« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の36件の記事

2009/07/31

海フェスタよこはま2009 (11) きりしま・しらせ (7/26)

大さん橋で公開された海上自衛隊の護衛艦「きりしま」と砕氷艦「しらせ」です。
到着した時には既に一般公開の時間が過ぎており、中は見られませんでした。

左側(手前)の船が「きりしま」、右側(奥)の船が「しらせ」です。
P7260249 P7260274
P7260273 P7260262

マリンタワーの展望台から。
P7260293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/30

海フェスタよこはま2009 (10) 横浜海上防災基地の一般公開 (7/26)

新港ふ頭にある海上保安庁・第三管区海上保安本部の横浜海上防災基地で一般公開が行われていました。

P7260247

会議室か何かで資料や道具の展示が行われているのかと思って入ってみました。
なんと、訓練施設の一般公開でした。
あの建物の中にこんな訓練施設がある事自体をそもそも知りませんでした。

<武道場>
災害発生時は避難所としても使うとの事です。
P7260223

<荒天訓練用の水槽>
P7260224

下の写真のようにいろんな波がおこせます。
この中には入りたくないです。特に右側の写真のうず潮状態の時は。
P7260241 P7260243

<水中作業用の水槽>
P7260230
これぐらいの深さなら何とかなるかもしれませんが...。

<潜水訓練用の水槽>
P7260236
深い...。
落ちたらどうしようかと思いました。3F分の深さがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

海フェスタよこはま2009 (9) 拓洋 他 (7/26)

続いて同じく新港ふ頭で行われた海上保安庁所有の測量船「拓洋」の一般公開へ。
体験航海として使用された巡視船「いず」の出航・入航風景も見られました。

<測量船「拓洋」>
海底の地形・地層等を調査するための船との事。海洋情報部の所属とあります。
年季を感じる船でした。

P7260159 P7260165
P7260054 P7260211

・煙突
P7260172

・船橋 (操縦室)
P7260182

・観測室
計測器やコンピュータが並んでおりました。
7月18日に見学した気象庁の「凌風丸」よりもWindows率が低いように思いました。
「PASSWORD: (たぶん本当のパスワード)」と書かれたテプラがキーボードに貼られていたコンピュータや、パスワードらしきものが書かれた付箋が貼られているコンピュータがありました。
これはよろしくないです。せめて一般公開の時ぐらいは剥がしておきましょう。
P7260194

・風呂
P7260199

・無人測量船「じんべい」
「拓洋」の上に乗っかっていました。
海底火山活動が活発になった時に、危険回避のためこの無人測量船を使用するそうです。
古そうに見えたのでしたが、調べた所2002年の竣工でした。
P7260173 P7260205
P7260208

<巡視船「いず」>
体験航海として出航する「いず」です。
P7260031 P7260043

<消防船「ひりゆう」>
P7260072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/28

川村カオリさん死去

川村カオリさんが7月28日に死去されました。
川村カオリ オフィシャルブログ「川村カオリの調子はいいんだけど…。」訃報

驚きました。
乳がんと闘っておられることは知っていました。
やがては亡くなるのではないかとは思ってはいましたが、数ヶ月前にどこかでライブを行ったというニュースを見た記憶があります。なので、なんだかんだ言ってもまだまだ大丈夫なのかと思っていました。
なので、急に亡くなって驚きです。

自分と苗字が同じというしょうもない理由で、新聞の「週間FMラジオ欄」(昔はそういうのがありました)で、「川村かおり」という名前初めて見つけてから密かに応援していました。
「やまだかつてないテレビ」なんかで出てきた時は、少し嬉しかったりもしました。
同郷の芸能人を応援するのと同じような心境です。

そんな理由なので、正直な所川村カオリさんの事はあまり詳しくはないし、「ZOO」など初期の頃の歌しか知らないです。
なので、ああだこうだ言う資格はないのかもしれません。

何はともあれ、残された娘さんには幸せになってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田横浜市長辞任 .....逃げた?

逃げたな!!!

と思いました。
どういうことよ...。
「横浜市民なんて知らない!」と見捨てられたような気分にもなりました。

辞任する事の理由のひとつとして、
> 横浜開港150周年関連事業が一段落したことや
という事のようですが....。

「Y150の失敗の責任を取る!」
という最も重要な仕事が残っているではありませんか。
「Y150の責任逃れのためなんだな!」と勝手に推測しました。
静岡富士山空港の前静岡知事と同じではないかと、そういう勝手な推測です。

「日本をよくする~」だと!?
横浜市制を投げ出した人にそんな事は言われたくないです。
応援する気にはなれません。

市長選と衆議院議員選挙と同日選挙になるとメリットがあるようなことを言われていました。
経費削減という効果は確かにあるのかも知れませんが、
国政は国政、横浜市長選は横浜市長選と、別次元でじっくり考えて投票したいものです。
同じ日にやると混合してどっちも中途半端な投票行動になってしまいそうです。寧ろそれが狙いなのでしょうか...。
投票に行く手間は減るかもしれないけど、自分的には全然嬉しくないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海フェスタよこはま2009 (8) 銀河丸・青雲丸 (7/26)

7月26日、またまた「海フェスタよこはま」のイベントの一環として行われた船の一般公開に行きました。

この日は雲がほとんどない日焼け日和の青空で非常に暑かったです。いつもオフィスの中で仕事をしている自分としては若干厳しいものがありました。船の中は冷房が効いているので、船の中に入ると天国みたいな感じでした。

まずは新港ふ頭で行われた航海訓練所所有の「銀河丸」と「青雲丸」の一般公開へ。
どちらも同じな目的の船のようで、中に設備が似ていました。銀河丸の方が建造年が新しく、その分設備が新しいという違いはあります。
同じ航海訓練所所有の日本丸や海王丸と違って帆船ではありません。

実習生の年齢層が日本丸や海王丸よりも年上に見えました。例えるならば、日本丸・海王丸=高校生、銀河丸・青雲丸=大学生 といった感じ。たまたまその時の実習生がそうだっただけなのか、実際にそういう区分けがあるのか、単なる自分の錯覚なのか.....。

<銀河丸>
P7260014 P7260163
P7260101

・貴賓室(だったかな?)
P7260028

・船橋の横あたりの屋外から
P7260039 P7260053
P7260056

・船橋 (操縦室)
実習船ならではという事になるのでしょうか。1番上の階とその下の階の2箇所にあります。
上の階にあるのが本番用、下の階にあるのが実習用という事のようです。
下の階ではシミュレータが設置してあるようで、プロジェクタと引っ張ると出てくると思われる幕がありました。
下の写真の左側が本番用、右側が実習用です。
P7260057 P7260065

船橋には下の写真の機械が何台も置かれています。
操作盤の右の方にある「トラックボール」が気になりました。民生品の流用でコスト削減という事なのでしょうか。
何の装置なのかと気になっていたのですが、他の船のあった似たような機械から判断するとレーダーの操作盤なのではないかと思われました。
P7260061

・エンジンルーム
P7260077

・第一教室
大学の教室と同じような感じです。
練習船である事を認識する光景の1つでした。
P7260081

・後部の甲板
P7260085

<青雲丸>
P7260109 P7260148

・船橋の横あたりの屋外から
P7260116 P7260117

・船橋 (操縦室)
「銀河丸」と同様に1番上の階(本番用)とその下の階(実習用)の2箇所にあります。
銀河丸と違ってシミュレータはないようでした。
下の写真の左側が本番用、右側が実習用です。
P7260119 P7260126

・後部の甲板
P7260135

・食堂
P7260140

・教室
授業を行う模様。受講する学生数は少ないです。
P7260142

・エンジンルーム
P7260144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/26

しんちゃんは週刊埼玉県庁

「クレヨンしんちゃん」の方の後半は、「週刊埼玉県庁」ネタでした。

毎週部品が付いており、全て集めると模型ができるというよくあるタイプの雑誌。
全て集めると埼玉県庁・第一庁舎の建物ができるという「週刊埼玉県庁」が発売されたという話でした。
初回は特別価格で500円ぐらいと安いですが、2回目以降は1500円ぐらい。
一度買うと途中で辞められなくなるという心理を狙った、ある種の商法ですね。

しんちゃんのお父さんはこれを集めたいが、無駄遣いだと妻に怒られるかもしれない..という不安。

でもやっぱり欲しく、妻に黙って買い続けて物置の中のみかん箱の中で組み立てて行きます。
しんちゃんには見つかり、2人の秘密という事になりました。

しかしあるとき、それが妻に見つかります。
見つかった事を知らずに、「週刊埼玉県庁」の新号を買って夫は帰宅...。

ここで終了でした。

.....
この後どうなったのか気になります。
妻の許しを得て、最後まで買い続けて、最終的には妻も一緒になって楽しんで埼玉県庁の模型を完成させたのか。
或いは、これで終わりとなり完成することなく放置或いは破棄されることになったのか。
自分的には前者を期待してしまうのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009/07/25

ブラックドラえもん

7月24日、久しぶりにドラえもんを見ました。
子供の頃見ていた頃と違う声優は、やっぱり違和感を感じます。

この日の放送の1話はこんな感じでした。

スネ夫、ジャイアン、しずかちゃんはスネ夫の父親所有のクルーザー船で豪遊中。
のび太は泳げないとの事で誘ってもらえなかった。
そこで、ドラえもんにその人周辺の川底から水面まで水がなくなる道具を出してもらって海で遊ぶ。
スネ夫らが乗ったクルーザー船が、水面がごっそり抜けている不思議な光景を見て、そっちに進んでみる。
スネ夫らが乗ったクルーザー船がその水がない部分に突っ込んで沈没。
ドラえもんが道具を出して、紙の船? で助ける。
その頃、スネ夫の父は自慢のクルーザー船を報道陣に見せるためにヨットハーバー?へ。
しかし泊まっているはずの場所にクルーザー船はいない。
しばらくすると、スネ夫らがしがみついている紙の船? が海中からその場所に浮上。
そして、

「 ドラえもんとのび太がスネ夫らのその姿を見てあざ笑う!! 」

ここでCM。
CM明けにドラえもんが道具を使ってスネ夫父親所有のクルーザー船を修復するのかと思いきや、全く関係のない次の話に進みました。

ん...
ドラえもんとのび太って最低なんじゃないか....?

クルーザー船は安いモノではないはず。ドラえもんやノビ太の小遣いで到底買えるような類のものではなく、ノビ太のお父さんの年収全てを使っても買えないものなのではないか?
ドラえもんとのび太に大きな責任はないのかもしれないけど、沈没する要因にはなったはずです。
また、場合によってはスネ夫らは死んでいたかもしれないのに。助かったのは運が良かったからではないかと。

そんな状況で笑えないですよ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

完璧なノートを取る人は優秀なのか?

毎日新聞宮城版の新聞記事「宮城の記者の目:怒れ若者世代 声上げるチャンス 市民の意思で作る政治を」の中から、
> いつも完璧なノートを取っていた友人はフリーターになった。

(授業中に)「完璧なノートを取る人」が必ずしも優秀というわけではないと思う。
「書記」には向いているかもしれないけど。

授業で重要なのは「授業を理解する事」であり「ノートを取る事」ではない。
「完璧なノートに取る事」に集中するよりは、「授業そのもの」に集中した方が良いのではないか。
完璧なノートを取ると勉強したという満足感が得られるという効果があるのはよく解るんだけどね。あと、教師をはじめとした他の人からの印象が良くなる。

ノートをとる必要があるのは、「教科書を読んでもよく解らなかった事の補足」や、「教科書に載っていない事」。
極端な話、ノートを別途用意せずに、教科書に直接補足事項等を書き込んでいっても良いような気がする。

そこでふと思い出した。
予備校のテキストって、余白がいっぱいあり、何も書いていないページまであったような気がする。「ここにノートを書きましょう」みたいな感じであり、実際その余白にメモを書いていたような。
予備校のテキストは理に適っているような気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘密のケンミンSHOW 「あられのお茶漬け」(三重県)

テレビ番組表の「ご飯無し!?三重のお茶漬け衝撃の中身」という見出しを見つけて気になって見ました。

自分は三重県の北の方(四日市市)出身です。

「どうせ南の方のごく一部の地域風習で、北の方では聞いた事もない風習だろう!!!
 三重県ではどこでもやっているなんて思われるのは嫌だな!!!」
と思う事になるであろうと予想し、見ていました。

「あられのお茶漬け」
でした。
松阪市・伊勢市周辺の風習だとの事。

ん......
なんだか幼少期の頃に、食べた事があるようなないようなあるようなあるような記憶がかすかにあるぞ...。
祖父や祖母がたまに食べていて、「食べるか?」なんて言われて食べたような気がする。
ちなみに祖父も祖母も三重県の北の方出身です。

----
話は変わるが...、
「ソフト麺」って食べた事がないです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミス・ユニバース世界大会・日本代表壮行会

2009ミス・ユニバース・ジャパンに選ばれた宮坂絵美里さんの世界大会壮行会が7月22日に行われたようです。

2ちゃんねるで「2009ミス・ユニバース・ジャパンに選ばれた宮坂絵美里、世界大会壮行会にピンクのガーターベルトで登場」というスレッドタイトルを見つけました。
ある期待を持ってそのスレッドとそのスレッドの元となっている新聞記事を開いたのですが....。

参考:新聞記事
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090722-521818.html
http://www.sanspo.com/shakai/news/090722/sha0907221838021-n1.htm

これは.....。
.....絶句です。

「ミス・ポルノーズ世界猥会」の壮行会かと思いましたよ。
 ↑ (注) 勝手に考えた大会で実在はしない...と思います。

ミス・ポルノーズなら大いに結構だと思うのですが、
名だたるミスユニバースでこの衣装はいかがなものかと。
審査員を誘惑する効果はあるのかもしれないけど、こんなので世界一を取っても意味がないと思うし、取って欲しくないです。

普通に着物を着た方が日本の「美」だと思うんですけどね、自分は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

海のエジプト展

7月19日、パシフィコ横浜・展示ホールDで開かれている「海のエジプト展」に行った。P7190001

入場券を買うのに45分待ちでした。
入場自体は0分待ち。これから行く人はどこかで入場券を買ってから行った方が良いかもしれません。

14時45分頃に入場。
展示会場の中は人人人..。
じっくり展示物に沿って見て行こうと思っていたのですが、国会議員の牛歩並みに先に進みません。
この調子で見ていくと最後まで見ないうちに終了時間(18時)になってしまったり、最後にあるバーチャルシアターが見られないかもしれないので、あまりにも混んでいる所は列の外側から覗いて見るだけにしたりしました。
それでも、展示物を見終わって会場を出たのが18時頃でした。

エジプトのカノープス・ヘラクレイオン・アレクサンドリア。これらの都市に、8世紀頃地震等による地殻変動によって海に沈んでしまった地域があります。この展覧会は、沈んでしまった海底から発掘された古代エジプト文明の遺跡を展示するというものでした。
海底での発掘調査方法の展示等もあります。
アレクサンドリアでは、島(人工島と言う認識で正しいのかな?)全体が沈んでしまったようです。例えれば、お台場が沈んでしまったようなものなのでしょうか。

思った事。
(1) 紀元前の段階でレンガ造り? なのかな? の建物があり、街が形成されていた事に驚いた。
日本ではまだ竪穴式住居に住んでいた頃ではないかと。

(2) 人類は侵略の歴史なんだな...。
・カノープスでは、エジプト神話による宗教施設がキリスト教信者によって壊され、キリスト教の宗教施設が建てられた。
・エジプトは他国により支配し続けてきた。
  それ以前 : 地元民など
  紀元前6世紀: ペルシャ
  紀元前4世紀: ギリシャ (クレオパトラもこの時代)
  4世紀: ローマ帝国
  7世紀: イスラム関連
  16世紀: トルコ
  18世紀: フランス
  19世紀: イギリス
  20世紀: 独立
 ※以上はWikipediaを参照に記載。
  自分の誤解などあるかもしれないです。あったらごめんなさい。

(3) クレオパトラ7世のイラストに萌えた...。

あ... (3)は忘れてください。

バーチャルシアターでは、海底に沈む遺跡のCGをコントローラで動かすイベントがあり、手を挙げた希望者2名が操作していました。
また、アレクサンドリアの沈んでしまった島の街並み上空を飛行するような映像が映し出されます。今現在の街並みであってもおかしくないような風景で驚きました。

バーチャルシアターを出た所で「公式フィギュア」(1個300円)を売っていました。ガギャガチャで購入します。
バーチャルシアターから出てきた人の殆どが買っているのではないかと思われるぐらい売れていました。
自分も2つ買ってみました。
左: オリシス・カノポス壷(11番)、右: プトレマイオス朝のファラオ像(2番)
P7200245

「海のエジプト展」は9月23日まで。
大人2300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

海フェスタよこはま2009 (7) 初代日本丸の総帆展帆 (7/20)

日本丸メモリアルパークで保存されている「初代日本丸」でも総帆展帆が行われました。

時間の関係で間近では見られなかったのですが、大さん橋辺りから「初代日本丸」が見えました。
P7200096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海フェスタよこはま2009 (6) 日本丸・海王丸の総帆展帆 畳帆 (7/20)

海王丸の前まで進み、写真を撮っていたら乗員による体操が始まりました。
「これもパフォーマンスなのかな?」と思っていたら、その後帆を畳み始めました。

「おや? もう畳むの????!」と焦りました。
16時までの予定ではなかったのかと....。今はまだ15時です。
パンフレットには13時~16時まで「総帆展帆」と書いてありました。
 13時~14時 : 展帆
 14時~14時45分15時 : 帆を広げた状態で展示
 14時45分15時~16時 : 畳帆
こういう事だったんですね。
たった1時間広げただけで畳んでしまうのはなんだかもったいないような気がしますが、時間の関係上仕方がないのかな。
折角なので、その場で畳帆の様子を見学する事としました。

「わっしょいわっしょ」と掛け声をしながら縄を引いて順番に帆を縮めていきます。
柱毎に3班に分かれているようです。(柱は4つありましたが後方の班は比較的帆の数が少ないため2柱分を担当する模様)
全員が綱を持って引っ張るわけではなく、「前方で綱を掴む→綱を後ろに引っ張る→後方で綱を離す→前方に走る」の繰り返しで引っ張っていました。
P7200146 P7200152
P7200159

一通り帆を縮めた後は、柱に登って帆を縄でくくって畳みます。
青色の服を着た人が教官、白色の服を着た人が実習生のようです。
教官は靴を履いていますが実習生は裸足です。
女性と思われる実習生が10人程度いました。女性の人も上に登っていました。
柱を横方向に移動する時は命綱をつけているもの、上下方向の移動は命綱がないように見えました。
帽子は被っていましたがヘルメットは被っておらず、落ちたら死にそうです。
見ているだけでも「怖かった」です。
みなとみらい線のみなとみらい駅のコンコースから地上を結ぶ長いエスカレータ(3階分ある)に乗るのを怖いと思う自分としては、「自分には出来ない」と思いました。仮に登れたとしても、降りれなくなりそうです。

女の子は主に下の方の帆を担当しているようでした。
上の方の横方向の柱と比較すると下の方の横方向の柱は柱の太さが太い模様。
比較的背の低い人が多い女性にとっては、柱の太さが身長の半分ぐらいになってかえって大変そうでした。
P7200164 海王丸
P7200180 P7200183
P7200199 P7200204

一通り畳帆が終了した後、全員が客側に並んで敬礼。
拍手喝采です。
P7200209

この後後片付けを始めていましたが、「これで終了」との事で地上の係員に追い出されました。

こういう事を言うのは良くない事かもしれませんが、女の子が何人もいた事に何よりも驚きました。
並の男子でもこんな事はできないと思います。
この女の子たちはどういうビジョンをもって船員になろうと決めたのか。気にかかるところではありました。
現在社会でで帆船を実用で運用する事はまずないと思われるので、帆船での演習は練習の一環でしかないのかもしれないですけどね。

長年を練習等を積み重ねてここまで出来るようになったのかなぁと思っていたのですが、航空訓練所HPの「海王丸 実習風景 No.46」から判断すると7月1日から訓練を開始した清水海上技術短期大学校と国立館山海上技術学校の実習生のようでした。こんな短期間で登れるようになるのかともう一度驚きました。

P7200230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

海フェスタよこはま2009 (5) 日本丸・海王丸の総帆展帆 展帆 (7/20)

7月20日、「海フェスタよこはま2009」のイベントとして、大さん橋に停泊中の「日本丸」「海王丸」と日本丸メモリアルパークで保存されている「初代・日本丸」の総帆展帆が行われました。
このうち、大さん橋での総帆展帆を見に行きました。
総帆展帆を見るのは初めてです。

13時開始との事。
10分ぐらい前に象の鼻パークに到着した所、ずら~っと海岸沿いに人が並んで日本丸・海王丸の方を向いて総帆展帆を待ち構えています。
象の鼻パークから見える大さん橋の1Fや屋上も同じような状態。
象の鼻パークからははっきりとは見えませんが赤レンガ倉庫前辺りも同じような状況だったのではないかと予想されました。
「出遅れた!」と思いました。
何の根拠もない勝手な推測ですが、万単位の人がいたのではないかと。横浜港周辺でこんなに人がいるのは初めて見たような気がします。
なんとか船が見える位置を探して、帆が広げられるのを待ちます。

<展帆>
13時よりも若干時間が過ぎた辺りから展帆が始まり、約1時間で完了しました。
初めに乗務員が柱によじ登り、帆をくくっている縄を解きます。
その後地上に降り、ロープを引いて帆を広げているようでした。
縄を解くと同時にスーっと帆が広がって展帆が完了するものかと思い込んでいたのですが、そういうわけではないようです。

以下、展帆していく様子です。
1枚目と2枚目の写真は、よく見ると柱の上に人がいます。
P7200017 P7200025
P7200030 P7200032
P7200033 P7200036
P7200038 P7200042
P7200048 P7200056

<帆を上げている様子>
いろいろ写真を撮りながら船の方に向かいました。
P7200067 P7200079
P7200092 P7200107

P7200111 P7200112
P7200123 P7200128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海フェスタよこはま2009 (4) おまけ(Y150の黒船他) (7/18)

<Y150の黒船>
Y150の「黒船体験ツアー」で使用されている長崎県のハウステンボス所有「観光丸」です。
イベントの開催は3期に別れ、今は開催期間ではないのですが新港ふ頭の端の方に停泊していました。
もしかすると、長崎に帰ることはなくずっと横浜に停泊しているのかな?
もしそうであるなら、3期に分けずにずっと「黒船体験ツアー」をやればいいのにと思うのですが。(週1~2回は休航日を設けるものとして)
P7180024

<飛行船>
横浜上空を飛んでいました。
P7180156 P7180164

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海フェスタよこはま2009 (3) 日本丸・海王丸 (7/18)

大さん橋では航海訓練所所有の日本丸海王丸の一般公開が行われていました。
どちらも商船学校の生徒等が使用する練習帆船です。

<日本丸と海王丸の2ショット>
手前(4枚目の写真では右側)が日本丸、奥(4枚目の写真では左側)が海王丸です。
乗船時は海王丸の方か全長が長く感じたのですが、資料によると同じ長さとの事。建造所も同じ(住友重機浦賀)です。
P7180065 P7180062
P7180169 P7180046

<日本丸>
P7180045
P7180174 P7180191
P7180075 P7180090

・食堂兼教室
これから授業が始まるようでした。
P7180086

・帆走用操舵輪
船の一番後ろにあります。
P7180095

<海王丸>
P7180044
P7180175 P7180187
P7180120

・士官用の食堂
P7180131

・学生用の食堂兼教室
授業中でした。日本丸には置いてなかったような気がするプロジェクタを使って授業をしていました。
プロペラ係数がどうのこうのと言っていたような気がするので、物理系(力学?)の授業なのかな???。
授業をしている中、その横を見学者がぞろぞろと通り過ぎます。
自分のように写真を撮る見学客も多く、学生に話しかけているおじいさんもいました。
こんな状況でまともに授業が出来るとは思えないのですが、この状況で授業をする事に何か意味があるのか。コマ数を消費するために休講にする事はできないのかな?
女子学生もいました。
P7180137

・帆走用操舵輪
P7180123

・LED
海王丸だけにありました。
船の説明等が流れていました。
「海王丸」の文字の所で点滅します。
この点滅する様子が、パチンコ屋や中華料理点等の飲食店の前に置かれている宣伝用のLEDのように見えてしまいました。
P7180185

7月20日の13時から、大さん橋に停泊中の日本丸・海王丸と、桜木町の日本丸メモリアルパークで展示されている初代日本丸の総帆展帆があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/19

海フェスタよこはま2009 (2) 海の総合展 (7/18)

横浜赤レンガ倉庫の1号館2Fで「海の総合展」、広場で「海上コンテナ展」が開催されていました。

P7180053 P7180051

<海の総合展>
海事関連の公共機関による出展がほとんどでした。
自分の中で興味を引いたのは下記の通り。

NYKスーパーエコシップ2030
関東運輸局のブース(たぶん)に模型が展示されていましたが、日本郵船の考案で2030年からの運用を目標にしているようです。
燃料電池・風力・太陽光発電を中心に推進するコンテナ船との事。
最上位のコンテナを囲むようように太陽発電のパネルがありました。
「どうやってコンテナを積むのだろう?」と疑問に感じました。コンテナ埠頭にあるでっかいクレーン(ガントリークレーン)では載せられないし。係員の説明によると、太陽発電のパネルが移動するとの事でした。

漂流型海洋気象ブイ
海に浮かべて気圧・水温・波高・波周期を測定する機械です。
横浜地方気象台による出展です。
測定値は通信衛星を経由して送信されるとの事、機械の蓋を開けて見せていました。
蓋の中で目立つものは、送信用のアンテナ、乾電池2つ(四角い形状のタイプのもの)ぐらい。
乾電池で動かしている事に驚きました。

<海上コンテナ展>
絵画等が展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/18

海フェスタよこはま2009 (1) 淡青丸・凌風丸 (7/18)

2009年7月18日~26日の期間、横浜港で「海フェスタよこはま2009」が開催されています。
いろいろな船の一般公開や、赤レンガ倉庫での「海の総合展」等が行われます。

7月18日、見に行って来ました。
まずは、新港ふ頭で行われた「船の一般公開」から。

<淡青丸>
海洋研究開発機構(JAMSTEC)の学術研究船です。
元は東京大学海洋研究所の所有で海洋研究開発機構の設立に伴って移管。日本近海での基礎研究を中心に使用されているとの事です。
船内が狭いとの事から1時間当たり60名で1時間前に整理券配布する方式で船内見学が実施されていました。
タイミングが悪かったりして船内見学は諦めました。
P7180010 P7180036

<凌風丸>
気象庁海洋気象観測船です。
同目的の船が全国に5隻あり、その内凌風丸は本庁管轄との事。海洋及び海上の気象観測、海洋汚染物の観測等を行っているようです。
P7180009 P7180034

・操縦室と操縦室からの眺め
P7180017 P7180019

・研究室
計測機器がたくさん並べられていました。
UI部分だけかもしれませんが、Windowsを使ったシステムが多かったです。
Windowsはこういう所でも結構使われているんですね。
計測器との通信ログらしきものだけを表示しているディスプレイがあったり。通信ログを見せてもあまり意味がないと思うのですが、素人目にはそれっぽく魅せられるのか。
その通信ログを見て「改行コード(<CR><LF>)で1区切りとする通信フォーマット」という事が分かりました。

・海洋観測機器
下記写真のものを海洋に沈めて水温・塩分等を測定するそうです。
海水を引き上げて測定するわけではなく、沈めた状態で水温・塩分等を計測してデータが船に送られてくるようです。
P7180028

・船の後部
P7180031

凌風丸は7月19日も一般公開が開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

鳩がいた

駅ビルの地下で夕食を買い、1Fに上がってきたら「大音量」で演説している声が。
いつもよく演説している候補者達はこんな大音量では演説していないし、聞いた事のない声だなと思う。
「何だよこの人は、うるさいよ!」と思う。

1Fで別の用事をした後外に出る。
駅前の交番の横(どちらかと言うと歩道上)に高級車が停められていた。この場所に緊急車両以外が停まっているのは見かけた記憶がないように思う。
「なんだろうな?」と思って演説している声が聞こえる方に向かって見ると...

民主党の鳩山由紀夫代表だった。

こちらの選挙区の候補者(広末従兄弟)の応援演説に来ていた模様。
人だかりができていました。
演説の締めと思われる事を話していて、拍手が起こっていました。

「故人献金などその辺りの事について聞いたらどう答えるのだろうか?」と思いましたが、そんな事を聞く勇気もなく、また長居すると地下で買った夕食が腐るかもしれないので、特に演説は聴かずに帰ってきました。

※ 高級車が鳩山代表のものなのかどうかは定かではないです。全く関係ないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

ロッテリア「絶妙バーガー」 美味しくなかったら返金

ロッテリアが新製品「絶妙バーガー」に対して、「美味しくなかったら返金」するキャンペーンをするそうです。
但し、返品には条件あり。
① 半分以上食べていない事。
② レシートと現物を購入店に持参
③ アンケートの協力
④ 1人1回

→ 参考: ロッテリアのこの件のニュースリソース

実際に不味いかどうかに関わらず、「不味い」と申告してただ飯として利用する人もいそうですね。中高生等の罰ゲームやチャレンジ自慢のネタにもなりそうです。
一方、自分の場合、不味くても余程でない限りは残しません。そういう人は多いのではないかと思います。そのいう人の「不味い」という評価はロッテリアに伝わらないという事になるのではないでしょうか。
これらの事考えると、このキャンペーンによって「美味しいかどうかが正当に評価される事はない」ような気がします。③のアンケートは無駄かもしれませんね。

それはともかく、この①の条件はどうなのかと思います。
「ただ飯」するには半分は残さなければならないのです。
残された半分は廃棄される事になるはずです。
一部の人の「ただ飯」のために食べられる食品がどんどんと捨てられていく。
そう考えるとなんだか哀しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/13

Perfume ⊿

Perfumeのニューアルバム「」を買って来ました。
初回限定版は売り切れだったので通常版を買って来ました。

「⊿」は「トライアングル」と読むそうです。
3rdアルバムであり、メンバーが3人なので「トライアングル」という事のようです。(Wikipediaの「⊿ (Perfumeのアルバム)」より)

当初は読み方が発表されておらず、2チャンネルの「芸スポ速報+」板でその旨のスレッドが立ち、「トライアングルだ!」「デルタだ!」、いやいや「直角二等辺三角形だ!」などと盛り上がっているのを見た記憶があります。
で、先日Perfumeがゲストの番組を見ていたら、画面下に出てきたツアー告知のタイトルが「直角二等辺三角形TOUR」になっていて思わず笑ってしまった...。
初めからこのタイトルで決まっていたのだろうか、或いは関係者が2ちゃんねるのスレッドを見てこのタイトルに決めたとか?

自分的には、「I still love U」が良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏時間→標準時間の切替時に発生する重複する1時間

夏時間の制度がない日本では関係がないことですが、
アメリカなど夏時間の制度がある国では、夏時間→標準時間 の切り替え時に重複する1時間が発生します。
例えばアメリカ合衆国の場合、11月第1日曜日の午前1時00分~午前1時59分が2回訪れます。
「0:59(夏時間) → 1:00(夏時間) →...→ 1:59(夏時間) → 1:00(標準時間) →...→ 1:59(標準時間) → 2:00(標準時間)」といった具合です。
逆に、標準時間→夏時間 の切り替え時は空白の1時間が発生します。
→ 参考: Wikipediaの「夏時間

この重複する1時間、現地ではどう表現しているのだろう? という疑問があります。
「午前1時に○○で待ち合わせ」とした場合、「ある人は夏時間の1時に来る。またある人はその1時間後の標準時間の1時に来る。」という事態が発生しそうです。こういう場合は「夏時間の午前1時に待ち合わせ」と言ったように厳密に取り決めを行うのでしょうか。
... もっとも、こんな夜中に待ち合わせをする人などまずいないので、そもそも問題にはならないのかもしれませんが...。

一般的な時計は、夏時間と標準時間の切り替えが行われた後に手動で1時間遅らす又は早める必要があると思います。
こういうのはどうしているのだろう。
切り替わり日の朝の恒例行事になっていたりするのでしょうか。
「お父さん2Fの寝室の時計ずらしてきてよ。ねぇ。私届かないんだから。」「えぇ~.. まだ寝てるのに。後にしてよ~」なぁんて。
時間をずらすのを忘れる時計も1つや2つ出てきそうですね。
また、標準時間→夏時間に切り替わった事を忘れて、次の日の出勤や登校に1時間遅刻する人も、中にはいるかもしれません。

Windowsの場合、自動で時計を調節してくれます。
興味がある人は試してください。但し自己責任で。使っているソフトが誤動作したり、変な日付のメールを送ってしまっても責任は持ちません。
① タスクバー右端の時計が表示されている部分をダブルクリック。
② 表示される「日付と時刻のプロパティ」画面で「タイムゾーン」タブを選択。
③ ドロップダウンリストから「(GMT-08:00) 太平洋標準時 (米国およびカナダ)」を選択。
  「自動的に夏時間の調整をする」のチェックボックスにチェックを入れて「適用」 ボタンを押す。
④ 「日付と時刻」タブを選択して、日付を2009年11月1日に、時刻を1時59分に変更して「OK」を押す。
→ 1:59の後再び1:00になるはずです。

夏時間が導入されるといろいろ面倒な事が起こりそうです。
時刻の重複が発生する事を十分考慮して作られている国内のシステムは少なそうな気がするので、思わぬ所でトラブルが発生したりするかもしれません。
考えるだけでぞっとしてきました。
自分的には「夏時間導入」は反対です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/12

等々力周辺の交通

<等々力駅>
島式ホーム1面2線の駅。
島式ホームの先端・上下線に囲まれた所に駅舎(改札口・切符売り場)があり、構内踏切で渡ります。
こういう形態の駅は今では珍しいのではないかと思います。
P7110136 P7110141

<東急バス 等々力操車所>
東京駅から目黒駅を経由して等々力操車所前まで行く長距離路線、都営バス・東急バス共同運行の東98系統の終着点です。
昔は都営バスと民間バスの共同運行で郊外から東京駅まで乗り入れる路線がいくつもあったようなのですが、現在はこの路線のみ残っています。
何気に気になっている路線なのですが乗った事はありません。
壮大な路線ですが、終点は小規模な車庫でした。
P7110143

<帰りのバス>
等々力渓谷に行った後、出口近くにあった不動下というバス停からバスに乗りました。東急バスの等01・等々力行(玉堤循環・タマリバーバス)です。
小さなバスが来ました。
そのバスは、多摩川の土手の下まで進んで停止しました。
この先左折する交差点に故障した車が停まっており、曲がれないとの事。
運転手さんが営業所に電話をかけ、故障している車の様子を見に行ったりしていました。
動く気配がありません。
土手の上には別の路線のバス停(玉堤二丁目)があり、そっちの方に多摩川駅行のバスが来ました。
運転手さんに言ったら乗り換えても良いとの事で、「振替乗車票」を渡されました。その「振替乗車票」を持ってそちらのバスに乗り換えました。

列車での振替輸送は何度もありますが、バスでの振替輸送は初めてでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

等々力渓谷

7月11日、東急大井町線に乗りに行ったときに、等々力駅で降りて「等々力渓谷」に寄ってきました。

等々力渓谷に行くのは初めてです。
東京23区内唯一の渓谷と言われている所です。
行くまでは「本当に渓谷なのか?」と半信半疑でしたが、本当に渓谷でした。

<ゴルフ橋>
等々力駅から西に行った所にある等々力渓谷を跨ぐ橋です。
この橋の脇に川岸に下りる階段があり、そこから下流に向かって遊歩道があります。

・渓谷への入口
P7110153 P7110154

・ゴルフ橋から見た渓谷
P7110150

<渓谷内>
上流側はブロック等が詰まれている箇所が少なく、遊歩道もすれ違いが困難な場所があります。比較的自然な形で残されています。
下流側は、川がブロックで囲まれており、遊歩道も石畳がひかれて整備されています。

P7110161 P7110160
P7110172

<不動の滝とその周辺>
P7110198 P7110184

この近くに茶屋があります。
等々力渓谷はこの先舗装された道路となり、住宅が立ち並んできて終了でした。

<等々力不動尊>
不動の滝の近くの階段を上がっていくと、等々力不動尊の本堂の前にたどり着きました。

左:本堂、右:山門
P7110193 P7110189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急田園都市線「伊豆のなつ号」

大井町線延伸を乗りに行っているときに、東急田園都市線で「伊豆のなつ号」が走っているのを見かけました。
伊豆急行と東急電鉄による「伊豆をPRする列車」との事です。
伊豆急行の8000系と同じ塗装になっています。
→ 参考: 東急電鉄のニュースリソース

P7110060 P7110062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東急大井町線・溝の口延伸

7月11日、東急大井町線が二子玉川から溝の口まで延伸されました。
という事で早速乗りに行って来ました。
この日は、大井町→溝の口→等々力と乗車しました。(途中下車あり)

<大井町駅>
案内板に「溝の口」方面の記載があります。
LEDの発車案内では、二子新地・高津に停車する各停と停車しない各停が色で区別されていました。青色が停車する各停、緑色が停車しない各停です。
P7110003

ホームに停車中の列車です。
列車の種別欄も、青色と緑色で各停が色分けされています。
P7110008 P7110016

こちらは急行。
P7110025

<大岡山駅>
大岡山駅でいったん下車。
理由は、延伸前にこの駅で撮影したから。その時と比較するためです。
P7110029

P7110030 P7110034

<二子玉川駅>
P7110042

案内板が「降車専用(一部列車を除く)」→「大井町線 溝の口方面」に替わっていました。
P7110046 P7110045

駅名票。
溝の口方面は「二子新地」と「溝の口」の併記になっていました。
延伸前は「二子新地」だけだったような記憶があります。
P7110131

大井町線下りホームにある信号。
前来たときはなかったような気がします。
下の写真は二子新地・高津停車の各停出発時。列車はこの先のポイントで左側の線路に転線します。急行は「急・↑」の表示、二子新地・高津通過の各停は「(未点灯)・↑」の表示だったと思います。
P7110054

ホームから見た溝の口方面。
延伸前までは大井町線の列車は橋の上で折り返していましたが、そのまま真っ直ぐ又はポイントを渡って外側に向かうようになりました。
P7110058 P7110122

<二子新地駅>
複々線の内側を走る大井町線の線路にはホームがありません。二子新地・高津駅に停車する各停は外側の田園都市線の線路を走ります。
田園都市線の列車は10両編成、一方大井町線の各停は5両編成。
大井町線各停用に「5両編成の最前部」の表示がありました。
P7110069 P7110070

<溝の口駅>
P7110090

2番線(大井町線下り到着ホーム)の案内板が「(空白)」→「降車専用」に、3番線(大井町線上りホーム)の案内板が「田園都市線 渋谷方面」→「大井町線 大井町方面」に替わっていました。
P7110080 P7110106

改札口前の案内が「東急田園都市線 のりば」→「東急田園都市線 東急大井町線 のりば」に替わっていました。
P7110097

ホームから見た中央林間方面。
大井町線はこの引上線で折返し運転することになりました。
P7110082 P7110112

※ 延伸前の様子はこちらの記事です。
東急大井町線・溝の口延伸前 (2009/7/7付)
東急大井町線・溝の口延伸前 最終日 (2009/7/11付)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/11

東急大井町線・溝の口延伸前 最終日

7月10日は東急大井町・溝の口延伸の前日でした。
という事で、仕事帰りにちょっと寄ってきました。

<大岡山駅>
大井町線二子玉川方面のホームです。
P7100007 P7100016

発車案内など。
シールを剥がせば「溝の口」と出てきそうな雰囲気でした。
P7100002 P7100004
P7100009

<二子玉川駅>
P7100031 P7100034

<溝の口駅>
左の写真は溝の口駅の2番線(大井町線下り到着ホーム)の案内です。
7月11日からは「降車専用」という文字が入るのではないかと思われます。
P7100050 P7100056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

横浜道 (3) JR・相鉄との分断点~東海道との分岐点

京急の平沼駅跡を北に進むと、JR東海道線・横須賀線/相鉄線の線路にぶつかります。
横浜道は線路によって分断されています。すぐ近くにある道路橋を渡って線路を越える必要があります。

<JR・相鉄との分断点 (南側)>
P7050147 P7050151

<JR・相鉄との分断点 (北側)>
P7050158 P7050155

<線路を跨ぐ道路橋から見た帷子川 (西側)>
下の方に見える橋は、横浜道の橋(旧平沼橋)です。
P7050153

<新田間橋から見た新田間川 (東側)>
P7050168

<東海道との分岐点>
東海道との分岐点にたどり着きました。
浅間町交差点ではなく、そのすぐ東側の信号もない路地との交差点が分岐点です。
近くに案内板が建っていました。
P7050162 P7050159

以上で横浜道の散歩は終了です。
次は東海道を... なんて思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜道 (2) 戸部~平沼駅跡

再び横浜道に戻り、北に向かいます。

<戸部辺り>
坂道を下っていきます。
交差点の所から、横浜ランドマークタワーが覗き見えたりします。
P7050100 P7050105

<平沼商店街>
国道1号線を渡り、しばらく行くと平沼商店街にたどり着きます。
シャッター通り化していました。
P7050110

<平沼駅跡>
平沼商店街を進むと、京急と交差する部分にたどり着きます。
交差する所に、かつて京急の平沼駅がありました。
戦中に廃止され、その後空襲によって被災しました。
以前は空襲を受けて鉄骨だけになった屋根が旧ホームに残されていたのですが、1999年に撤去されました。安全の為と思われます。

P7050117 P7050129
P7050128
P7050138
P7050139
P7050121

平沼駅は高架駅でした。
現在耐震工事が行われており、囲いが出来ています。
囲いの上から、ホームへの階段の跡が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

横浜道 (1) 成田山横浜別院~伊勢山皇大神宮

「横浜道」は高速道路の名前ではありません。
横浜開港直前(1853年)に建設した、東海道から開港地である横浜村を結ぶ道路の事です。
正確には、東海道との分岐点(浅間町交差点付近)から関内の吉田橋までの区間。

昔のこの区間の海岸沿いは険しい崖で、保土ヶ谷~井土ヶ谷辺りをぐるっと回ってくるか船で渡ってくる方法しかありませんでした。これでは不便なので、野毛山に切り通しを開いて山越えの近道を建設したとの事。
詳細は横浜市西区の「西区歴史街道 > 横浜道」のページに載ってます。このページに横浜道のルートも載っています。


より大きな地図で 横浜道 を表示

7月4日に横浜市歴史博物館で見た「絵地図・浮世絵にみる開港場・横浜の風景」展でこの横浜道の事が気になり、翌7月5日に散歩してきました。
散歩したのは、「野毛 → 東海道との分岐点」の区間です。

桜木町駅と日ノ出町駅の真ん中ぐらいにあるちぇるる野毛の前から出発です。

<成田山横浜別院>
出発早速寄り道して、成田山横浜別院に行きました。
千葉県成田市にある「成田山新勝寺」の別院との事。
下の門から上の本堂まで高低差が結構あります。

マドンナの「ジャンプ」という曲のPVで使用されたとか。→ Yahoo!動画 マドンナ「ジャンプ」
.....鳥居であんなことするのはどうなのか? と、先程このPVを見て思いました。鳥居は鉄棒ではありません。

P7050060 P7050063
P7050067 P7050070

<野毛の切り通し>
横浜道に戻り、北に向かいます。
この辺りが、野毛の切り通しなのでしょうか?
P7050076

<伊勢山皇大神宮>
またまたちょっと寄り道して「伊勢山皇大神宮」に行きました。
表参道から入るつもりだったのですが、横浜道から折れる道を通り過ぎてしまい、裏参道から入る事になっていました。

伊勢山皇大神宮は「関東のお伊勢さん」と言われているらしいです。
本殿では祈祷が行われていました。
寄付者?の企業や個人の名前が彫られて石柱が通りに並べられているのですが、その中に某クイズハンターからのものもありました。

写真は表参道側から順に並べました。
P7050096 P7050089
P7050085 P7050079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

東急大井町線・溝の口延伸前

7月4日、横浜市歴史博物館に行った後、東急田園都市線・大井町線に乗ってきました。
東急大井町線は7月11日に二子玉川~溝の口間が延伸されます。この区間は東急田園都市線との並行区間という事になります。
「延伸前の様子を見ておこう」という魂胆です。

横浜市営地下鉄と連絡するあざみ野駅から渋谷方面に乗車します。田園都市線には普段乗らないもので、久喜行(埼玉県の東武伊勢崎線の駅)の表示に違和感を感じました。

<溝の口駅>
大井町線延伸区間の終点・溝の口駅です。

・中央林間方面の引上線
大井町線の列車はこの引上線で折返し運転するものと思われます。
引上線の先は安全側線なしで直接本線に繋がっています。引上線には低速で進入する事になるのでしょうか。
P7040009 P7040012

・大井町線のホームになる3番線の発車案内。
渋谷方面の表示でした。大井町線延伸後は大井町方面の表示になるはずです。
P7040006

<二子新地駅>
二子玉川~溝の口間は複々線となります。内側が大井町線、外側が田園都市線です。二子新地駅・高津駅は外側の田園都市線のみホームがあります。大井町線各停の半数は二子新地駅・高津駅に停車する予定ですが、停車する列車のみこの区間で田園都市の線路を走るものと思われます。
P7040017

<二子玉川駅>
田園都市線と大井町線が分離する二子玉川駅です。

・溝の口方面
現在は多摩川の橋の上で大井町線の電車が折返し運転を行っています。延伸後はこのまま真っ直ぐ走っていく事になります。
P7040021 P7040023

・溝の口方面のホームに停車中の二子玉川止まり。
延伸後は、「二子玉川行」の表示はレア幕となります。
P7040040 P7040044

・溝の口方面のホームの案内表示
2番線は「降車専用」と書かれています。延伸後は「溝の口方面」と表示されるものと思われます。
P7040033 P7040049

<自由が丘駅>
二子玉川行です。
P7040059

自由が丘駅で東横線に乗り換えて家に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

静岡県知事選

長年の疑問です。
なぜ地方自治体の首長や議員の選挙が「国政への信任選挙」なのでしょうか。
地方自治体の選挙はあくまで地方自治を問うものであって、国政を問うものではないと思うのです。

静岡県知事の場合、たしか静岡富士山空港の立木の問題で長年務めてきた前知事が辞めたのではなかったかと思います。
また、富士山静岡空港ではJALに対して福岡便の搭乗率が70%を下回った場合に1席辺り15800円を補償する約束を交わしているらしいです。
それらの是非が静岡知事選の最大の焦点になってもおかしくないように思います。
また、前知事の後継者は誰か? というのも投票する時の重要な要素になるのではないでしょうか。
静岡県の将来について投票する選挙であり、国政は二の次・三の次であってよいはず。

でね...、

地方自治体の選挙を「国政への信任選挙」として自民党や民主党の信任がどうのこうのと言っているのは中央のマスコミだけのような気もします。
実際の地方の候補者や住民の多くは、必ずしも国政を主軸として演説や投票をしているわけではないのではないかと。中央に近い神奈川県や横浜市でさえそんな気がします。
ただ、「東京都知事選」は別格ですね。候補者はみな、新銀行東京の問題やオリンピック誘致の是非ではなく、国政について演説しているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市歴史博物館「絵地図・浮世絵にみる開港場・横浜の風景」展

7月4日、横浜市歴史博物館に行った。
横浜開港150周年記念 Part1「絵地図・浮世絵にみる開港場・横浜の風景」展を見るのが目的。

横浜港開港直前 ~ 明治初期(鉄道開通後) の横浜辺りの鳥瞰図を中心に展示されていました。

良かったです。
見入ってしまいました。
武士がどうのこうのという方面の歴史は殆ど興味がないのですが、昔の街はこんな感じだったという方面の歴史を見るのは自分的には楽しいです。

昔は、今の横浜駅~桜木町駅辺りはリアス式海岸みたいな険しい崖でした。横浜開港に伴って、東海道との分岐点から野毛辺りまで「横浜道」という山越えの道を突貫工事で作ったとか。
今の横浜駅~桜木町駅は通常平地を通って移動しますが、あの辺りは埋め立てられた土地との事。あの辺りの海岸が険しい崖であった事は今の風景からは想像出来ない所です。

「絵地図・浮世絵にみる開港場・横浜の風景」展は7月5日までの開催でした。

P7040001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/05

玉子豆腐

久しぶりに「玉子豆腐」を食べた。
子供の頃好きだった事を思い出した。

で、ふと思ったのだが。
玉子豆腐が好きなのではなくて、玉子豆腐のタレが好きだったのかも。
子供の頃、玉子豆腐が出てきたのは良いが、タレがなかったり或いは吸い物に入っていたりしてガッカリしたような記憶があったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

南明奈のスーパーマイルドセブン

この名前を聞く度に「JT (日本たばこ産業) とのタイアップなのだろうか?」と思う。
Wikipediaで調べた範囲では関係ないようですが。
マイルドセブン」という煙草の銘柄がありますよね...。
JTのサイトによると、スーパーマイルドセブンという商品はないようだ。マイルドセブン・スーパーライトという商品はあったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »