« 島原の旅 (12) 島原鉄道・加津佐駅→安徳駅 と水無川の鉄橋 | トップページ | 島原の旅 (14) 雲仙災害記念館 (その2) »

2008/03/15

島原の旅 (13) 雲仙災害記念館 (その1)

安徳駅から「雲仙災害記念館」まで歩く。
徒歩15分程度。
途中国道上のバス停(アリーナ前)で、帰りのバスの時刻を記憶する。安徳駅よりもバス停の方が「雲仙災害記念館」からだいぶ近い。

この日は風が強くて寒く、体がすっかり冷え切ってしまった。
「やっと着いた!」と思ったが、さらにその先にヘリコプターとジープが見えたので、我慢してその場所に行ってみた。
「なんでこんな所にこんなものが置いてあるんだ?」
雲仙普賢岳噴火時の災害救助で活躍した自衛隊のヘリコプターとジープとの事でした。
P2240182

その直ぐ先で有明湾に突き当たる。
振り返って雲仙普賢岳を撮影する。
P2240184

「雲仙災害記念館」に入る。
P2240186

展示室に入る前に2Fのレストランで昼食。
島原名物という「六兵衛」のセット(1000円)を頼む。
サツマイモを原料とする麺との事。(→Wikipediaの「六兵衛」参照)
非常食として考えられた食べ物らしく、正直華がないと言うか、食べていてだんだん飽きてきてしまいました。
奮発して、1500円もする「具雑煮」のセットにすればよかったかなぁ。
下記写真の土鍋に入っているのが「六兵衛」です。
P2240188

|

« 島原の旅 (12) 島原鉄道・加津佐駅→安徳駅 と水無川の鉄橋 | トップページ | 島原の旅 (14) 雲仙災害記念館 (その2) »

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

~の旅(2008)」カテゴリの記事

地域 - 九州・沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島原の旅 (13) 雲仙災害記念館 (その1):

« 島原の旅 (12) 島原鉄道・加津佐駅→安徳駅 と水無川の鉄橋 | トップページ | 島原の旅 (14) 雲仙災害記念館 (その2) »