« 閏日 | トップページ | 島原の旅 (2) 熊本ラーメン等 »

2008/03/02

島原の旅 (1) 熊本空港まで

2月23~24日、長崎県の島原(半島)に行った。
3月末で島原外港~加津佐間が廃止される島原鉄道に乗車する事が主目的である。

まずは飛行機で羽田空港から熊本空港に向かう。
長崎に行くのになぜ熊本空港?
長崎空港行の切符が取れなかったからではない。熊本から船で島原まで渡る計画を立てたからである。熊本空港にはまだ1度も行った事がない(長崎空港は行った事がある)というのも理由の1つである。

羽田空港8:35発のANA 641便に乗車する。
予約済み(座席指定はなし)であったので、空港の自動チェックイン機で手続きを行う。
搭乗券の替わりに、「窓口に行って手続きしてくれ」旨の内容が書かれたレシートが出てきた。???
近くにいた係員に話すと、なにやら奥で機械を操作して搭乗券が出てきた。
座席の残り数が少ないとこうなるとの事。その割りに出てきた席は窓際の席だった。(但し窓の位置が悪い)。予備席なのか?

搭乗口が68番(南の端の方)との事で、2Fの店屋さんが並んでいる所の脇から入る「保安検査場C」に行く。
いかにも「裏口」といった感じで、途中搭乗口があるロビー側とついたてだけで仕切られている箇所があったり、妙な所にトイレがあったり。「建物の設計時は設置する予定がなかったが、後から急遽追加した」と言った感じであった。

ANA 641便はほぼ定刻通りに熊本空港に向けて出発、予め「強い向かい風が吹いているので予定よりも到着が遅れる見込み」旨のアナウンスがあった。

飛行機は西に向かって飛び続ける。
もうそろそろ熊本に近づいたかと思った頃、眼下に滑走路が見えた。熊本空港っぽい。
「風の影響で西側から滑走路に着陸するのかなぁ」と漠然と思う。
だが、いつまで経っても旋回せずにぐんぐんと先に進む。「あれ? あれは熊本空港ではなかったのかなぁ~。 どこの空港だ? 大分?  大分は山の中ではなかったと思うし。もしかして到着地変更?」。
などと思っていたら、これから行く予定の熊本港が見え、この辺りでようやく旋回し、東に戻る。
東に戻る途中、眼下に熊本駅や熊本城が見えた。
で、このまま西側から滑走路に着陸するのかと思いきや、さらに旋回して結局東側から滑走路に着陸した。
こういうものなのか?
阿蘇山とかあるから、素直に東側からは着陸できないのかなぁ。

熊本空港には20分強後れて到着。

熊本空港から九州産交バスの空港リムジンバスに乗り、熊本交通センターに向かう。
一般道Onlyで、熊本交通センターまで40分ぐらいかかる。
自分が乗車したのは古めの観光型タイプのバスだったが、「空港専用」と書かれた真新しいノンステップバス(首都圏等で一般路線バスとして街中を走っているものと同じタイプ)も見かけた。
同じ料金で古い観光型タイプと、新しいノンステップバス... どちらに乗車したいかというと、自分は古い観光型かな...。
それなりに乗車時間も長いし。

|

« 閏日 | トップページ | 島原の旅 (2) 熊本ラーメン等 »

交通 - バス」カテゴリの記事

交通 - 航空機」カテゴリの記事

~の旅(2008)」カテゴリの記事

地域 - 九州・沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島原の旅 (1) 熊本空港まで:

« 閏日 | トップページ | 島原の旅 (2) 熊本ラーメン等 »