« 第23回新幹線車両基地まつり in 仙台 (2) FASTECH 360 | トップページ | 第23回新幹線車両基地まつり in 仙台 (3) 200系 »

2007/08/21

24時間テレビ

子供の頃、「24時間テレビ」はある種のお祭りだった。
フジの「27時間テレビ」(当時は「テレビ夢列島」)も同様。

「大人になったら24時間テレビを寝ないで全部観たい!」と思っていた。
どちらかというと「テレビ夢列島」の方がその気持ちは強かった。タモリさんやさんまさんらとテレビの前で一緒に24時間過ごしたかった。
結局実現する事はなく、ある程度の年齢になった頃にはそもそもそんな気持ちはなくなってしまった。最近は番組自身を積極的には見ていない。(とは言え、他に見る番組がない時間は「24時間テレビ」をつけていたりするのだが。)

今年の24時間テレビは、萩本欽一氏が走った。
いや、「歩いた!」というのが正確か。
70km..。自分でも歩けそうな気はする。歩いた事はないが...。
いままでは歩いた最高は、横浜の以前住んでいた所から品川までの約25km。
約10年前に特に意味なく歩いた。
その3倍の距離か。そう考えるとちょっと無理かな?
距離うんぬんよりも、殆ど寝ないで歩く! という事のほうがよっぽど大変のように感じた。
今回の欽ちゃんは、今日放送されていたドキュメント番組によると3時間弱しか寝ていなかった模様。

最後の方は意識朦朧としていて無意識に歩いているといった感じで、そのうち倒れるのではないかと思った。
その割りに、ゴール後、テレビで放送されている事を知ると急に元気になった欽ちゃんが不思議ではあったが..。ある意味の職業病なのだろうか...。

その欽ちゃんよりも、欽ちゃんの横でずっと伴走していたトレーナーの方が凄いと思った。
欽ちゃんとそう大きくは変らない年齢のように見えた。
腰を傾け、ずっと欽ちゃんのことを気にかけながら伴走している。
武道館に入る時には、裏方である彼が、拍手をしながら欽ちゃんを表舞台に送り出している様子が写っていた。
今日放送されていたドキュメント番組によると、休憩時間は欽ちゃんのマッサージをしていた。自分自身も疲れていたであろうに。
プロとしては普通の事なのかもしれないが、尊敬する。
彼にも、いや彼にこそ拍手を送りたい。
(調べた所、ランナーズ・ウェルネスという会社の社長でもある坂本雄次という方で1947年生まれとの事。)

|

« 第23回新幹線車両基地まつり in 仙台 (2) FASTECH 360 | トップページ | 第23回新幹線車両基地まつり in 仙台 (3) 200系 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24時間テレビ:

« 第23回新幹線車両基地まつり in 仙台 (2) FASTECH 360 | トップページ | 第23回新幹線車両基地まつり in 仙台 (3) 200系 »