« 三木鉄道 (1) | トップページ | 大岡川の桜 »

2008/04/05

三木鉄道 (2)

三木駅のホームに停車中の気動車。
P3300039 P3300029

ドアの所、乗車口を示すサボに「さよなら三木鉄道」の文字が入っていた。
※ 上記とは別の車両です。
P3300031

駅には「ありがとう 三木鉄道」の横断幕が張られていた。
P3300036

駅には、地元の子供たちそれぞれが三木鉄道に対する想いを書いた「のぼり」が立てられていた。
こののぼりは、三木駅以外のそれぞれの駅や、駅以外の場所にも立てられていた。
三木鉄道を訪れて最も印象的だったのは、こののぼりだった。
P3300026

気動車は三木駅を定刻の16:37に発車、時間が遅かった事もあり、乗れないほどの混雑というわけではなかった。
運転手の他に係員が乗っており、後ろのドアからも乗客を降ろしていた。
普段は無人駅の途中駅も、係員が待機していた。
13分で終点の厄神駅に到着。
折り返し乗車する人もいったん下車し、乗車列に並んでくれとの事。
厄神駅は高架の駅舎で、乗車列は駅の改札をいったん出た所に設けられていた。
昼間は長い列ができていたのかな?
自分も乗車列に並び、三木駅まで折り返し乗車。

下記は、厄神駅での写真です。
P3300043 P3300045

その後、三木駅から神戸電鉄の三木駅まで歩き、三宮まで電車で移動。三宮駅のコインロッカーに預けていた荷物を取り出し、新神戸駅から新幹線に乗って横浜まで帰宅。
家に着いたのは23時頃だった。
ずいぶん遅くなってしまった...。

|

« 三木鉄道 (1) | トップページ | 大岡川の桜 »

地域 - 近畿」カテゴリの記事

交通 - 鉄道 - 廃線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三木鉄道 (2):

« 三木鉄道 (1) | トップページ | 大岡川の桜 »