついでに見に来たというのが真相です。

Pa180226

両面ホーム状態ですが、向かい側のホームは使用されていません。
Pa180230 Pa180232

現在のホームの所は以前は線路が引かれていたようで、分岐器が残っています。
Pa180228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/22

相鉄厚木線

相鉄厚木線は、相模国分信号所~厚木(厚木操車場) を走る路線です。
相模国分信号所は相鉄本線のかしわ台~海老名間にあります。
旅客営業は戦前に廃止されています。以前は米軍厚木基地向けの貨物列車が走っていましたが1998年に廃止。現在は厚木操車場に留置する列車の回送や新車購入時等の甲種車両輸送で使用されています。

10月18日、「小田急ファミリー鉄道展2009」に行った時の実演見学開始直後に、相鉄厚木線に「事業用車とそれに挟まれた電車」(2+2+2の6両編成)が走っていきました。
Pa180142 Pa180143
Pa180144

相鉄厚木線に列車が走っているのは初めて見ました!

帰りに、JRの海老名駅から電車にのって厚木駅まで行ってみました。

・海老名駅から見た相鉄厚木線
右側の盛土上を上がっていく線路が相鉄厚木線です。左側の線路はJR相模線。
Pa180216

海老名駅~厚木駅はJR相模線と並行しています。

・厚木駅(厚木操車場)
「休車」と書かれた紙を貼られた7000系が留置されていました。
Pa180234 Pa180235

厚木駅の北側にある踏切から撮影。右側の線路はJR相模線です。
Pa180239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/21

小田急ファミリー鉄道展2009 (3) 佐世保バーガー他

<佐世保バーガー>
この日の昼食です。
飲食コーナーに佐世保バーガーが売っていました。
Pa180213
Pa180132

大きさがビッグです。バーガーキングよりも大きい。
値段もビッグです。(1000円)
買うかどうか迷ったのですが、せっかくなので贅沢して買ってみました。
お腹が非常にふくれました。

<鉄道模型コーナー>
係員の解説付きでした。
どうでも良い事ですが~... マイクを持った人が2人いたのですが、2つのマイクのボリュームに差がありすぎて気になりました。
Pa180138

<車両基地の車止め>
タイヤがくくりつけてありました。
「絵になるかも」とか思って撮影してみました。
Pa180103

以上でレポートは終了です。
今年はEXE以外の特急車の展示がありませんでした。
EXEは... まぁ普通の特急車なので。
来年は展望席があるタイプの特急車の展示を期待したい所です。MSEや御殿場線乗り入れ用のRSEでも良いです。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田急ファミリー鉄道展2009 (2) 実演以外の車両

実演で使用された車両以外の車両です。

<1000形 (箱根登山鉄道色)>
主に箱根登山鉄道で使用されています。
Pa180126 Pa180124
Pa180085

1111の車両もいました。
Pa180211

<レール探傷車>
Pa180083

<バッテリーカー、砕石運搬車、レール運搬車>
Pa180210 Pa180099
Pa180100

<除草薬散布車>
Pa180088

今年は、EXE(30000形)以外の特急車の展示はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田急ファミリー鉄道展2009 (1) 実演

10月18日、小田急海老名電車基地で開催された「ファミリー鉄道展2009」に行きました。

去年は行かなかったので2年振りの参加です。
2年前(2007年)と異なり、
・車両撮影会・車内見学がなくなった (その代わり「実演」を大々的に実施)
・バスの展示がなかった
・隣の駐車場(海老名第3駐車場)が会場ではなくなった
でした。
また、今年は「SE車の公開」がありませんでした。

まずは、「実演」のレポートから。
午前と午後の2回開催、その内午後の回を見学しました。
後ろの人からも見えるように「着席して見学してくれ」との事。
良い策ではありますが、保線車両の実演の場合は肝心の線路に対する作業が(前列以外の人は)よく見えないという難点あり。

<特急車EXE(30000形)による連結作業>
従業員による連結作業の説明開始早々、隣を走る相鉄厚木線に「事業用車とそれ挟まれた電車が走る」というサプライズが発生しました。見学者の目がいっせいにそちらを向き、写真を撮る人も多数。説明も一時停止。
通り過ぎた後、「はい。珍しい列車が通り過ぎたのでこちらに戻りましょう。」みたいな感じの事を説明する人が言ってちょっと笑いました。
説明を再開し、実演を担当する係員の紹介を行った後、実演作業に移りました。

Pa180145 Pa180148
Pa180149 Pa180152

京急沿線在住の自分としては連結作業自体は何も珍しくありません。京急では連結しても幌は繋がないのですが、小田急の場合は幌も繋ぐとの事。幌が自動的に出てきて接続され「へぇ」と思いました。

