« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の30件の記事

2009/05/31

砕氷艦2代目「しらせ」一般公開 (2) 船内・その1

船内に入ります。

・観測隊室
机・ベット・棚など金属丸出しで無機質な感じがしました
P5300077 P5300078

・観測隊喫煙室
船の中でもそういう時代なんですね...。
P5300081

・砕氷艦しらせの艦暦と歴代総長のプレート
まだ出来たばかりなので隙間だらけですが、これから歴史を重ねると共に徐々に記録で埋まっていくのでしょうか。
P5300082

・理容室
P5300087

・食堂
船が揺れた時に食器が落ちないようにする目的だと思いますが、テーブルに囲いがあります。
P5300091

・医務室
広いです。街のちょっとした医院よりも広そうです。
最新の医療機器らしきものが備わっていました。
P5300094

・救命ボート
P5300102 P5300154

・操縦室付近から下を眺める
操縦室に入る直線の室外から下を眺めていました。
怖いです...。操縦室は結構高いところにあります。5Fぐらいに相当しそうです。
P5300103

・操縦室
艦長席の近くに産経新聞の記者が張り付いていて、艦長席に座る見学客を一枚一枚黙って撮影していました。
見学客へのサービスで撮影しているわけではなく、記事になる良い被写体を求めて撮影している模様。そんな感じで撮影されたら、新聞に載りたくない人は艦長席に座れないですよ。
なんだか嫌な感じでした。
P5300121 P5300126
P5300110

・操縦室から見たデッキクレーン
P5300131

・上部見張所
P5300139

・煙突
P5300145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

砕氷艦2代目「しらせ」一般公開 (1) 外観

5月30日、海上自衛隊横須賀地方総監部で行われた 『砕氷艦2代目「しらせ」一般公開』 に行ってきた。
※ 5月31日も実施されます。

2代目「しらせ」は今年の5月20日に就役したばかりのいわゆる南極観測船で、今年の秋に出発する「第51次南極観測隊」から使用される予定です。従って南極にはまだ一度も行った事がないという事になります。

昨年の同時期に同じ場所で初代「しらせ」の一般公開が行われています。去年の一般公開も見に行ったので1年違いで初代と2代目の両方を見る事になり、感慨深いものがありました。
 → 去年の記事

まずは外観から。

京急・汐入駅からヴェルニー公園を通って現地に向かいます。ヴェルニー公園から横須賀地方総監部に停泊している船が見えます。
「しらせ」の手前に別の船が3艘横付けされていたため、残念ながら「しらせ」は船の一部分しか見えませんでした。
P5300009

基地内に入って撮影。
P5300033 P5300040
P5300051
P5300065
P5300070
P5300196
P5300199
P5300210

外観は初代「しらせ」とほとんど変わっていないように見えました。大きな違いは煙突が2つになった事ぐらいでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/29

京急ファミリー鉄道フェスタ2009 (5) その他

・よしもとプリンスシアター号
物販コーナーによしもと堂書店が出店しており、中川家の中川礼二さん著のサイン入り本が売られていました。
P5240069

・信号操作パネル
写真の穴守稲荷駅の他、神武寺駅、三崎口駅で使われていたものが展示されていました。
P5240147

・バス: 京浜急行バスの京急りんどう号
鎌倉で走っているバスです。車体に「鎌倉は世界遺産登録をめざしています」と書かれていました。
P5240011 P5240018

・バス: 京浜急行バスのハイブリッドバス
P5240019

その他、川崎鶴見臨港バスも来ていました。

・社員食堂のメニュー
うどん・そばの「天ぷら 20円」が気になりました。
玉子よりも安いです。どんな天ぷらが出てくるのだろう。かき揚げのようなものを想像してはいけないのかな。天かすというわけではないですよね。
P5240145

・京急グループ会社要覧
物販コーナーで売っていたので買いました。100円でした。
会社要覧って本来お金を出して買う類の物ではないような気もしますが。かといってそう簡単に頂けるものでもない。
グループ会社で社員数0人の会社がいくつかあって驚きました。臨港ステート、京急友の会、京急環境ソリューションの3社。休眠会社なのか、親会社からの出向のみで運営しているのか...。「社員ひとり」も何社かありました。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

京急ファミリー鉄道フェスタ2009 (4) 主工場・特修工場

・ステンレス1000形
P5240051

・「車体上げ作業実演」の片づけ中...
P5240098

・「京急110年の歴史ギャラリー号」と「ありがとうギャラリー号」
京急110年の歴史ギャラリー号は安全・マナー教室に、ありがとうギャラリー号は制御器・ブレーキ弁操作体験に使用されていました。
P5240094 P5240116
P5240101 P5240109
P5240112 P5240123
P5240133

・特修工場に入場中の600形
P5240140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2009 (3) 車両撮影コーナー

