« 完璧なノートを取る人は優秀なのか? | トップページ | しんちゃんは週刊埼玉県庁 »

2009/07/25

ブラックドラえもん

7月24日、久しぶりにドラえもんを見ました。
子供の頃見ていた頃と違う声優は、やっぱり違和感を感じます。

この日の放送の1話はこんな感じでした。

スネ夫、ジャイアン、しずかちゃんはスネ夫の父親所有のクルーザー船で豪遊中。
のび太は泳げないとの事で誘ってもらえなかった。
そこで、ドラえもんにその人周辺の川底から水面まで水がなくなる道具を出してもらって海で遊ぶ。
スネ夫らが乗ったクルーザー船が、水面がごっそり抜けている不思議な光景を見て、そっちに進んでみる。
スネ夫らが乗ったクルーザー船がその水がない部分に突っ込んで沈没。
ドラえもんが道具を出して、紙の船? で助ける。
その頃、スネ夫の父は自慢のクルーザー船を報道陣に見せるためにヨットハーバー?へ。
しかし泊まっているはずの場所にクルーザー船はいない。
しばらくすると、スネ夫らがしがみついている紙の船? が海中からその場所に浮上。
そして、

「 ドラえもんとのび太がスネ夫らのその姿を見てあざ笑う!! 」

ここでCM。
CM明けにドラえもんが道具を使ってスネ夫父親所有のクルーザー船を修復するのかと思いきや、全く関係のない次の話に進みました。

ん...
ドラえもんとのび太って最低なんじゃないか....?

クルーザー船は安いモノではないはず。ドラえもんやノビ太の小遣いで到底買えるような類のものではなく、ノビ太のお父さんの年収全てを使っても買えないものなのではないか?
ドラえもんとのび太に大きな責任はないのかもしれないけど、沈没する要因にはなったはずです。
また、場合によってはスネ夫らは死んでいたかもしれないのに。助かったのは運が良かったからではないかと。

そんな状況で笑えないですよ...。

| |

« 完璧なノートを取る人は優秀なのか? | トップページ | しんちゃんは週刊埼玉県庁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックドラえもん:

« 完璧なノートを取る人は優秀なのか? | トップページ | しんちゃんは週刊埼玉県庁 »