<タワー車>
道路と線路の両方が走れる架線作業車です。
Pa180112

線路に乗り入れた後、線路上でぐるっと1回転させていました。回転は係員による人力。
Pa180158
Pa180160
Pa180161 Pa180162

<レール削正車>
レールを削ってレールの表面を整える作業車です。
スイス製の車両で、2両1組で運用しているとの事。
Pa180108

何往復か走行してレールを削正していましたが、見学場所から遠かったので削っている所はよく見えず。
Pa180171 Pa180173

<マルチプルタイタンパー>
線路のゆがみを補正する作業車です。
オーストリア製との事。
Pa180116

線路を少し持ち上げて軌道修正 → 枕木間にタンピングという突き出たものを指してバラストを成らす  といった感じで作業を行うようでした。
以前他社で見たマルチプルタイタンパーは、枕木の幅分ずつ動いたり止まったりしながら作業を行っていた記憶があるのですが、この機種は車両が動き続けたままで「ダンピング」等のユニット部分自体も前後に移動しながら作業を行っていました。センサーか何かが付いていて自動で位置決めを行って作業をしていくのかな? もしそうなら結構凄いなと思いました。
Pa180188 Pa180186

<バラストスイーパー>
バラストを整える作業車で、マルチプルタイタンパーの後に付いて作業を行います。
オーストリア製(マルチプルタイタンパーと同じメーカー)との事。
Pa180118

バラストを載せるための入れ物(砕石ホッパー)が付いており、不足分のバラストを撒く → バラストの仕上げ(余分なバラストは回収)  といった感じで作業を行うようでした。
Pa180194 Pa180196

以上で「実演」は終了です。
おおよそ45分の実演でした。

<実演作業後入れ替え中の作業車達>
Pa180208 Pa180209

関連記事:
小田急ファミリー鉄道展2007 (1) 序章 (2007/10/20作成)
小田急電鉄・ファミリー鉄道展 (2006/10/15作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/20

わかるテレビ「民主党政権で私達の暮らしは~」

10月20日にフジテレビ系で19:00~20:54に放送中の番組。
「様々なジャンルの中、気になるけれどわかったつもりでわかっていないあの言葉、この言葉をわかるようにしてくれる番組」との事。
その中のコーナーで池上彰氏による「面白いほどよくわかる民主党政権で私達の暮らしはこうかわる」の解説がありました。タレント4人(勝俣さんなど)の生徒に対して、池上彰氏が民主党の政策について解説するというもの。

うぅん...なんなの。
「民主党の政策はこんなに良いですよ~」「はぁい分かりました! 民主党の政策ってすばらしいですね!!! さすが今までの政権とは違う!」 という先生と生徒による小芝居でした。
小芝居という言い方は失礼かな?
なんだかだんだんアホらしくなってきて途中でチャンネルを変えてしまいました。

民主党の政策の善し悪しに関係なく、こういう感じの進行は何だか嫌だ。

小学生ぐらいだと先生に洗脳されてしまいそうです。小学生の頃を振り返ってみると、実際にそんな感じである事について洗脳とも取れる教育を受けた事があったような、そんな感じがします。

他のコーナーでは生徒は10人ぐらいいたのですが、このコーナーのみ生徒は4人でした。
参加した4人は、そのうちの小芝居に応じた4人だったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京成線日暮里駅の下り新ホーム

京成電鉄・本線の日暮里駅の3Fに下り線用の新ホームが完成したとの事。
10月11日、上野に行った時に寄ってきました。

京成上野駅から1駅乗車して日暮里駅で下車。

本当はスカイライナーが日暮里駅に停まっている所を撮影したかったのですが、京成上野駅で最初に発車する列車がスカイライナーでした。
このスカイライナーに乗って日暮里で降りれば日暮里駅に停まっている所を撮影できたのですが、たった1駅のためにスカイライナー料金を払うのはもったいないし。(というか、そもそもこの区間だけの乗車って出来るのかな?)
40分弱待つのもあれだったので諦めました。

<3F:下りホーム>
線路は1線ですが、スカイライナー・イブニングライナー専用ホームと一般列車用ホームに分かれています。

・ホームの上野寄りから成田空港側を見る
Pa110051 Pa110055

・ホームの上野寄りから上野側を見る
ホームの先に見える夜景がちょっとばかり幻想的に見えました。
Pa110054 Pa110058

・ホームの中央部分から成田空港側を見る
スカイライナー・イブニングライナー専用ホームには待合室があります。
Pa110065

下りで日暮里駅で降りる人は滅多にいないんでしょうね。
一般列車用のホームを上野側から成田空港側までホームを歩いた後、2Fのコンコースに降りようと思ったのですが、昇りエスカレーターばかり。
2Fに降りられる所は上野側にあるエレベータと階段1箇所のみで、結局上野側まで歩いて戻ってきました。

