« 第60回東京みなと祭 (3) 海鷹丸 | トップページ | 第60回東京みなと祭 (5) みやこどり »

2007/05/24

第60回東京みなと祭 (4) 日本丸

いよいよ本日のメインイベント、独立行政法人 航海訓練所が所有する練習帆船「日本丸」(2代目)を見学する。

昨日は帆を広げていたようだが、本日は帆は閉じられていた。
ちょっと残念。
但し昨日は一般公開はなし。帆を広げた状態での一般公開というのは安全面等で問題があるのかな。よく考えるとそんな感じがしてきた。

日本丸の乗船口。列が出来てはいたが、それほど時間がかからずに乗船できた。
P5200069

船首部分。
P5200073

ここからは混雑していて列がなかなか進まない。
船の真ん中辺りにあるマストを下から眺める。
下から見ると迫力がある。帆を広げる時は、この上によじ登って作業を行うらしい。..手摺のようなものは見当たらなく、怖い。命懸けだなぁ。
P5200079

混雑していた原因は、船内に入るためだった。
船内に入り、休憩室と食堂を見学。
休憩室には空き缶を流用した吸殻入れ、バナナや持ち主の名前が容器に書かれているプリン等が入った冷蔵庫が置いてあり、もろ生活感が..。
見学者が通り抜ける中、食堂の一部の席ではないやら先生らしき人が実習生らしき人に対して講習中。
公開されている実習生居室もあった。居室には某球団のペナントが張られており、その持ち主と思われる人がノートパソコンを広げてなにやら作業をしていた。
「今もまさに使われている!」という事が良く分かった。

船内を出て、甲板に戻る。
下の写真は舵輪。通常は2人、嵐の時は4人で回して操船するそうだ。
みんなここで人入りの記念写真を撮影しているので、なかなかシャッターチャンスが来ない。手が出ているのは心霊写真ではないので念のため。
P5200090

ここからは船からタラップを使って降りる為に混雑。ななかな列が進まない。
何でだ? タラップを渡ってその理由が分かった。
干潮のため、階段つきタラップが水平に近い角度になっており、歩きにくいのだ。

日本丸の全景を撮影する。
P5200093 P5200095

晴海客船ターミナルから見た日本丸。
P5200117

|

« 第60回東京みなと祭 (3) 海鷹丸 | トップページ | 第60回東京みなと祭 (5) みやこどり »

交通 - 船」カテゴリの記事

地域 - 関東 - 東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第60回東京みなと祭 (4) 日本丸:

« 第60回東京みなと祭 (3) 海鷹丸 | トップページ | 第60回東京みなと祭 (5) みやこどり »