・左から、新1000形、2100形、ステンレス1000形、800形、600形、2000形、旧1000形
この写真からは切れていますが、左端に1500形もいたので現役の全形式勢揃いという事になるのでしょうか。
P5240054 P5240061

600形はY150のラッピング車でした。
P5240053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

京急ファミリー鉄道フェスタ2009 (2) 特殊車両

・マルタイ、架線作業車 等
P5240016

・上に載っているのは発電機のようでした
P5240031

・モーターカー
P5240034 P5240037

・バラスト運搬車
貨車にオムロン製の操作パネルが付いていました。
P5240042 P5240041

・救援車
P5240046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急ファミリー鉄道フェスタ2009 (1) 会場まで

5月24日、京急ファインテック久里浜事業所で行われた「京急ファミリー鉄道フェスタ2009」に行った。

朝目を覚ましたら大雨。
行こうかどうか迷ったが、行く事にした。
現地に着いても雨が降っていたが、帰る頃は止んでいた。

↑ここまで、去年の同イベントの記事を真似て書きました。
京急のこのイベントは雨が降る確立が多いような気がします。

京急久里浜駅からの無料シャトルバスは去年と同じでした。
ただ、京急久里浜駅のバス乗り場の並ぶ場所が昨年より狭くなっており、北口からぐるっと回って南口のバス乗り場に並ぶように案内されていました。 (ウイング久里浜がバス乗り場側に増築されたように見えました。)

吉井バス停から会場入口までの間にあるローソン付近から撮影した京急ファインテック久里浜事業所。
P5240002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道博物館2009/5/23 (2) その他

<SL汽笛>
ヒストリーゾーンの転車台が回転し、転車台に載っているSLが汽笛を鳴らす催しが行われていました。
以前は軽快な音楽が流れるなか時折汽笛を鳴らしていた記憶があるのですが、解説員が出てきて解説員の掛け声で汽笛を鳴らしていました。汽笛に驚いて子供が泣き出すような苦情でもあり、このような方式に変えたのかな思いました。
個人的には昔の方式のほうが雰囲気が出ていて良かったように感じました。
P5230192

<模型鉄道ジオラマ>
今回も含めて過去2回鉄道博物館に行きましたが、解説付きの鉄道模型ははじめて見ました。
正直、あまり萌えなかった。一度に走る車両数が少ないし。
JR東海の車両が走ってなかった...。あ、JR四国の車両も走ってなかったか...。
P5230215

<ラーニングゾーンの駅構内ラボ「みどりの窓口」>
過去2回とも「体験イベント」が行われていて見られなかった駅構内ラボの「みどりの窓口」をはじめてみました。
パソコンが置いてあるだけといった感じで、しょボーンとしました。
実際のみどりの窓口はもうちょっと大掛かりな機械が置いてあると思うのですが。
P5230221

<455系の連結幌部分にSUICAの人形>
P5230225

---
<おまけ>
大成駅のホームから撮影した写真です。
ランチトレインの隣で建設工事を行っています。
JR西日本からの0系新幹線でも展示するのでしょうか。
P5230227

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道博物館2009/5/23 (1) コレクション展「時刻表」

「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」に行った後、鉄道博物館に寄ってきました。
第2回コレクション展「時刻表」を見るためです。

鉄道開設時から現在まで、昔の時刻表を中心に展示されています。

JTB及びJR時刻表の表紙コレクション(本物ではなく写真)があります。
見た覚えがある表紙が何点かありました。いくつかの実物は自宅にあるはずです。

昔の本物の時刻表が、その時代の背景等と共に展示されています。
驚いた事としては、
・明治時代の「新橋~横浜(現在の桜木町)」の時刻表に、横浜着が日付を超える列車があった。 ~明治時代にそんな遅い時代に列車に乗る人がいたのかと
・戦前の時刻表は表紙に広告があった。(三井呉服店(三越の前身)、太田胃酸等)

復刻版の昔の時刻表のいくつかが、閲覧できる形で展覧されていました。
閲覧している人が多くて中々空かなかったのですが、チャンスを見て空いた時刻表(自分が産まれる少し前)の時刻表を見てみました。
...あれだね、1日見ていても飽きなさそうです。鉄道だけでなくバスや飛行機の時刻表も載ってますし、あと編成表とか。長々と見たかったのですが、自粛しました。
復刻版の時刻表売ってないかな~と帰りにグッズ売り場を覘いてみたのですが、明治35年の時刻表の復刻版しか売っていませんでした。その明治35年の時刻表を買いました(400円)。
当時の時刻表は、時刻が漢字表記かつ右書きなのでさすがに読みにくいです。今風の表記に書き換えて、今の時刻表と比べたくなりました。