<1F:上りホーム>
旧下り線側は閉鎖されています。線路があった部分が埋められて上りホームの幅が広がるの事になるのでしょうか。
Pa110071

<2F:コンコース>
・スカイライナー・イブニングライナー用改札
スカイライナー・イブニングライナー用ホームに上がるには、専用改札を抜ける必要があります。自動改札ではありません。
Pa110076

・JRとの乗り換え改札
Pa110081 Pa110077

その後、JRに乗り換えてJRの上野を通り過ぎて横浜方面に帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

上野の清水観音堂

10月11日、国立科学博物館に行った時に上野公園内にある「清水観音堂」に寄って来ました。

京都の清水寺を模して建設されたとの事。
「ブラタモリ」という番組の10月8日放送分で紹介され、ちょっと気になっていました。この番組を見るまで、上野公園にこういうものがある事を知りませんでした。

Pa110001 Pa110005

・清水の舞台から
Pa110003

・清水の舞台の下の道から
Pa110047

うぅむ。
京都の清水寺とはだいぶ違うように感じました。
舞台の下の道よりも更に下に不忍池があり、不忍池からであれば結構な高さになります。
舞台の前の林がなく不忍池まで見渡す事ができたなら「それっぽく見えるのかな?」と思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/10/18

日本を明るくした男たち展 (国立科学博物館)

10月11日、上野の国立科学博物館で開かれている企画展「日本の科学者技術者展シリーズ 第8回 日本を明るくした男たち -近代化を支えた電気のエンジニア-」に行きました。
電気学会の後援で、東芝が主に協力しています。
通常の入館料で見学可能で、11月29日までの開催。

電灯の歴史や、創成期に日本の電気の発展に貢献した偉人に関する展示が中心です。
その他、1890年に上野公園で開かれた内国勧業博覧会で日本で初めて電車を走らせた時の事等が展示されていました。

一応電気科卒業の自分としては、これが結構良かったです。
電灯の事がよく解りました。

Pa110026

・アーク灯点灯実演
初期の電灯です。日に何回か実演されます(実演されるのは当時のものではありません)
写真では分かりませんが、蛍光灯が切れかけた時のようにちかちかと点滅していました。
Pa110008

・東海道新幹線のモーター
Pa110022

地球館の常設展示にも関連する展示があるよ... との事なので寄ってきました。

・エジソンダイナモ
エジソンが開発した直流発電機で、明治20年から東京電燈で使用されていたものとの事。
Pa110030

・ブラッシュ単相交流発電機
明治20年代から東京電燈で使用されていたものとの事。
Pa110031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/17

黄金の都シカン展 (国立科学博物館)

10月11日、上野の国立科学博物館で開かれている特別展「黄金の都シカン展」に行きました。
この特別展は10月12日まで、前から行こうと思っていたのですが結局終了2日前となりました。

「シカン」と言うのは、750~1350年頃に南米・ペルーの北海岸で栄えた文化で、南イリノイ大学教授の島田教授によって名付けられたとの事。
外国の研究者によって自分達の過去の歴史について名付けられしまうというのはある意味屈辱的のような気がしたのですが、現地の人達によってその頃の歴史の事は何にも残されていないんですかね。
日本では奈良時代~鎌倉時代に当たり、文典等によって当時の歴史が現在に受け継がれている時代なのではないかと思います。
その当時の墓の発掘調査を行っているようですが、シカンの墓 ≒ 日本の古墳 のように感じました。古墳が作られたのは日本ではそれよりももっと昔の時代ですよね。

展示は、発掘された墓に埋蔵されていた副葬品が中心でした。
特に、動物等の形に模られた土器が多く、印象的でした。
その他金属で作られた「仮面」も印象的でした。

「3Dシアターナチュナル」
メガネをかけて見る3Dシアターです。
3Dシアターってずいぶん久しぶりに見たような気がします。前回見たのがいつだったか思い出せないのですが、確実に覚えているのは1985年の「つくば万博」。それ以来という事はさすがにないとは思うのですが。
3Dにする必要性はあまり高くなかったような気はしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/10/16

東京牛丼

11月11日、上野の行った時にたまたま見つけた「東京牛丼」という店で牛丼を食べました。
国産牛肉使用との事。
メニューの中から「牛力丼 白」(690円)を頼みました。

机の上に「力にんにく」なるものが置かれており「牛丼に絞ってスタミナ全開 ご自由に」とある。
この後の予定もありだいぶ迷ったが、貧乏性なのか「無料なら」と思って絞って入れてみました。

「美味い!」

なるほど。牛丼ににんにくをいれると美味しいという事がわかりました。
明らかににんにくの味が強くなり、元々の牛丼が味がどこかに行ってしまったような気がするので、元々の牛丼の味が美味しかったのかどうかは判断できず。

この日夜まで、口の中でにんにくが漂っていました。
この後「国立科学博物館」に行ったのですが、周りの客に迷惑をかけていたのかな???

