« 「京急駅メロディ -オリジナル-」のCD | トップページ | テレビ欄の並び順が変更 (朝日新聞・関東) »

2009/03/30

冷蔵庫を買い換えた

14年間使用してきた冷蔵庫を買い換えました。

冷凍室が3分の2以上霜で埋まり、またドアが完全に閉まりきらず若干浮いているような感じになっていました。
また、冷凍食品を長時間置いておくと冷凍食品の袋の中まで霜が付いてしまう始末。
霜取りを行えば大丈夫なのですが、霜取りをするのは面倒で時間もかかるので、ドアのふちの氷だけを取り除いてなんとかやり過ごしてきました。
(霜取り装置が付いていない機種であったため、冷蔵庫の電源を抜いて放置しないと霜を取り除く事ができない。ここまで多量に付いてしまうと、1日放置しないと取り除けないと推定された。)

金曜日の真夜中、トイレに行きたくなって目が覚め、冷蔵庫が置いてある部屋を通ると冷凍室のドアが開いていた。閉めても直ぐにドアが開いてくる。開いているドアの隙間からモーター音も漏れてくる。
ドアが開かないようにガムテープを貼り付け、その場をしのぎました。
トイレに行った後、再び布団の中にもぐりこみましたが、「もしやの事故が起きたりしないか」と気になって寝付けません。
.....
結局、冷蔵庫の電源を止めました。
「冷蔵庫の電源を止めて置いていくと、霜が溶け出して部屋の中が水浸しになるのではないか」と思い、冷蔵庫を風呂場に避難。
冷蔵庫にほとんど物が入っていなかったのと、冷蔵庫の位置と風呂場の位置が近くかつ間に障害物が少なかった事が幸いでした。
こんな真夜中に私は何をやっているのかと。
何だか疲れてしまって、その日は昼過ぎまで寝てもまだ疲労感がありました。どこかに出かけようと思っていたのに...。

購入してからずいぶん経っているし、霜に苦労し続けるのはもう嫌なので、霜の付かない冷蔵庫に買い換える事を決断しました。

賞味期限がずいぶん切れている食品類は処分、醤油とマヨネーズは残りの量が少なかったので申し訳ないけど処分、ペットボトルのお茶と缶ビールはそのまま残し、冷凍庫に入っていた冷凍食品は土曜日の昼食に。

その後、家電量販店に冷蔵庫を買いに行きます。
買う機種を決め、係員に声をかけたら、メーカーから応援に来ている人でした。
自分が買う機種のメーカーではなく、別のメーカーの人。そのメーカーは冷蔵庫も販売していて、その人は冷蔵庫が主担当のようでした。
「間違えたか!」と思ったが、その人のメーカーの冷蔵庫を薦められる事もなく、その人が手続きをしてくれました。
メーカーの担当者から見たら屈辱的な気がしますがどうなんでしょう?
買う私としても、申し訳なく何だか居心地が悪かったです。
最終的な支払い等の手続きは、量販店の社員でした。

配達は日曜日の夜間をお願いしました。
それまでに、冷蔵庫が置かれていた部屋を片付けなければなりません。
冷蔵庫が置かれていた位置から風呂場までは比較的簡単に動かせましたが、風呂場から部屋の入口まではモノが沢山置かれていてどう考えてもそのままでは運び出せません。
いらないものやゴミを処分したり、一時的にモノを別の部屋に移動させたり。久しぶりの掃除になりました。
すっきりした部屋を見るのは、入居時以来です。

日曜日の夜間、無事新しい冷蔵庫が到着。
一時的に移動させたモノを元の位置に戻して。
サイズが大きい冷蔵庫に買い換えたわけではないのに、すっきりした部屋が直ぐに元の散乱とした部屋に戻ってしまいました。

ちなみに購入した冷蔵庫はこの機種です。(MR14-Pの方)
配達費と古い冷蔵庫の回収料を含めて約4万円でした。

|

« 「京急駅メロディ -オリジナル-」のCD | トップページ | テレビ欄の並び順が変更 (朝日新聞・関東) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫を買い換えた:

« 「京急駅メロディ -オリジナル-」のCD | トップページ | テレビ欄の並び順が変更 (朝日新聞・関東) »