こういう展示を見ると、「昔の時刻表は捨てずに残しておこう」と思います。

P5230217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009 (3) その他

・さいたま市消防局の地震体験車
動いている所を見てみたかったのですが、休憩中でした。
P5230015

前年との変更点として気づいた点は、
・ボーイスカウト? による入口でのパンフレット配布がなくなった。 (豚インフルエンザの影響か?)
・JRバス関東の出展がなくなった。
・新幹線の高架下で行われていたステージイベントが、食堂内のステージで行われていた。
・グッズ販売の業者名の掲示がなくなった

そんな所でしょうか。
来年もまた行きたいと思います。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009 (2) JR東日本のエリア

・EF65
P5230098 P5230100

・EF65、183系、251系の並び
P5230108

・EF58
P5230106 P5230115

・日光線用107系
この近くで観光協会の人が名産品が当たる抽選会を行っていました。
新旧比較と言う事でこの日光線用107系と157系(1959年に製造された車両で1976年に廃車済み)が写ったポスターが貼られていましたが、製作者の意図に反して? 157系の方が魅了を感じでしまった。
P5230124 P5230172
P5230175

・カニ24
ガラスの一部がない等しており、解体作業の途中のように見えました。
P5230177

・はやて号ミステリーツアー & トラバーサー乗車体験
P5230135

・113系 (車掌体験で使用)
P5230137

・台車組立の実演
P5230147 P5230149
P5230152 P5230160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009 (1) JR貨物のエリア

5月24日、JR東日本大宮総合車両センター及びJR貨物大宮車両所で行われた「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009」に行った。

まずはJR貨物のエリア。
工場内では「JR貨物社歌」が流れていました。

・ED62とEF65
P5230016 P5230022

・EH500
運転台見学に使用されていました。
P5230027

・DD51
ディーゼル機関車の車体というとオレンジ色のイメージが強いんですが、青色の車体もあったんですね。
P5230038 P5230068

・KE65
愛知県にある衣浦臨海鉄道のディーゼル機関車です。
P5230045 P5230054

・DE10
P5230055 P5230060

・EF64
P5230089 P5230090

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/05/24

JR貨物社歌

5月23日、「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」に行きました。
→ 本編の記事は別途作成予定
JR貨物のコーナーで流れていたJR貨物社歌「春夏秋冬」、このメロディーが頭に残ってしまい、夢に出てきた...。
「♪ じぇぃあ~る じぇぃあ~る じぇいあぁるかも~つぅ~」って。

「JR貨物の現場で、午後の就業が始まる時に流れたりするのだろうか?」 (某木でお馴染みの会社の工場に以前行ったとき流れていた...?あれは社歌ではなく単なるCMで使っている曲なのかな???)、「今度実家に帰った時に父親(元JR貨物職員)に聞いてみようかな?」と思っていたのですが、調べてみたらJR設立時に制定されたのではなく2006年制定された社歌でした。
この年と言う事は、父親は退職後なので知らないかもしれない。

作詞はJR貨物社員の香山直樹さん、作曲はあの服部隆之さん。
歌は山本耕史さん。上手いです。聞いていて心地よい。
山本耕史? どこかで聞いた事がある名前だと思ったら、あの俳優の山本耕史さんだった。古くは「一つ屋根の下」、最近では「アタシんちの男子」に出演している。
「へぇ~」
驚きました。よく聞くと、確かに彼の声です。
どういういきさつで彼がJR貨物の社歌を歌う事になったのだろう。
歌が本職というわけではないですよね。...(と思いましたが何枚かCDを出しているようです。)

参考: http://www.youtube.com/watch?v=l3awU_eeOiI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「GOEMON」 at 品川プリンスシネマ

5月22日、会社帰りに品川プリンスシネマで映画「GOEMON」を見てきました。

10年以上品川経由で通勤していますが、品川プリンスホテルに入ったのは初めてです。
京急のホームから見ると比較的シンプルな建物が1棟立っているだけに見えますが、奥の方に行くといろいろありました。京急のホームから見える建物はメインではありませんでした。
品川プリンスシネマの隣には、EPSON品川アクアスタジアムがありました。水族館の他にちょっとした屋内遊園地(アトラクション4つ)もあります。屋内遊園地の方は入場は無料なので物色してきました。
客がほとんどいないです。従業員の方が目立つぐらい。
入口にあるメリーゴーランドはたまに動いていましたが、それ以外のアトラクション(バイキング、屋内型ジェットコースター、3Dシアターが) は全然動いておらず、ヤバゲな雰囲気でした。
平日の夕方・お子様連れはもう帰っている時間かつカップルがデートで来るにはまだ早い時間だったので、人が少ないのは当然なのですが。
200905221730000 200905221750000

映画「GOEMON」の話に戻ります。
客は5人でした。但し、他の映画も客は少なそうだったので「GOEMON」だけが特別少ないわけではなさそうです。

2ちゃんねるの関連スレでは酷評されていましたが、悪くは感じなかったです。
ストーリーもだいたい掴めました。まぁそれはそれで「あり」なのではないかと思いました。
ただ、目を背けたくなるような残酷なシーンが必要以上にやたら多い。監督の趣味なのかとちょっと思いました。自分的にはいただけなかったです。また、刀がこっちに迫ってくるようなシーンが多く、動きも早かったりして見ていてちょっと気持ち悪くなってきました。
そんなわけで、2回目はもう見たくないです。

広末さん演じる茶々の幼少時代の役が福田麻由子さんでした。
事務所つながり... なんでしょうか。(広末さんと福田さんは同じ事務所(フラーム)所属です。)
「Little DJ」という映画でも同じ関係でした。
広末さんと福田さんって特別似ているわけではないと思うのですが。

似ているといえば..。
才蔵役の大沢たかおさんをオダギリ・ジョーさんと、秀吉役の奥田瑛二さんを小林繁さんと、秀吉側近のチェ・ホンマンさんを中村獅童さんとずっと思い込んでみていました。
後で調べて間違いだった事に気づいた。
自分間違え過ぎですね...(恥)。

200905222035000

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009/05/21

本当に「いす」がなかった,キヤノン電子のオフィス

日経BPのITpro『【記者の眼】 本当に「いす」がなかった,キヤノン電子のオフィス』 という記事が載っていた。

キヤノン電子では、酒巻社長の提案で応接室等一部の場所を除いて職場から「いす」をなくすという大胆な改革を実行したとの事。
いすをなくしたことで、会議時間や問題解決の精度・スピードが劇的に改善し、業績も向上したという。
管理部門などのオフィスでも、立ったままパソコン操作や電話応対をするとの事。

ん...。
記事を読んでいるだけでも足が痛くなってきました。

1時間でも疲れます。これが毎日8時間ずっとだと思うとぞっとしました。
元気な時は良くても、体調が悪い時はさらに辛そう。
毎日やっていると慣れるものなのだろうか。
昼食はどうするのだろう。昼食も立ったままなのだろうか。

「資料や書類を探す無駄な時間を削減するために、資料は個人で保管するのではなくて共用の棚に保管してそのたび取りに行く」ともあります。
立ったまま仕事をする立場としては、これは逆に嬉しいかもしれないですね。ずっと同じ所に立ちっぱなしで仕事をするよりは、たまに歩き回った方が体に楽そうです。気分転換にもなるだろうし。「あ! やった。資料がなかった。資料を取りにいける!!!(喜)」と思ったりして。

パソコン操作は、椅子にしっかり座って体を固定させ、両手でキーボード操作するのが一番早いように思います。立って操作していると、そのうち疲れてきて机に片手を付いてもたれかかるような姿勢となり、実質片手でパソコン操作するような状態になりそうです。
キャノン電子の職種はプログラマーやタイピストではないと思われるので、パソコンを早く操作する必要性はないのかもしれないが。

本当に効率が良いのかなぁ~ と疑問に思いました。
痔にもよくなさそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/20

フジフィルムスクエア・「みんなの鉄道」写真展

会社帰りに、六本木・東京ミッドタウン内のフジフィルムスクエア(←自分のPCでこのHP開くとPCごと固まってしまうので要注意!) で開かれている『「みんなの鉄道」写真展 ~おいでよ!レール エンターテインメント~』に行ってきました。

「みんなの鉄道」写真展

プロの写真家7人(「秘境駅へ行こう!」の牛島さんはプロではないが...)による写真展でした。
 「やっぱりプロは違うなぁ!」
と思いました。
単純に車両が写っているだけというわけではないんですよね。
展示されている写真はそんなに多くありませんが、良かったです。
写真の他に、ブルートレインのヘッドマーク等の展示もありました。
矢野直美さんの写真は目立たない所(グッズ売り場)で展示されているので見逃さないようにしましょう。危うく見逃す所でした。

2Fでは別の写真展もいくつか開かれていました。
こちらも良かったです。
自然を楽しむ科学の眼2009」とか、動物の写真がメインだったのですが、よくこんな瞬間の写真を撮れたなぁと思いました。若干グロテスクな写真もありました。

---
どうでもよいことですが、麻布十番駅で東京メトロ南北線から都営大江戸線に乗り換えて六本木まで来ました。麻布十番駅での乗り換え、遠かったです。
ちなみに、都営大江戸線の六本木駅もホームから地上までが遠く、コンコースからホームまで長いエスカレータ2機 + 普通のエスカレータ1機があります。なんでも、内回りのホームは日本の地下鉄の駅で最も深い所にあるとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

白い春

今放送しているフジテレビ系の連続ドラマ「白い春」(毎週火曜:22:00~22:54) についてです。

自分としては今期一番のお気に入りのドラマです。唯一今期で全話見逃さずに見ているドラマでもあります。

端的には、阿部寛さん演じる佐倉春男(殺人罪で刑務所にいた)と、大橋のぞみちゃん演じる村上さちが実は親子で... という話です。
5話で阿部さんの方は親子である事を知りましたが、大橋のぞみちゃんの方はまだ親子である事を知りません。