200910111227000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

国立駅~鉄道総研の廃線跡

「平兵衛まつり」見学後、国立駅~鉄道総研の廃線跡を、鉄道総研側から辿ってみました。

・市道?との交差部分の北側 (北大通り東バス停付近)
この道路と交差する所の手前で鉄道総研からの線路が途切れていました。
Pa100095 Pa100102

・市道?との交差部分の南側
アパートと駐車場の間に空いているスペースに線路が引かれていたようです。
Pa100101

・駐輪場
アパートの先から中央線との接続点までは駐輪場になっています。
Pa100105 Pa100107

・中央線との接続点
Pa100109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

鉄道総研・平兵衛まつり2009 (2) レール溶接実演

レール溶接実演を見学しました。
去年も行われていましたが、去年と溶接方法が違っていました。
去年は窯みたいなものを溶接する部分の上に載せて鉄を流し込んで溶接していました。調べ所、去年の方法は「テルミック溶接」との事。

今年の溶接方法は「ガス圧接」です。
ガス炎でレールを温め、高い圧力でレール同士を押し付けて溶接するそうです。

① レール端面の研削
良い溶接をするためには溶接面を綺麗にする事が大切との事。
Pa100031

② ガス圧接機のセット
・土台に線路を固定
Pa100036 Pa100040

・線路を押し付けるためのものと思われる機械を設置
Pa100044

・ガスバーナーの点火試験
強力な火力でちょっと怖いです。
Pa100047

・ガスバーナーの設置
ガスバーナーの火が溶接面にくるように設置します。
Pa100049

③ ガス圧接作業
ガスバーナーを点火して鉄を溶かして圧接します。
接合面がだんだんとふくらんできます。
Pa100052 Pa100059
Pa100065

④ 接合完了
ガスバーナーを取り外します。
Pa100069

⑤ ふくらみの押し抜き
ふくらみ部分を鉄の棒みたいなものを使って取り除きます。
Pa100071 Pa100072

⑥ 押し抜き終了直後
Pa100073

⑦ 微調整
線路を押し付けるためのものと思われる機械を外し、土台から溶接した線路の片方に付けていたボルトを外します。
その後、鉄が冷めない内に、定規みたいなものと足で踏む機械を使って線路が水平になるように微調整を行います。
Pa100076

⑧ 完成
土台からもう片方のボルトを外して完成です。
Pa100080

「ガス圧接」を初めて見ました。そもそも、「ガス圧接」なる溶接方法がある事自体を知りませんでした。
貴重なものを見させていただきました。

最後に、ガス圧接機に接続されていた機械を撮影。
Pa100085 Pa100086

<その他の研究関連の展示・実演>
・パンタグラフ総合試験装置
円盤に架線に見立てたものが設置されており、それをパンタグラフと接触させます。
円盤を回転させることによって実際に走行しているのと同じような状況を再現します。
「なるほど」と思いました。

・大型振動試験装置
参加希望者は指定場所に指定時間集合するとの事、定員があります。
指定時間の3分程度前に指定場所に行ったら、誰もおらず、集合場所として貼られていた張り紙がいつの間にか無くなっていた。
「あれ???」
遠くを見たら、プラカードみたいなものを持った係員の後を付いていく集団がいた。
あぁ~ たぶんあれだ。
遅かった...。
「5分前の精神」が必要でした。5分でも足りなかったのかな?

(完)

参考記事:
鉄道総研・平兵衛まつり2008 (4) 実演等 (2008/10/13作成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/13

鉄道総研・平兵衛まつり2009 (1) 車両等

10月10日、鉄道総合技術研究所で行われた「平兵衛まつり2009」に去年に引き続いて行きました。

Pa100002 Pa100091

・R291形試験車
JR西日本の223系の車体をベースにしているとの事。
駅シミュレータの建物の中から撮影しました。
Pa100008

・?
よく解りませんが試験車両です。
Pa100012 Pa100014

・ハイ!トラム (LH02形)
ハイブリッドのLRV試験車です。
去年と同様に試乗会を行っていました。
Pa100018

・2F建て車両の試験用モックアップ
これを元に100系新幹線の2階建て車両が作られたのではないかと思われます。
Pa100021

---
鉄道総合技術研究所のHPやイベント情報を集めているHP等を見ても今年のこのイベントの開催日時の情報を見つけられず、唯一見つけられたのがYahoo!知恵蔵の「2009年の鉄道総研・平兵衛まつりの日程をご存知ですか?」という質問の回答でした。
もうちょっと宣伝してくれたらと思います。
また、研究関連の展示も、大掛かりな実演系の展示ではないのに時間を区切って2~3回に分けて開催しているものが多いです。一番短いのでは1時間を1回のみ。ずっと開きっぱなしにして係員が途中で交代すれば良いのではないかと思うのですが。
JR・私鉄での一般公開となんだか雰囲気も違います。
一般人を客とする企業と、そうでない企業の違いなんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/12

