« 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (8) 細倉マインパーク(その1) | トップページ | 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (10) 細倉鉱山資料館 »

2007/03/18

平泉・くりはら田園鉄道の旅 (9) 細倉マインパーク(その2)

続いて「郷土資料展示室」に行く。ここは土休日等のみ営業。
ここでは現在、くりはら田園鉄道の写真展と、映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン」関連の展示が開催されているとの事。
※ 映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン」はこの辺りで撮影されたようで、こことは別の場所でロケセットも公開されているとの事だった。

「郷土資料展示室」、昔の農機具などが騒然と並べられていた。遠方からわざわざ見に来るほどのものではないなぁと思う。折角作った真新しい建物をそのまま閉鎖してしまうわけには行かず、捻り出して作ったって感じの臭いがする展示室。

「くりはら田園鉄道の写真展」、昔の写真等が飾られていて結構良かった。
細倉鉱山が現役の頃は貨物輸送も行われ、にぎわっていたということが分かった。
観光坑道の場所から郷土資料展示室までもやや距離がある。体力のある人は行く価値はあるだろう...。

この「郷土資料展示室」がある場所、「ドームゾーン」として運用されているようだが、現在休業中。
園内の案内図によると、マウンテンコースター(屋内型ジェットコースター)、シミュレーションシアター、ゴーカードがあり、現在「郷土資料展示室」として使用している建物の中には3D映画館とレストランがあった模様。施設はどれもまだ新しい。
もう二度と営業再開する事は無いのかな? と思わせる雰囲気。
観光坑道の直ぐ横にあればまだよかったのであろう。観光坑道からわざわざ歩いてまで来る価値はなし..といった感じがする。

・「ドームゾーン」の案内図
P3110116

・左の写真、ゴーカード。
・右の写真、左側のドーム型の建物がマウンテンコースター、その右がシミュレーションシアター、さらにその右が現在「郷土資料展示室」として使用されている建物。
P3110117 P3110119

「細倉マインパーク」の各施設を見回っていると、少し前に読んだ萩原浩著の「メリーゴーランド」という小説に出てくる第3セクターのテーマパークが連想させてしまった。

|

« 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (8) 細倉マインパーク(その1) | トップページ | 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (10) 細倉鉱山資料館 »

お出かけ - 博物館・美術館」カテゴリの記事

~の旅(2007)」カテゴリの記事

地域 - 東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (9) 細倉マインパーク(その2):

« 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (8) 細倉マインパーク(その1) | トップページ | 平泉・くりはら田園鉄道の旅 (10) 細倉鉱山資料館 »