« 西武狭山線と山口線 (2) 山口線 | トップページ | 「おくりびと」米アカデミー賞外国語映画賞受賞 »

2009/02/22

鉄道歴史展示室「トレインマークの誕生展」

1月21日、東京・新橋にある旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で開かれている「制定80周年 トレインマークの誕生展」を見に行った。

トレインマークは、1929年9月 東京~下関を結ぶ特急列車に「富士」「櫻」の愛称が制定され、同年12月から客車の最後部に掲げられた事が始まりという。

展覧会では各種トレインマークや、デザイン画が展示されていました。

昭和40年代に合理化のため九州寝台特急を除いて廃止されたが、1978年に電車特急の幕で復活されたとの事。復活時に宣伝のため作られた下敷きが展示されていましたが、そんな感じの下敷きが実家にあったような。

最近はヘッドマークが使用されることが少なくなったとの事。
そういわれるとそのような気がします。
あっても、LEDによる文字の表示だけの場合が多いですね。
そう考えるとちょっと寂しいです。

「トレインマークの誕生展」は3月29日までの開催です。入場無料。

| |

« 西武狭山線と山口線 (2) 山口線 | トップページ | 「おくりびと」米アカデミー賞外国語映画賞受賞 »

交通 - 鉄道 - イベント」カテゴリの記事

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

>かえりみちさん

下記記事にコメントを移動させていただきました。
※「おくりびと」米アカデミー賞外国語映画賞受賞
http://yayiyuye.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-c162.html

投稿: やいゆえ横浜住民 | 2009/02/24 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道歴史展示室「トレインマークの誕生展」:

« 西武狭山線と山口線 (2) 山口線 | トップページ | 「おくりびと」米アカデミー賞外国語映画賞受賞 »