秩父鉄道 (4) 三峰口の線路の先端

三峰口駅の線路の先端まで行ってみました。
1つ前の記事に記載した「秩父鉄道車両公園」に行く踏切よりも先に線路が続いています。

三峰口駅の南側を走っている道路はこの先で右にカーブして白川橋で荒川を渡ります。白川橋の手前の線路と交差する部分の手前で線路が切れていました。
地図を見ると、昔は道路の下を潜ってさらにその少し先まで線路があった模様です。
Pa040284 Pa040283

白川橋から見た荒川。
川底から結構な高さがあります。景色が良いです。
左:上流側、右:下流側
Pa040281 Pa040279

三峰口はかなり前に一度来た事があります。
いつだったか思い出せないのですが、まだ三峰ロープウェイがあった頃でした。
駅前からバスに乗って三峰ロープウェィの下まで行き、三峰ロープウェイに乗りました。
帰りのバスが遅れて急いで電車(元165系を使用した急行)に乗り換えた記憶があります。
それ以外の事はあまりよく覚えておらず、写真や記録もなく。
記録は大切だなと思いました。

帰りは、三峰口から西武線直通の快速急行・池袋行に乗って帰りました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道 (3) 秩父鉄道車両公園

三峰口駅の駅構内?にある「秩父鉄道車両公園」に行きました。
秩父鉄道でかつて活躍された車両が展示されています。

三峰口駅のホームからは間近に見えるのですが、駅舎と反対側で、駅構内外れのやや離れた所にある踏切を渡っていかないと公園には行けません。駅から意外と距離があります。10分ぐらいかかるものと思って行動した方が無難かもしれません。
Pa040209 Pa040215

<貨車>
・ワキ800形
Pa040218

・テキ100形
Pa040224

・スム4000形
Pa040226

・トキ500形
Pa040228 Pa040229

<緩急車>
・ヨ15形
Pa040235 Pa040269

・ワム51形
Pa040258

<電車>
・デハ100形 + クハニ20形
左の写真:デハ100形、右の写真:クハニ20形
1950年の登場で1988年に廃車。
他のHPによると以前は車内が公開され、展示室になっていたようですが、自分が行った時は公開されていませんでした。
Pa040244 Pa040239

<機関車>
・デキ1形
1922年の登場でアメリカのウェスティングハウス・エレクトリック製。1988年廃車。
Pa040265 Pa040250

・ED38形
1930年の登場で、阪和電気鉄道(現JR阪和線)ロコ1000形→国鉄ED38形→秩父鉄道と辿り、1988年に廃車。
Pa040259

<転車台>
現在でもSLの転車に使用されているようです。
Pa040232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

秩父鉄道 (2) SL以外の現役車両

秩父鉄道で出会った現役車両です。

<1000系>
元国鉄→JRの101系。

・リバイバルトレイン・旧1000系色
1985年の1000系車両導入時の塗色を再現との事。
Pa040198

・リバイバルトレイン・100形タイプ
昭和25~63年に使用された100形電車の塗色を再現との事。
Pa040287

・オリジナル色
Pa040203

<5000系>
元都営(三田線)の7000系。
Pa040197

<6000系>
元西武101系。
西武時代は3ドア・ロングシートの通勤列車でしたが、2ドア・クロスシートに改造されて急行用として使用されています。
Pa040213 Pa040214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/10

秩父鉄道 (1) SL「パレオエクスプレス」

西武秩父仲見世通りで昼食を食べた後、秩父鉄道の御花畑駅に向かいました。
ちょうどSL「パレオエクスプレス」の上り(熊谷方面)が御花畑駅に到着する少し前でした。

既にSLを待ち構えている人が大勢います。
御花畑駅のすぐ北側にある踏み切りの駅舎と反対側の位置が空いていたので、そちらに移動してSLが到着するのを待ち構えました。

定刻より5分程度遅れてSLが到着。
Pa040187

ん? 御花畑駅のホームの長さが足りず、踏切上で停止してしまいました。
この位置からはSL本体は見えず。踏切が閉まっているのでSLが見える位置に移動する事も出来ず。
Pa040190 Pa040191

SLが御花畑駅を発車し、踏切が開いた後で撮影。
Pa040193

その後、秩父鉄道に乗って三峰口に移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬 (5) 横瀬→秩父

会場を出た後、横瀬駅から西武秩父駅まで「40年前の塗色に変更した101系車両の臨時電車」に乗って移動しました。

<101系臨時電車 (横瀬駅)>
飯能方面から回送で入線してきました。
Pa040177

飯能側のみヘッドマークが付いていました。
Pa040179

<E31形 (西武秩父駅)>
中線に現役3両が置かれていました。
左:101系臨時電車との並び、右:帰りに撮影した4000系との並び
Pa040182 Pa040292

<西武秩父駅>
左:跨線橋、右:駅舎
今年は西武秩父線開通40周年だったんですね。
pa040183 pa040184

<西武秩父仲見世通り>
西武秩父駅に隣接する西武秩父仲見世通りに、5000系(レッドアロー)のカットモデルが展示されていました。
pa040185

この横のスペースでは、開通当時の西武秩父駅等の写真が展示されていました。
開通当時は特急専用ホームがなかったようです。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/09

西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬 (4) その他

<貨車>
保存車で左側がワフ101、右側がスム201。
Pa040153

<事業用車>
Pa040159 Pa040166
Pa040047

<ヘッドマーク>
かつて使用されたヘッドマークが建物内で展示されていました。
Pa040129 Pa040130

<会場から見えた三菱マテリアル>
1996年まではこの工場まで引込み線が引かれ、セメントの貨物輸送が行われていたようです。
左側の写真の煙突に書かれている「三菱セメント」は旧社名で他の会社と合併して現社名になったとの事。
右側の写真の車が置かれている辺りの空間は、かつては貨物用のヤードだったりしたのでしょうか?
Pa040024 Pa040158

横瀬でのイベント、初めて行ったこともあり、初めて見た車両が多くて良かったです。
特に引退した外国製の機関車(その中でも特にE51形のデザイン)には感激しました。
横浜からは遠かったのですが、行った甲斐がありました。

会場内でのイベントのレポートは以上ですが、もう1つ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬 (3) 機関車

続いて展示されていた機関車の紹介。

時間を区切って車両に近づかないよう「撮影タイム」が設けられていましたが、それ以外は自由。子供が機関車の運転席前のデッキに上ったりして遊具であるかのようにはしゃいでいました。
機関車が壊されたらどうするのかと。
また、怪我でもされたらどうするのかと。デッキに上る階段は用意されていないので、デッキにはよじ登る/飛び降りる形になっています。
ちょっと気になりました。監視している職員はいましたが特に気に留めていない様子でした。

・展示されていた機関車の並び
Pa040051

・E74形
1925年に登場した元国鉄の電気機関車ED10形で、西武鉄道に譲渡後1986年に廃車。廃車後国鉄時代の姿に復元されたそうです。
アメリカのウェスティングハウス・エレクトリック社+ボールドウィン社製です。
Pa040056 Pa040120

・E31形
1986年に登場した電気機関車。
製造された4両中3両は現役で、展示されていた車両は廃止された1両(E33)との事。
Pa040052 Pa040061

・E851形
1969年に秩父線開業に伴って登場した電気機関車で、1996年に廃車。
Pa040098 Pa040113

運転台見学が出来ました。
Pa040108 Pa040110

運転台から覗いた機関室。
Pa040111

・E51形
1923年に登場した元国鉄の電気機関車ED12形で、西武鉄道に譲渡後1987年に廃車。
スイスのブラウン・ボベリ社+シュリーレン社製です。
Pa040066 Pa040116
Pa040076

・E61形
1923年に登場した元国鉄の電気機関車ED11形で、西武鉄道に譲渡後1987年に廃車。
アメリカのゼネラル・エレクトリック社製です。
Pa040071 Pa040096
Pa040080

・E41形
1926年に登場した元青梅鉄道2号形→国鉄1010形の電気機関車で、西武鉄道に譲渡後1987年に廃車。
イギリスのイングリッシュ・エレクトリック社製です。
Pa040072 Pa040085

・D15形
1969年に登場したブリヂストン専用線のディーゼル機関車で、西武鉄道に譲渡後1996年に廃車。
Pa040089 Pa040088

・4号機関車
1886年に登場した元内閣鉄道局→国鉄の蒸気機関車400形で、西武鉄道譲渡後1965年い廃車。
野外に常設展示されているようで、かなり痛んでいました。
Pa040142 Pa040146

知らなかったのですが、たくさん機関車が保存されていたんですね。しかも外国製が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/08

西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬 (2) 電車

展示されていた電車の紹介です。

・展示されていた電車の並び
Pa040017 Pa040027

・5000系 (レッドアロー)
1996年に廃車された初代の特急車両で、先頭車が横瀬車両基地に保存されています。
Pa040044 Pa040013

車体の一部は現在でも富山地方鉄道で活躍中です。
→ 参考: 弥彦・黒部峡谷・神岡鉄道旅行記 (6) 富山地方鉄道 (2006/11/30作成)

・10000系 (ニューレッドアロー)
現役の特急車両です。
Pa040037

・4000系
2ドアボックス席の現役車両です。
Pa040033

・101系
現役車両です。
Pa040029

・351系
1990年に廃車された通勤型車両で、横瀬車両基地に保存されています。
Pa040164

車内も見学できるようになっていました。
Pa040139

廃車当時の広告が掲げられたままで、車両よりもそちらの方に目が行ってしまいました。
FOCUSと週刊宝石はもうないです。
Pa040136 Pa040138

<おまけ>
見学中に、西武秩父線を101系の999ラッピング車が通り過ぎていきました。
Pa040124 Pa040126
Pa040156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/07

西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬 (1) 会場まで

10月14日、西武鉄道・横瀬車両基地で行われた「西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬」に行ってきました。

横瀬車両基地は西武秩父線の秩父駅の1つ前、横瀬駅の近くにあります。
横瀬車両基地に行くのは初めてです。

横瀬駅までは、池袋駅から特急「ちちぶ」で移動しました。
同じ行先と思われる人が結構いました。

<池袋駅>
・池袋駅で撮影した特急「ちちぶ」
特急専用ホームからの発車で、特急専用改札があります。
Pa040002

・特急専用ホームの終端
時間があったので行ってみました。
終端近くに閉鎖されている下に降りる階段がありました。この階段は、かつて使われていたのだろうか...?
Pa040007 Pa040005

<特急「ちちぶ」の飯能での椅子転換>
飯能以降に特急で行くのは初めてでした。
飯能で進行方向が換わります。
飯能到着後みんな椅子の向きを換えるのかと思いきや、そうでもなかった。
 観光客=換える、地元民=換えない
といった感じに見えました。
自分は向きを換えました。自分の場合は後ろの席の人も椅子の向きを換えてくれたので良かったのですが、「お見合い席状態」になっている所もちらほら。替えたくない人は意地でも替えたくないような雰囲気。
向きを換えないのが地元民の暗黙のルールだったりするのでしょうか。

<横瀬駅>
横瀬駅に到着です。降りて横瀬車両基地に向かう人が大勢いました。
Pa040010 Pa040011

<会場入口>
Pa040020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/06

京急の駅構内全売店をセブンイレブンに転換

京急の駅構内にある全売店をセブンイレブンの店舗に順次転換していく事が、9月30日に発表されました。
11月13日に品川駅と横浜駅のそれぞれ1つずつの売店が第1弾として転換オープンするとの事。
京浜急行電鉄の報道発表資料
セブン-イレブン・ジャパンのニュースリソース

驚きました。
全売店という事は、小型の対面式の売店もセブンイレブンに転換するという事ですよね。
どんな感じになるのだろう。このサイズのセブンイレブンは見た事がないです。

品川駅の2・3番線を見たら、今まであった2つの売店が閉店していました。
そのうちの1つ、スープストックの隣の店が第1弾としてセブンイレブンに転換されるようです。その旨の張り紙が貼られていました。
200910061732000
200910061732001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜駅北側の跨線橋からの風景

「東急東横線・東白楽~横浜の旧線跡」の散歩のきっかけとなった、横浜駅北側の跨線橋からの風景です。
横浜駅に発着するJR及び京急の列車がよく見えました。

・横浜駅側
P9270139 P9270135

・東京側
P9270124 P9270130

・横浜駅きた東口から横浜ベイクォーターまで国道を乗り越える工事中の歩道橋
P9270119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急東横線・東白楽~横浜の旧線跡 (2) 反町→東白楽

♪言いたい事も言えないこんな世の中じゃ~

同じ反町でもPOISONの方は「そりまち」、東横線の方は「たんまち」です。
反町隆史さんが売れ出した頃、「たんまちたかし」と読んでしまった横浜市民も少なくない.... はず???

続きは反町駅からです。

・反町駅周辺
駅前の国道1号線を跨ぐ部分の高架橋は残されており、遊歩道として通れるように工事中です。

横浜側はそのままの高さで高島山トンネルまで続いているようですが、現在工事中でよく解りませんでした。
下の写真の右側の建物は反町駅の駅舎。
P9270174

東白楽側はすぐ先で高架橋が途切れ、下に降りる階段とエレベータが設置されています。
P9270169 P9270173

・高架橋の階段の先
遊歩道が整備されています。この遊歩道は430m続きます。
所々に飛び出ている構造物は、地下を通る東横線の排気口です。電車が通ると結構大きな音が聴こえてきます。
P9270178

・現在の遊歩道の終点
P9270182

・地下から地上に上がる東横線の屋根
屋根の傾斜を利用した遊歩道の工事中でした。
P9270184

・地下から地上に出る所
左の写真:東側から、右の写真:西側の平川町公園付近から
P9270189 P9270193

・滝の川せせらぎ緑道
地下から地上に出る所の東白楽寄りの東側に作られていました。
P9270196

このせせらぎ緑道の終端に県道12号線があり、その県道の向かいに東白楽駅があります。

以上で終了です。ちょっと疲れました。
現在未整備の区間は完成したらどのような感じになるのか、その時にまた来ようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

東急東横線・東白楽~横浜の旧線跡 (1) 横浜→反町

9月27日、東急東横線・東白楽~横浜 の旧線跡を散歩しました。この区間は、みなとみらい線開業に伴い2004年1月31日に地下化されました。

横浜駅側から歩きました。
別に散歩する気はなかったのですが、
① 横浜駅きた東口から横浜ベイクォーターまで国道を乗り越える歩道橋の工事の様子を見てみようと思い、横浜駅北側にある跨線橋に登る。
② 跨線橋から行きかう電車をしばらく見物した後、旧東横線ホームがあった所に拡張される横須賀線ホームの拡張工事の様子を見ようと跨線橋の西側へ。
③ そういえば旧東横線の跡地はどうなっているのだろうと、旧東横線近くの道路を北(東白楽方面)に向かって歩く。
そして、そのまま東白楽駅までの2.1kmを歩いてしまいました。
※ 2.1kmというのは東急の時刻表に載っている駅間距離で、線路沿いをそのまま真っ直ぐ歩く事は出来なかったので、実際にはもうちょっと歩いていると思います。

・横浜駅の旧東横線ホーム跡
跡地の一部を使って横須賀線ホームの拡張工事が行われています。
P9270142 P9270144

・横浜駅の北側にある運河を渡る旧東横線
運河の上に走っているの高架橋は首都高速神奈川2号三ツ沢線です。
P9270149

・旧相鉄高速バスセンターの転車台の向うの旧東横線
横浜駅旧東横線ホームの北端からこの場所の南端までは高架橋が残っています。この先、高島山トンネルの入口まで続いていた高架橋は取り壊されていました。
P9270151

相鉄高速バスセンターは、相模鉄道の夜行高速バス事業廃止に伴い2008年9月に閉鎖されました。このバスセンターから1度だけ高速バスに乗った事があるのですが、建物の中には入った事はありません。バスには下の写真の路線バスが駐車している所から乗りました。
P9270150

・県道青木浅間線との交差する部分から見た横浜駅側
P9270158

・同部分から見た反町駅側
ここから旧東海道と交差する部分までは遊歩道(東横フラワー緑道)になっていました。
P9270157

・旧東海道と交差する部分から見た高島山トンネルの入口
現在は通れませんが、トンネルを通れるようにして東白楽駅までこの遊歩道を延ばす計画があるとの事です。トンネルは補強工事が完成しています。
P9270163 P9270164

線路伝いの道がないので、ぐるっと回って反町駅の方に向かいました。
地図を確認しなかったのが良くなかったのか、たどり着いた所は反町駅のすぐ近く。
高島山トンネルの反町側の入口まで戻るのが億劫だったので、その部分の散歩はパスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/01

正直しんどい...

あっ、テレビ番組の事です。

テレビ朝日系で毎週水曜深夜1:15から放送されていた「堂本剛の正直しんどい」、9月30日の放送が最終回でした。
あのマッタリ感が結構好きだったのですが残念です。

かつて、広末涼子さんにぜひ出演して欲しいと思っていた番組が2つあり、その内の1つがこの番組でした。(もう1つは「ウチくる!?」)
以前堂本剛さんとドラマで共演した事があり(「Summer Snow」と「元カレ」)、ドラマ上では相性が良さそうだったので、どんな感じになるのかなぁと。
実現される事なく終わってしまいました。

---
「正直しんどい」に限らず、テレビ朝日系の平日深夜0時代の番組が全て終了してしまいます。(「タモリ倶楽部」は除く..。タモリさんがアコムのCMに出てアコムがスポンサーに付いたから残れたのでしょうか...)
あの時間帯のテレビ朝日系のバラエティ番組、よく見ていたのですが何だか残念です。
存続する23時台も含めた深夜のあの時間帯は、テレビ朝日系の黄金時間帯だと思っていました。

深夜0時台は「お願い! ランキング」という通販と連動した番組に変わってしまうようです。
不況等の影響で広告収入が見込めなくなり、通販で売り上げを稼ぐという方針なのでしょうか。
「不況って嫌だな!」とちょっと思いました。
「通販と連動」という言葉を聞いただけで見る気が起こりません。他の局を見る事になるのか、あるいは早く寝る事になって健康的になるのか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »