« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の8件の記事

2007/01/31

さようなら東西線5000系 車両撮影会&工場見学会 (4) おまけ

深川車両基地近くの敷地にずらりと並べられた自動改札機。
PASMO(ICカード)対応化改造を行わずに、廃棄処分されてしまう自動改札機ではないかと推測。

P1270100 P1270104

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/30

さようなら東西線5000系 車両撮影会&工場見学会 (3) 第2会場

第2会場に向かう。

第2会場のスタンプ台でスタンプを押す。
「来場者が多く、また終了1時間前の14時頃になっていたので、記念品はもう品切れになっているかも?!」と思っていたが、まだまだ記念品が山積みされていた。
記念品は、手ぬぐい他3種類の中から選べた。
いったいいくつ記念品を用意したのだろう...。来場者1万人とかいたのではないかと推測しているが、それでもまだある記念品...。
用意した数も多ければ、余ってしまう可能性がある数も多いはず。
余った記念品はどうするのだろうか...。
別のイベントでも同じものを渡すのかなぁ~。
手ぬぐいを貰ったが、「さよなら5000系」等のロゴは入っていないし..。あ、手ぬぐいの柄が1000系..。という事は、使いまわしという事になるのかな。

第2会場には、日の丸リムジンスカイバス TOKYOが来ていた。
これ一度乗ってみたいなぁと思ってはいるのだが...。
停車中のバスに乗車する事は出来たが、長蛇の列が出来ていたので今回はパス。
P1270088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら東西線5000系 車両撮影会&工場見学会 (2) 第1会場(その2)

屋外へ。
5000系アルミ車の隣にはスタンプ台あり。このスタンプと第2会場にあるスタンプの両方を押すと、記念品が貰えるとの事。
6台もスタンプが用意されていたが長蛇の列。折角なので並んで押す。

5000系アルミ車は内部が公開されており、東西線を中心とした昔の写真展示が行われていた。2号車から9号車まで、中吊り広告と網棚の上の部分に、写真がずらっと並べてある。
何種類あったのだろう。同じ写真がいくつも出てくるものの、圧巻だった。
開業当時の写真等貴重と思われる写真もあり、これらの写真が観られただけで、このイベントに来た甲斐があったように感じた。
P1270049

07系の車内も一部公開されていた。
公開されていた号車の端から非公開部分を写す。先頭まで見られる誰もいない車内。どこでも見れそうな光景で、案外見られない光景のように思う。
P1270069

車両撮影会はこんな感じ。
左から、07系、新05系、05系、5000系ステンレス車、5000系アルミ車との事。(東西線は滅多に載らないので実はあまり詳しくない...)
P1270056 P1270066

5000系ステンレス車は、途中でヘッドマークが付けられた。
P1270081

下の写真は、入場前(長蛇の列に並ぶ前)に反対側の車道から撮った写真。
P1270012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら東西線5000系 車両撮影会&工場見学会 (1) 第1会場(その1)

1/27に東京メトロ・深川車両基地で行われた「さようなら東西線5000系 車両撮影会&工場見学会」に行った。

11時半頃に現地に到着したが、下の写真のような長蛇の行列。
道路上に並んでいる列は第1会場に入る列で、入場口はここから左に約200m、右側は後ろに写っている車両(10両編成)の最後尾付近まで並んでいた。
入場するまで1時間程度待たなければならないのだろうか...? と思ったが、列の流れが意外と速く、15~20分程度で入場できた。
P1270006

建物内にあった何かを運ぶ車。(後ろに置いてある連結器を運ぶ?)
P1270027

建物内の全景。
P1270031

左は05系の前面。
右は05系の側面。屋根の上に載せているのは、屋根上で作業する時の安全柵なのかな...。
P1270036 P1270037

建物内で展示されていた5000系最終入場時に作成されたヘッドマーク。
P1270083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/29

タモリ倶楽部 at 京浜急行 (1/26放送分)

タモリ倶楽部の「京浜急行」の後編が、関東地方では1/26深夜に放送された。

後編は全て京急ファインテック久里浜工場でのロケで、内容は「トラバーサ乗車」「塗装工場見学」「保線作業見学&乗車」「レールの繋ぎ合せ・溶接」「京急寄席」「信号所の見学」。

トラバーサは、工場内で車両を載せて線路と垂直方法に移動させる装置。久里浜工場ではリモコンで動かすという。
リモコンか... どこかからの(妨害)電波で勝手に動き出したりしないのだろうか。なんだか怖いな..。

レールの溶接(ロングレール化するときの溶接)では、継ぎ目に鋳型を作り、窯から溶けた鉄を流し込んで行うとの事。知らなかった。レールのつなぎ目に長い棒が出ているガスバーナー(用語は間違っているかも...) を当てて溶接するものだと思っていた...。

京急寄席のコーナーは、なくてもよかったな...。
「階段付近にドアがあるのではなく、全部で30のドアがありますというアナウンス」というネタがありましたが、京急で現在ドアが30個の列車って存在しないのではないかと、土曜日に京急の電車の中で考えてしまいました。
3ドアの車両が多いが、10両編成は存在しない。 2ドア*8両+3ドア*4両=28ドア。4ドア*6両=24ドア。どれも30ドアにはならないな...。

信号所では、昔新幹線の紹介でよく出てきたでっかい表示盤が写った。堀ノ内~三崎口間の信号やポインタ操作を手動で行っているという。
今は基本は自動制御で、でっかい表示盤はなく、一般家庭で使うようなサイズのディスプレイに表示させて操作しているのかと思っていた...。

次の鉄道企画はいつかな? 楽しみだ...。
次週(2/2放送)は「歴史の裏道を行く 江戸市中引廻し順路」。地図関連なのかな? これもちょっと楽しみだ。
再来週とその次(2/9,2/16)は「空耳アワード2007」(ゲスト木村カエラ他) 。2月に入ってから去年の空耳アワードっていったい...。

参考記事:
タモリ倶楽部 at 京浜急行 (1/19放送分)
タモリ倶楽部 at 京浜急行
京急ファミリー鉄道フェスタ2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

タモリ倶楽部 at 京浜急行 (1/19放送分)

12/10の記事で記載した京浜急行でのタモリ倶楽部のロケ、関東地方では1/19の深夜に放送された。

内容は、こんな感じであった。
・品川駅3番線から、タモリさん、原田芳雄さん、松尾貴司さん、くるりの岸田さん、ホリプロ南田マネージャーの5人(と大勢のスタッフ)が、新1000系の貸切列車に乗って京急ファインテック久里浜工場の職員用ホーム???に到着
・京急ファインテック久里浜工場では、「方向幕検査体験」「パンタグラフの上げ下ろし体験」「車体床下見学」「車体上部の見学」「点検蓋が開いた状態の車内」「運転席撮影回」等。

久里浜工場までの車内では、先頭車両の通称ヲタ席でおおはしゃぎ。あんなにノリノリ(←死後か..) なタモリさんは、他ではあまり見られない。
「車輪が空転した!」「梅屋敷駅の乗務員用ホーム」「多摩川の橋の上のポイント」「川崎駅で普通列車を待機」「横浜駅通過でスタッフからも拍手!」「一般客が乗車可能な定期列車では全ての列車が停車する上大岡駅を通過」 「床に耳をつけてモーター音を聞く」等、マニアックで驚いた。
久里浜工場では、タモリらは持参したマイカメラで写真撮影。

久里浜工場での「車体床下見学」は、毎年5月頃に同所で行われる公開イベントでも実施されていない。床下見学は自分も見て見たいなぁと、ちょっと羨ましかった。
今年の久里浜工場での公開イベントでは実施するべきだな! ...って難しいか。安全上ヘルメット必須だし、ヘルメット待ちで長蛇の列が出来そう。ヘルメットをかぶっていても頭をぶつける人とかいそうだし。
※ と思っていたが、検索した所、近鉄やつくばエクスプレスの公開イベントで実施された事があるようだ。

「車体上部見学」は、京急の久里浜工場では行われていないが、西武鉄道・武蔵丘検修場の公開イベントで実施されており、自分も見たことがある。(あ、番組でやっていたように車体の屋根の上には乗れないですよ..)

来週(1/26深夜)も、続きが放送される。
番組の予告によると、「架線作業車」「マルタイ」「レールの溶接」「塗装工場」等が登場するようで、楽しみだ。

どうでも良い事だが、Yahoo!Japanで「タモリ倶楽部 京浜急行」のキーワードで検索したら、このブログの12/10の記事がトップに出てきてとても驚いた!!!
だから、異様にアクセス数が...。
ちなみに、Googleの方は1ページ目には出てきません。

参考記事:京急ファミリー鉄道フェスタ2006 (2006/5/31記載)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007/01/08

月9ドラマ「東京タワー」

フジテレビ系の月9ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が始まった。
今週は、リリーさんが大学進学のため東京に上京するところで終わった。

自分も、高校卒業後1年間の浪人生活を経て、念願であった東京ではなかったのだが、親元を離れた。
大学卒業後は地元に戻らずに、念願でたった東京に就職し、今に至る。

自分が実家を離れる日、母はどんな気持ちだったのだろうなぁ... と思いながらドラマを見ていました。
東京で入学式があったので、実家を早朝に出て東京での入学式に一旦出席し、そのまま進学先の学部がある地に向かいました。
早朝だったので、慌しい旅立ちだったのかなぁ~。自分には、その日の母の様子が殆ど思い出せません。自分にとってはドラマのような涙は特にありませんでした。

親元を離れて上京する理由..。
「このまま(地元で)小さくなっていてはいけない」「東京への憧れ」等の"希望"が大きな理由ではありましたが、「逃げたかった」というのも(あまり大きな声では言えませんが)理由のひとつでした。
ドラマや小説を見る限り、リリーさんもそんな感じのように思われ、やや自分と重なります。

上京して何年も経つ今、「上京したときの希望」って忘れちゃっているんだよな...。すっかり東京での生活に慣れてしまって、毎日普通に暮らしちゃっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

年末年始の想い出

年末年始は実家(三重県四日市市)に帰った。

12月30日の午後に行き、1月4日の夕方に戻った。
「自宅 -(この間秘密)- 新横浜 -(新幹線)- 名古屋 -(近鉄)- 実家」のルートで帰ったのだが、行きも帰りも新幹線の指定席は満席で、自由席も座れず通路やデッキに多量の立ち客。
行きの12月30日は諦めていたが、帰りの1月4日は中途半端な日なので座れると思っていたのだが...。...的が外れた。

実家に帰ると雪が積もっていたのでとても驚いた。(屋根や田んぼ等に10cm程度)
東京や横浜では、雪が降る気配が全くない季節感だったので。
名古屋付近も積もっていなかった。
三重県は、決して雪の多い地域ではない。(東京や横浜と余り変らないと思われる。)
御在所岳にきれいに雪が積もっているのが見えたのだが、写真を撮ってこなかったのが悔やまれる。

新横浜駅高架下のレストラン街に、ケンタッキーフライドチキンCoCo壱番屋てんや吉野家が出来ていて驚いた。
以前は、その手の類の店は1店もなかったので。

三重だけなのかもしれないが、最近は、正月に「しめ縄」を付けている車を殆ど見かけなくなった。
実家の車にも付けていなかった。何年ぐらい前から付けなくなったのだろう。
昔は、たいていの車がしめ縄を付けていたが。車だけでなく、自転車にも付けたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »