« 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (3) 客車・その1 | トップページ | 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (5) 機関車 »

2008/11/24

尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (4) 客車・その2

◎ カシオペア用予備電源車 (カヤ27)
24系客車のカニ24から改造されたそうです。
Pb220058 Pb220060

通常運用では、このカヤ27ではなく、ラウンジカー付きのカハフE26が連結されるようです。
そのためか、寝台車と接する側には下記のような案内が貼られていました。
Pb220076

「カシオペア」って1編成分しかなかったと思いますが、なぜ電源車だけ予備車が用意されているのだろう。故障しやすいからなのかな。或いは、他の車両ではその車両の連結を取りやめれば対応できるけど、電源車が故障すれば運転自体を取りやめる必要が出てくるからなのかな。

◎ 北斗星用寝台車両
ジャッキアップ実演用としてスタンバイしてしていました。
Pb220056

その隣にはロビーカー。今はもう連結されていないんですよね。
Pb220054

◎ 旧型客車
Pb220115 Pb220124
Pb220112

高崎車両センターの旧型客車が休憩用車両として公開されていました。
貫禄があります。

◎ マヤ34 (高速軌道試験車)
Pb220106

イベントの対象車両ではありませんが、止まっているのが見えました。
かなり老朽化しています。

|

« 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (3) 客車・その1 | トップページ | 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (5) 機関車 »

交通 - 鉄道 - イベント」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (4) 客車・その2:

« 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (3) 客車・その1 | トップページ | 尾久車両センター 第8回ふれあい鉄道フェスティバル (5) 機関車 »