何だか切ないドラマです。

あくまでドラマ上の話で現実の世界ではまずありえない事なのかもしれないけど、
 「 親子というのは、親子である事を知らなくても自然と惹かれあったりするものなのかなぁ~」
と思いながら見ています。

話が進むにつれ、だんだんと演じている阿部さんと大橋のぞみちゃんが本当の親子のように見えてきました。

実の親子の関係も、育ての親子の関係も、いいハッピーエンドになってくれればなぁと思って見ています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ハーゲンダッツのアイスクリームを30個

今日スーパーに買い物に行った時の事。
並んでいたレジの列の前の方の客のカゴに、ハーゲンダッツのアイスクリームが30個ぐらい入っていた。
レジの担当者は新人さん。
その人の番が回ってきて、レジの担当者はその30個ぐらいあるアイスクリームのバーコードを1つずつスキャンし始めた。
「うぅむ~ なんだよ。1個スキャンして、後は数を数えて入力したら直ぐに終わるのに。」
「新人さんだから、数を入力する方法をまだ教わっていないのかなぁ~。」
と思いながら眺めていました。

「30個買ったらいくらになるのだろう?」と思ってレジの画面を見たら、同じものが30個ではなく、味付が違うもの何種類かを混ぜて30個でした。
なるほど。
「種類ごとに分類して数えて入力する」のと「とにかく30個スキャンする」のとどっちが早いのかというと、微妙な所かもしれないな。
どちらかというと分類して数えた方が早そうな気もするが、「えぇいめんどくさい!」と思って30個スキャンする気持ちも分からなくないな。いや、めんどくさいと思う人の方こそ数を数えるのかな???  中には「どうせ同じ値段なのでどうでもよいや」と違う種類が混じっている事を無視して30個と入力してしまう人もいるかも。
と、思った次第でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

渡辺美奈代さん

「♪美奈代のみの字はみんなのみ」
渡辺美奈代さんのブログが、急上昇してこの所「アメブロ芸能人・有名人ブログランキング」の上位にいます。今日(5月12日)は3位でした。

5月5日に出演された「笑っていいとも」効果なのかな?
「芸能人とその親子」が出るコーナー(企画?)に、渡辺美奈代さんとその子供(息子2人)も出演されていました。
渡辺美奈代さんが結婚して出産された事は知っていましたが、あんな大きな子供(上は小6だったか...)がいる事は知りませんでした。
ちょっとびっくりしちゃいました。
あの番組を見て「しっかり子供を育てているなぁ~」と感心しました。子供のいない自分が言うのもなんですが。

昔彼女のラジオを聴いていた時期がありました。紙芝居だったか絵本だったか作る企画があったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

定額給付金のご案内

「定額給付金のご案内」が届きました。

横浜市の場合、本人確認書類のコピー(免許書・健康保険証等)と口座確認書類のコピー(通帳又はキャッシュカード) を添付する必要があります。
「めんどくさいなぁ」と思いましたが、郵便物を盗んで自分の口座を記入して送り返す犯罪に対する対策なのでしょうか。
コピー機を持っている家庭は少ないと思うので、コンビニ業界の特需になるような気がしました。

どうでもよいことですが、一緒に入っていた紙の中に書かれていた「横浜開港150円商店街」の中の商店街一覧の中の「どんどん」の文字を見てちょっと驚いた。
他の商店街は「xx商店街」「xx商店会」といった名前がついているのに、なぜ「どんどん」だけなんだ。
ちなみに「どんどん」というのは南区の南太田にある「ドンドン商店街」の事だと思います。

定額給付金の使い道の予定は......
.....
....
...
..
.
特にないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タモリ倶楽部とアコムのCM

この所、テレビ朝日系「タモリ倶楽部」のスポンサーに「アコム」が付いています。
タモリさん出演のそれ以外の番組でも、「アコム」がスポンサーになっているのを何度か見た記憶があります。

タモリさんがアコムのCMに出演することを決めたのは、「自分が出演する番組を維持するため」だったのかなと予想しました。
民放の番組である以上、いくら番組に人気があってもスポンサーが付かなければ番組が維持できないのという事になるのでしょうか。

---
5月8日の「タモリ倶楽部」は、JTB時刻表編集部への取材でした。5月15日の放送に続きます。
良かったです。時刻表ってどうやって編集しているのかなと疑問だったので。
ところで、「タモリ倶楽部」の鉄道関連企画に、南田マネージャーや、くるりの岸田さん・向谷実さん等音楽関係の人はもう出演しないのだろうか。ここ最近の鉄道関連企画に出てくる人がお笑いの人ばかりで、少々さみしく感じています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日めくりタイムトラベル・昭和64年/平成元年

5月9日にNHK BS-2で放送された「日めくりタイムトラベル」のテーマが「昭和64年/平成元年」であった。

昭和64年は7日間しかなかった年です。
1月7日に昭和天皇が崩御され、翌1月8日から平成元年となりました。
「平成」の元号を発表したのは故小渕首相(当時は内閣官房長官)でしたね。「平成」と書かれた色紙を見せて。

当時自分は高校2年生でした。
1月7日は土曜日でした。当時はまだ土曜日も授業がありましたが、そのときは冬休みだったと思います。遅い時間に起きてきて台所で朝食を食べている時に知ったような気がします。
朝食後、テレビを付けるとどのチャンネルも天皇崩御関連の番組をやっていました。仕方がないので自分の部屋に戻ってラジオを付けたらこちらも天皇崩御関連の番組をやっており、「見る番組・聴く番組がない」と愕然としました。
翌1月8日も天皇崩御関連の番組のみでした。

「天皇の番組なんか見るか!」と言い放って、これらの番組をほとんど見ませんでした。見た記憶があるのは、小渕氏が元号を発表する所ぐらいです。
その当時は、「天皇が一番偉いとされ崇拝されていた時代」に育った祖父・祖母と一緒に住んでいました。祖父は志願兵でした。同じ言葉を祖父や祖母にも言い放ったような気がします。祖父や祖母は天皇関連の番組を見たかったと思うのですが、自分がそんな事を言うので見るのを遠慮してたんだったかな。(それでも所々祖父達は見ていましたが。)
半旗を掲げるとかそういう話もあったのですが、自分がそんなこと言うものだから結局掲げなかったような記憶もあります。

今思うと、「醜い事をしたな」と思います。
当時はまだ自分は子供だったんだと思います。
自分らの世代にとっては大きな出来事ではなくても、昭和の長い時代を行く抜いてきた人にとっては大きな出来事だったと思うのです。
自分自身にとっても時代が変わるまたとない瞬間であったわけですし、変に毛嫌いをせずに「目に焼きついておけばよかった」と今になって思います。
いずれ「平成」が終わる日が来ると思います。昭和が終わる日のような天皇崩御番組一色にはならないと思うのですが、 それでもそのときは、それらの番組を見て平成という時代を振り返りたいと思っています。

---
昭和64年/平成元年のその他の主な出来事として、「イカ天ブーム」「天安門事件」「ベルリンの壁破壊」がありました。

「イカ天ブーム」と言うのは「イカの天ぷら」が流行ったわけではなくて、TBS系のテレビ番組「いかすバンド天国」をきっかけに流行ったバンドブームの事です。
「いかすバンド天国」当時よく見ていました。その番組出身の「カブキロックス」のボーカル・氏神一番がゲストとして出てきました。当時は色モノにしか見えなかったのですが、博識な人だなぁと思いました

「天安門事件」はそんなに前だったか、割と最近の出来事のように感じます。
中国での民主化運動に対する弾圧事件だったと思うのですが、結局民主化はされず何も体制は変わっていないんですよね。

---
昭和の時代は元号が普通に使われていたと思います。例えば産まれた年を聞かれた時に「昭和xx年」と答えるのが普通だったと思います。書類や日記にも元号で年を書く場合が多かったような。
今は、元号を使う機会が滅多になくなったように感じます。書類等に書く年が元号だったりすると、元号で何年に当たるのか思い出すのに時間がかかったり、結局思い出せずに新聞の日付欄を見て確認したりしてしまいます。
平成になってから大きく変わった点の1つではないかと思います。

今は平成21年。数えてみると、自分の人生は昭和の時代よりも平成の時代の方が長くなっていました。
年はとっていくものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/07

長野県の県歌「信濃の国」

長野県には、長野県出身者の誰もが歌えると言われている県歌「信濃の国」があります。

1993年、自分が大学生の時の夏休みに長野県松本市で開かれていた「信州博」に父親と行った事があります。自分が三重から車を運転して行きました。
そこの「長野県館」に入った時の事。
映像作品だったと思うのですが、最後に「さぁ、皆で『信濃の国』を歌いましょう!」みたいなアナウンスが流れて「信濃の歌」が流れ出しました。
「そんなの歌う人いないだろう!」と思っていたら、周りのほぼ全員が「信濃の国」を歌い出しました。
思ってもいなかったことであり、唖然となりました。
自分の県には「誰もが歌える県歌」が存在せず、また知っていても歌う事を恥ずかしがったりして、「歌う人いないだろう」と思ったわけです。
「信濃の国」を知らないので歌いたくても歌えない自分らが取り残されている感じで、疎外感を感じました。

昨日、「ナニコレ珍百景」を見ていて急に思い出しました。
昨日の放送に「信濃の国」は出てきませんでしたが、上田電鉄での珍百景で「信濃の国」を歌うのかと予想したものです。(正解は、「信濃の国」を歌うではありませんでした。)

そう言えば、横浜市出身者は「横浜市歌」が歌えるそうです。
この前「秘密のケンミンSHOW」でやっていました。
自分は歌えないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

根岸法律事務所跡

明石屋さんまさん・広末涼子さん他の出演で1998年の放送されたフジテレビ系の連続ドラマ「世界で一番パパが好き」の舞台となった「根岸法律事務所」のロケ地です。

横浜市の日本大通りの突き当たりにありました。
元はキッコーマンの建物だったようです。

・2000年2月
Column4_2

・2004年6月
Column11_2

・2009年5月
P5040100
後ろにあった倉庫がなくなり、山下臨港線プロムナードが見えるようになりました。
根岸法律事務所跡は、6月2日にオープンする象の鼻パークへの通り道(通り道ではなく「一部」といっても良いのかな?)になるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/05

神奈川県庁本庁舎一般公開

5月4日、神奈川県庁本庁舎の一般公開に行って来ました。
この本庁舎は、1928年(昭和3年)に完成したとの事です。

P5040026 P5040097

<屋上>
屋上よりも上に出ている塔は「キングの塔」と呼ばれているそうです。
P5040035

屋上からの風景。
・左の写真: 横浜税関(クイーンの塔)・赤レンガ倉庫方面
・右の写真: 大桟橋方面
P5040049 P5040051

・左の写真: シルク博物館方面
・右の写真: 横浜情報文化センター方面
P5040044 P5040028

横浜市開港記念会館(ジャックの塔)方面
P5040037

<第三応接室>
当初は天皇陛下の貴賓室であったとの事。
P5040054

<大会議場>
元は県議会の議場だったとの事。
中ではいろいろな展示を行っていました。
P5040064 P5040069

<知事室>
P5040076 P5040084
手前に知事応接室があり、担当職員の机がいくつかあります。そしてその奥が知事室。
「神奈川力」と書かれた知事直筆の書が目立ちます。
「神奈川力」って何だ?

知事応接室の職員のそれぞれの机にノートパソコン(リースでした)が置かれたままになっていました。
警備員がいるとは言え、あまりよろしくないような。盗まれたりしたら大変な事になるかもしれません。一般公開時は、いや一般公開時でなくても職員がいない時はどこかか鍵のかかる棚の中にでも保管して置いた方が良いのではないかと思いました。

神奈川県庁本庁舎の一般公開は5月5日までです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/04

日本大通りフラワーアートフェスティバル

5月4日、横浜市の日本大通りで開催された「日本大通りフラワーアートフェスティバル」に行った。

日本大通りに、バラ約18万本とチューリップ約6万本の花びらを使って、21枚の巨大は花絵を市民ボランティアが作成したとの事。
正直な所、すぐ近くの真横から花絵を見ても全体が見えず今一歩よく分からなかった。クレーンを使った高く上がる観覧台からの見学イベントを行っていたが、あの高いところから見たら全体が見えて綺麗なのかもしれないなと思いました。
花びらだけでなく、着色した砂らしきものも結構使われていて、若干興醒めしました。

16:30からは「花絵ウォーキング」が開催され、花絵の上を自由に歩けるそうです。
人が歩いて花絵がだんだんと壊されていく風景(中には引っ掻き回して怖しまくる子供がいたりして...)を想像して悲惨に感じました。実際を見ていないのでどんな感じだったのかは分かりませんが。

P5040008 P5040012
P5040016

ディズニーの花絵もありました。
ブログに載せても大丈夫なのかな? 後で請求が来るとかそういう事はないですよね?
P5040013

クレーンを使った高く上がる観覧台です。
P5040002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線

昨日、講談社から発売されている川島令三氏著「【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線」シリーズの第2巻「横浜駅-熱海エリア」を買った。

平積みされていた山の中から上から3番目ぐらいを取ってレジに持って行ったのですが、代金を払おうとした時にそれが第2巻ではなく第7巻である事に気づきました。
「あれ? 取る山を間違えたのかな。今日は疲れているのかな?」と思いもう一度確認しにいくと、平積みの一番上は第2巻だったがその下は全て7巻。誰かが第2巻を立読みした後、間違えて第7巻の山に戻したのではないかと思われました。
あぁこういう事もあるのかと。
平積みされている本を買う場合は、取った本が正しい事を確認しないと駄目ですね。その前に、「平積みされている本の一番上以外を取るな!」と怒られそうですが。

この「【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線」は、鉄道の配線図と駅の解説が載っています。
駅の解説はWikipedia等他でも見られるけど、配線図は他に知る手段がほとんどないので貴重です。

この本、間違いがあちこちに散見されます。1ページに1箇所ぐらいあるのではないかと思うほど。
配線図とその解説文に矛盾があったり。同じ囲みの解説文の中にも矛盾があったり。写真と説明があっていなかったり。
とにかく「文章的におかしな所」が目立つ。
折角の貴重な資料なのに、なんだか残念です。
書いた本人はともかく、講談社の担当者は校正をしないのだろうか...。事実と異なる記述は見抜けないかもしれないが、「文章的におかしな所」は見抜けてもおかしくないと思うのです。まして、担当者は文章のプロなのだろうし。

講談社の「【図説】日本の鉄道 東海道ライン 全線・全駅・全配線」のページに誤記を見つけました。
 ・第2巻のタイトル
  (誤) 大阪エリア~神戸駅
  (正) 横浜駅~熱海エリア
担当者の校正に期待しちゃ駄目なのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

高速道にリバーシブルトイレ

ココログを編集する画面の右側に表示されるココログニュースに「高速道にリバーシブルトイレ」という記事のタイトルが載っていた。

車酔いする人が多いのかな。
土日1000円の影響でゴールデンウィークに道路が渋滞したりして、そういう人が増えるからなのかもしれないな。
間に合わないなんて事になるといろいろ大変だし。
なるほど。考えるもんだなぁ~。

と思い記事を開いてみた。

全然違った。
混雑の激しい女性用トイレ対策として、間仕切りを用いて男性用トイレの約半分を女性用にするというニュースだった。

「リバーシブル」の意味が違った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

日本丸&横浜みなと博物館

4月29日、「帆船日本丸」と「横浜みなと博物館」に行った。
P4290014

4月24日にリニューアルオープン。また、「横浜みなと博物館」の方は「横浜マリタイムミュージアム」からの改名となりました。
横浜に移り住んでまもない頃、10数年前に2回行って以来の訪問です。その内1回は父親と行きました。

<横浜みなと博物館>
10数年前の展示内容がどのようなものだったのか記憶がなく、どのように変わったのか判断できなかったのですが、展示物や仕切り等の新しさから判断すると、大幅にリニューアルされたのではないかと思われました。

1Fの床に、横浜港及びその周辺の航空写真が貼り付けられていました。
今の時代はGoogleやYahoo!の地図でも見られるようなものですが、見入ってしまいました。
こういう写真がある場合の定番として、自分が住んでいるところを探してしまいます。
探してみました。..... あら... 写っていません。範囲外でした。あと10cm程度範囲が広ければ写っていたのではないかと思われるなんとも微妙な状態。非常に惜しい。残念でした。

B1Fが本格的な展示施設(有料)です。
前半は「横浜港の歴史ゾーン」。
非常に良かったです。
新港埠頭とか、随分前(大正時代)からあったんだなぁと思ったりして。
主題ではありませんが、横浜の地名の由来を初めて知りました。元来の横浜は今の県庁等がある辺りを示します。昔は今の大岡川より南の伊勢佐木町~蒔田辺りの一面は広い入海で、河口部に南北方向に伸びる細長い砂州が広がっていました。この砂州が「横に長い浜」という事で横浜と言う地名が付いたそうです。
黒船来航時、本来は東海道の神奈川宿辺りを開港するという約束でした。しかし、警備面等いろいろな理由により政府はその横浜に港を作って開港する事にしたそうです。

B1Fの後半は「横浜港の再発見ゾーン」。
こちらの展示は中途半端に感じました。
上手い具合に「横浜港の歴史ゾーン」と統合できたら良かったのではないかなぁと思いました。

<帆船日本丸>
所々に当時の組員のインタビュー映像が流されていましたが、これがリニューアルなのかな?
他の展示されている船(例えば氷川丸)と比較すると特別これといった展示はなく、やや物足りないような感じもしましたが、あまり改造していないという観点から考えるとこれはこれで良いのかな。

P4290017 P4290099
P4290068 P4290088

<タワー塔(C・D)から見た風景>
あのタワーは何のために建てたのだろうかという疑問があるのですが、横浜博関連なのか?
左の写真: 南側 (汽車道・新港埠頭方面)
右の写真: 北側 (ランドマークタワー・クイーンズスクエア方面) - 大道芸をやっていました
P4290076 P4290074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

豚インフルエンザ

今朝、「横浜市内の高校に通う高校生に豚インフルエンザの疑い」のニュースを知って正直ビビリました。
自分は横浜市内に住んでいます。
どこの高校なのかな? と思いながら、念のため花粉症が始まる時期にマツモトキヨシで買った65枚入り使い捨てマスクの残りを付けて会社に向かいました。

その後、その高校が自宅から比較的近い場所にある高校という事が分かって更にビビった。
このGWは自宅でおとなしく待機していた方が良いのかなと思ったりもしました。

今日の夕方、「その高校生は、豚インフルエンザではなくAソ連型であった」という発表があってひとまず安心しました。
「Aソ連型」が安心して良いインフルエンザなのかどうかは良く分からないが。

今日の夕食はチャーハン(但し醤油味)にしました。
スーパーで、豚肉(国内産)の50%割引セールを行っていたので。
ん.. 豚インフルエンザの影響で売れなくなっているのかな? とも思ったが。
生で食べない限り豚肉を食べて感染する事はないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »